【警告】バイトを無断欠勤してそのまま辞めるのは超危険です

警告 バイトを無断欠勤してそのまま辞めるのは超危険です。

退職希望のAさんAさん

バイトめんどくさくなって無断欠勤してしまった、、

退職希望のBさんBさん

僕も学生時代、無断欠勤したまま連絡とらずに辞めたバイトがあったよ。
バイトは気軽に辞められる雇用形態であることは間違いありません。しかしながら雇用主への配慮も必要であることも間違いないことです。
いくら嫌いな雇用主で合ったとしても無断欠勤でそのままやめてはいけません。よくバックれの話は聞くと思いますし実際にされている方もいらっしゃいますがその方はたまたま運良く辞められただけで多くの危険があります。
無断欠勤でそのままバイトを辞めることに対してどんな危険があるのか知らずにいると取り返しのつかないことになりますのでこの記事で学んでおきましょう。
この記事を読むメリット
  • バイトをバックれてはいけない理由が分かる。
  • 無断欠勤をしてしまった後の対処法が分かる。
  • バックれてしまうことで起きる危険について分かる。
退職代行OITOMA

相談料無料!

オイトマなら相談回数が無制限!

目次

バイトをバックれる人は意外といます。

バックれはよく聞きます!バイトをバックれる人は意外といます。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

バックれる方は意外といます。

バイトをばっくれてしまう方は意外に多いです。特に多いのが飲食や介護などの現場で働く仕事でのバックれです。人間は弱いもので一度してしまった悪いことは軽い気持ちで繰り返してしまうものです。

一度無断欠勤や仮病で休んだことがきっかけでそのままバックれてしまう方は一定数います。

一定数いるからと言ってやっていいということではないので気をつけてください。最悪損害賠償まで発展する可能性がありますので慎重にバイトはやめましょう。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

アルバイトを辞めたいと思う人はこんなに多い

ばっくれをしてしまう方は一定数いるのですが、ではアルバイトを普段からやめたいと思っている方はどの程度いるか調べた調査がありますので一緒に見てみましょう。

アルバイトの調査

引用元:学生のアルバイトに満足していても、2人に1人は「辞めたいと思った」”退屈さ”感じている学生に多い傾向無断で辞める「ばっくれ」も5人に1人が経験

上記の調査を見てください。

不満を持っている方は34%と少ないですが、一度でも辞めたいと思ったことがありますか?という質問に対してはどちらも半数以上があると答えています。

つまり半分以上の方がアルバイト先を辞めたいと思ったことがある状態で続けているということです。そうした方のほとんどが引き止めにあっているということです。

引き止めで悩んでいる方はもっと引き止めについて詳しく書いたこちらの記事も参考にしてみてください。

バイトを無断欠勤のまま辞めない方がいい具体的な理由

具体的に示します!バイトを無断欠勤のままやめない方がいい理由

退職希望のUさんUさん

無断欠勤したまま辞めてやる!!
バイトで退職を伝えると引き止めに合うのではないか、人手不足だからどうせ認められないだろうと色々考えた結果めんどくさくなってしまい、ばっくれをしようとする方は多いです。
しかしながら、ばっくれを推奨しない具体的な理由がいくつかあります。
これを知らずにばっくれをしてしまい、多額の損害賠償にあってしまった方も実際にいらっしゃいますのでこの章の内容は隅々まで見てください。
この章を読むメリット
  • ばっくれがなぜいけないのかという根拠が分かる。
  • バックれの危険性を改めて知ることができる。
退職代行OITOMA

相談料無料!

法律上バックれは認められていない

まずは法律上ばっくれは認められていない。その日突然何にも連絡せずに辞めてもいいとはなっていません。

バイトや正社員の方であれば退職にあたっては民法第627条第一項を参照する必要があります。いかに引用しましたので確認してみましょう。

民法第627条第一項

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する

引用元:e-Gov法令検索

上記のように申し入れの日から2週間を経過しなければならないので、解約の申し入れつまり退職の旨を伝えなければいけません。

何も連絡せずにやめることを法律は許可してはいないのです。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

損害賠償請求など裁判を起こされる危険性も

退職希望のKさんKさん

お店から損害賠償をするって言われた、、
通常どのような辞め方をしたとしても、損害賠償にまで発展するケースは非常に稀です。しかしながら全くないというわけでもないので気をつけましょう。
連絡もなしに辞められると非常に現場は混乱をすることが多いです。またこういったバックレの場合は十分な引き継ぎがされないためそのあとの業務に当たっても支障をきたしてしまう可能性があります。
やはり、最低限の連絡をしてから辞めるようにしましょう。

会社の人が家に来てしまったり、家族に連絡がいくこともある

会社の人が家に来てしまったり、家族に連絡がいくことで関係人たちにも迷惑をかけてしまう可能性があります。

親や周りに退職やばっくれを知られたくないという方は意外に多いですが、こうしたリスクもばっくれには存在しています。事前に緊急連絡先として両親などを登録している場合は高い確率で連絡が入ってしまいますので気をつけましょう。

連絡が行っても大丈夫という方もいると思いますが、親に入った瞬間に親戚など自分が思っている以上に周りに話題が飛び火する可能性があります。

バイトが無断欠勤をしてしまう主な理由

無断欠勤してしまう理由はこれ バイトが無断欠勤をしてしまう主な理由

退職希望のKさんKさん

また無断欠勤してしまった。どうしよう。
人によっては無断欠勤を繰り返してしまう方がいます。こうした時は原因を調べるところから始めましょう。
無断欠勤をしてしまう主な理由を調査してきました。あるあるのような形で見ていただいてもいいですし、気をつけようという気持ちで見ていただいてもいいです。
では一緒に記事の内容を見ていきましょう。
この章を読むメリット
  • 無断欠勤をしてしまう理由が分かる。
  • 無断欠勤をしないように気を付けるべきことが分かる。
退職代行OITOMA

相談料無料!

理由①:シフトを勘違いしていたから

退職希望のTさんTさん

無断欠勤なんかしたことなったのに、、
無断欠勤をしたことがない方が無断欠勤をしてしまった時に多いのがシフトを勘違いしていたというものです。無断欠勤をしようとしたわけではなく、シフト制の仕事でいつもと違う時間帯絵の勤務になっていたため勘違いをしていて無断欠勤になってしまったという方もいらっしゃいます。
この手の場合はあってはならないことですが、きちんと謝って挽回すれば大抵の場合は問題ないでしょう

この場合はすぐに謝って関係の修復を行いましょう。後回しにするとそれが原因で仕事にいきづらくなってしまいます。急ぎましょう。

理由③:うつ病などの心身の不調によって就業できなかったから

うつ病や適応障害などの心身の不調が原因で仕事に行くことができなかったという理由です。こちらの場合は早々に雇用主に状況を説明して休業をとったり、退職を申し出ましょう。

無理して就業するのはよくありません。こうした場合はしっかりと休暇をとってリフレッシュしてからの就業でないと精神病が治らなかったり余計に体調を崩してしまい、生活どころではなくなるという方も少なくありません。

病気の際はいち早く会社に伝えて対応を一緒に考えるのがおすすめです。

理由④:前から退職を伝えていて引き止めにあっていたから

退職希望のUさんUさん

引き止められて限界だった。

引き止めにあっていた方がもう限界に達してしまい、ばっくれをしてしまう方や無断欠勤を続けてしまう方は多いです。いわゆるストライキのような形ですね。

これも手紙やメールだけでもいいので間接的に退職の旨はきちんと伝えて辞めるべきです。全くの連絡なしに無断欠勤を続けてしまうと後々損害賠償などの大事に発展するケースが多いです。

労基や退職のプロである退職代行に相談するなど、慎重に退職を進めましょう。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

バイトを無断欠勤してしまったあなたへ。今からすべきこと

次にするべきことはコレ!バイトを無断欠勤してしまったあなたへ。今からすべきこと

退職希望のTさんTさん

バイトを無断欠勤してしまった、、
バイトを無断欠勤をしてしまった方は過去には戻れません。そのため今からでもできることを行って雇用主や会社との関係修復に励みましょう。
その後のバイトが非常に働きにくくなってしまうなど後々大きなダメージを受けることになります。
好きだった職場も一度のことで大嫌いな働きにくい環境に変わることもありますし、それが無断欠勤なんてことになったら後味悪いですよね。具体的な対処を教えていきます。
この記事を読むメリット
  • 無断欠勤をしてしまった時に行うべき対処法が分かる。
  • 迷わずに次の行動を起こせるようになる。
退職代行OITOMA

相談料無料!

まずは状況を後日でもいいから説明する

退職希望のAさんAさん

実はこういう理由で欠勤してしまいました!!

まずは絶対に状況などを後日でもいいので説明をしてしっかりと謝罪を行いましょう。これはどのようなことでも自分の誤りを認めて謝罪をすることは非常に大切なことです。

これから先も関わる雇用主であればなおさらです。こうした小さい行動からも信頼されていくものです。間違いは誰にでもあることですからその後の行動が1番みられているということも多いです。

勇気を振り絞って必ず謝罪と状況説明だけは行うようにしましょう。

制服や貸与品を郵送でもいいから返却する

そのまま休業に入ったり、話し合いのもと退職をしたいとなることもあるでしょう。その際には必ず制服や貸与品の返却は全て忘れずに行いましょう。

手渡しが難しい場合は郵送でもいいのでしっかり返すようにしましょう。

次のバイトや正社員に使い回るといった企業もあります。できる限りこうした貸与物は返却をしておきましょう。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

対面が厳しい人へ、バイト先への電話とメールの例文をご紹介

対面が厳しい人へバイト先への電話とメールの例文をご紹介!

退職希望のIさんIさん

どうしても合わせる顔がありません。
無断欠勤をしてしまったし、謝らないといけないことはわかっているけどどうしても勇気がでないという時はメールなどで謝るのもいいでしょう。
対面で行うのがやはり1番いいですが難しい時はメールなどでもいいので必ず謝罪の意思を伝えることが大切です。また、退職の意思が固まっている場合は一緒に退職の旨を伝えてしまうのもいいでしょう。
どんな内容のメール書いていいか分からないという方のために例文を用意しました。参考にしてみてください。
この章を読むメリット
  • 無断欠勤してしまった時のメール例文として参考にできる。
  • 電話で無断欠勤のことを謝る際に参考にできる。
退職代行OITOMA

相談料無料!

電話で謝罪する場合の例文

お世話になっております。パートタイムの退職太郎です。

○月✖️日より無断でバイトを休んでしまい大変申し訳ありませんでした。その日は寝坊をしてしまったことから、罪悪感で出勤が難しくなってしまいました。

店長をはじめ、他のスタッフさんいもご迷惑をかけてしまったおとを心よりお詫び申し上げます。

また家庭の事情からバイトをこのまま続けることが難しくなってしまったので、このまま退職できればと思います。

そこで貸与物の返却方法についてお伺いできれば幸いです。

メールで謝罪する際の例文

件名:

退職のご連絡(氏名)

本文:

(店名)

店長 ✖️✖️様

いつもお世話になっております。

パートタイムの退職太郎と申します。

○月✖️日より無断でバイトを休んでしまい申し訳ありませんでした。

✖️✖️様をはじめ、他の職員やバイトの方にもご迷惑をかけてしまったこと心よりお詫び申し上げます。

せっかく色々教えていただいたのに本当に申し訳ありませんが、このまま退職さえていただきたいと思います。

そのため、貸与物の返却方法についてお伺いできれば幸いです。

お忙しい中お手数お掛け致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

(氏名)

バイトを無断欠勤でそのまま辞める人へ要点まとめ

要点をまとめます!バイトを無断欠勤してそのまま辞める方へ。要点まとめ。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

今回の要点をまとめます。
いかがだったでしょうか?バイトが無断欠勤をしてそのまま辞めてしまうというばっくれについていろんな角度から記事を書かせていただきました。
やはり、対面で行う退職が1番安全でかつ円満に辞めるコツでございます。改めて表にまとめると今回の要点は以下のような形です。
今回の記事要点まとめ
  • バックれは法律上認められていない。
  • 損害賠償の可能性があるので連絡は必ず取った上でやめること。
  • 対面が難しい場合でもバックれではなく、メールや電話でもいいので必ず連絡を入れること
退職代行OITOMA

相談料無料!

結論、バッくれはよくありません。

もう電話もメールすら怖くて何もできないといった状況に追い込まれてしまった方は退職代行OITOMAがおすすめです。

一度電話相談をしてみましょう。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)
Let's share this post!
\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる