ブラック企業とは?危険な会社の特徴10選や入社前に見抜くポイント

ブラック企業とは?危険な会社の特徴10選や入社前に見抜くポイント

退職希望のBさんBさん

ブラック企業の定義って何?

退職希望のAさんAさん

ウチの会社はブラック企業なのかな?

職場の労働環境が悪くてストレスが溜まってくると、自分の会社はもしかしてブラック企業なのではないかと疑いたくなりますよね。

現在仕事にストレスを感じている方の中には、「自分が勤めている会社はブラック企業なんだろうか?」「そもそもブラック企業の定義って何なの?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、会社の危険度を知りたい方のために「ブラック企業の定義」や「ブラック企業の特徴10選」をご紹介します。

入社前にブラック企業かどうかを見抜く方法もご紹介しているので、意図せずブラック企業に就職してしまいたくない方もぜひ最後までご覧ください。

この記事のまとめ
  • ブラック企業とは、労働者に劣悪な労働環境を強いる企業のこと!
  • ブラック企業は求人情報を見て判別できるケースもあるが、入社して初めてブラック企業だと気づくケースもあるので注意!
  • 「週に休みが1日もない」「離職率が20%後半」である会社はブラック企業である可能性が高い!
  • 就職活動でブラック企業を避けるなら、求人票に書かれている「甘い言葉」の裏を読もう!
  • 入った会社がブラック企業で辞めたくなった場合、業者に丸投げして即日退職できる退職代行の利用がおすすめ!

全額返金保証付き!

目次

ブラック企業とは?わかりやすく定義を解説!

ブラック企業とは?わかりやすく定義を解説!

退職希望のBさんBさん

ブラック企業の定義を教えて!

ブラック企業とは、「労働者に劣悪な労働環境を強いる企業」のことです。

極端に長時間労働を強いていたりパワハラ・セクハラが横行していたりする悪質な企業がそれに該当します。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

ブラック企業はコンプライアンス意識が低く、離職率が低い傾向にあります。

ブラック企業は求人情報を見て判別できるケースもありますが、その限りではなく、入社してみて初めてブラック企業だと気づくケースもあるので注意が必要です。

最短即日で会社を辞められます!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

ブラック企業の特徴10選【当てはまったら注意】

ブラック企業の特徴10選【当てはまったら注意】

ブラック企業について調べている方の中には、「今勤務している会社ってブラック企業に当たるんだろうか?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

ブラック企業の特徴10選をご紹介します。
ブラック企業の特徴10選【当てはまったら注意】
  • ①長時間労働|月80時間を超えたら注意
  • ②休日が少ない|有給の取得は労働者の権利
  • ③給料が低い|各都道府県の最低賃金は要チェック
  • ④残業が出ない|残業代の平均額は年33.8万円
  • ⑤悪質なルールが存在する|みなし残業や変形労働時間制は要確認
  • ⑥離職率が高い|従業員の入れ替わりが激しい
  • ⑦募集要項に過剰な表現が多い|甘い言葉の多い求人は注意
  • ⑧体育会系で上下関係に厳しい|上司の言うことは絶対
  • ⑨ハラスメントが横行している|パワハラ・セクハラは当たり前
  • ⑩精神論が多い|「やればできる」などの言葉に注意

自身の勤めている会社の危険度を知るために、ブラック企業の特徴を1つずつ確認していきましょう。

①長時間労働|月80時間を超えたら注意

ブラック企業の特徴の1つに、長時間労働があります。

極端な例として、毎日会社に泊まり込んで働いている場合、ブラック企業に匹敵するほどの長時間労働であると言えます。

また、労働基準法は労働時間の上限を「原則1日8時間、1週間40時間」と定めており、1週間に1日の休日が必要です。

上記の時間を超えて働かせる場合、会社と社員の間で残業時間に関する協定を結ばなければなりません。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

残業に関する協定を結んだ場合であったとしても、その上限は「原則月45時間、年360時間」であり、これを超える残業は違法となります。

特に、残業が月80時間を超えている場合は注意が必要です。

月80時間の残業は”過労死ライン”と言われており、何らかの病気になってもおかしくない危険な残業時間とされています。

②休日が少ない|有給の取得は労働者の権利

ブラック企業の特徴の1つに、休日日数の少なさがあります。
法律に触れるほど休日が少ない場合、その会社は確実にブラック企業なので注意が必要です。

以下の労働基準法第35条では、特定の条件下において「週に1日の休みが必要」であることが定められています。

第三十五条 使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。
② 前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

引用:e-GOV法令検索

週休2日あれば休みの日数としては多い方ですが、週に1日も休みが貰えていない場合、違法の可能性があります。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

自身の会社がブラック企業かどうかを知りたい場合、休日日数に問題がないかどうか確認してみましょう。

③給料が低い|各都道府県の最低賃金は要チェック

ブラック企業の特徴の1つに、給料の低さがあります。
ブラック企業は利益を追求するために異常なほど給料を低く設定している傾向にあるため、注意が必要です。

例えば、ブラック企業にありがちな給料システムとして、以下が挙げられます。

  • インセンティブがある代わりに基本給が低い
  • 他の企業よりも昇給の機会が少ない
  • 手当を多くして求人の見栄えを良くしている

給料が低いうえ業務の量が過剰なのであれば、転職も視野に入れてみましょう。

同程度の仕事内容で高い給料を貰える会社が他にあるかもしれません。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

地域ごとの最低賃金をチェックしたい方は、厚生労働省の『地域別最低賃金の全国一覧』を確認してみましょう。

④残業代が出ない|残業代の平均額は年33.8万円

ブラック企業の特徴の1つに、サービス残業の存在があります。
ブラック企業はあらゆる手段で残業代をごまかすことでコストカットを図ってくるので注意が必要です。

例えば、以下に該当する方は残業代をごまかされている可能性が高いです。

  • タイムカードを切らせてから残業をさせられている
  • 独自のルールで残業代の上限を設けている会社に勤めている
  • 残業をしたとしても、自主的な労働とされている

上記のようなサービス残業をしている場合、正規の給料が貰えていないことになります。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

厚生労働省の毎月勤労統計調査(平成30年10月)によると、残業代の年間平均額は33.8万円となっています。この金額を下回っている場合はブラック企業の可能性が高いです。

⑤悪質なルールが存在する|みなし残業や変形労働時間制は要確認

ブラック企業の特徴の1つに、悪質なルールの存在があります。

例えば、ブラック企業にありがちなルールは、以下の通りです。

  • 固定残業代の支払い条件が不明確になっている
  • みなし残業制度だからと言って、超過時間分の残業代を支払わない
  • 変形労働時間制を悪用して所定労働時間を曖昧にしている

ブラック企業は上記のように残業代の線引きを分からなくさせ、あたかも問題がないかのように振舞っているケースもあるため注意が必要です。

⑥離職率が高い|従業員の入れ替わりが激しい

ブラック企業の特徴の1つに、離職率の高さがあります。
会社の離職率が20%後半である場合、平均よりも大きく上回っているため注意が必要です。

参考として、厚生労働省の調査結果による「年産業別離職率トップ5」を見てみましょう。

順位 産業の種類 離職率
1位 宿泊業、飲食サービス業 26.9%
2位 サービス業(他に分類されないもの) 19.3%
3位 生活関連サービス業、娯楽業 18.4%
4位 教育、学習支援業 15.6%
5位 不動産業、物品賃貸業 14.8%

ブラック企業は「給料が低い」「長時間労働」など労働環境が劣悪であるため、従業員の入れ替わりが激しくなりがちです。

離職率の高い企業に勤めている場合、そこは危険な会社である可能性が高いため、転職を視野に入れてみると良いでしょう。

⑦募集要項に過剰な表現が多い|甘い言葉の多い求人は注意

ブラック企業の特徴の1つに、募集要項の過剰な表現があります。

例えば、求人の欄に「アットホーム」「やりがいがある」「若手が活躍」など甘い言葉が多用されている場合は注意が必要です。

労働条件の悪いブラック企業はただ情報を並べても人が集まらないので、上記のような一見魅力的なワードを使いがちです。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

求人で就職先を探す際は、”言葉の裏”を読むようにしましょう。

⑧体育会系で上下関係に厳しい|上司の言うことは絶対

ブラック企業の特徴の1つに、体育会系のノリがあります。

仕事に対する熱量が高いことは良いですが、体育会系のノリが行き過ぎると働きづらさを生むため、そのような職場には注意が必要です。

例えば、体育会系の職場にありがちな問題として、以下が挙げられます。

  • 上下関係に厳しく、なかなか意見が通らない
  • 何事も根性論で貫き通す風潮があり、休みの申請がしづらい
  • 飲み会や社内イベントが強制参加でプライベートが確保しづらい

体育会の職場が自分に合わないと感じている方は、今よりも自分に合う職場があるはずなので、転職も視野に入れてみてください。

⑨ハラスメントが横行している|パワハラ・セクハラは当たり前

ブラック企業の特徴の1つに、ハラスメントの横行があります。
ブラック企業には高圧的な上司は付き物で、パワハラやセクハラが日常的に起こりがちです。

上司から物理的な攻撃をされたり捌ききれないほどの業務を任されたりと、何らかの形でいじめを受けている場合、そこは安全な職場とは言えません。

1つの会社にこだわる必要はないので、次の転職先を探して今の職場から逃げることも検討してみましょう。

⑩精神論が多い|「やればできる」などの言葉に注意

ブラック企業の特徴の1つに、精神論の多さがあります。
精神論の多い会社は、現実的に無理な仕事を強引にさせようとしてくるので注意が必要です。

「やればできる」「体調不良は甘え」などの言葉がよく使われる場合、過剰なストレスを受け続けることになるため、身体を壊すのも時間の問題です。

最短即日で会社を辞められます!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

入社前にブラック企業を見抜くには?ポイント4つを紹介!

入社前にブラック企業を見抜くには?ポイント4つを紹介!

退職希望のBさんBさん

ブラック企業を見抜くにはどうしたら良いの?

意図せずブラック企業に入社したくない方のために、ブラック企業の見抜き方をご紹介します。

入社前にブラック企業を見抜く方法
  • 求人票にある「甘い言葉」の裏を読む
  • 労働条件が具体的に記載されていない会社は避ける
  • 求人募集を頻繁に行っている会社は危険度が高いと判断する
  • どうしても懸念要素がある場合、面接の際に直接聞いてみる

求人票にある「甘い言葉」の裏を読む

ブラック企業に入社したくない場合、求人票に使用されているワードを確認しましょう。

求人票に極端にメリットを感じるような「甘い言葉」が使われている場合、ブラック企業である可能性が高いです。

例えば、ブラック企業の求人票にありがちなフレーズとして、以下が挙げられます。

  • アットホームな会社です→サービス残業よろしく
  • 即戦力として活躍できる→研修なしで即現場に出てもらうよ
  • 若者が活躍できる→離職率が高いので中高年がいない
  • ノルマなし→ノルマはないけど目標はある
  • 人物重視の採用です→誰でもいいから人が欲しい

求人票には取り繕った言葉が使われがちですが、逆に言えば、裏を読めば職場の雰囲気や特徴が読み取れます。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

ホワイトな職場に入社するためにも、応募先を賢く選択しましょう。

労働条件が具体的に記載されていない会社は避ける

ブラック企業に入社したくない場合、透明性の低い会社は避けましょう。

例えば、「業務内容」や「残業」など求人票に具体的なことが何も書かれていない場合、労働条件が劣悪な可能性が高いです。

抽象的で聞こえの良い言葉ばかりが並べられている会社は、ブラックな職場であることを隠しているかもしれないので注意してください。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

求人票を見ても仕事内容の詳細が分からない場合、多くの人がやりたがらない”酷な仕事”である可能性が高いです。

求人募集を頻繁に行っている会社は危険度が高いと判断する

ブラック企業に入社したくない場合、求人募集を常に行っている会社は避けましょう。

なぜなら、人材を常に募集している会社は、職場環境が悪くて次から次へと退職者が続出している可能性が高いからです。

人が定着していない雰囲気を醸し出している会社に応募するのは少々危険なので、求人募集を常にしていない会社に絞って応募するのがおすすめです。

どうしても懸念要素がある場合、面接の際に直接聞いてみる

ブラック企業で働きたくない場合、確実に疑問を解消したうえで入社しましょう。
例えば、どうしても不明な点や懸念要素がある場合、面接の際に直接聞いてみるのもアリです。

面接で会社の事情を聞きづらいかもしれませんが、ブラック企業を避けるためには必要なステップなので、「これって聞いても良いのかな?」と思うことでも勇気を出して聞いてみてください。

最短即日で会社を辞められます!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

入った会社がブラックだったら、退職代行を利用して抜け出すのがおすすめ!

入った会社がブラックだったら、退職代行を利用して抜け出すのがおすすめ!

入った会社がブラックで辞めたくなった場合、退職代行の利用がおすすめです。

退職代行を使えば、業者があなたの代わりに退職の意思伝達を済ませてくれるので、気まずさを感じることなく会社を辞められます。

退職代行を利用するメリットは、以下の通りです。

退職代行を利用するメリット
  1. 即日退職できる
  2. 上司と関わらずに退職できる
  3. 上司から強引な引き止めに遭わなくていい
  4. 有給休暇の申請も代行してもらえる
  5. 書類手続きの相談をしながら進められる

退職代行は、退職時の上司とのやりとりを不要にしてくれるので、退職を言い出す勇気が出ない方にぴったりのサービスです。

業者によってはLINEで気軽に相談できるので、ぜひ色んな業者のHPを確認してみてください。

最短即日で会社を辞められます!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

ブラック企業に入社したくない人によくある質問

ブラック企業に入社したくない人によくある質問

ブラックじゃない仕事には何がありますか?

絶対的にブラックではない仕事は存在しません。

なぜなら、何がブラックな仕事であるかは「本人が何を得意・苦手としているか?」「どのような労働条件下で行うか?」などによって決まるからです。

人や働く先の会社によってブラックかどうかが決まるので、正しく自己分析をしてブラック企業を避けるよう意識するのがおすすめです。

絶対に入らないほうがいい業界ってありますか?

絶対に入らないほうがいいと言われている業界とその理由をご紹介します。

絶対に入らないほうがいい業界 理由
外食・サービス ・給料が低い
・クレームが多い
・休みが不規則になりがち
旅行・宿泊 ・給料が低い
・長時間労働で体力的にきつい
・景気の波に左右されやすい
ブライダル ・給料が低い
・勤務時間が長くて休みにくい
・いつも笑顔でいなければならない
金融(保険) ・ノルマが厳しい
・仕事の拘束時間が長い
・勉強しなければならないことが多い
不動産 ・ノルマが厳しい
・残業や休日出勤が多い
・クレーム対応がしんどい

上記は仕事内容や労働条件が厳しいとされがちな業界ですが、人によっては楽しく仕事ができる可能性はあります。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

これから就職する業界は、自身の好きや得意などを照らし合わせたうえで決めましょう。
ブラックな職場の人間関係の特徴を教えてください。

ブラックな職場の人間関係の特徴として、以下が挙げられます。

  • ハラスメントをする高圧的な上司がいる
  • 何も教えてもらえず、聞いても怒られる
  • 仕事中のフィードバックに悪意が感じられる
  • 飲み会を欠席しただけでいじめられる

労働条件は求人票を見て確認できますが、職場の雰囲気は入社しないと分からないので、入社してすぐに後悔する方も多いでしょう。

入社して辞めたくなったら、退職代行を利用するのも手です。
業者に丸投げして即日退職できるので、すぐに次の転職先を探す時間を確保できます。

転職先がブラックだった場合、どうするべきですか?

転職先がブラックだった場合、退職を視野に入れてみましょう。

そのまま我慢して働くのも手ですが、ブラック企業だと分かっていて無理に働き続けるのは賢い選択とは言えません。

上司に退職を言い出しづらい場合は、先ほどご紹介した退職代行の利用を検討してみましょう。

退職代行を使えば、上司と直接やりとりすることなく即日退職できるので、今すぐブラック企業から解放されます。

最短即日で会社を辞められます!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

ブラック企業とは?危険な会社の特徴10選や入社前に見抜くポイント|まとめ

ブラック企業とは?危険な会社の特徴10選や入社前に見抜くポイント|まとめ

この記事のまとめ
  • ブラック企業とは、労働者に劣悪な労働環境を強いる企業のこと!
  • ブラック企業は求人情報を見て判別できるケースもあるが、入社して初めてブラック企業だと気づくケースもあるので注意!
  • 「週に休みが1日もない」「離職率が20%後半」である会社はブラック企業である可能性が高い!
  • 就職活動でブラック企業を避けるなら、求人票に書かれている「甘い言葉」の裏を読もう!
  • 入った会社がブラック企業で辞めたくなった場合、業者に丸投げして即日退職できる退職代行の利用がおすすめ!

全額返金保証付き!

「入った会社がブラックで、すでに退職したい……」と思っている方には、退職代行の利用がおすすめです。
退職代行を使えば、入社したてだったとしても、問答無用で即日退職できます。

法律に詳しい業者が退職の意思伝達を代行してくれるので、退職できずに困っている方は、ぜひ退職代行の利用を検討してみてください。

\全額返金保証付きで初めてでも安心!/
目次
閉じる