有給休暇が残っているけど退職したい場合の対処方法を徹底解説

有給休暇が残っているけど退職したい場合の対処方法を徹底解説

退職希望のBさんBさん

有給消化したいなぁ。

退職希望のAさんAさん

有給休暇残っているけど退職できるかな

上記のように、有給を消化したいと思う人は多いと思います。

しかし、溜まった有給を消化して退職することはできるのか疑問に思う人も多いと思います。

そこでこの記事では溜まった有給を消化して退職できるのかについて解説させていただきます。

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

結論:退職時に残っている有休は消化して辞められます

結論:退職時に残っている有休は消化して辞められます

退職希望のAさんAさん

有給消化して辞められるの?

結論、辞められます!

退職するときに溜まった有給を消化して辞めることは可能です。

例えば有給が20日残っている場合は最終出勤日から連続で有給20日を消化してから退職することはできます。

有給20日なので土日が休みの場合は普通のサラリーマンと同じように休むことができます。

つまり、実質的に1ヶ月は働かなくても給料がもらえる状態になります。

有給関係の問題の1つに時季変更権というものがありますが、退職する場合はその日以外に有給を使用することができないため、時季変更権が使用できない場合が多いです。

時季変更権(労働基準法第39条5項)

使用者は、前各項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。

出典:法令検索

基本的に有休が残ったまま退職するのは損です!

基本的に有休が残ったまま退職するのは損です!

有給が使用できる状態でありながら、使用しないで退職してしまうなんて損でしかありません。

有給は働かなくても給料がもらえる制度なのでそれを放棄するのは自分だけでなく、残された人達にも迷惑です。

退職する時には有給を捨てて退職しないといけないという前例を作らないためにも、きちんと有給は消化して退職するようにしましょう。

また、新卒1年目の社員の有給の価値は手取り20万円だとしても有給1日につき1万円分の価値があります。

使用しない理由はないので使うべきでしょう。

基本的に有休が残ったまま退職するのは損です!
  • 退職時に一気に有休消化できる
  • パート・アルバイトも有休の対象
  • 有休消化しきれないときは買取をお願いしてみる

退職時に一気に有休消化できる

先ほども説明しましたが、退職時に有給を消化することはできます。

やり方も簡単で有給を消化する旨を伝えるだけでOKです。

時季変更権に関しても退職時となると認めざるをえないケースがほとんどです。

パート・アルバイトも有休の対象

実はパートやアルバイトも有給休暇の対象になります。

週何日働くかによりますが、基本的に有給休暇はもらえます。

パート・バイトの方の退職に関しては「アルバイトでも退職代行を利用できる!料金や利用する際の注意点を解説」にて詳しく解説しています。

是非見てみてください。

労働時間が週30時間未満、週4日以下のパート・アルバイトの有給休暇

①週4日勤務の場合、付与される有給休暇は7日

②週3日勤務の場合、付与される有給休暇は5日

③週2日勤務の場合、付与される有給休暇は3日

④週1日勤務の場合、付与される有給休暇は1日

労働時間が週30時間以上、週5日以上のフルタイム契約のパート・アルバイトの有給休暇

正社員と同様に付与される有給休暇は10日

有休消化しきれないときは買取をお願いしてみる

原則として有給の買取を会社側が強制することはできません。

これは有給休暇が「賃金」と「休暇」の両面を保証しているのに対し、買取の場合は「休暇」を保証していないためです。

しかし、退職する場合は「休暇」の部分を保証することができないので、就業規則に則って買取をすることもできます。

就業規則に書いてある場合はできますが、書いていない場合は買取を対応していない可能性があるので自分で確認したほうが良いでしょう。

退職時の有休消化の申請の仕方

退職時の有休消化の申請の仕方

基本的に退職時の有給消化の申請の仕方は通常通りの申請方法と変わりません。

そのため、何も心配することなく申請すればよいでしょう。

ただ、やっておいたほうが良いことがあるのでそちらについて解説させていただきます。

退職時の有休消化の申請の仕方
  • ステップ①:退職の意思を伝える
  • ステップ②:有休の残日数と合わせて退職日を決める
  • ステップ③:退職日を伝える

ステップ①:退職の意思を伝える

まずは退職の意思を上司に伝えましょう。

上司に伝えるときは必ず上司の時間を確認し、落ち着いた状態で退職の意思を伝えることが重要になります。

退職の意思に関しては拒否することはできず、2週間経過すると自動的に退職することができます。

これに関しては民法627条に記載されているので是非チェックしてみてください。

ただし、有期契約の派遣社員や契約社員の場合、年棒制の場合は注意が必要です。

民法627条1項:正社員や無期雇用の人

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法627条2項:有期雇用の人

期間によって報酬を定めた場合には、使用者からの解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。

民法627条3項:年棒制の人

六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三箇月前にしなければならない。

出典:法令検索

ステップ②:有休の残日数と合わせて退職日を決める

勘違いしがちなのですが、有給は本来働く日に対して適応することができます。

そのため、普通に働いていた場合は休みになる日には適応する必要はありません。

例えば完全週休二日制の人で有給20日使用する場合、開始日にもよりますが土日を8回またぐため、20+8日でほぼ1ヶ月休むことができます。

給与も日割り計算で振り込まれるため、給与とほぼ同等の額を受け取ることになります。

ステップ③:退職日を伝える

上記を考慮して退職日を決定します。

退職日を決め、有給を使用する旨を伝えたら引継ぎ等を行って退職しましょう。

最終出勤日には上司の方やお世話になった人に対して挨拶しましょう。

退職時の有休消化が拒否されたらどうすればいい?

退職時の有休消化が拒否されたらどうすればいい?

退職に関しては問題ないとしても、有給に関しては拒否される人もいます。

その場合どうすればよいでしょうか?

実は対処法を活用することで有給もOKにしてくれる場合が多いです。

その方法は上司以外に相談してみる」「労働基準監督署に相談してみる」「退職代行に相談してみる」です。

詳しく解説します。

退職時の有休消化の申請の仕方
  • 対処法①:上司以外に相談してみる
  • 対処法②:労働基準監督署に相談してみる
  • 対処法③:退職代行に相談してみる

対処法①:上司以外に相談してみる

有給を拒んでいる上司以外に相談してみるのも良いでしょう。

例えば人事の人に対して報告してみると、案外有給の使用を許可してくれることが多いです。

その上司の人がダメと言っているだけなので問題なく有給の使用を交渉しましょう。

時季変更権に関しても退職する人に対しては意味はないので自身をもって交渉しましょう。

対処法②:労働基準監督署に相談してみる

労働基準監督署に相談してみるのも良いでしょう。

労働基準監督署では労働者に対する相談を受け付けており、内容によっては会社に対して是正勧告をすることもあります。

そのため、有給のお話でこじれている場合は労働基準監督署に相談してみるのも良いでしょう。

対処法③:退職代行に相談してみる

労働基準監督署に相談した場合は話し合い等で長期化する可能性がありますが、退職代行の場合は話が変わります。

退職代行は退職の話しかできないと思われがちですが、退職日を決めるために重要な有給に関してのお話もしてくれる場合が多いです。

退職代行のクオリティはピンキリですが相場25,000円前後の退職代行であれば問題なく退職することができるでしょう。

選ぶコツですが弁護士か労働組合が運営している退職代行がおすすめです。

退職代行を選ぶならオイトマがおすすめ

もし退職代行選びで迷っているのであればオイトマに相談してみるのが良いでしょう。

退職代行オイトマは労働組合が運営しているので退職のお話に限らず有給のお話もできます。

もし迷っているのであれば退職代行オイトマにお願いしましょう!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

有休消化に関するよくある勘違い

有休消化に関するよくある勘違い

有給休暇に関する勘違いについてまとめました。

有給休暇とはいえ、休んでいるからボーナスはもらえないのか、転職活動はしてもいいのかについての疑問はあると思います。

結論から申し上げますと有給休暇で休んでいる場合でもボーナスは貰えますし、転職活動をすることはできます。

つまり、転職を考えている人ほど有給休暇を使用して退職したほうが良いということになります。

有休消化に関するよくある勘違い
  • 有休消化で休んでいても給料やボーナスはもらえる
  • 有休消化をしているときに転職活動はできる
  • 有休の一方的な買取は違法になる

有休消化で休んでいても給料やボーナスはもらえる

有給消化で休んでいる場合でも給料はもちろん、ボーナスも貰えます。

有給は会社員に対してお金を気にせず体を休めることができる制度です。

そのため給料はもちろん支払われます。問題はボーナスです。

結論から申し上げますとボーナスも安心してもらうことができます。

その理由は有給は退職しているわけではなく、会社に在籍しているうえで休んでいるためです。

有休消化をしているときに転職活動はできる

会社に在籍しているときに転職活動してはいけないという法律はありません。

そのため有給休暇中に転職活動を行う人が多いです。

もし今の会社を退職したときに転職先がないのであれば有給休暇中に転職活動を行いましょう。

有休の一方的な買取は違法になる

有給休暇は体を休めながらお金がもらえる制度です。

そのため買取という行為はお金の部分は保証されているが、休みの部分が保証されていません。

双方合意であれば問題ありませんが、基本的にはできません。

退職時であれば休みの部分が保証されなくても問題ないため、会社によっては買取を行うことができますが、基本的にはできないと思っておいたほうが良いでしょう。

有給休暇が残っている際に退職する場合のよくある質問

有給休暇が残っている際に退職する場合のよくある質問

有給休暇が残っている状態での退職に関する質問をまとめました。

今回は「自己都合退職でも有給消化はできますか?」「退職時に有給を使いきれない場合はどうすれば良いですか?」という質問に回答させていただきます。

結論から申し上げますと自己都合退職でも安心して有給消化でき、退職時に有給が使い切れない場合は上司に相談してみると良いでしょう。

詳しく解説させていただきます。

有休消化に関するよくある勘違い
  • 自己都合退職でも有給消化はできますか?
  • 退職時に有給を使いきれない場合はどうすれば良いですか?

自己都合退職でも有給消化はできますか?

退職希望のAさんAさん

自己都合退職扱いで会社を辞める予定ですが、有給も消化したいと考えております。

結論、問題なく使用できます!

退職のほとんどの理由が自己都合退職なので気にすることなく有給を使用していただけますと幸いです。

有給の申請の仕方、拒否されたときの対処法はこの記事で説明したとおりです。

ちなみに会社都合退職の場合でも退職できます。有給が使えないような退職は基本的にないと思っていて良いでしょう。

退職時に有給を使いきれない場合はどうすれば良いですか?

退職希望のBさんBさん

転職先の入社日の関係で有給が消化しきれません。どうしましょう。

基本的に有給を消化したほうが良いです。

しかし転職先の入社日等の理由で有給が消化しきれない場合があります。

その場合の対処法は上司に相談してみたり、最悪の場合消化せずに退職しましょう。

有給休暇が残っているけど退職したい場合の対処方法まとめ

有給休暇が残っているけど退職したい場合の対処方法まとめ

今回は有給消化に関する疑問について解説しました。

有給の申請方法はもちろん、拒否された場合の立ち振る舞いは理解できたと思います。この記事を通じて退職と有給の知識が深まったと思います。

是非退職するときは有給休暇を使用して退職するようにしましょう。

注意しないといけないことは有給休暇は2年で失効してしまうことです。そのため、無暗に貯めるのではなく、こまめに使うようにしましょう。

有給の買取に関しても就業規則を必ず確認しておくべきでしょう。

それではまとめます。

有給休暇が残っているけど退職したい場合の対処方法まとめ
  • 退職時に残っている有休は消化して辞められる
  • 有給の使用を拒否された場合は退職代行に相談してみたほうがいい
  • 有給の買取もできるが、就業規則の確認が必須
  • 有給の一方的な買取は違法

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)
Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

目次
閉じる