「職場の人間関係でストレスが溜まる」解消方法を徹底解説

人間関係ストレス

退職希望のAさんAさん

先輩が苦手

退職希望のBさんBさん

雰囲気に馴染めず、いつも職場で孤立してしまう

人は誰しも大なり小なり職場の人間関係にストレスを感じています。それでもうまく立ち回れればいいのですが、なかには自分の中に抱え込んで辛くなってしまう人もいることでしょう。

この記事では職場の人間関係のストレス解消法から、ストレスの少ない人間関係を作るためにできる行動について詳しく解説していきます。ストレスで疲れている人だけでなく、なんとなく人間関係がめんどくさくなっている人も最後まで読んで良好な人間関係を作る参考にしてください。

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

職場の人間関係にストレスを感じている人は多い

職場の人間関係にストレスを感じている人は多い

職種や業界にもよりますが職場の人達は家族よりも長い時間一緒に過ごすので、人間関係はとても重要です。

厚生労働省から発表された「令和2年雇用動向調査結果の概要」によると、退職理由として「人間関係」をあげる人が男性では20代後半~40代、女性はどの年代でも全体的に多いことがわかっています。
雇用動向調査結果の概要
出展:令和2年雇用動向調査結果の概要

また2021年の日本労働調査組合の調査では、職場の人間関係を「良好」だと感じている人はたったの32.1%という結果でした。

意外なことかもしれませんが、職場の人間関係にストレスを感じていない人のほうが多いようです。

人間関係によるストレスが生じる3つの原因

人間関係によるストレスが生じる3つの原因

人間関係によるストレスが生じる原因はいくつかあります。ここでは代表的な3つの原因をご紹介します。

人間関係によるストレスが生じる3つの原因
  • 円滑にコミュニケーションを取るのが苦手
  • 自己有用感が不足しているため
  • 他人と自分を比べてしまっているため

原因①円滑にコミュニケーションを取るのが苦手

自分の思ったことを伝えられなかったり、感情的になってしまって誤解を与えたりするとストレスを感じるはずです。

「察してほしい」「わかっているだろう」は家族間では通じるかもしれませんが、職場の同僚との間では通用しないことのほうが多いでしょう。コミュニケーションに受け身になりがちで、意思疎通がうまくいかないと人間関係に強くストレスを感じてしまいます。

原因②自己有用感が不足しているため

自己肯定感は簡単に言うと「ありのままの自分を認めてあげること」です。自己有用感は自己肯定感とは違い、「自分が他の人に必要とされている!」と感じることです。

  • 自己肯定感…自分の自分に対する評価
  • 自己有用感…他者からの自分に対する評価

自己有用感が高められると自己肯定感も高まり、自分に自信が出ることで積極的に人間関係を築くことができます。逆に「私なんていても役に立たない」「みんなの迷惑になっている」と考えてしまうと、コミュニケーションの輪にはいりづらくなり孤独を感じるようです。

原因③他人と自分を比べてしまっているため

自己有用感にも関係してきますが、自分に自信があれば人と比較する必要はなく「自分は自分」と割り切ることができます。

しかし多くの人は人の優れている部分と自分の苦手な部分を比較して「私はできない人間だ」とますます自信を失ったり、劣等感で辛くなったりしてしまいます。

自分のダメな部分ばかりが気になって人より劣っていると感じてしまうと、職場の人と対等にコミュニケーションがとるのが難しくなり、強いストレスになります。

人間関係のストレス度をチェックしよう

人間関係のストレス度をチェックしよう
ここで人間関係のストレス度をチェックしてみましょう。以下の項目を「YES」か「NO」で回答してみてください。

① 言われて嬉しいのはどっち?「ありがとう」はYES「すごいね」はNO

② 他人の考えに納得できないことが多い

③ SNSで友人の幸せそうな投稿を見ると辛くなったり悔しくなったりする

④ 1人でいると、ネガティブなことを考えがち

⑤ あまり関心のないことでも、頼られると相談にのってしまう

⑥ 職場で特に関わらなくても、そばにいるだけでイライラする人がいる

⑦ 他人からの何気のない一言で、ひどく落ち込むことがある

⑧ 知らない人と話をしたり、知り合いになったりするのが面倒と感じる

全部の答えがNOの人ほとんどノーストレスで過ごせています。

人間関係が良好でどんな時でも前向きに行動することができます。普段から自分の意見をはっきりと言えることが多く、ストレスを抱え込むことは少ないです。もしストレスを感じてもその原因を分析すれば、うまく解消することができるでしょう。

NOが5から7少しストレスを感じています。

ストレスを感じながらもうまく対処できている状況です。しかし性格や意見が合わない人に対応するのが苦手で、コミュニケーションをとることに強くストレスを感じることがあります。苦手な人とは適度な距離をとりながら、最低限のコミュニケーションをとるようにすれば職場でもプライベートでもうまくいくはずです。

NO2から4…日常的にストレスを感じています。

人間関係のストレスを敏感に感じます。親しい人や何度か会っている人であればストレスを感じることは少ないですが、たいていの人間関係を精神的に負担に感じています。

規則正しい生活を心がけること・意図的にストレスを発散することで心の安定を図りましょう。

NO0から1つ…通常よりも強いストレスが溜まりやすいです。

周囲の人の行動や気持ちに敏感に反応しやすく、常に配慮しながら行動しているので身体的にも精神的にも消耗しやすいです。職場の人間関係に限界を感じているときは無理をせず、転職を検討してもいいでしょう。

 

人間関係のストレスを解消するための5つの方法

人間関係のストレスを解消するための5つの方法

人間関係のストレスは溜め過ぎると心身に支障をきたすこともあるので、うまく解消していかなければいけません。

人間関係のストレスを解消するための5つの方法
  • 他人と自分を比較しすぎない
  • アサーティブコミュニケーションを取り入れる
  • 客観的に分析してみる
  • 信頼できる誰かに話す
  • 他人に期待しすぎるのをやめる

ストレスを全て失くすというのは難しいかもしれませんが、軽減することで人間関係も良くなるはずです。

解消法①他人と自分を比較しすぎない

「人は人、自分は自分」と割り切れたら苦労しないのですが、なかなかうまくいくものではありません。しかし周りからの評価を気にしてばかりいると、息苦しくなってしまいます。

それに「人のことを気にしない」と自分に言い聞かせたところで、自分の考えを抑え込んでいるだけなので、余計にストレスが溜まる可能性もあります。

まずは人のことを「凄い」「羨ましい」は素直に認め、そのうえで「人は人、自分は自分」というマインドを意図的に付け足すようにしましょう。繰り返し頭の中で唱えていれば次第に人の評価に振り回されなくなり、少しだけ生きるのが楽になります。

解消法②アサーティブコミュニケーションを取り入れる

「アサーティブ=自己主張をする」です。しかしアサーティブとは自分の意見を一方的に述べるという意味ではありません。アサーティブの示す自己主張とは、「相手を尊重しながら適切な方法で自己表現を行うこと」です。

  • アサーティブコミュニケーション…お互いを尊重しながら意見を交わすコミュニケーション

例えば、あなたの仕事が溜まって忙しいときに、先輩が違う仕事を手伝ってほしいと言ってきたとします。

退職希望のAさんAさん

忙しいので無理です

退職希望のBさんBさん

今は○○をしなくてはいけません。△時以降なら取り掛かれますが、どうでしょうか?

Aさんの答え方は一方的に自分の主張をぶつけただけになってしまいますが、Bさんの答え方ならば自分の状況を説明(自己主張)したうえで、先輩へ代替案を伝えられています。

アサーティブコミュニケーションができるようになれば、相手を尊重しながら気持ちいいコミュニケーションをとることができます。

解消法③客観的に分析してみる

自己を客観的に分析する「メタ認知」の能力を高めると、人間関係がスムーズになります。メタ認知はあまり聞きなれない言葉かと思いますが、「自分が認知していることを客観的に把握し、制御すること」です。

例えば、話しているとどうしても苛立ってくる相手がいて、あなたはキツイ物言いをしてしまったとします。その時に「キツイ言い方をしてしまった」とただ落ち込むのではなく、「な何に対して苛立つのか」「どうすればよかったのか」「周囲から見てどのような状況だったか」など分析してみましょう。

もし「相手の声のトーン」が苛立ちの原因なら、「声のトーンではなく、話の内容に集中する」ことを心がければ解決できるはずです。また「話す態度」が原因なら、「その人と話すときは他の人を交えて、なるべく1対1では話さない」ということで対処できるでしょう。

客観的分析ができれば、問題解決力がアップするのでストレス耐性も身についてきます。

解消法④信頼できる誰かに話す

人間関係の悩みを一人で抱えていると、どんどん追い込まれ精神的に辛い状況になっていきます。人間関係の悩みは、外に吐き出すことも大切です。

信頼できる人に話しを聞いてもらうようにしましょう。相手は友人や家族、同僚誰でも構いません。あなたの悩みを打ち明けるだけで心はだいぶ軽くなるはずです。

もし信頼できる人が傍にいないというときは、カウンセラーなどの専門家に相談するのもいい手段です。専門家に相談すれば話を聞いてくれるだけでなく、あなたに合った対処法をアドバイスしてくれるでしょう。

解消法⑤他人に期待しすぎるのをやめる

人間関係を良好にするうえで「ある程度人に期待する」ことは大切です。しかし過度な期待をすると、相手が自分の期待通りの結果を出せなかったときにがっかりしたり、裏切られた気持ちになったりします。

他人に期待しすぎる人ほど完璧主義な人が多く、「私ができるんだからできて当たり前」と相手に同じ能力を求めてしまいます。

しかし「人は人、自分は自分」、他人は自分と違う人間です。「自分と同じようにできるとは限らない」ことを前提にしていれば、相手が自分の予想と違う行動や言動を取ってもイライラしたり落胆したりということは少なくなるはずです。

自分の考えの範疇に当てはまらない行動や言動をする人に対して「こんな人もいるんだな」と流すことができれば、受けるストレスは軽くなります。

ストレスの少ない人間関係を作るためにできる行動

ストレスの少ない人間関係を作るためにできる行動

職場の人間関係は良好であることに越したことはありません。しかし1日中人間関係ばかり気にしていると、本来の業務がおろそかになる可能性もあります。ストレスの少ない人間関係を作るためにはぜひ実践してほしい行動があります。

ストレスの少ない人間関係を作るためにできる行動
  • 自分から相手に積極的に挨拶をする
  • 職場では「営業スマイル」で過ごす
  • 親しき仲にも礼儀あり「言葉遣い」を大切にする
  • 付き合いの範囲は決めておく
  • 職場でのトラブルは早期解決
  • 自分の感情に責任を持つ
  • 相手に期待することを辞める

あれこれ考えるより行動を習慣化してしまいましょう。

自分から相手に積極的に挨拶をする

社会人の基本中の基本ですが、今一度心がけてみましょう。上司でも後輩でも関係なく挨拶は自分から率先して行うことが大切です。

積極的に挨拶することは会話をするきっかけになります。あなたがもし会話が苦手だったとしても相手に好感や安心感を持ってもらえるので、何かあったときに相談したりやり取りがスムーズになったりするはずです。

職場では「営業スマイル」で過ごす

「営業スマイルは営業の人が取引先でやっていればいい」と考える人も多いはずです。しかし営業の人達が取引先や顧客先に出向いて契約を取って会社や自分にベネフィットをもたらすのと同じように、私たちも会社に出向いて給料や良好な人間関係という自分自身のベネフィットを得なければいけません。

職場で周囲を見ていて感じると思いますが、仏頂面の人よりも笑顔の人のほうが話しかけやすいですし、職場を明るい雰囲気にしてくれていますよね。また明るい人の周りには、明るい人が集まりやすいのも事実です。

さすがに終始満面の笑みでいる必要はありませんが、いつもよりちょっと口角を上げて過ごすだけで、職場で過ごしやすくなるはずです。

親しき仲にも礼儀あり「言葉遣い」を大切にする

先輩後輩関係なく親しくなると、フレンドリーに話せるようになるものです。垣根なく話せることで業務がうまくいくようになるのは大変いいことですが、どんなに仲良くなっても「親しき仲にも礼儀あり」です。

状況にもよりますが「お前」「ふざけんな」のような乱暴な言葉は、不快感を与えてしまうこともあります。またその会話に入っていなくても、周囲から見た人が変に思ったり不快に感じたりすることもあります。

どんなに親しくても「仕事中」であることを意識し、相応しい言葉遣いをするように心がけましょう。

付き合いの範囲は決めておく

どんなに社内で親しくなった相手でも、プライベートまでべったり一緒だと疲れてしまいますし、「仕事仲間」だからこそ親しくしていられることもあります。

「休みの日は予定がある」など自分の付き合える範囲を、なんとなく相手に伝えておきましょう。そうすれば無理に休日に誘われませんし、誘われても「予定があって…」と断りやすくなります。

反対にどんどん誘ってほしいときは「いつでも誘って!」と言っておくと、同僚同士で遊びに行くときにも声をかけてもらいやすいです。

職場の人は休みで会わなくても、出勤日になれば嫌でも顔を合わせる存在です。無理のない範囲で付き合うようにしましょう。

職場でのトラブルは早期解決

どんなに人間関係に気を配っていても、ちょっとしたことで相手に誤解を与えてしまうのは仕方のないことでしょう。

重要なのは、トラブルの早期解決です。あなたが一方的に悪いのであれば、謝罪してしまえば終わります。また相手に問題がある場合や原因がわからない場合は、第三者に間に入ってもらって話し合いをすると解決が早いです。

そうはいっても、お互い人間なのでどうしても反りが合わない人は必ず存在します。その時は割り切って一線を引き、「業務上の関係」だけを築いていくのも大切です。

自分の感情に責任を持つ

自分がイライラしたりするのは他人のせいだと思っていませんか?それは「このイライラをなんとかしてもらいたい!」と思っているのと同じです。

しかしこの「イライラ」という感情自体は他でもないあなたの物なので、他の人に「どうにかしてもらおう」というのはそもそも無理な話です。それにも関わらずこのような考えの人は意外に多く「助けて欲しい」「何とかしてほしい」とどんどん人に依存していき、解決されないと強いストレスを感じます。

自分の感情は自分の物と知り、「なぜそのような反応をしたのか」「どうしたらよいのか」分析することが大切です。

相手に期待することを辞める

ストレス解消法でもお話ししましたが、相手に期待することを辞めましょう。どんなに職場で一緒の時間を過ごしていても、しょせんは他人。「世の中には自分の思い通りにならないことのほうが断然多い」と思っているほうが気楽ですし、人がミスしても「自分の指示が悪かったのではないか」「なにか見落としがあったのでは」と自分を責め過ぎずに済みます。

協力し合って業務をすることは大切ですが、「人になんとかしてほしい」と思うより「自分がなんとかしよう」と行動するほうがうまく進むはずです。

自分で解決できないときは職場を変えるのもアリ!

自分で解決できないときは職場を変えるのもアリ!

自分がどんなに努力していても職場の人あっての人間関係なので、改善しないことも大いにあり得ます。

そのようなときはいつまでもその職場にしがみつかないで、転職するのもいいでしょう。今の職場で身につけた人間関係への取り組みやストレスの対処法は、次の職場で必ず活かすことができます。

また人間関係のよくない職場に居続けると、心身を壊してしまうかもしれません。心身に限界がきて退職すると、治療に時間がかかり社会復帰できなくなる可能性があります。職場の人間関係改善に尽力した結果、人生台無しにすることがないように気を付けてください。

ストレスが限界のときは退職代行も有効な手段です

退職希望のAさんAさん

もう職場の誰とも関わりたくない

退職希望のBさんBさん

職場に行くのがツラすぎる

人間関係のストレスが限界にきてしまったときは、退職代行サービスを検討してください。退職代行を利用すれば、会社に行くことなくスムーズに退職することができます。

退職代行のメリット
  1. 即日退職できる
  2. 会社に行くことなく退職できる
  3. 会社の人に会わずに退職できる
  4. 有給、退職金などの交渉ができる
  5. 退職手続きを丸投げできる

退職代行は退職を伝えるだけなく、有休や退職などの交渉もしてくれます。職場のストレスで限界がきていると「一秒でも早く会社と縁が切りたい」と思って、本来の権利を逃してしまう可能性があります。退職代行はあなたにかわって退職手続きをしてくれるので、あなたの希望通りの退職を叶えることができるはずです。

「職場の人間関係でストレスが溜まる」ストレス対策や対処法を徹底解説 まとめ

「職場の人間関係でストレスが溜まる」ストレス対策や対処法を徹底解説 まとめ

職場の人間関係にストレスを感じている人は多いです。しかし職場の人達は一日の大半を一緒に過ごす場合も多く、自分でストレスを解消したりストレスの少ない職場環境を作るために行動したりしていくしかありません。

どんなに自分で努力したとしても職場全体の雰囲気を変えるのは困難ですし、どうしても人間性の合わない人が存在することも事実です。

限界に達しそうなときは、違う職場に移ることもストレスを失くすための方法です。どうしても自分で退職を切り出せないのなら、退職代行の利用を検討してください。退職代行ならどんな会社でも、スムーズに退職することができます。

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる