辛くなったらすぐに連絡してください。

退職代行プラン

▼ ▼ まずは、コチラよりご相談ください ▼ ▼

各種クレジットカード対応

銀行振込対応

金融機関
PayPay銀行
支店名
ビジネス営業部(005)
口座番号
普通:5696197
口座名義
タイショクダイコウオイトマ

無料電話相談実施中 ※8:00-21:00

ご注意下さい

下記のような退職代行業者は
退職が無効になる恐れがあります。

弁護士から適正な
監修を受けていない

労働組合が
管理していない

LINE友達追加していただいた方
3つのプレゼント!

弁護士監修退職届

弁護士監修の退職届のテンプレートをプレゼント。即日退職や、有休消化などお客様の状況に適したテンプレートをお送りいたします。

業務引継ぎテンプレート

退職する際に問題に上がりやすい引継ぎ業務について、業務引き継ぎ書を作成することにより、会社に行かず引継ぎ業務を楽にできます。

無料転職サポート

退職後も安心の転職サポートが充実!
ご希望の方は無料で転職サポートいたしますので、LINEにていつでもご依頼くださいませ。

退職代行プラン

▼ ▼ まずは、コチラよりご相談ください ▼ ▼

各種クレジットカード対応

銀行振込対応

金融機関
PayPay銀行
支店名
ビジネス営業部(005)
口座番号
普通:5696197
口座名義
タイショクダイコウオイトマ

無料電話相談実施中 ※8:00-21:00

メディア掲載歴

辞めずらい、辞めにくいって
思ってませんか?

  • 上司が怖い
  • そもそも辞めると言う勇気がない
  • 自分が辞めると同期や職場の人に申し訳ない
  • 精神的に会社に行くことが辛い
  • 入社した時の話と違う
  • 残業代が出ない
  • 有休消化させてもらえない
  • 仕事のノルマがきつい
  • 会社でイジメにあっている
  • 一度は退職の意向を伝えたが引き留めが強い

あなたの代わりに
退職の連絡をします

会社への連絡は退職代行OITOMAにお任せください!あなたの代わりに退職のお話をさせていただきます。会社からの連絡も全て私共を挟んでやり取りすることもできます。

依頼から最短30分で
退職可能

退職代行OITOMAは入金から連絡実行までが早い!
分かりやすい4ステップで構成されているので誰でも簡単に、即日退職することができます。

全額返金保証あり

退職代行OITOMAは退職成功率100%の証明として、退職できなかった人に対して全額返金しています。
安心して利用して頂ければ幸いです。

弁護士監修+労働組合運営

労働組合が運営している退職代行なので会社と交渉することができます。退職届などの書類は弁護士が監修したものを無料で差し上げます。

業界最安値を実現

退職代行OITOMAは一人でも多くの退職希望者を救いたいという気持ちから、様々なコストカットをし、業界最安値を実現しています。

無料転職サポート

退職代行OITOMAで退職成功できた方で希望する方には無料転職サポートを用意しています。退職後の心配をされている方もOITOMAなら安心です。

退職代行プラン

▼ ▼ まずは、コチラよりご相談ください ▼ ▼

各種クレジットカード対応

銀行振込対応

金融機関
PayPay銀行
支店名
ビジネス営業部(005)
口座番号
普通:5696197
口座名義
タイショクダイコウオイトマ

無料電話相談実施中 ※8:00-21:00

M.Hさん(23歳)

東京都
男性 元営業会社

相談した次の日に退職できました。

職場での1番の悩みは人間関係でした。上司は私がなにかミスをすると人前で怒ったり、平気で人格否定をするような人でした。私はだんだんと精神的にキツくなり、会社に出勤したくないという気持ちが強くなっていきました。また会社に辞めたいという意思を伝えても「退職は絶対に許さない」「ただでさえ忙しい時期なのに何を考えいるんだ」などと一向に聞き入れてもらえず、ネットで今話題の退職代行サービスを調べてみることにしました。何より、自分で会社に退職の意思を伝えずに済むことが非常に魅力的で、またダントツで料金が安かったので、OITOMAさんに相談することに決めました。結果的に相談した次の日には退職することができ、なぜもっと早くOITOMAさんに依頼しなかったのかと思っています。

M.Hさん(23歳)

埼玉県
女性 元事務

辞めたいと言えず、利用しました。

会社の上司の方が高圧的でとても高圧的で辞めたいと言える雰囲気ではありませんでした。いざ辞めることを言うと怒鳴られたり、用事があると言って取り合ってもらえませんでした。退職届を書いてもその場でシュレッダーで処分されたのを見て、退職代行OITOMAさんを利用することを決意しました。電話相談が無料だったので電話してみたら親身になって話を聞いてくださり、その場でお願いしました。退職の連絡を結構する日はドキドキしていましたが、終わってみたら案外普通に終わりました。現在では別の会社で勤務しており、とても楽しい日々を送っています。もし退職したくても退職できないのであれば、ぜひOITOMAさんを利用して退職してみてはいかがでしょうか。

M.Hさん(21歳)

愛知県
男性 元製造業

有給を使って退職できました。

私の会社は万年人手不足で有給を使おうとすると、すぐに時季変更権を使ってきて、使わせてくれませんでした。このまま休むことはなく働かされるのかと思うと怖くなり、退職代行を利用しました。退職代行OITOMAさんは労働組合が運営しているとのことですので、有給の話もできると思ったのが決め手です。申し込んで最短30分で連絡できるとのことでしたので、すぐにお願いしました。有給20日分を一気に使って退職するようにお願いしたので、退職できるか、有給が使えるのかとても不安でしたが問題なく退職できるとのことでした。有給期間中に転職活動をして、年休125日以上の会社に転職することができました。給料も倍になり、とても嬉しかったです。

M.Hさん(30歳)

千葉県
女性 元看護師

パワハラに耐え切れず退職しました。

私の病院では看護師長の権限が強く、常に看護師長の指示に従わないといけませんでした。少しミスをしただけで1時間以上も説教されたり、時間に遅れただけでサービス残業を強要されることは当たり前でした。ある日、体調不良になって病院を休みました。その次の日に朝会で過去の不始末と一緒に全従業員の前で謝罪させられました。このことがきっかけで退職を決意しました。二度と看護師長の顔は見たくなかったので退職代行OITOMAさんを利用して即日退職しました。労働組合が運営しているためか、スムーズに退職することができ、かつどこよりも安かったので助かりました。退職後は旅行をしてリフレッシュし、来月から新たな職場で頑張ります。この度はありがとうございました。

M.Hさん(31歳)

北海道
男性 元建築業

激務で精神的につらかったので退職。

朝6時に家を出て終電で帰る。私の会社ではこれが当たり前でした。疲れが取れず、眠気がある状態で業務をするため上司から叱られることも多々ありました。そして上司は気に入った人には優しく、嫌いな人には仕事を押し付ける人でした。私は上司から嫌われてしまったため、多くの仕事を押し付けられ、終電で帰るのが当たり前になりました。それでも仕事は増え続け、始業2時間前に出社して仕事をするようになりました。ある日過労で倒れたときに、家族の勧めもあって退職代行OITOMAさんの利用を決意。その日の内に退職が完了し、やっとこの苦しみから解放されると思って、思わず泣いてしまいました。今は病院で療養中ですが、安定してきたら転職活動を始めようと思います。

M.Hさん(19歳

阪府
女性 元保育師

面接と話が違ったので退職。

面接の際は8時から17時勤務、従業員同士との仲も良く、有給も取りやすいと伺っていました。しかし、実際に勤務すると6時から20時勤務が当たり前、上司からのパワハラや同僚からのいじめもあり、耐えられなかったです。有給に関してもお願いする度にはぐらかされ、有給を取れたことは一度もありませんでした。そんな生活に耐え切れなくなり、退職代行OITOMAさんに依頼しました。無料の電話相談で事情を話すとぜひサポートさせてほしいと言われ、ここで無理なら諦めようと思いました。入金してからは必要事項を記入し、本人確認のために健康保険証の写真を送付、連絡する日時を決めるだけでした。連絡する日は緊張してましたが、すぐに退職完了の連絡を頂きました。

年間743万人の退職者

2019年の厚生労働省の調査によると
大卒新入社員のうち

2017年の離職(=退職)者数は743万人という結果が報告されています。全体平均離職率が15%前後なのに対し、新入社員の従業員の3年目までの離職率は30%を超えています。最近は、人材の流動性がさらに活発化しています。上記の変化も要因となり、転職することのハードルが低くなっています。また以前に比べ退職、転職することへが、ネガティブなものからスキルアップの手段などのポジティブな捉え方に変化してきたことも大きな要因と考えられます。

意外と使われている退職代行

今の職場する退職する場合
退職代行の利用を考えていますか?

退職代行とは、労働者が会社を退職したいと考えた場合、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。2018年頃からサービスを行う業者が急増し、テレビなどにも取り上げられる機会が多くなったことにより、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。具体的には、労働者の退職の意向を、退職代行業者が会社に伝え、退職に必要な事務的な手続きを行ってくれるというサービスであり、それ自体は非常に単純なものです。もともと、労働者には基本的に退職の自由が保障されていますし、退職したい人間を無理やり押さえつけて働かせることも不可能ですので、これに応じる会社がほとんどでしょう。このように、退職代行業者に依頼すれば、会社に直接退職を申し入れて話し合う煩わしさから解放され、辞めたいときにスムーズに辞められるということが注目されているようです。10連休があった2019年GWでは、連休明けに多くの依頼があったというように知名度も高く、退職できないという方に周知されつつあるサービスといえます。

A1
可能です。今まで数々のご相談に対応させていただきましたが、退職できなかったことは一件もありませんのでご安心ください。万が一退職できなかった際は、全額返金致します。

A2
本人には連絡しないようにお伝えいたしますので、ほとんどの会社はそのように対応していただけます。ただし、そう伝えても強制力がないため、会社によっては連絡をする場合があります。そのため100%連絡がこないようにするのは難しいです。

A3
ご本人への連絡と同様、ご両親には連絡しないようにお伝えいたしますので、ほとんどの会社はそのように対応していただけます。しかし、これまた同じく100%連絡がこないようにするのは難しいです。

A4
特段の事情がない限り、会社から訴えられることがないような適法な方法で退職をサポートいたしますのでご安心ください。

A5
ご本人から会社宛に郵送していただきます。最後の出勤日に会社に置いてくるとその手間も省けます。

A6
サービス代金24,000円以外の料金は一切発生しません。全てコミコミ価格だと思っていただければよいでしょう。

A7
特段の事情がない限り、会社から訴えられることがないような適法な方法で退職をサポートいたしますのでご安心ください。

A8
申し訳ございません。我々とお客様のやり取りは基本的にLINEで行うため、現在LINEアカウントをお持ちでない場合は新規アカウント作成をお願いしております。LINEアカウント作成方法はこちら

A9
業務引き継ぎ書のテンプレートをお渡ししますので、そちらを記入していただくだけで原則大丈夫です。業種によっては一切不要な場合もございます。引継ぎに関してはページ下部で詳細を記載しておりますのでそちらもご確認ください。

A10
なりません。会社側からそのように言われることもありますが、不当に経歴を悪く書くことはできません。安心してご利用ください。

A1
オイトマではもちろん有休消化についてスタッフが直接会社と連絡を取り、有給消化させていただけるようお伝えいたします。
※100%消化することは保証できかねます。会社側の就労規則や判断によります。

A12
手続きを進めていく上で退職代行が不可能だと判明した場合に全額返金いたします。一部の業種、雇用形態などが該当いたしますので、お問い合わせ時にご相談ください。

A13
キャンセルは可能ですが、退職手続きの進行度合いによっては難しい場合があります。また、お客様都合によるキャンセルの場合は返金できかねますのでご了承ください。

A14
申し訳ございませんが価格交渉のサービスはありません。追加料金もありませんので、24,000円(税込)よりも高くなることもありません。

A15
LINE友達追加していただいた後にメッセージをお送りしております。そのままLINEにて現在の状況やお悩みをご相談ください。ヒアリング完了後、正式にお申し込みしていただき、利用料金の支払いが完了したタイミングで我々から退職の旨を現在のお勤め先にご連絡いたします。その後はお客様と退職する会社によって異なりますが、都度LINEにてご連絡させていただきます。

A16
離職票や、雇用保険被保険者証などの必要書類は、退職完了後にお客様宛に郵送していただけるように会社へお伝えいたします。ご安心ください。仮に対応することができない会社である場合は、指定のハローワークにて取得することが可能です。詳しくはLINEにてご相談くださいませ。

A1
ご安心ください。オイトマは労働組合が運営・管理しております。また労働組合が会社と会員(オイトマにご依頼いただき費用をお支払い頂いた段階で組合員として登録いたします。)の間に入り代行業務をすることは法的に認められております。また、オイトマは顧問弁護士が在籍しているため、非弁行為にならないよう細心の注意を払っております。

A18
もちろん可能です。人手不足は会社の責任として捉えるべきであり、労働者の責任では一切ございません。人手不足が会社を辞められない理由にはなりません。

A19
20代から30代の比較的若い方にご利用を頂いております。職業は看護師、介護士、派遣、工場勤務、IT系の方が多いです。明日会社に行きたくないくらい、精神が限界の状態でご相談を受けることが多く、私共は迅速にサービスを提供し次のステップに送り出すお手伝いをさせていただいております。

A20
可能です。オイトマに依頼されるお客様の中で社員寮に住んでいらっしゃる方も多く、ご安心ください。基本的に退職日=退去日ではありますが、有給休暇が残っていれば、有給を消化した日が退職日となるため、その期間中に荷物をまとめて退去する流れになります。

退職代行オイトマにごアクセスいただき、また、疲れて忙しい中ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。

本気で退職に悩んでいらっしゃる方だけに届けばいいと思い筆を進めております。

少しだけ私のお話をさせてください。私自身も会社員時代に感情的な上司に叱責されながら、朝9時半から夜中3時まで仕事をこなすような、所謂ブラック企業で働いておりました。気づけば勤務年数は3年を数えていました。

その間は、努力をしている自分を奮い立たせて「まだ頑張れる」「頑張った先に何か良いことがあるはず」と自分に言い聞かせながら、ひたすら仕事をしていました。しかし最終的には自ら退職届を提出することを選びました。

これはもう10年以上前の話です。当時は退職代行サービスはなく、退職するとしたら相当な覚悟をして上司に退職する旨を伝えるのが常識でした。

私が退職を決意するに至ったのには、あるきっかけがございます。それは、激務に追われた日曜日の朝、突然めまいに襲われたことです。最初は気付かなかったのですが、右耳が聞こえづらくなってしまっていました。医師からはメニエル病と診断されました。詳しいことは省きますが、難聴・耳鳴りと付き合い続けなければならない身体になってしまいました。

初期症状を見落としていたのは仕事のストレスが原因です。プレッシャーと責任、あるいは恐怖からとにかく仕事に没頭しました。早期治療を行えば多少は症状が緩和できたかもしれませんが、私は仕事を理由に「自己犠牲」という名の激務に勤しみました。

今思えば仕事くらい休んで自分を労わるべきでした。10年以上たった今でもその症状は続いています。ここで私は一つだけ学習しました。それは、どれだけ「何かある」と希望を持ち、頑張って耐えたところで限界は存在するということ。

これをお読みになっているあなたは、もしかしたら私の経験よりも更に辛い現実に直面しているかもしれません。「辞めるって言いづらい」「辛いのは自分だけじゃない」「自分が辞めたら同僚がかわいそうだ」。その思いは痛いほどわかります。ですが、まずは自分を大事にしてください。

あなたにも何か悪い点があるかもしれません。仕事を覚えるのが遅い。努力が足りない。といった課題を感じて自分を追い込んでいる方は少なくないでしょう。それでも自分を犠牲にするのは限界があります。極端な話は過労死です。

正直に申し上げると私自身サラリーマン時代「自殺」という二文字がしばしば頭をよぎっていました。笑えますよね。退職すれば無関係になるちっぽけな世界にもかかわらず、今ある環境がすべてと勘違いしていたのかもしれません。

私は退職が必ずしも正しい選択肢だとは思っていません。ですが、自己犠牲の範疇を超えた献身に、会社は応えてくれるのでしょうか?「はい」と答えられる方がどれほどいるでしょうか。答えられないのであれば、まずはご自身を大事にしてください。

退職しても国の制度で衣食住に困ることはありません。その点は、退職代行オイトマとして私たちが責任をもってご案内いたします。転職のサポートも致します。基本手当(失業手当)のご案内も致します。

退職代行というと悪いイメージが付きまとってしまう昨今ではございますが、我々退職代行オイトマは誇りと責任をもって、今お読みになっている方々のためにあり続けたいと願っております。