退職の電話が怖い人へ【解決策と実際の声を紹介します】

退職希望のAさんAさん

電話で退職したいことを伝えるのはいいの?

退職希望のBさんBさん

退職を電話で伝えようと思っているけど、怒られそうで怖い….

あなたは会社を辞めることを電話で伝えるときに上記のような悩みを抱えたことはありませんか?

今回の記事では、退職の電話が怖い人向けに、電話で退職を伝える方法を解説していきます。

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

なぜ退職の電話が怖いのか?3つの理由を徹底解説

なぜ退職の電話が怖いのか?3つの理由を徹底解説
退職の電話が怖い理由は以下の3つの通りです。

  • 上司に言うのが気まずい、怒られそう
  • 会社に行かないといけなくなりそう
  • 同僚や部下からの視線が怖い

このような理由があると思います。
退職の電話をするのは、かなり勇気のいることです。

人によって電話をしたくない理由は異なりますが、周りからどう思われてるのか不安だったり、上司に怒られるかもしれないなどの圧力が原因です。

退職の電話が怖い理由①:上司に言うのが気まずい、怒られそう

退職を電話で伝えるのが怖い理由は、上司に言いにくいや怒られそうだからです。
退職を会社に伝えるときは、直属の上司に直接伝えることがマナーでもあります。なので、電話で伝えるのは避けた方がいいです。

ただ、上司との間でトラブルがあったりすごく怖い上司だったら、言いたいことも言えない状況もあります。

そんな時は電話で退職する旨を伝えるほうがいいですが、怒られる覚悟をもって電話してみましょう。
上司が逆上することも考えられるので、注意しましょう。

退職の電話が怖い理由②:会社に行かないといけなくなりそう

退職の電話が怖い理由は、会社に行かないといけなくなることです。

退職することを電話で話すと「なぜ電話で言うのか」という疑問を抱きます。

その結果、電話で退職することを伝えたときには「直接、話がしたい」と切り出します。

その理由として、まだ会社にいてほしいという引き止めたい気持ちがあったり、このまま辞められても腑に落ちない気持ちが上司にはあるからです。

退職理由をなぜ電話で話すのかを聞かれるかもしれないので、その答えは考えておきましょう。

退職の電話が怖い理由③:同僚や部下からの視線が怖い

退職の電話をすると、同僚や部下から周りの視線が怖くなります。

理由は、電話で退職をしたいことを伝えると、周りからしたら「常識がなさすぎる」「マナーを知らないのか?」と失笑されたり変な目で見られたりします。

周りからすると、退職をするときは「これまでお世話になったんだから、直接言うのが筋なんじゃないか」という固定概念があります。

ただ、会社にいきたくないと思ったなら、退職をしてしまえば周りとの関係はなくなるので、あまり周りを気にして行動しなくてもいいです。

お世話になった人や恩がある人には、直接伝えた方がいいと思いますが、それ以外なら気にする必要はありません。

退職の電話が怖い人向け!3つの解決策

退職の電話が怖い人向け!3つの解決策
退職の電話が怖くて、どうやって退職の旨を伝えたらいいのかわからない人は以下の3つの方法がおすすめです。

  • 腹を括って直接言う
  • 退職届を郵送する
  • 退職代行を使う

退職をするときは、直接合わなくても退職をしたいことは伝えられます。

解決策①:腹を括って直接言う

腹を括って直接退職したいことを言ってしまうことです。

退職をすると決めたなら、直接話したほうがスッキリしますし、会社側からしても納得して退職をさせてくれることがあります。

ただ、直接いうことで弱いところをついて引き止められることがあります。
会社として、その人がいなくなったら仕事が回らないようになったり、新しい人を雇わないといけないようになったりするので、会社はデメリットの方が多いです。

腹を括って言ったのであれば、自分の意見は曲げずに退職するということを言いましょう。

自分の身は自分で守らなくてはいけませんし、会社のことを考えて残留してしまうとどっちみちすぐに辞めたいと思う日がきます。なので、会社の心配はせずに自分の意見を優先する行動をしましょう。

解決策②:退職届を郵送する

郵送で退職届を出す方法です。
また、郵送でも配達証明付き内容証明郵便で送るのが確実でしょう。

配達証明付き内容証明郵便とは
  • 退職届に書いた内容
  • ②会社に確実に届けた事実

上記の2つを郵便局の人が証明人となることです。

注意点として、普通の郵便で退職届を送ってしまうと、会社側が納得いっていない場合に受け取ってないと嘘を言える可能性があります。

そうなってしまうと、余計にめんどくさいことになり退職まで時間がかかり余計にストレスを感じてしまいます。

ですが、配達証明付き内容証明郵便だと会社側は受け取った事実は否定できず、受け取らなかった場合でも、退職の意思を示したことになります。

郵送だと会社に届くまでに、数日かかるので退職日は2週間以上の余裕を持っておきましょう。

そうしないと、スムーズな退職ができなくなる可能性があるので、郵送した日から2週間以上の余裕を持って、退職日を設定しましょう。

解決策③:退職代行を使う

退職代行を使って、自分の代わりに退職手続きを行ってくる会社です。

退職代行は、お金支払って退職の手続きをしてくれるので、自分に合っている退職代行業者に頼む必要があります。

業者に頼む時の費用は30,000〜50,000円ほどです。
どうしても、直接会って言うことが難しい人や電話で伝えるのもできれば避けたい人が利用することが多いです。

利用することで、本人の辞めたい意思が強かったんだと会社側は気づきます。一切会社と連絡をとることがないので、意外とあっさり退職することができます。

費用はかかるものの、どうしても辞めたくてでも会社に伝えられない人は利用するメリットは大きいと思います。

実際に退職の電話をした人の体験談

実際に退職の電話をした人の体験談
実際に退職の電話をした人の体験談を聞くことで、イメージがつきやすくなり電話もしやすくなります。

退職をしたいけど、電話がなかなかできない人もたくさんいますしここでは自分だけではないということを知って欲しいです。

周りからの目が怖い人も、上司にいうことができない人は参考にして欲しいです。

今回は3人の体験談を話していきます。

試用期間中にうつ病になり、退職した25歳の男性

今から職場に辞めると電話するのですが
怖いのか気まずいのかなかなかできません。

昨日も電話しようと思ったのですが結局できませんでした。

わたしは4月から郵便局の社員として働いていますが大変客層が悪く暴言暴力は当たり前、忙しすぎるのに遅いと文句を言われるストレスで自律神経失調症になり9月から休職しています。

実は8月の時点で9月いっぱいで辞めると
退職願は提出したのですがなんだかんだでやめないことになってしまいました。

今回は休職中無理に続けようとしなくてもいい辞めたくなったら電話くれればいいと言われていますがロッカー整理に行くのが嫌すぎます。

もう職場の人にも誰にも会いたくないです。

入社して2日で退職した24歳の女性

4月に新社会人になって、仕事や人間関係を頑張っていこうと思っていました。

そして、初めて会社に行き説明会だったり部署内の案内などをしているうちに周りとの温度差があり思っていた仕事とはかけ離れてる感じがして、一気に辞めたい気持ちになりました。

そして、自分の思っていた仕事や環境でないことにショックを受け会社を辞めることにしました。

2日にて会社を辞めることができるのか心配でした。

電話で辞めることを伝えたら、意外とあっさり理解してくれ辞めることができました。

転職して1か月で退職した27歳正社員の女性

転職をして、社会人として頑張ろうとしたけど、思っていたのと違い店長も威圧的ですぐに起こってくるのでいやになりました。

今ではパワハラだと訴えることはできますが、逆にトラブルになりかねないので辞めることにしましたが、転職をして1ヶ月で辞めたら、次回の転職で不利になるのではないかと不安です。

電話で退職を成功させる5つのコツ

電話で退職を成功させる5つのコツ
電話で退職することを伝えるのはマナー違反にあたります。

電話で伝えるときには、相手を不快な思いにしてはいけないので伝え方を考えなければいけません。

スムーズに退職をするための5つのコツを解説していきます。

  1. 電話する時間帯に注意
  2. 必ず直属の上司に退職の電話をする
  3. 電話は録音する
  4. マナー違反であることを自覚する
  5. 退職理由は大まかに伝える

5つのコツを理解することで、電話でスムーズに退職することができ会社に行かなくても済むので、しっかり抑えておきましょう

1つ目:電話する時間帯に注意

電話をするタイミングはかなり注意しましょう。

メールであれば、都合のいい時間帯でメールを読んで返信したりできます。

ですが、電話であるとかかってくるのはすぐわかりますし、強制的に相手の時間を奪ってしまうので、相手が忙しい時や昼休憩の時は避けた方がいいです。

注意すべき時間帯
  • ①始業時間・・・ミーティングなどで忙しい
  • ②終業時間・・・帰るムードなので、電話がなると機嫌を損ねる

理想的な時間帯は、始業前の30分または終業後の1時間です。
深夜や早朝は避けた方がよくて、できるだけ業務時間内も避ける方がいいでしょう。

なぜなら、退職の電話は私事都合なため業務ではないので、相手の業務時間だと仕事に支障をきたすことがあります。

2つ目:必ず直属の上司に退職の電話をする

退職の電話をするときは必ず直属の上司にするようにしましょう。

上司より上の立場の人に伝えてしまうと、上司の管理能力を疑ってしまうこともあるので余計に上司を困らせてしまいます。

退職の手続きなどは上司を通して人事で行うため、パワハラやセクハラを受けていないなどの特別な理由でない限り、直属の上司に電話しましょう。

また、上司がいないからと言って同僚や先輩へ伝言を頼むことはやってはいけません。

さらには人事に電話してしまうと、「自部署の上司に直接話してください」と言われてしまい、2度手間になってしまう可能性があります。

3つ目:電話は録音する

電話を録音しておくことで、退職の意思表示をしたという証拠になります。

退職の意思表示で口頭で言うことは法的な効力を持っており、契約の解除はできます。

ですが、退職届を出した場合は書面での証拠がありますが、口頭だと証拠が残らないため「言った」「言ってない」や「そんな話は聞いていない」などの水掛け論になり、さらにトラブルになる可能性もあります。

そのため、電話の通話を録音しておくと証拠を残すことができトラブルを避けることができますので、必ず録音をしておきましょう。

4つ目:マナー違反であることを自覚する

退職を電話で伝えることがマナー違反だと自覚しておきましょう。

電話で退職を伝えることはマナー違反であり、会社側に対しても失礼にあたります。ですが、精神的に直接話せない状況だと電話で伝える方法しかないです。

なので、電話をした際に必ず謝罪をしましょう。「電話でのご連絡となり大変恐縮ではありますが、こちらのお電話にて退職の意思表示とさせていただきます」などとお詫びの言葉を伝えることで、上司はそういった状況を察してくれます。

そのため、会社に行かなくて済むから電話なのではなく、電話で伝える時はしっかり礼儀を言葉で表明しましょう。

5つ目:退職理由は大まかに伝える

退職理由は大まかに伝えるようにしましょう。

「どんな理由で辞めたいのか」を細かく伝えてしまうと、いろいろな条件を出してきて辞めれない方向に進んでいくケースがあります。

引き止める理由
  • ①給料が低い→給料上げてやる
  • ②人間関係が不満→部署異動を検討する
  • ③仕事に不満→部署異動を検討する

例えば「残業を多すぎるから・・・」と伝えてしまうと、「残業は減らして定時で上がれるように会社側も努力をする」など様々な理由を付け加えて、辞める理由を削ってきます。

そうなると、辞める理由がなくなってしまい在籍せざるを得ない状況になってしまいます。

そうならないために、退職の理由は「一身上の都合」とだけ伝えるようにしましょう。

退職の電話が怖い人まとめ

退職の意思表示をするのは勇気のいることですし体力を使います。

なるべく、大ごとにせずトラブルを避けて退職を伝えることが大事になってきます。電話で伝えることは原則的にマナー違反になるので、避けた方がいいですが状況によっては電話で伝えたい人もいるでしょう。

電話でも伝えられないなら退職代行など代わりに退職の手続きを行ってくれる方法もあるので、自分の今の状況をしっかり理解した上で最適な退職をする方法を見つけましょう

<></>

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

目次
閉じる