職場で怒られた後の気まずさを解消!気持ちの切り替え方を伝授

職場で怒られた後の気まずさを解消!気持ちの切り替え方を伝授

退職希望のAさん

怒られて職場で気まずい

退職希望のBさん

怒られると仕事の自信がなくなってしまう

職場で怒られると、落ち込んでしまって気まずい思いをする人は多いはずです。むしろ平気な顔ができる人のほうが稀でしょう。

いつまでも落ち込んでいると、仕事の進みが遅くなったり余計にミスしたりしてしまう可能性があります。できるならさっと気分を切り替えて、前向きに仕事に取り組みたいですよね。

今回は怒られるのが苦手な人に向けて、職場で怒られた後の気まずさへの対処法や怒られない方法などをご紹介していきます。

職場で怒られた後の気まずさを解消するには?
  • 上司や先輩はあなたの成長を信じている!怒られたあとは気まずくても笑ったほうがいい
  • 職場で怒られたあとの気まずさへの5つの対処法
  • 怒られるのが嫌なら褒められるように仕事をすればいい!
  • 怒られるのが納得いかないときは上司とよく話し合おう
  • 気まずさにどうしても耐えられないときは退職してもOK
  • 自分で退職を言えないときは退職代行に頼ってみよう

全額返金保証付き!

目次

怒られた後に気まずい時は笑った方が良い!その理由とは?

怒られた後に気まずい時は笑った方が良い!その理由とは?

怒られた後は誰でも気持ちが落ち込みます。しかしそれを態度に出すのは、おすすめしません。実は怒られて気まずいときほど、笑ったほうがいいのです。

起こられた後に気まずい時は笑ったほうがいい理由
  • 落ち込んでいる雰囲気は職場全体に伝わる
  • 上司や先輩はあなたが嫌いな訳ではなく成長を信じて叱っている
  • 同じ失敗・ミスを繰り返さなければ良い

全額返金保証付き!

順番にご説明していきます。

落ち込んでいる雰囲気は職場全体に伝わる

一つ目の理由は怒られて落ち込んでいる雰囲気は職場全体に伝染し、職場の空気を重くしてしまうからです。重たい空気で職場に活気がなくなると、叱られた本人以外の人も居心地が悪くなります。

またいつまでも落ち込み続けていると、周りの人は気を使って励ましたり慰めたりしなくてはいけません。励ましている間は仕事の手を止めなくてはいけないので、作業効率にも影響を及ぼします。

落ち込むのは勝手ですが、他の人の仕事を妨げるような行為はやめたほうがいいでしょう。さらに怒られるたびに重たい空気をばら撒いていると、さすがに周りの人にも呆れられてしまい「ただのめんどくさい人」だと思われるようになります。

「めんどくさい人」と距離を置かれながら仕事をするのは、怒られた後よりもずっと気まずいですよね。

上司や先輩はあなたが嫌いな訳ではなく成長を信じて叱っている

起こったときの上司や先輩の気持ちを考えてみてください。あなたを怒った人達はイライラをぶつけたりあなたを個人的に嫌いだったりして怒りをぶつけたのでしょうか?

もちろん相手も人間なので感情を出すこともありますが、怒りの根本には「あなたにもっと成長して欲しい」「これができればもっと成長できる」という気持ちがあるはずです。

それに怒るという行為は、怒る側も気持ちを消耗します。落ち込んでいるあなたを見て「強く言い過ぎたかもしれない」「怒られたせいで、会社を辞めたくなっていたらどうしよう」と、怒った自分を責めているかもしれません。

怒ってくれた相手へ配慮するためにも、怒られた側はいつまでも落ち込まずに「さっきはすみませんでした」と笑って元気に仕事に取り組む方がいいです。

同じ失敗・ミスを繰り返さなければ良い

怒ることの目的は「怒られて落ち込ませる」ことでなければ「ミスや弱みを指摘して、自信を無くさせる」ことでもありません。失敗やミスに気付かせて「同じ失敗を繰り返させない」ことです。

つまり落ち込んで暗い顔をしていても笑顔で元気にしていても、怒られた側がやるべきことは一つですよね。

「やっちゃいました」と笑うことで怒られたときの緊張がほぐれて、自分の失敗やミスを冷静に振り返ることができます。そうすれば、落ち込んでいるよりも早くいい解決策を導き出せるでしょう。

また落ち込んでいるより笑顔でいるほうが、周りの人も話しかけやすくなります。同じ失敗をした人から励ましてもらったり、アドバイスをもらったりできるはずです。

職場で怒られたあとに気まずい際の対処方法

職場で怒られたあとに気まずい際の対処方法

職場で怒られて気まずい際に、いつまでも引きずっていては仕事に支障が出てしまいます。

職場で怒られたあとに気まずい際の対処法
  • 自分の非について謝罪をする
  • 怒られた理由と改善策をメモする
  • 自分自身を責めないようにする
  • 人格を否定された訳では無く仕事内容を注意されたと受け止める
  • 成長の機会を得たと前向きに捉える

全額返金保証付き!

怒られたことは成長の機会だと前向きに捉えて、今後の仕事に活かしていくことが大切です。

自分の非について謝罪をする

怒られたときには、「まず謝る」のが一番大切です。謝罪は怒った相手の気持ちを理解し、自分の非を認めていることを具体的に示すことができます。

また自分の非を認めて謝罪すれば、上司や先輩が感じたマイナスなイメージを取り除けるはずです。前向きな姿勢を見せることは、今後の円滑な人間関係を築くうえでとても大切になります。

さらに謝罪は、自分を成長させることにも繋がるでしょう。自分のミスを受け入れ反省することで、同じミスを繰り返すのを防ぐことができます。そして反省から自分の問題点を解決する方法を考え出せるはずです。

怒られた理由と改善策をメモする

怒られた理由と改善策をメモしておくのもいい対処法です。まず怒られた理由をメモしておくと自分がどんなことでミスをしてしまったのか明確になるので、同じミスを繰り返すのを防ぐことができます。

また自分自身が何をすべきだったのか再確認でき、改善するための具体的な行動計画を立てられるはずです。

次に改善策をメモしておけば、また同じような状況になったときに迷わず対応することができます。ただしメモはあなたの失敗の記録です。

メモを残すことによって責任を感じ過ぎ、自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。自分で改善策を考えるのは大切ですが、時には上司や先輩に相談してメモが前向きな内容になるよう努めましょう。

自分自身を責めないようにする

怒られたことで落ち込んでしまうのは、仕方のないことです。しかし自分を責め過ぎないようにしましょう。「他の人にも間違いやミスはある」ので、あなただけが自分を責め続ける必要はありません。

気持ちが落ち込み過ぎているときは、成果を出せたことや褒められたことを思い出して自分のいい面にも目を向けるようにしてください。

自分を責め続けることはストレスや不安に繋がるかもしれません。ストレスや不安で自己評価が低くなると、仕事に自信が持てなくなったり集中できなくなったりします。

このような状態ではまたミスをし、怒られて、自信を無くすという悪循環が生まれてしまいます。

人格を否定された訳では無く仕事内容を注意されたと受け止める

職場で怒られたときに人格を否定されたと思うと、自分に対する自信を失うだけでなく怒った相手や職場の人を信用できなくなってしまいます。

注意された内容を正確に受け止め、「自分が否定されたわけではない」ことを理解しましょう。そうすれば自分自身のことを客観的に見つめ直すことができ、注意された内容を振り返るのが辛くなくなります。

また上司や先輩達に言われたことを正確に受け止めると、自分の弱点や課題を明確に把握できます。問題が明確であれば改善に素早く取り組めるので、確実に自分を成長させられます。

さらに前向きに問題改善に取り組む姿を見せることで、上司や同僚から信頼を得られるはずです。信頼はコミュニケーションをスムーズにするので、業務の効率化や円滑化にも繋がるでしょう。

成長の機会を得たと前向きに捉える

怒られたことを前向きに受け止めると、自分自身の成長意欲を高めることができます。仕事での失敗やミスを成長のチャンスであると捉えれば、同じことを繰り返さないように改善できるはずです。

また自分で問題を改善することで結果が出せれば、大きな自信に繋がります。さらに怒られたことを成長の機会だと前向きに捉えることは、ストレスを軽減させる効果もあります。

怒られたときは不安やストレスが蓄積され、気持ちが落ち込んでしまうかもしれません。しかし成長できる機会だと捉えるようにすると気持ちが前向きになり、仕事に取り組むモチベーションを高めることができるでしょう。

怒られたあとの気まずさが苦手なら怒られなければ良い

怒られたあとの気まずさが苦手なら怒られなければ良い

退職希望のKさん

怒られるのは気まずくなるのはどうしても避けたい

退職希望のUさん

一度怒られたら、なかなか気分の切り替えができない

多少強引な言い方ですが、怒られたあとの気まずさが嫌なら「怒られないようにすればいい」です。ここでは、怒られないようにする方法を3つご紹介します。

怒られないようにする方法
  • 日常的なコミュニケーションを増やす
  • 怒られない事より成果を出すことに意識を向ける
  • 怒られた原因・解決策を明確にする

全額返金保証付き!

怒られない方法①日常的なコミュニケーションを増やす

常日頃から上司や先輩とコミュニケーションを取るようにしておくと、お互いへの理解が深まるので誤解やトラブルが減ります。

また日常的なコミュニケーションは、必然的に業務のやり方や進捗などを上司や先輩に伝えることになります。

そのため業務上の問題に早い段階で気づき、ミスやトラブルになる前に適切な対応を取ることができるはずです。さらにコミュニケーションが活発な職場では、業務に対する意見や提案をしやすくなります。

上司部下関係なく業務の効率化や問題点について話し合うことができるので、職場全体の雰囲気もよくなるでしょう。

怒られない方法②怒られない事より成果を出すことに意識を向ける

「怒られないように」「失敗しないように」とビクビクしながら仕事をするほど、余計なミスやトラブルを招いてしまう可能性が高くなります。

仕事の目的はあくまで成果を出すことであって、怒られないことではありません。「いい成果を出して周りから褒められよう」と前向きな気持ちで取り組むことが大切です。

また成果を出すことに目を向けると、業務の目標を明確にすることができます。明確な目標に向かって計画を立て業務を遂行すれば、上司や先輩から信頼を得られるはずです。

さらによりよい成果を出すために努力すると、自然と業務に必要なスキルや知識を身に付けられます。この努力は成果が出るだけでなく、自分自身の成長にも繋がるでしょう。

怒られない方法③怒られた原因・解決策を明確にする

一番やってはいけないのは、怒られた原因がわからないのにそのまま放っておくことです。怒られたことに対して何もしないと、また同じミスをしてまた怒られて落ち込むことになってしまいます。

怒られたという事実は置いておいて、「なぜ怒られたのか」「どうやったらミスをしないか」を明確にするようにしましょう。

どうしても自分でその答えにたどり着けないときは、少し時間を置いて怒った上司や先輩に聞くのもアリです。

率直に聞けば「怒られたことを何とかしようとしている」気持ちが伝わります。また上司や先輩とともに解決策を考えられるので、信頼関係を築くこともできるはずです。

仕事で怒られた事に納得がいかない場合の対処法

仕事で怒られた事に納得がいかない場合の対処法

誰でもミスや失敗で怒られることはあります。しかし内容によっては「納得がいかない!」「自分は間違っていない」と主張したいときもあるはずです。

怒られたことが納得いかないときは、どのような対応をしていくべきなのでしょうか?

仕事で怒られた事に納得がいかない場合の対処法
  • 時間がある時に上司とよく話し合う
  • 職場環境など解決が困難な場合は転職を検討する

全額返金保証付き!

時間がある時に上司とよく話し合う

自分が納得できないときは、上司とよく話し合うことも大切です。話し合いをすることで自分の考えを上司に伝えることができます。

また上司もあなたがどのように感じているのかを理解したうえで、再度あなたのミスについて説明してくれたり共同でミスの改善のアイデアを出したりしてくれるはずです。

また話し合いを通じて自分の気持ちや考え方を伝えられるだけでなく、お互いの誤解が解ける場合もあります。

誤解が解けると上司とのコミュニケーションが円滑になるので、業務がスムーズになることも期待できるでしょう。

職場環境など解決が困難な場合は転職を検討する

怒られて納得できないことを話し合えないような職場環境の人も少なくないでしょう。例えばパワハラ上司や人の意見を受け入れないような先輩に怒られた場合、話し合いをしたところで無駄なのは目に見えていますよね。

職場環境などで解決が困難な場合は転職を検討してみてください。怒られて納得できないことが続くと、ストレスが蓄積されていきます。

ストレスで心身を壊して仕事ができなくなったら、人生の時間を無駄にしてしまいますよね。転職すれば、人間関係をリセットできるのでストレス軽減やキャリアアップに繋げることができるでしょう。

怒られたあとの気まずさに耐えられない場合は退職も検討する

怒られたあとの気まずさに耐えられない場合は退職も検討する

怒られたくらいで会社を辞めるなんて「逃げだ!」と思う人は多いでしょう。しかし理不尽な怒りをぶつけられたり、気分次第で怒られたりするなら退職するのは全く悪いことではありません。

なぜなら退職して転職することは、良好な人間関係を築き自分の能力を存分に発揮して働くチャンスだからです。

怒られたあとに「今度はミスしないように頑張ろう!」と気持ちが前向きになれないのであれば、退職を検討してみてください。

会社とのやりとり無しで辞められる退職代行がおすすめ

退職希望のIさん

怒られて気まずい。もう辞めたい

退職希望のTさん

もう会社に行きたくない。怒られたくない

怒られた後に「会社を辞めます」を言うのは勇気がいりますよね。特に理不尽に怒ってくる上司に退職を伝えると、また怒らせてしまいそうです。

自分で退職を伝える勇気がないときは退職代行の利用を検討してください。退職代行なら、会社とのやりとりをせずに退職することができます。

退職代行のメリット
  1. 会社とのやりとりを丸投げできる
  2. 会社に行かずに退職できる
  3. 即日退職も可能
  4. 有給や未払残業代の交渉ができる
  5. 退職書類を確実にもらえる

職場で怒られた後の気まずさについてよくある質問

職場で怒られた後の気まずさについてよくある質問

退職代行には、会社を辞めたいと考えている人たちからたくさんの質問が寄せられています。その中でも、職場で怒られて気まずいことが原因で退職したい人からよくある質問をご紹介したいと思います。

職場で怒られた後の気まずさについてよくある質問
  • 怒られやすい人の特徴は?
  • 怒られた後の態度はどうすればいい?

全額返金保証付き!

怒られやすい人の特徴は?

職場で怒られやすい人には、以下のような特徴があります。

  • 人と話すのが苦手で、誤解されやすい人
  • 自分のミスや問題を認めず、人のせいにする人
  • プレッシャーに弱く、焦ってミスをしてしまう人
  • 他の人の意見や感情を無視して、自分の都合を優先する人
  • 自分に自信がなく、周囲に流されやすい人
  • 嘘をついたり、約束を守らなかったりする人
  • 作業の優先順位をつけられずに、仕事が間に合わない人

このような特徴を持つ人は職場でうまくやっていけない可能性が高く、上司や先輩から怒られることが多いかもしれません。

怒られた後の態度はどうすればいい?

職場で怒られたときは何よりもまず謝罪をして、自分の非を認めることが大切です。次に落ち込んだ気持ちをいつまでも引きずらずに「成長のチャンスをもらった」のだと、前向きな気持ちに切り替えましょう。

ミスや失敗の原因を追究して「どうすれば次に同じことを繰り返さないか」具体的な解決策を見つけられれば、次に同じことがあったときに落ち着いて対応できます。

また失敗を改善する意欲を態度で示せれば、上司や先輩からの信頼を回復することもできるはずです。

【まとめ】怒られたあと気まずいのは当たり前!普段通りに過ごす対処法を紹介

【まとめ】怒られたあと気まずいのは当たり前!普段通りに過ごす対処法を紹介

怒られて気まずいのは当たり前です。しかしいつまでも落ち込んでいては意味がありません。怒った相手はあなたの成長に期待して、ミスや弱みを指摘してくれています。

怒られたことを受け入れて、次に同じことを繰り返さないように対策を考えましょう。しかし職場によっては、自分の気分次第で理不尽に怒ってくる上司や先輩がいることも事実です。

無駄に怒られ続ける職場ではストレスが蓄積されることはあっても、あなたを成長させてくれることはありません。他の会社に行って自分の能力を思う存分発揮することをおすすめします。

著者情報

労働環境が悪い営業会社を退職代行で辞めた後、Webマーケティング会社に3年勤務。その後、2021年に株式会社5coreを創業する。中小企業向けに格安のSEOのコンサルティングを行いながら、自身の経験を活かして、退職代行OITOMAを立ち上げる。現在、累計で3000名以上の退職支援を行う。

目次
閉じる