職場が人手不足で崩壊寸前!退職するべきか否か徹底解説

職場が人手不足で崩壊寸前!退職するべきか否か徹底解説

退職希望のBさんBさん

職場の社員がみんな辞めていく!!

退職希望のAさんAさん

労働環境は良くないし、私も退職すべきなんだろうか?

突然、職場で辞めていく人が増え出すと、なんだか不安になりますよね。

逃げ道が塞がれていくような感じがして、今のうちに自分も辞めた方がいいんじゃないかと焦っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、退職すべきか悩んでいる人のために、崩壊寸前の職場の特徴や起こりうる最悪のケースについて解説します。

実際に人手不足な会社を辞める際の注意点もまとめたので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • 【結論】人手不足の会社は崩壊する前に退職するべき
  • 常に人手不足で崩壊寸前の職場の特徴4選
  • 人手不足の職場に起こりうる最悪のケース3選
  • 崩壊する前に辞めるべき?注意点を解説

相談料無料!

目次

【結論】人手不足の会社は崩壊する前に退職するべき

【結論】人手不足の会社は崩壊する前に退職するべき

退職希望のBさんBさん

やっぱり退職した方がいいのかな?

人手不足な会社に勤めている方のなかには、退職すべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

結論、人手不足の会社は崩壊する前に退職するべきです。

会社が倒産してからでは遅いですし、次の働き先はすぐには見つかりません。
まだ余裕があるうちに、早めに手を打っておきましょう。

また、人手不足な会社は、給料が安すぎたり残業時間が過剰だったりと、労働環境が悪い可能性があります。

慣れてしまうと劣悪な環境で働いているという自覚がなくなることもあるので、定期的に俯瞰し、退職すべきかどうかを検討しましょう。

人手が減るほど辞めづらくなってしまうので、人手不足な会社ほど早めの決断が重要になってきます。

退職希望のAさんAさん

余裕があるうちに辞めないと手遅れになりそう!

常に人手不足で崩壊寸前の職場の特徴4選

常に人手不足で崩壊寸前の職場の特徴4選

人手不足な会社で退職を検討している方のなかには、「自分の職場はまだマシなんだろうか?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

崩壊寸前の職場の特徴を見てみましょう。
常に人手不足で崩壊寸前の職場の特徴4選
  • 人手不足で崩壊する職場の特徴①給料が低い
  • 人手不足で崩壊する職場の特徴②休日出勤・残業が多い
  • 人手不足で崩壊する職場の特徴③ハラスメントが多い
  • 人手不足で崩壊する職場の特徴④退職を引き留めようとする

相談料無料!

それぞれ、解説します。

人手不足で崩壊する職場の特徴①給料が低い

人手不足で崩壊する職場の特徴の1つに、給料の低さがあります。

給料の高さは人生設計に大きく影響を与えるため、だれもが重要視するポイントです。

給料が極端に低ければ、「あっちの方が給料が良いじゃないか」と考えて転職をしていくのは自然な流れといえます。

最初は給料が良かったとしても、次第に減給やボーナスカットをされて、状況が悪化していくケースもあるので注意しましょう。

特に、じわりじわりと少しずつ悪化していった場合、状況の悪化に気づけないこともあるので、定期的に自身の状況を俯瞰することが大切です。

退職希望のBさんBさん

ウチの会社は結構給料が低いかもしれないから気をつけよう。

人手不足で崩壊する職場の特徴②休日出勤・残業が多い

人手不足な会社で崩壊する職場の特徴の1つに、休日出勤や残業の多さがあります。

プライベートの充実は大半の人が望むことですが、全く休めない場合、理想の休みを送ることができません。

「もっと休みが取れるところに転職したい!」という社員が続出するため、人手不足になるのは仕方がないといえます。

特に、人手不足の問題は予算的な問題もあり、1人の社員がアクションを起こした程度では、どうにかなる問題でもありません。

これ以上忙しくなる前にと、見切りをつけて退職を考える人も多いでしょう。

退職希望のAさんAさん

私が頑張ってもどうにもならないし、人手不足は難しい問題だなぁ…

人手不足で崩壊する職場の特徴③ハラスメントが多い

人手不足で崩壊する職場の特徴の1つに、ハラスメントの多さがあります。

ハラスメントとは、叩く殴るなどの身体的な攻撃や、「バカだな」「辞めてしまえ」などといった精神的な攻撃のことです。

人によっては、無自覚でハラスメント行為をしているケースもあるかもしれません。

退職希望のBさんBさん

ウチの上司は威圧がすごくて、パワハラがすごいんだよね…

職場にハラスメント行為が蔓延している場合、大きなストレスの原因になるので、それをきっかけに退職を考える人も多いでしょう。

特に、ハラスメントは人間関係の問題なので、一朝一夕で解決できません。

「こんな職場では働けない」と思いながらも、我慢して通勤している方は多いはずです。
その場合、ハラスメントから脱却するために、何らかの手を打つ必要があります。

すぐに解決する手段としては、部署異動による職場の変更や、退職による会社自体の切り替えがあります。

退職希望のAさんAさん

ストレスまみれの職場から解放されたいし、何か手を打たないと!

人手不足で崩壊する職場の特徴④退職を引き留めようとする

人手不足で崩壊する職場の特徴の1つに、退職の引き留めがあります。

あなたの職場で「退職を申し出たが引き留められた」という社員がどれくらいいるでしょうか?

退職希望のBさんBさん

引き留めに合った社員は結構多いから、もしかしてウチの職場ってヤバイ?

余裕があれば引き留める必要はありませんが、人手不足な職場は辞められると致命傷を負ってしまいます。

「これ以上人を減らすわけにはいかない」と必死に引き留めてくる上司も多いでしょう。

そうして何度も引き留められて退職できない社員が増殖すれば、社内のストレスが蓄積し、どこかのタイミングで退職ラッシュとして爆発する可能性もあります。

ちなみに、退職者が増えれば増えるほど、辞めづらい状況に追い込まれてしまうので、退職ラッシュ寸前の環境にいる方は、早めの退職がおすすめです。

退職希望のAさんAさん

こうゆうのってやっぱり早いもの勝ちだよね。

人手不足の職場に起こりうる最悪のケース3選

人手不足の職場に起こりうる最悪のケース3選

人手不足な会社で退職を検討している方のなかには、「最悪の事態を知っておきたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

職場に起こりうる最悪のケースを見てみましょう。
人手不足の職場に起こりうる最悪のケース3選
  • ケース①人手不足が原因で倒産する
  • ケース②残った社員の負担が増えすぎる
  • ケース③休みが無くなる

相談料無料!

それぞれ、ご紹介します。

ケース①人手不足が原因で倒産する

人手不足の職場に起こりうる最悪のケースの1つに、会社の倒産があります。

人手不足倒産といって、文字どおり、労働力の不足が原因で倒産してしまうこともあるので、注意が必要です。

『人がいないと営業できずに倒産する』のは想像にかたくないので、だれもが理解できる構図でしょう。

もちろん、残った社員で1人あたりの業務量を増やし、生産性を上げていけば持ち直せるかもしれませんが、それにも限度があります。

何人も社員が辞めてしまえば、単純な生産性の向上だけでは追いつかなくなるでしょう。

人手不足の行き着く先は倒産なので、不安な方は、どこかのタイミングで転職を考えるのも手です。

退職希望のAさんAさん

倒産して無職になるのはさすがに困る!

ケース②残った社員の負担が増えすぎる

人手不足の職場に起こりうる最悪のケースの1つに、業務負担の増えすぎ問題があります。

退職ラッシュが起きた場合、残った社員で膨大なの業務量をカバーすることになるので大変です。
1人あたりの仕事の負担が大きくなり、少数精鋭のドタバタ営業となります。

急に仕事が増えてストレスも高まり、「こんなはずじゃなかった」と退職したい社員が増えて倒産コースまっしぐらになるかもしれないので注意が必要です。

退職希望のBさんBさん

逃げられなくなる前に辞めないと!

ケース③休みが無くなる

人手不足の職場に起こりうる最悪のケースの1つに、休みが無くなる問題があります。

少ない人数での営業となると、会社が回せなくなるため、満足な休みは取れないでしょう。
それまでにあるはずだった休日がなくなり、いわゆるブラック会社となります。

『会社から必要とされている』という感覚には浸れるかもしれませんが、肉体とメンタルが疲弊するのは時間の問題といえます。

こういった休み皆無の職場は、プライベートの充実は見込めないので、休みがほしい方は早いうちに退職を考えておくのが良いかもしれません。

退職希望のAさんAさん

ホワイトな会社がブラックになることもあるのね!

崩壊する前に辞めるべき?注意点を解説

崩壊する前に辞めるべき?注意点を解説

人手不足な会社で退職を検討している方のなかには、「注意点があれば知っておきたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

人手不足な会社の注意点を見てみましょう。
崩壊する前に辞めるべき?注意点を解説
  • 注意点①辞めるタイミングを逃さない
  • 注意点②エース社員が退職する
  • 注意点③辞めることに躊躇しない

相談料無料!

それぞれ、詳しく解説します。

注意点①辞めるタイミングを逃さない

人手不足な会社の注意点の1つは、辞めるタイミングを逃さないことです。

ボーッとしていると、他の社員が辞めて退職しづらくなりますし、逆に衝動的に退職を申告するのもよくないので、慎重に考える必要があります。

辞めるタイミングをしっかり考えたい方は、以下のポイントを参考にしてみてください。

辞めるタイミングを考える際のポイント
  • 繁忙期は避ける
  • 部署異動を検討してから辞める
  • ボーナスをもらってから退職の旨を伝える

退職には、『良きタイミング』というものがあります。

繁忙期の場合、上司が人手不足を懸念して引き留める可能性が高いので、比較的忙しくない時期に退職を申し出るのがおすすめです。

また、退職せずとも部署異動で解決するのであれば、それに越したことはありません。

人事が理解のある方であれば、退職を考える前に一度相談してみるのもいいでしょう。

くわえて、会社によっては、退職を申告するとボーナスカットされるところもあるため、ボーナスのタイミングを見計らうのもポイントになります。

退職希望のBさんBさん

次のボーナスをもらえたら退職を申し出ようかな。

注意点②エース社員が退職する

人手不足な会社の注意点の1つは、エース社員が退職することです。
場合によっては、社内が大惨事になるかもしれません。

エース社員は業務を大量にこなせる存在だったり、社内のコミュニケーションを円滑にしている存在だったりするので、いなくなると大変です。

業務の増加に伴って残業時間が過剰になったり、社内の人間関係にモツレが出てくることもあるので注意しましょう。

少しズルいですが、エース社員が辞めそうな気配を出したら、先回りして辞めるのも手かもしれません。

退職希望のAさんAさん

そういえばあの優秀な社員さん、辞めそうな雰囲気出してたな。そろそろ辞めた方がいいかも。

注意点③辞めることに躊躇しない

人手不足な会社の注意点の1つは、辞めることに躊躇しないことです。

いつまでも迷っていると遅れをとってしまうので、辞める時はズバッと辞めましょう。

「なんだか卑怯な感じがして、なかなか辞められない」という方もいるかもしれませんが、周りに同情していては、いつまで経っても今の多忙な状態からは解放されません。

どこかで踏ん切りはつけなければならないので、『辞める=ネガティブ』といった捉え方を一旦手放し、ポジティブに捉え直すことが必要になります。

退職希望のBさんBさん

誰にだって会社を辞める権利はある!

【まとめ】職場が人手不足で崩壊寸前!退職するべきか否か徹底解説

【まとめ】職場が人手不足で崩壊寸前!退職するべきか否か徹底解説

いかがでしたか?

人手不足な会社で退職を検討している方のために、職場に起こる最悪のケースや辞める前の注意点について解説しました。

それでは今回の情報をまとめます。

【まとめ】職場が人手不足で崩壊寸前!退職するべきか否か徹底解説
  • 結論、人手不足の会社は崩壊する前に退職するべき
  • 『給料低い』『残業多い』『パワハラ多い』が該当したら要注意
  • 繁忙期は避け、ボーナスをもらってからの退職がおすすめ

相談料無料!

退職すること自体、ネガティブなことではありません。

「退職してはいけない」なんてことはないので、ポジティブに捉えて次の会社を探しましょう。

もちろん、会社にとっては痛手かもしれませんが、あなたの理想的なライフスタイルを実現するうえでの必要な判断であり、退職はだれもが認められている行為です。

引き継ぎなどはしっかりしておくべきですが、辞めた後については会社の責任であり、あなたの責任ではありません。

周りの社員に気を遣う必要は全くないので、辞めたいと思っている方は、ぜひあなたのタイミングで退職を申告してみてください。

Let's share this post!
\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる