見切りをつけた方がいい会社は?特徴5つと見限るタイミングを紹介!

見切りをつけた方がいい会社は?特徴5つと見限るタイミングを紹介!

退職希望のBさんBさん

今の仕事しんどいし、もう辞めちゃおうかな?

退職希望のAさんAさん

辞めても本当に大丈夫かな?

毎日の仕事がしんどい場合、ふと辞めようかな?と思うこともありますよね。

今の職場の労働条件や人間関係に不満があり、別の会社への転職を考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、今の会社を辞めるかどうかで迷っている方のために「見切りをつけた方がいい会社の特徴」や「会社を辞めたほうがいいサイン」をご紹介します。

見切りをつける前にやるべきこと3つもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事のまとめ
  • 今の職場に不満を感じたら、会社を見限るのも選択肢としてアリ!
  • 「ハラスメントが横行している」「休みが十分に取れない」といった職場は今すぐ見切りをつけた方がいいかも!
  • 出勤前に頭痛や吐き気など、体調不良になるのは辞めたほうがいいサイン!
  • 「覚えるのが早い」「求人数が多い」ため、若い方が転職に有利!
  • 上司に退職を言い出せない場合、業者が間に入ってくれる退職代行がおすすめ!

全額返金保証付き!

目次

見切りをつけた方がいい会社の特徴5つ

見切りをつけた方がいい会社の特徴5つ

退職するかどうかを迷っている方の中には、「見切りをつけたほうがいい会社の特徴はなに?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

見切りをつけた方がいい会社の特徴をご紹介します。
見切りをつけた方がいい会社の特徴5つ
  • 特徴①パワハラ・セクハラが横行している
  • 特徴②仕事を頑張っても評価されない
  • 特徴③優秀な人が次々と辞めていく
  • 特徴④尊敬できる上司がいない
  • 特徴⑤十分に休みが取れない

特徴①パワハラ・セクハラが横行している

見切りをつけた方がいい会社の特徴の1つに、パワハラ・セクハラの横行があります。
ハラスメントが毎日のように起きている職場はストレスが溜まるばかりです。

上司から物理的な暴行を受けていたり性的な嫌がらせを受けたりしている場合、健全な職場とは言えないので、別の職場への転職を考えてみましょう。

特徴②仕事を頑張っても評価されない

見切りをつけた方がいい会社の特徴の1つに、頑張っても評価されないがあります。

例えば、会社に表彰制度がない場合、いくら頑張っても評価されないので、仕事のモチベーションが上がりません。

仕事にやりがいを求める方は、努力が報われそうな評価システムのある会社に転職してみるのがおすすめです。

特徴③優秀な人が次々と辞めていく

見切りをつけた方がいい会社の特徴の1つに、優秀な社員の退職があります。
優秀な人は決断力があるため、会社の労働環境が悪いと思ったらスパッと辞めてしまうものです。

そのため、賢そうな社員がどんどん辞めていく職場は、辞めることを前向きに考えた方がいいかもしれません。

特徴④尊敬できる上司がいない

見切りをつけた方がいい会社の特徴の1つに、尊敬できる上司がいないがあります。
職場に尊敬できる上司がいない場合、将来に希望が持てないので辞めた方がいいかもしれません。

「上司の態度が悪い」「上司についていけない」と思う方は、頼れる上司を求めて転職をしてみるのもアリでしょう。

特徴⑤十分に休みが取れない

見切りをつけた方がいい会社の特徴の1つに、十分に休みが取れないがあります。

例えば、休みが取れないケースとして、以下が挙げられるでしょう。

  • 有給休暇の取得を認めてくれない
  • 休日出勤が多い
  • 残業が多い

仕事が忙しいことは仕方のないことですが、あまりにも休みが取れない場合、転職を視野に入れてみることをおすすめします。

今と同じ仕事内容でもっと休みが取れるようになれば、ストレスフリーな仕事生活も夢ではないでしょう。

全額返金保証付き!

いつ見切りをつけるべき?【会社を辞めた方がいいサイン】

いつ見切りをつけるべき?【会社を辞めた方がいいサイン】

今の会社を辞めたい方の中には、「いつ見切りをつけるべきだろうか?」と考えている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

会社を辞めた方がいいサインをご紹介します。
会社を辞めた方がいいサイン
  • 辞めたほうがいいサイン①出勤前に体調が悪くなる
  • 辞めたほうがいいサイン②残業や休日出勤が当たり前
  • 辞めたほうがいいサイン③仕事にやりがいを感じられない

辞めたほうがいいサイン①出勤前に体調が悪くなる

会社を辞めた方がいいサインの1つに、身体の異変があります。
仕事のストレスで出勤前に吐き気がするなど体調不良になる場合、注意が必要です。

場合によっては、うつ病にかかり、数ヶ月経っても回復しないこともあります。
重症になる前に有給休暇を取得したり休職してみたり、何かしらの対処をすべきでしょう。

辞めたほうがいいサイン②残業や休日出勤が当たり前

会社を辞めた方がいいサインの1つに、当然の残業や休日出勤があります。

入社時は十分に休みが取れていたとしても、立場が上がるにつれて責任が重くなり、それと同時に残業や休日出勤が増えていくケースもあるため注意が必要です。

「いつの間にか残業が当たり前になっていた」「当然のように休日出勤に駆り出される」という方は、もっと条件の良い職場に転職することを考えてみるのもアリでしょう。

辞めたほうがいいサイン③仕事にやりがいを感じられない

会社を辞めた方がいいサインの1つに、仕事にやりがいを感じられないがあります。
会社で働き続ける理由は「給料の高さ」や「人間関係の充実度」だけではありません。

仕事内容が面白いと思えるか?周りから評価されてモチベーションは上がるか?といったポイントも大切になってきます。

今の職場にやりがいを感じられない方は、どんな職場ならやりがいを感じられるのか、じっくり考えてみると良いでしょう。

全額返金保証付き!

見切りをつける前にやるべき3つのこと

見切りをつける前にやるべき3つのこと

すでに退職の意思が固まった方の中には、「会社を辞める前に何かしておくことはあるだろうか?」と考えている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

見切りをつける前にやるべきことをご紹介します。
見切りをつける前にやるべき3つのこと
  • やるべきこと①退職理由を整理しておく
  • やるべきこと②有給休暇を消化しておく
  • やるべきこと③転職先を探しておく

やるべきこと①退職理由を整理しておく

見切りをつける前にやるべきことの1つに、退職理由の整理があります。

あやふやな退職理由を伝えた場合、上司が納得してくれないかもしれないので、きちんと整理しておきましょう。

本来は「一身上の都合」と伝えるだけで十分ですが、実際には具体的な理由を聞かれるケースもあります。

やるべきこと②有給休暇を消化しておく

見切りをつける前にやるべきことの1つに、有給休暇の消化があります。
有給休暇は、休みでありながら賃金を支給してもらえるため、消化しておくのがおすすめです。

退職の申し出から退職日までの間を有給休暇で埋めれば、実質即日退職にすることも可能なので、ぜひ検討してみてください。

やるべきこと③転職先を探しておく

見切りをつける前にやるべきことの1つに、転職先のリサーチがあります。
退職後にスムーズに転職活動が進められるよう、あらかじめ転職先を探しておくと良いです。

場合によっては、先に内定を貰っておき、その後に退職を申し出るのもアリでしょう。
転職先が確定している中で退職を伝えれば、上司はあなたのことを簡単には引き止められません。

全額返金保証付き!

離れたほうがいい職場に居続けるデメリット

離れたほうがいい職場に居続けるデメリット

退職するかどうか迷っている方の中には、「今の会社に居続けるデメリットって何だろう?」と考えている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

離れたほうがいい職場に居続けるデメリットをご紹介します。
離れたほうがいい職場に居続けるデメリット
  • デメリット①うつ病になるかもしれない
  • デメリット②仕事の視野が狭くなっていく
  • デメリット③転職しやすい時期を逃してしまう

デメリット①うつ病になるかもしれない

離れたほうがいい職場に居続けるデメリットの1つに、うつ病のリスクがあります。
仕事のストレスに耐えられずにうつ病にかかる人は多くいるため、我慢して働き続けるのは避けた方がいいでしょう。

うつ病が治るまでにかかる時間は、「早い人で1ヶ月〜3ヶ月程度、長い人で半年程度」と言われているため、症状が重くなる前に対処するのがおすすめです。

ちなみに、うつ病の症状の例として、以下が挙げられます。

精神症状 ・無関心
・口数が減る
・悲観的になる
・仕事でミスが増える
・ぼんやりすることが増える
身体症状 ・頭痛
・動悸
・耳鳴り
・食欲不振
・睡眠障害

上記の症状がある方は、すでにうつ病かもしれないので注意が必要です。

デメリット②仕事の視野が狭くなっていく

離れたほうがいい職場に居続けるデメリットの1つに、仕事の視野が狭くなっていくがあります。

1つの会社に居続けた場合、特定の業界には詳しくなりますが、それ以外の業界のことは何も知らずに生きていくことになります。

反対に、転職して他の業界の仕事を経験した場合、その分視野は広くなるでしょう。
視野の狭い人間になりたくない方は、いろんな会社で仕事を経験してみるのもアリかもしれません。

デメリット③転職しやすい時期を逃してしまう

離れたほうがいい職場に居続けるデメリットの1つに、転職しやすい時期を逃してしまうがあります。

転職に関しては、若いほうが有利です。そのため、のんびりしていると転職しづらい年齢になり、挑戦しづらくなってしまうかもしれません。

いつかは転職したいと考えているのであれば、一番若い今うちにしておくのがおすすめです。
ちなみに、若いほうが転職に有利な理由として、以下が挙げられます。

  • 若いほうが覚えが早い
  • 固定観念がなく前職に染まり切っていない
  • 若い人を対象にした求人数が多い

「もっと早く転職しておけば良かった」と後悔する可能性もあるので、今の職場に不満が多い方は早めに転職を検討しておくと良いでしょう。

全額返金保証付き!

上司に言い出せない場合、即日退職できる退職代行がおすすめ!

上司に言い出せない場合、即日退職できる退職代行がおすすめ!

上司に退職を言い出せない場合、退職代行を利用するのがおすすめです。
退職代行を使えば、業者が代わりに退職の意思を伝えてくれるので、上司が怖くても関係ありません。

退職代行を利用するメリットは、以下の通りです。

退職代行を利用するメリット
  1. 即日退職できる
  2. 上司と関わらずに辞められる
  3. 上司から強引に引き止められない
  4. 有給休暇の申請もスムーズに進められる
  5. 書類手続きに関する相談も可能

退職代行には、転職サポートが付いていたり全額返金保証を付いていたりと、様々な業者があります。

気になる方は、ぜひいろんな業者を比較検討してみてください。

全額返金保証付き!

辞めたほうがいい職場で働いている人のよくある質問

辞めたほうがいい職場で働いている人のよくある質問

辞めたほうがいい職場で働いている人のよくある質問をご紹介します。

  • 仕事を辞めたいと思うのは甘えですか?
  • 「優秀な人ほど見切りが早い」というのは本当ですか?
  • 会社を見限るタイミングを教えてください。
仕事を辞めたいと思うのは甘えですか?

仕事を辞めたいと思うのは、決して甘えではありません。

仕事内容や人間関係との相性が悪いがゆえに、仕方なく辞める人はよくいますし、今は転職をするのが当たり前の時代です。

中には、甘えだという方もいるかもしれませんが、ただ単にあなたを引き止めたくて言っている可能性もあるので、周りのネガティブな声はあまり気にしなくて良いでしょう。

「優秀な人ほど見切りが早い」というのは本当ですか?

「優秀な人ほど見切りが早い」というのは、一理あります。
優秀な人は物事を俯瞰する能力が高く、転職がプラスになると冷静に判断できる側面があるからです。

退職する人の全員が優秀とは限りませんが、中には優秀な人もいるでしょう。

会社を見限るタイミングを教えてください。

会社を見限るタイミングの例として、以下が挙げられます。

  • ストレスでうつ病になりそうな時
  • 労働環境に不満を感じた時
  • 理想の転職先が見つかった時

若い方が転職しやすい傾向にあるため、会社を見限るのであれば、できるだけ早い方が良いでしょう。

全額返金保証付き!

見切りをつけた方がいい会社は?特徴5つと辞めるべきサイン|まとめ

見切りをつけた方がいい会社は?特徴5つと辞めるべきサイン|まとめ

この記事のまとめ
  • 今の職場に不満を感じたら、会社を見限るのも選択肢としてアリ!
  • 「ハラスメントが横行している」「休みが十分に取れない」といった職場は今すぐ見切りをつけた方がいいかも!
  • 出勤前に頭痛や吐き気など、体調不良になるのは辞めたほうがいいサイン!
  • 「覚えるのが早い」「求人数が多い」ため、若い方が転職に有利!
  • 上司に退職を言い出せない場合、業者が間に入ってくれる退職代行がおすすめ!

全額返金保証付き!

「退職したいけど、上司が怖くて言えない…」という方には、退職代行がおすすめです。
退職代行を使えば、業者が会社と交渉して話を進めてくれるので、ストレスなく辞められます。

上司と関わらずにスパッと即日退職できるので、退職について悩んでいる方は前向きに検討してみてください。

\全額返金保証付きで初めてでも安心!/
目次
閉じる