美容師で退職代行を利用するのはアリ?退職代行を選ぶポイントや注意点を徹底解説

美容師で退職代行を利用するのはアリ?退職代行を選ぶポイントや注意点を徹底解説

退職希望のAさんAさん

美容師でも退職代行を使うのってアリなのかな?

退職希望のBさんBさん

退職代行ってどんなサービスなの?

退職代行とは仕事を辞めたい人の代わりに職場と連絡をとり、手続きをしてくれるサービスのことです。近年では多数メディアにも取り上げられており、利用者が右肩上がりのサービスです。

利用者は「辞めたいけど人不足で辞めると言いづらい」や「引き留めにあってすぐ辞められない」と言う方が多いです。

特に美容業界は長時間勤務が多く、低賃金でブラックな働き方をしている人がたくさんいます。その中でも退職代行を使うか迷っている美容師の方に向けてこの記事を書きました。退職代行を選ぶ際のポイントや注意点を事細かに解説していきます。どうぞ最後までお付き合いください。

美容師で退職代行を利用するのはアリ?まとめ
  • 結論:美容師は退職代行で即日退職が可能
  • 退職代行のメリット・デメリット
  • 退職代行を選ぶ際は即日退職出来るサービスを選ぶ
  • 退職代行OITOMAなら退職率100%で即日退職可能!

相談料無料!

目次

美容師も退職代行って利用できるの?

美容師も退職代行って利用できるの?

退職希望のBさんBさん

退職代行を利用している美容師はいるのかな??

美容師で退職代行を利用している人はたくさんいます。美容業界は激務なところが多く、忙しいシーズンでは昼休憩もままならないほど働きづめになり、とても体力のいる仕事ですよね。

人手不足の職場では辞めると言いづらく、引き留めにも遭いやすいです。「退職は数カ月先になる」と退職日を先延ばしにされることも多いです。

上司とあなたの一対一で話してしまうと、自分の言い分を伝えづらいですが、退職代行を利用すれば言いたいことを全て伝えてくれますし、スムーズに辞められるというので利用する人が増えてるのかもしれません。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

退職代行を利用する美容師が多い原因

退職代行を利用する美容師が多い原因

退職代行を利用する美容師さんはとても多いです!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職代行を利用する美容師が多い理由はどこにあるのでしょうか。美容室の数はコンビニの数を上回るほど多く、とても競争率が激しい業界です。競争に勝つためにも企業努力が必須で、ギリギリの従業員数で運営し、一人一人が長時間働いたりと従業員にとても負担が強いられます。

それらの背景があり、辞めたいと考える人が多いのかもしれません。退職代行を利用することに至る原因を3つに絞って考えました。ご自身に当てはまる物があるのか確認しながら読み進めて頂ければと思います。

退職代行を利用する美容師が多い原因
  • 原因①:ブラック企業すぎる
  • 原因②:従業員からパワハラを受けている
  • 原因③:仕事を辞めたいのに辞めさせてくれない

原因①:ブラック企業すぎる

退職希望のAさんAさん

こんなにブラックだと思わなかった、、

「美容師と言えばブラックな勤務環境が多い」というのは、美容師ではない一般人にも有名な話だと思います。スタイリストになるためには、勤務後の自主練も必要で先輩になったとしても後輩の練習に付き合ったりなど、長時間の勤務になることがたくさんあると思います。

年末などの繁忙期には休みも少なくなり、昼の休憩もままならないことも多くあるそうです。それほど働きづめになると、精神的にも辛くなり退職や休職を考える方は多くなるのは当たり前ですよね。自分で退職を言えればいいですが、様々な理由で退職を言い出しづらい人が退職代行サービス使って退職をしているのが現状です。

原因②:従業員からパワハラを受けている

退職希望のBさんBさん

これってパワハラだよね、、キツすぎる、、

悲しいことですが、パワハラがあるという美容室はまだまだたくさんあると聞きます。大手企業であれば、パワハラ相談の窓口が設置されていたりするようですが、小さな美容室ではなかなか声を上げづらい状況が多いようです。

入社してから「うちは体育会系だから」と言われたら少し注意が必要です。体育会系という言葉の裏には体力的にキツイことを美化していたり、根性で連勤を乗り切らせたりする風潮が隠されていることも多いからです。

パワハラは、相談窓口があるのなら早急に相談を。相談窓口がないのであれば労働基準局に連絡するのもいいかもしれません。会社がある場所の労働局または労働基準監督署に総合労働相談コーナーがあります。電話でも相談ができます。

原因③:仕事を辞めたいのに辞めさせてくれない

退職希望のAさんAさん

辞めたいと伝えられたら、引き留められて困っている

退職時に引き留めに合う事はよくありますが、美容業界は特に多いようです。理由は従業員一人がいなくなることが受けられる予約数にダイレクトに響く点や、他のスタッフに迷惑がかかるのが目に見えて分かる点が挙げられると思います。

ただ、一つ考えて欲しいのは、一人辞めたら他の人が困る。そういう状況を作っているのは経営者の責任です。働いてる人にはどうにも出来ない問題なのです。つまり、辞める側が気にしなくてもいいことなのです。

優しくて思いやりのある人ほど、退職を先延ばしにしがちですが、あなたに辞めたいと思わせたのは他でもなく上司や経営者の責任です。自分に非があるなどと思わずに「キツイ、辞めたい」と思ったら無理せず退職を考えましょう

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

退職代行のメリット・デメリットは?

退職代行のメリット・デメリットは?

退職希望のAさんAさん

退職代行のメリットとデメリット両方、知りたい!

「退職代行を使うのは初めて」という方は多いと思いますが、気になるのはメリットとデメリットではないでしょうか。きちんとした代行会社を選べばトラブルにはならないと思いますが、どうしてもサービスの特性上、デメリットがあるのは仕方のないことです。

予めメリットとデメリットを知った上で利用すれば、悔いのない退職を実現できるでしょう。そこで、メリットを2つデメリットを2つピックアップしました。以下で詳しく見ていきましょう。

退職代行のメリット・デメリット
  • メリット①:会社に行かずに退職出来る
  • メリット②:即日で退職できる
  • デメリット①:依頼するのに料金がかかる
  • デメリット②:会社の人との関係性が悪くなる

メリット①:会社に行かずに退職出来る

会社に行かずに退職出来ますよ!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

一番のメリットはなんと言っても、会社に行かずに退職が出来る事ではないでしょうか。会社の人と顔を合わすことなく辞めることが出来ます

退職を考えてる人の中にはギリギリまで頑張って働いたけれど、精神的に限界がきてしまい「明日からもう仕事に行けない」という人もいると思います。

「当日欠勤はしたくないけど自分で連絡を入れるのがキツイ」そんな時に力になってくれるのが退職代行サービスです。会社とのやり取りを肩代わりしてくれるので依頼したその日から出社せずに済むのが嬉しいですね。

メリット②:即日で退職できる

即日で退職が可能です

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

二つ目のメリットは即日で退職出来るという点ではないでしょうか。朝起きて「今日からもう、仕事に行けなさそう」と判断したら退職代行に依頼し、早ければ当日に退職連絡を行ってくれます。

『就業規則には退職は1カ月前に申し出る事』等と定められていても心配ありません。法律では『労働者はいつでも退職を申し出ることが出来る』と定められています。法律の方が効力は上なのでいつでも退職を申し出ることが可能です。

「本当にすぐ辞められるのか不安」という方は無料相談してみるのがいいかもしれません。退職代行サービスは無料相談を行っている所が多いので気になる点はとことん聞いてから利用を検討しましょう!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

デメリット①:依頼するのに料金がかかる

デメリットは依頼するお金がかかる点でしょうか。退職代行料金は大体2万円~10万円を超える所もあります。決して安いとは言えませんよね。料金の中には労働組合への入会金など、きちんとしたサービスを提供するために必要なお金も含まれています。

心配なのはお金を払ったのに退職が出来なかった場合どうなるのか?という点ですが、返金保証がある退職代行サービスを使いましょう。もし万が一、退職が出来なくても返金されたお金で新たに退職代行業者を見つけて依頼しなおせます。事前の問い合わせで返金サポートサービスの有無を確認しておきましょう

デメリット②:会社の人との関係性が悪くなる

退職代行を使われた側の気持ちになってみると、今まで関係性を築いてきたと思っていたのに最後に直接やり取りが出来ないなんて、、と思うかもしれません。

もしかしたら、残された方は悲しかったり「なぜ?」と呆然としているかもしれませんね。辞めた後も関係性を悪くしたくないのであれば落ち着いたころに挨拶に行くか、菓子折りなどと一緒に手紙を贈るのも手かもしれません。

ですが、辞めたいと直接伝えづらい雰囲気があるのは会社側の責任でもあります。どちらが悪いというわけではもちろんありませんが、辞める側が自分を責める必要はないと言えます。

美容師が退職代行を選ぶポイント

美容師が退職代行を選ぶポイント

退職希望のBさんBさん

退職代行を選ぶときは何を見ればいい?

さて、実際に退職代行を選ぼうと思ったとき、何を基準に選べば良いのか分かりませんよね。金額重視で安いものから選ぶと不安ですし、最低限どんなサービスがついていればいいのかも分からず迷ってしまいそうです。

選ぶ際にチェックしたい点は3つ。しっかりとリサーチして納得のいく退職を実現させましょう

美容師が退職代行を選ぶポイント
  • ポイント①:即日退職できるサービスを選ぶ
  • ポイント②:会社と交渉できる業者に依頼する
  • ポイント③:料金が安すぎる退職代行は避ける

ポイント①:即日退職できるサービスを選ぶ

即日で辞められるサービスを選びましょう

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職代行サービスを選ぶ上で重要になってくるのは対応スピードです。計画的に辞められるに越したことはないですが、急に退職したくなることも考えられます。そんな時、対応スピードがものを言います。

早い業者だと入金してから30分以内で退職の連絡を行ってくれるので助かりますね。また、休日があるのかも併せてチェックしましょう。24時間、365日対応している業者があれば心強いです。

ポイント②:会社と交渉できる業者に依頼する

会社ときちんと交渉できるのかチェックしましょう

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職代行と言っても、会社側と交渉できるかは運営元によって変わってきます。運営元は大きく分けて3つ。①弁護士②労働組合③会社

①の弁護士は金銭の請求から会社との交渉まで幅広くカバーしています。②の労働組合は団体交渉権と言うものを持っているので交渉することが出来ます。③は料金が安いことが多いですが実質は連絡を取り次ぐ係のようなもので交渉は出来ません。

残業代の請求を行いたい等の難易度の高い事案はお値段は張りますが弁護士運営の退職代行がいいです。一般的な退職であれば②の労働組合運営の退職代行業者であれば安心でしょう。

ポイント③:料金が安すぎる退職代行は避ける

料金が安すぎる業者は注意しましょう!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職代行の料金はピンキリです。料金は運営元によって価格帯が変わります。弁護士運営だと5~10万円。労働組合運営だと2万円前後。一般企業だと1万円以下もあります。

料金は安い方がお財布には優しいですが、退職代行の業者を選ぶ際は安すぎる業者は要注意です。理由は運営元が心もとないことが多いからです。先述しましたが運営元によって持つ権限が違います。

料金が安いほど後ろ盾がなく、会社が強く出てきたら何も言えないという業者もあります。目安としては大体2万円以上から選んだ方が良いです。運営元が労働組合か弁護士であれば2万円以上の料金がかかってくるのでそこから極端に安いのであれば注意しましょう。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

美容師が退職代行を使う時の注意点

美容師が退職代行を使う時の注意点

退職希望のBさんBさん

退職代行を使う上で注意した方が良いことはあるの?

退職希望のAさんAさん

事前に知っておいた方が良いことはなに?

美容師の方が退職代行を使う上で注意した方が良い点は大きく分けて3つあります。依頼する前にチェックしておけば安心です。

美容師が退職代行を使う時の注意点
  • 注意点①:美容師を続ける場合は昇格後に退職するのがおすすめ
  • 注意点②:近場の美容院に転職するとバレることもある
  • 注意点③:退職代行を使う前に謝罪文を残す

注意点①:美容師を続ける場合は昇格後に退職するのがおすすめ

美容師を続けるのであれば昇格後に辞めましょう!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

美容師独自であるのが、昇格後に退職した方が良いということです。もう少しで上のランクに上がれそうのなら昇格してから転職すれば次の会社で採用されやすくなります。

せっかくもう少しで昇格できるのに、その手前で転職してしまったら次の会社でまたキャリアを積み上げなければならないのはもったいないです。どうしてもの理由がないのであれば、昇格後に退職を考えてみましょう。

注意点②:近場の美容院に転職するとバレることもある

近隣の美容院に転職したらバレてしまうかもしれません!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職代行を使う理由として多いのは「辞めると言い出しづらい」や「引き留めに遭ってなかなか辞められない」などが多いです。共通して言えるのは直接コミュニケーションを取るのが嫌だという点だと思いますが、近隣の美容院に転職してしまうとまた顔を合わせてしまう可能性があります

せっかく顔を合わせず退職出来たのであれば次は少し離れた所にある美容院に転職した方が気まずい思いをしなくて済みます。もし街中で偶然会っても気にしたくないのであれば辞め際に一工夫しましょう。詳しくは後述します。

注意点③:退職代行を使う前に謝罪文を残す

退職代行を使う前に謝罪文を残しましょう

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職代行を使えばご自身で何もやり取りをしなくても退職完了しますが、本人からのメッセージがあるのとないのでは相手側が受ける印象が変わります

謝罪文と言うと大げさかもしれませんが、自分がどのような気持ちで退職代行を使ったのか、申し訳ない気持ちを持っていることなど直接言えなかった気持ちを伝える最後の機会だと思って文章にしてみましょう

本人はすごく思い詰めていても、相手には全然伝わっていないことが多いです。自分が苦渋の決断で退職代行を使ったのだという事が伝われば、もしかしたら職場の環境が改善されて後に働く人たちが救われるかもしれません。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

美容師で退職代行を利用するのはアリ?まとめ

美容師で退職代行を利用するのはアリ?まとめ

いかがでしたでしょうか。美容師の世界は厳しいかもしれませんが、その世界に染まりすぎてブラックな労働環境に慣れてしまってはいませんか?それが当たり前だと思わないでください。

同じ業種の人同士で話していると、美容師の中ではそれが当たり前とされていて言いづらい、もしくは自覚すらできていないかもしれませんが本人が辛いと思っていることは事実です。無理せずに辞めたいのであれば退職代行などの手段も考えてみましょう

違う業種の人とコミュニケーションを取ったり、転職アドバイザーなどに相談などして自分が置かれている環境がどうなのか、客観的に見てもらう機会を設けることをお勧めします。

美容師で退職代行を利用するのはアリ?まとめ
  • 美容師で退職代行を使うのはアリ
  • 即日退職できる業者がおすすめ
  • 退職代行の過信は禁物
Let's share this post!
\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる