仕事したくない30代へ!生き延びる方法と辞めるべきかの判断基準を紹介

仕事したくない30代へ!生き延びる方法と辞めるべきかの判断基準を紹介

退職希望のBさんBさん

30代だけどもう仕事辞めたい…!

退職希望のAさんAさん

こんな時どうしたらいいんだろう?

30代になっても仕事を辞めたくなることはありますよね。

一通り仕事を覚えて中堅ポジションになったものの、プレッシャーによるストレスで仕事を辞めたくなっている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、仕事をしたくない30代に向けて「辞めるかどうかの正しい判断基準」や「これから取るべき対処方法」をご紹介します。

仕事を辞めたくなる人の”気になる心理”についてもお伝えするので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • そもそも仕事したくない30代が生き延びる方法5選!
  • 30代が仕事をしたくないと思う理由とは?
  • 仕事を辞めるべきかどうかの判断基準とは?
  • 上司に連絡せずにスパッと即日退職する方法

相談料無料!

目次

そもそも仕事したくない30代が生き延びる方法5選!

そもそも仕事したくない30代が生き延びる方法5選!

30代で仕事をしたくない方のなかには、「辞めた後はどうしよう?」と考えている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

生き延びる方法5選を見てみましょう。
そもそも仕事したくない30代が生き延びる方法5選!
  • ①実家に帰って親を頼る
  • ②失業保険を受けて過ごす
  • ③パートナーの収入で生活する
  • ④家賃など固定費を下げアルバイトをする
  • ⑤生活保護を受給して生活する

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

①実家に帰って親を頼る

仕事を辞めたあと生き延びる方法の1つに、実家への帰省があります。

実家に帰省するメリットはズバリ、「金銭的な負担が減る」ことです。
支出が減るので、1人暮らしよりもお金の不安がありません。

たとえば、コスト削減できる項目は以下です。

  • 水道光熱費
  • 住居費
  • 食費

仕事を辞めると収入がなくなるので、支出を減らす工夫をするのがオススメです。

退職希望のBさんBさん

貯金が一気に減っていくのは怖すぎる!

②失業保険を受けて過ごす

仕事を辞めたあと生き延びる方法の1つに、失業保険を受けるがあります。

失業保険を受ければ、「給与の50%〜80%」が受給可能です。
仕事がない期間の貴重な収入源なので、忘れず申請しましょう。

ちなみに、もらえる金額の計算式は以下です。
【1日の支給額=離職前の6カ月間の給料額の合計÷180】

これだけの支給があれば金銭的な不安がうすまるので、安心して転職活動できます。

退職希望のAさんAさん

失業保険は忘れないようにしよう!

③パートナーの収入で生活する

仕事を辞めたあと生き延びる方法の1つに、パートナーの収入に頼るがあります。
「ヒモみたいで嫌」という方もいるかもしれませんが、いざという時に頼るのがパートナーです。

今の仕事に疲労困憊し、必死で次の職を探そうとしているのであれば、きっと助けてくれます。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

現在、別居している方はパートナーの家に転がり込むのも手です。

④家賃など固定費を下げアルバイトをする

仕事を辞めたあと生き延びる方法の1つに、収入口をつくるがあります。

収入ゼロの状態が不安な場合、「固定費を下げてのアルバイト」がオススメです。
支出を極限まで下げて収入口をつくれば、無職特有の金銭的な不安はやわらぐでしょう。

また、”固定費を下げる方法”には以下があるので、参考にしてみてください。

  • 「家賃」が安い部屋に引っ越す
  • 「電気」や「ガス」の契約プランを見直す
  • 「通信費」を格安プランに切り替える

退職希望のBさんBさん

収入ゼロはメンタルが持たない!

⑤生活保護を受給して生活する

仕事を辞めたあと生き延びる方法の1つに、生活保護があります。
「病気で働けない」「生活費がまかなえない」という状態に陥ったときは、生活保護を検討してみましょう。

生活保護を適用できれば、”最低限の生活費”を支給してもらえます。
適用条件はそこそこ厳しいので、「どんな人が適用できるか?」はよく確認しておきましょう。

たとえば、生活保護のチェック項目は以下です。

  • 世帯収入が13万円以下
  • 身内からの援助を受けられない
  • 預貯金は土地などの財産を持っていない
  • 病気や障害などが原因で働けない

「とにかく宛てがない状態」で適用できるのが生活保護です。

退職希望のAさんAさん

生活保護の条件って結構キビシイね…

30代が仕事をしたくないと思う理由とは?

30代が仕事をしたくないと思う理由とは?

30代で仕事をしたくない方のなかには、「みんなどんな理由で辞めているんだろう?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

30代が仕事をしたくないと思う理由を見てみましょう。
30代が仕事をしたくないと思う理由とは?
  • 理由①職場の環境が良くない
  • 理由②30代になり仕事での責任が増えた
  • 理由③30代になっても給料が安い

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

理由①職場の環境が良くない

30代が仕事をしたくないと思う理由の1つに、職場環境の悪さがあります。

たとえば、職場環境が悪い会社は以下です。

  • パワハラ・セクハラが横行している
  • 長時間労働が当たり前になっている
  • 周りの社員が協力的でない

上記のような職場はストレスが溜まる一方なので、退職したくなるのも当然でしょう。

退職希望のAさんAさん

もっと働きやすい会社がいい!

理由②30代になり仕事での責任が増えた

30代が仕事をしたくないと思う理由の1つに、仕事のプレッシャーがあります。

仕事のプレッシャーの背景には、以下のような問題があります。

  • 1つのミスで会社に大きな損害を与えてしまう
  • 責任が重く失敗できないため、残業せざるを得ない
  • 仕事のことを考えると、休みを満喫できない

仕事を覚えて立場が上がると”責任重大”になり、それをストレスに感じる人もいるでしょう。

退職希望のBさんBさん

仕事のことを考えると、胃がキリキリする…!

理由③30代になっても給料が安い

30代が仕事をしたくないと思う理由の1つに、給料の低さがあります。

会社によっては、30代になっても給料が上がらず「昇給ってこんなもんなの?」「思ってたのと違う…」と悩んでいる方も多いでしょう。

勤続年数が長くなればドーンと給料が上がる会社もありますが、残念ながらすべての会社がそうではありません。

「ウチの会社ケチすぎる…」と思う場合、給料のいい会社への転職も視野に入れてみてください。

退職希望のAさんAさん

今の給料は理想とはほど遠い…!

仕事を辞めるべきかどうかの判断基準とは?

仕事を辞めるべきかどうかの判断基準とは?

30代で仕事をしたくない方のなかには、「本当に辞めていいんだろうか?」と迷っている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

仕事を辞めるべきかどうかの判断基準を見てみましょう。
仕事を辞めるべきかどうかの判断基準とは?
  • 判断基準①どんなに頑張っても給与が上がらない
  • 判断基準②職場でいじめやパワハラ・セクハラを受けている
  • 判断基準③会社の経営が傾いていて将来が怪しい

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

判断基準①どんなに頑張っても給与が上がらない

仕事を辞めるべき判断基準の1つに、給料が上がらないがあります。

以下のように給料が上がらない場合、転職を検討したほうがいいかもしれません。

  • 勤続年数が長くなっても給料が上がらない
  • 仕事で結果を出しても給料が上がらない
  • 昇進後の給料がイマイチすぎる

給料が上がらないと、生活にも余裕が出てきません。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

もっと給料がいい”太っ腹な会社”を探してみましょう

判断基準②職場でいじめやパワハラ・セクハラを受けている

仕事を辞めるべき判断基準の1つに、職場の雰囲気の悪さがあります。

以下のように職場の雰囲気が悪い場合、別の職場に切り替えたほうがいいかもしれません。

  • パワハラ・セクハラが横行している
  • 特定の社員からいじめを受けている
  • 余計な仕事を押し付けられる

職場にいるだけでストレスを感じるような会社では、長く働けません。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

どうせ転職するなら早いほうがいいでしょう。

判断基準③会社の経営が傾いていて将来が怪しい

仕事を辞めるべき判断基準の1つに、会社の将来性がないがあります。

以下のように会社の将来性がない場合、今のうちに見切りをつけたほうがいいかもしれません。

  • ずっと業績が悪い
  • 人員削減が激しい
  • 離職率が高い
  • 昇給がない
  • 業種に未来がない

将来性がない会社は「人員削減でクビになる」「倒産して働けなくなる」可能性があります。

特に、AIに仕事を奪われそうな業種の場合、会社が終わるのは時間の問題かもしれません。

退職希望のAさんAさん

将来性のある会社で安心して働きたい!

仕事したくない30代に試して欲しい対処法4つ

仕事したくない30代に試して欲しい対処法4つ

30代で仕事をしたくない方のなかには、「具体的にどうすべきなんだろう?」と不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

これから試すべき対処法を見てみましょう
仕事したくない30代に試して欲しい対処法4つ
  • ①転職して現在の仕事を変えてみる
  • ②これまでの経験を活かして独立する
  • ③副業を始めて本業の収入を抜く
  • ④退職して今後についてゆっくり考える

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

①転職して現在の仕事を変えてみる

仕事をしたくない30代に有効な対処法の1つに、転職があります。
勇気がいりますが、さきに転職先を見つけておけば怖くはありません。

今の仕事を続けつつ、「今よりも条件のいい会社」をコッソリ探してみましょう。
仕事内容も人間関係もなにもかも不満なのであれば、転職してもプラスしかありません。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

転職すれば鬱陶しい上司とオサラバできます。

②これまでの経験を活かして独立する

仕事をしたくない30代に有効な対処法の1つに、独立があります。
独立がオススメなのは、「一定のスキルがある人」「すでに個人で仕事を受注している人」です。

労働時間は自分で決められるうえ労働がすべて自分にメリットとして返ってくるので、やりがいを感じられます。

会社員ほど強制がない分「自己管理が重要」になりますが、自由に仕事ができるので独立も検討してみてください。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

独立すれば、今よりも縛られない”自由な働き方”ができます。

③副業を始めて本業の収入を抜く

仕事をしたくない30代に有効な対処法の1つに、副業へのチャレンジがあります。

「独立はまだ抵抗がある」という方は、まずは副業から始めてみましょう。
副業であれば現職を辞める必要はないので、リスクなくスタートできます。

副業が軌道にのり本業の収入を抜いたら、その時点で独立を検討するのがオススメです。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

いろいろと不安な方は副業としてスタートしてみましょう。

④退職して今後についてゆっくり考える

仕事をしたくない30代に有効な対処法の1つに、退職があります。

「働きたくない」「しばらく仕事から離れたい」という場合、ムリに転職する必要はありません。
転職せず、一旦退職してストレスフリーに過ごしてみるのも有効な対処法です。

多くの時間が取れれば、将来についてじっくり考えられますし、理想の会社をしっかり定義できるようになるかもしれません。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

人生は長いので、休みの期間を設けてもいいでしょう。

状況次第では退職代行の利用も検討する

退職希望のBさんBさん

辞めたいけど、上司が怖いんだよね…

すでに退職を検討している方のなかには、上司が怖くて言い出せない方も多いのではないでしょうか?

結論、言い出せずに困っている方には「退職代行がオススメ」です。
多くの人を退職に導いてきたプロが、あなたの代わりに連絡してくれます。

退職代行のメリットは以下です。

退職代行のメリット
  1. 追加料金が一切かからない
  2. 即日退職にも対応している
  3. 有給消化の意向も伝えてもらえる
  4. 全て手続きは丸投げでOK
  5. 業界最安値で低価格で依頼できる

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職代行を使えば、スムーズに退職できます!

【まとめ】仕事したくない30代が生き延びる方法5選!働きたくない理由も解説

【まとめ】仕事したくない30代が生き延びる方法5選!働きたくない理由も解説

いかがでしたか?
仕事をしたくない30代に向けて「辞めるかどうかの正しい判断基準」や「これから取るべき対処方法」についてご紹介してきました。

それでは今回のまとめです。

【まとめ】仕事したくない30代が生き延びる方法5選!働きたくない理由も解説
  • 30代でも今の会社に固執する必要はない!
  • 辞めた後は「実家暮らし」「失業保険」「アルバイト」でお金の不安を緩和できる!
  • 今の会社がしんどい時は「独立」や「転職」を視野に入れよう!

相談料無料!

「辞めたいけど言い出せない…」という方には退職代行がオススメです。
業者が諸々の手続きを行ってくれるので、上司からの引き止めを受けなくてすみます。

また即日退職も可能なので、退職日までの気まずい雰囲気に耐える必要もありません。
アレコレ悩まずにサクッと辞めたい方は、ぜひ退職代行を検討してみてください。

Let's share this post!
\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる