ダンプ運転手を辞めたい!辞めたくなる原因と即日退職できる方法を解説

ダンプ運転手を辞めたい!辞めたくなる原因と即日退職できる方法を解説

退職希望のAさんAさん

ダンプの運転手ってしんどい

退職希望のBさんBさん

給料が低くてツライ

ダンプの運転手は世間の景気に激しく左右されやすい業種の一つです。給料が安定しないわりに運転技術など自身への責任が重いことから、辞めたくなる人も多いでしょう。

しかしダンプの運転手は人員の確保が難しいため、なかなか辞めさせてもらえないというのが現実のようです。

この記事ではダンプ運転手が辞めたくなる具体的な原因や即日退職できる方法を詳しく解説していきます。ぜひ最後まで読んで退職を成功させる参考にしてください。

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

ダンプ運転手の仕事は過酷でキツイ

ダンプ運転手の仕事は過酷でキツイ

よくダンプの運転手は長距離トラックの運転手に比べると仕事が楽といわれています。確かにダンプの運転手は荷下ろし作業などの肉体労働をほとんどすることがないことから、一見楽なようでしょう。

実際に荷下ろしがしんどくなったという理由で、トラック運転手からダンプ運転手に転職する例も少なくないようです。

しかしダンプ運転手は待機時間や拘束時間が長かったり、仕事の性質上天候の影響を受けやすかったりとトラックドライバーと違う過酷さがあります。

またトラックドライバーは単独で長距離を走りますが、ダンプ運転手は他の人たちと団体行動をとらなくてはいけません。そのため慣れない人間関係に疲れてしまう人もいるようです。

ダンプ運転手を辞めたくなる5つの原因

ダンプ運転手を辞めたくなる5つの原因

ダンプ運転手にはさまざまな辞めたくなる原因があります。

ダンプ運転手を辞めたくなる原因
  • 運転技術が必要
  • 集団行動が大変
  • 家族と生活が合わない
  • 給料が低くて安定しない
  • 賠償責任が発生する場合がある

労働条件や契約条件が労働者にとって不利な場合も多いようです。

理由①運転技術が必要

ダンプ運転手は現場によっては運転技術が必要になります。

トラックドライバーならたいていアスファルトでちゃんと舗装された道路を走ります。一方でダンプカーは道路や建物を整備するための現場に行くので、舗装されていない道や車幅ギリギリの山道を通るのが当たり前です。

しかも何台か団体で行動するので、1人だけ遅れて進むわけにはいきません。運転技術が他の人についていかず、ダンプ運転手を辞めてしまうこともあるようです。

理由②集団行動が大変

ダンプの運転手は基本的に他のダンプと集団で走ります。そのためただ運搬すればいいだけでなく、一緒に走っている人たちと無線を使い連携を取らなくてはいけません。

またダンプ運転手は基本的に年齢層が高く、話題や考え方についていけない若い年齢層が孤立してしまうこともあるようです。そのためルールや仲間になじめないと大変ストレスを感じます。

ストレスや孤立は我慢し続けると、心身に影響が出る可能性があります。ダンプの運転手は体力的な部分と技術的な部分両方が必要です。どちらかを損なうと著しくパフォーマンスを落とすことになるでしょう。

  • よく眠れない
  • 感情の起伏が激しい
  • 吐き気や緊張が頻繁に起こる
  • 食欲不振
  • 急激な体重の増減
  • 何をしても楽しくない

もしこのような症状が2週間以上続いているようなら、一度心療内科を受診することをおすすめします。

理由③家族と生活が合わない

ダンプの運転手の仕事は時間が不規則で、現場の工期によって拘束時間が左右されます。夜間の仕事や早朝からの仕事などがしょっちゅうなので、家族と生活の時間が合いません。

また現場は危険なことも多いです。そのため家族から仕事の理解を得られず、転職を選択する人もいます。

仕事は自分の生活や人生をよくしていくためのものなのに、家族関係を壊してしまっていては意味がありませんよね。

理由④給料が低くて安定しない

ダンプ運転手の仕事の平均年収は約400万円です。国税庁が発表しているデータによると日本の平均年収は461万円なので、日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。

しかもほぼ昇給がなく、定年まで一定です。そのうえダンプ業界は競争が激しく、仕事の奪い合いに負けた会社が潰れている現状もあり、他の業界へ転職する人もいるようです。

さらになかには日給制の会社もあります。現場は天候が悪いと休みなので、その分の給料は支払われません。いつまでも不安定な給料のまま働くことになります。

またダンプカー業界には自分で用意したダンプカーで働く「持ち込み制度」があり、少し前までは「持ち込み」をしたほうが年収は高くなるといわれていました。

しかし今は「持ち込み」でも平均年収にほぼ差はなく、持ち込みドライバーの求人も減っているのでかえって収入が不安定なのが現状です。

理由⑤賠償責任が発生する場合がある

ダンプの運転手は事故の損害賠償を責任が発生する場合があります。通常業務中の事故なら会社に責任があるはずです。しかし業務委託契約で会社と雇用関係にない場合、状況によっては運転手が全責任を負わなくてはならないこともあります。

また正社員で雇用されていたとしても、悪質な会社だと賠償金を給料から天引きするといったこともあるようです。

ただでさえダンプ運転手の給料は高くないのに賠償責任まで負わされると、生活が立ちゆかなくなってしまいます。

なかには賠償責任から逃れたいばかりに音信不通になる人もいるようですが、無断退職は絶対NGです。無断退職によって会社に大きな損害が出ると、それこそ損害賠償で訴えられる可能性が出てきます。

ダンプ運転手を辞める方法!雇用形態別に解説

ダンプ運転手を辞める方法!雇用形態別に解説

ダンプ運転手を辞めたいならまずは雇用形態を確認しましょう。

ダンプ運転手の雇用形態
  • 正規雇用(正社員)
  • 業務委託(個人事業主)
  • 有期雇用(派遣)

正規雇用の場合

民法第627条には以下のように定められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

つまり、正社員であれば退職の申し出をして2週間経過すれば退職が可能です。ただし円満退職を目指すのであれば、退職を決意したらできるだけ早い段階で退職を申し出るのがいいでしょう。

また有給が2週間以上残っているようであれば、退職を申し出たその日から実質即日退職も可能です。

有給は労働者の権利として定められています。労働者の雇入れ日から6か月継続し、全労働日の8割以上の日数に出勤した場合は10日の年次有給休暇が付与されます。

勤続年数 有給付与日数
6ヶ月 10日
1年6ヶ月 11日
2年6ヶ月 12日
3年6ヶ月 14日
4年6ヶ月 16日
5年6ヶ月 18日
6年6ヶ月 20日

もし会社が「うちの制度に有給なんかない!」と言ったとしても、それは通用しません。

業務委託契約・有期雇用の場合

業務委託や派遣のような有期雇用の場合、退職を申し出て2週間で退職することはできません。原則として有期雇用で退職できるのは、契約満了のタイミングです。

ただし、民法第628条には以下のように明示されています。

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

つまりやむを得ない事情があって、会社が納得さえしてくれればすぐに退職ができます。

しかし法律上では退職が認められているとしても、実際にダンプの運転手を辞めるのはかなり困難です。

ダンプ運転手は比較的出入りの激しく人員確保が難しいです。そのため引き止めにあったり、退職の相談に取りあってくれなかったりする場合があります。

退職代行を利用すればダンプ運転手を即日退職できます

退職代行を利用すればダンプ運転手を即日退職できます

労働者には法律で退職が認められているとはいえ、ダンプ運転手を退職するのは難しいです。

  • 会社の人が高圧的で退職を申し出にくい
  • 退職の話しに取り合ってくれない
  • 「次の人が決まるまで」と引き止められた
  • 「退職したら訴える」と脅された

このような状況なら退職代行を利用しましょう。

退職代行は「依頼人に代わって退職の意思を伝えてくれるサービス」です。退職代行を利用すれば、どのような会社でもスムーズに退職することができます。

退職代行のメリット
  1. 会社の人と会わずに退職できる
  2. 即日退職可能
  3. 会社と連絡取らなくていい
  4. 有給休暇の取得や未払い給与の交渉をしてくれる

退職代行は退職の意思を伝えてくれるだけでなく、有給休暇の取得や未払いの残業代や給与など自分では言い出しにくいことも交渉してくれます。ダンプ運転手で希望通りの退職を叶えるなら、退職代行業者に任せるのが一番です。

近頃は退職代行業者も増え、運営元によって大きく「弁護士」「労働組合」「民間企業」の3つに分かれます。どこが運営元でも「依頼人に代わって退職の意思を伝えてくれるサービス」であることには変わりありません。

ただし民間企業が運営元の場合は「退職に関する交渉」ができないので注意が必要です。このような交渉ができない業者を「非弁業者」といいます。

運営元 退職に関する交渉
民間企業 できない
労働組合 できる
弁護士 できる

非弁業者に依頼すると、有給休暇などの交渉ができないだけではありません。もし会社が「退職代行を通しての退職の申し出は受け付けません」という態度の場合、交渉ができないので退職自体が失敗する恐れもあります。

確実に退職を成功させたいなら、「弁護士」か「労働組合」が運営する退職代行業者を選びましょう。

ダンプ運転手が退職代行を利用して辞めるまでの流れ

ダンプ運転手が退職代行を利用して辞めるまでの流れ

自分で退職を申し出るなら、申し出るタイミングや会社が納得してくれる理由を考えるなど「時間」と「労力」を大変消費するでしょう。

ところが退職代行を利用して退職するなら、たったの3ステップで完了します。退職手続きはほとんど業者に丸投げできるので、退職が決まるまでゆっくり待つだけです。

退職代行で退職するまでの3ステップ
  • 退職代行業者に相談する
  • 退職代行の料金を支払う
  • 退職手続きの開始

順番に説明していきます。

退職代行業者に相談する

まずは依頼前に退職代行に相談してみましょう。退職代行の相談は基本的に何度でも無料です。しかも「24時間365日対応」の業者も多いので、仕事の不規則なダンプ運転手でも安心して相談できます。

退職代行との連絡手段は電話・LINE・メールがありますが、おすすめなのはLINEです。LINEならば、自分の空いた時間にすぐ返信できます。さらにトーク履歴が残るので、相談内容がスクロール一つで確認できて大変便利です。

また退職代行に相談するときは、自分の状況や希望を伝えるのはもちろんですが、サービス内容と料金体制は必ず確認するようにしましょう。

ホームページ上では非常に安い値段が書かれてもいても、サービスごとにオプション料金が追加になったり、雇用形態によって料金が違ったりする場合もあります。

依頼した後に「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないよう些細なことでも相談するようにしましょう。

退職代行の料金を支払う

依頼する業者が決まったら料金を支払います。ほとんどの退職代行業者は料金が前払い制です。

【退職代行の料金相場】

運営元 料金相場
民間企業 20,00050,000
労働組合 25,00050,000
弁護士 50,000100,000

一般的に料金の支払い方法は、銀行振込とクレジットカード払いがありますが、クレジットカード払いをおすすめします。なぜなら銀行振込は振込の時間帯によっては取り扱いが「銀行の翌営業日」なってしまい、業者の着金確認が遅れる可能性があるからです。

特に「いますぐにでも早く会社を辞めたい!」という人は、クレジットカード払いを選びましょう。

退職手続きの開始

退職代行業者から入金確認の連絡がきたら、いよいよ退職の手続きが始まります。

まずは業者の担当者と簡単な打ち合わせをします。打ち合わせといってもあなたや会社の個人情報や要望を伝えるだけなので、難しく考える必要はありません。

  • 自分の個人情報
  • 会社の情報
  • 退職希望日
  • 会社に連絡してほしい日時、連絡の宛先
  • 必要があれば未払金、退職金、有休消化など交渉してほしいこと

あとは業者の担当者から退職完了の連絡を待つだけです。退職が完了するまで何度か業者と連絡を取りあうことはありますが、基本的に丸投げしてかまいません。

ごくまれに会社から依頼人へ直接電話がかかってくることがあります。しかしこれも自分が対応する必要はありません。退職代行業者に電話があったことを伝えて、対応してもらうようにしましょう。

ダンプ運転手辞めたい!辞めたくなる原因と即日退職できる方法を解説まとめ

ダンプ運転手辞めたい!辞めたくなる原因と即日退職できる方法を解説まとめ

ダンプ運転手は待機時間や拘束時間が長かったり、仕事の性質上天候の影響を受けやすかったりと過酷なことの多い仕事です。

さらに仕事内容がキツイだけでなく、「収入が不安定」「家族と生活が合わない」「損害賠償の責任」「団体行動」など、精神的に疲れてしまうこともたくさんあります。

法律上で労働者には「退職の自由」が認められています。しかしダンプ運転手は人員確保が厳しい業界のため、自力で退職することは困難です。

たとえ正面からの退職が難しくても、無断退職は絶対NGです。

どうしても退職したいときは退職代行に相談しましょう。退職代行ならば退職できるだけでなく有給や未払い給与などの交渉をしてくれるので、自分の希望通りの退職をすることができます。

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

目次
閉じる