【営業が辛くて辞めたい人へ】営業がしんどい理由や辞める方法をご紹介

【営業が辛くて辞めたい人へ】営業がしんどい理由や辞める方法をご紹介

退職希望のBさんBさん

営業を辞めたいな・・・

営業として就職したものの、毎日仕事が辛くて辞めたいと思っている方もいらっしゃると思います。

自分の頑張り次第で成績を伸ばせる職業なのでやりがいもありますが、予算達成へのプレッシャーや責任も大きく、ストレスのかかる仕事でもありますよね。

この記事では、営業を辞めようと考えている方や、これから営業にチャレンジしようと思っている方に向けて、営業がしんどい理由辛いときに前向きになれるような考え方についてまとめてみました。

この記事で分かること
  • 営業が辛い理由7選
  • 営業を辞める方法
  • 営業が辛いときの考え方9選
目次

営業が辛い・辞めたい思う人は多い?

営業が辛い・辞めたい思う人は多い?
実際に営業をしていて、辛い・辞めたいと思っている人はどのくらいいるのでしょうか?

「マイナビ学生の窓口」の調査(出典:https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/33900)によると、「営業職は辛いですか?それとも楽しいですか?」という質問に対して、なんと51.9%の営業パーソンが「辛い」と回答しました。

半数以上の方が「辛い」と答えている事実に驚かれた方も多いかもしれません。

では、営業が辛いと思う理由は何なのでしょうか?

営業が辛い理由は7つ

営業が辛い理由は、大きく分けて7つあります。

では、一つひとつ見ていきましょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

あなたの悩みはどれに当てはまりますか?

1.プレッシャーが重い

会社によってはノルマがあり、達成できないと職場の上司から怒られるという人も多いかもしれません。

また営業は自社の製品を売り込むポジションのため、会社の利益に直結すると思うとプレッシャーを感じてしまうことがあるようです。

2.売上成績が良くない

1つ目の「プレッシャーが重い」にも繋がりますが、売上成績が良くないことに辛さを感じる人も多いようです。

どんな職業でも、頑張っていても成果が出ないと「辛い」と感じますよね。

営業は特に成果が数字になって可視化されるので、より実感する傾向にあるのでしょう。

3.精神的なストレス

新規開拓の営業だと、自社商品やサービスについて知らない・興味がない人に売り込むところから始まります。

最後まで話を聞かないまま「結構です」と門前払いされたり、一生懸命考えて提案したものが却下されたりすると落ち込みます。

営業は断られるのは当然、そこからが力の見せ所という考え方もありますが、こういったことが続けば自分自身を否定されたように感じ「辛い」と思うのも無理はありません。

4.自社の商品への不安

そもそも自社の商品に自信がなく、売上や数字のためだけに売り込むのはお客様をだましているようで心苦しいと感じることもあります。

「このお客様には、自社製品よりA社製品の方が合っていると思うけれど・・・」と思いながら、競合他社の製品を勧めるわけにはいかず、小さな噓をつき続けることでストレスが溜まってしまうようです。

「お客様に貢献したい」「誰かの役に立ちたい」という他社貢献の気持ちが強い方には一番辛い悩みでしょう。

5.性格的に不向き

「コミュニケーションが苦手」「人見知りで初対面の人と話すのがストレス」という方には、営業は辛い職種です。

また営業は会社の顔でもあるので、常に明るく前向きであることが求められます。

体調が優れない時や、プライベートで悩みがあるときでも気持ちを切り替えて笑顔でいないといけないのはストレスがかかることだと思います。

6.評価や待遇への不満

営業は、売上や契約件数といった数字で評価されがちです。

どれだけ頑張っていても結果が出ないと全く評価に繋がらないので、不満に思ってしまうことが多いようです。

また反対に、営業成績が良く結果が出ているのにそれに見合った報酬が出ない場合や、個人成績は良くても会社の業績が悪くボーナスをカットされてしまう場合などが転職を考えるきっかけになりやすいです。

7.営業テクニック不足

営業テクニックは自分で努力して磨かないといけないものではありますが、すぐに身につくものではないので辛い道のりになりがちです。

なかなか成長できないと自信を無くしたり、職場での居心地が悪くなってしまい退職する人は多いです。

しんどい営業を辞める方法

しんどい営業を辞める方法

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

営業を辞めるのは悪いことではありません!

人それぞれ辛いと感じることがたくさんありますね。

では営業を辞めるにはどうすればよいのでしょうか?

退職希望日の2週間前に上司に申し出る

民法627条では以下のように定められています。

1.当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(民法627条)

つまり、退職したい日から2週間前にその意向を伝えていれば、問題なく退職できると法律で決められているということです。

最低でも2週間前には退職の意向を伝えましょう。

注意点

ただ実際は引継ぎや人員調整、有休消化などの都合もあり、1か月前には伝えてもらわないと困るというのが会社の本音です。

会社の契約書に「1か月前」と記載されている場合もありますので、円満に退職するためにも、できれば1か月前には退職届を提出しましょう

退職代行を使って即日退職する

退職を考えている人の中には「退職をなかなか言い出せない」「人手が足りないからと辞めさせてもらえない」という方もいらっしゃると思います。

そんな時は退職代行を利用し即日退職することも可能です。

退職代行のメリット
  1. 追加料金が一切かからない
  2. 即日退職にも対応している
  3. 有給消化の意向も伝えてもらえる
  4. 全て手続きは丸投げでOK
  5. 業界最安値で低価格で依頼できる

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職代行はオイトマにお任せください!

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

営業が辛い時の考え方とは

営業が辛い時の考え方とは

退職希望のAさんAさん

営業が辛い、でもここで辞めてもいいのかな

営業はすぐに結果がでないにもかかわらず、ノルマが常に課せられるストレスの多い仕事です。

しかし仕事への取り組み方を改善すれば、大きな成果とやりがいを得られる仕事でもあります。

営業の仕事が辛いからといってすぐに辞めしまうのはもったいないです。

やりがいを見つけることで、仕事のモチベーションは格段にアップします!

ストレスを上手に避けながら前向きになれる考え方をいくつか提案をします。

1.売上が優秀な人からテクニックを知る

「成績が伸びなくて辛い」「営業テクニック不足を感じている」という方は、優秀な方のテクニックを知るということで営業が楽しくなるかもしれません。

また今は売上が優秀な方も、以前はあなたと同じように成績が伸び悩んでいた時期があるかもしれません。

そんな時をどうやって乗り越えたのか聞いてみるのもいいと思います。

2.売れない理由を知る

自社の製品やサービスが売れないのには様々な理由がありますが、もしあなたの会社に同じ商材を上手に売る人がいるなら、売れない理由はあなた自身の中にある可能性が高いといえるでしょう。

その場合は、失注要因を分析することがおすすめです。

失注要因の分析では、以下の4つをおこなうのが良いでしょう。

STEP.1
①営業パーソンごとに比較を行う
売れている営業との違いを分析する
STEP.2
②営業のプロセスごとに比較を行う
自分ボトルネックを見つける
STEP.3
③競合ごとに比較を行う
競合対策を行う
STEP.4
④受注先の業界ごとに比較を行う
得意・不得意を明確にする

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

分析すると自分のやるべきことが見えてくる!

3.商品の魅力を知る

「自社の商品やサービスに自信がなく、お客様に売り込むのが辛い」という方は、自社の製品やサービスの魅力を知ることでやりがいのある営業に変えられる可能性が高いです。

自分が扱う商品の魅力を知ってから営業をすると、本心からおすすめできるのでお客様にも気持ちが伝わり、その結果売上に繋がっていきます。

自信のないまま営業をし、それが売れても「本当に喜んでいただけるだろうか」と不安や罪悪感が拭えませんが、魅力を知っていると売れた時の喜びも倍増します

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

気持ちよく仕事ができるようになります!

4.自社製品が売れることをイメージ

「自社製品が全く売れない」という方は、まず売れることをイメージすることが大切です。

営業の仕事においても成功イメージは大切です。

自社の製品やサービスが売れて、お客様に喜んでいただくことをイメージして営業をしてみましょう。

5.相手の立場でイメージ

営業の基本は「この商品が誰の役に立つのか」「どういう使い方をすれば役に立つのか」と考えて提案する相手本位の姿勢です。

同じ商品でも、相手によってアピールポイントを変えたり工夫して、かゆい所に手が届くような営業をすることが大切です。

「頑張っているのになかなか売上が伸びない」という方は、一度相手の立場で「この人は何を求めているんだろう?」とイメージしてみてはいかがでしょうか?

6.問題解決力を身につける

営業に限らず必要な力ですが、問題解決力を身につけるというのも1つの方法です。

特に営業はトラブルやクレームに対応する機会が多いポジションです。

もちろんトラブルが起きないように仕事を進めることが前提ですが、それでも問題は起きてしまいます。その時にどう対応ができるかがカギになります。

こちらに原因がある場合は、誠心誠意で謝罪しなければなりません。相手は人間ですので、表面上の謝罪ではすぐにバレて、より状況が悪化してしまいます。

まずはしっかりと謝罪し、その上で今後の対応策を提案するのが仕事のできる営業マンです。

もし、こちらだけが悪いわけではないという状況であっても、同じように誠意を持って行動すべきです。

相手の信頼を裏切らないようにすれば、トラブルを強い絆に変えることができるチャンスになります。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

問題解決力は営業スキルとして重要なポイントです!

7.中長期的な成功を意識

「営業を始めたばかりだけど成果が出ないし、慣れない仕事ばかりで辛い」と感じている方は、短期的な成功ではなく、3か月後、半年後、1年後といった中長期的な成功を意識してみるといいかもしれません。

先ほども申し上げた通り、営業テクニックを身につけるためには時間がかかります

短期的な目標ばかり見ていると、達成できなくて落ち込むことも多くなってしまいます。

「半年後にはこうなっていたい」「1年後にはこんなポジションについていたい」など、中長期的な目標を立てて意識することで営業をもう少し頑張ってみようかなと思えるかもしれません。

8.営業職のやりがいを見つける

営業のマイナスな面ばかり取り上げてきましたが、プラスの面もたくさんあります

辛いことはいったん置いておいて、やりがいを感じる部分に目を向けてみてはいかがでしょうか?

営業のやりがい
  • 結果が分かりやすく、目標達成できた時の達成感
  • 自分が売った商品でお客様に喜んでもらえる
  • 頑張った分だけ報酬が増える
  • いろいろな人と仕事ができる
  • 営業で培ったスキルがどんな職種でも生かせる

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

営業って楽しいかも、と思えるかもしれません!

9.転職を検討する

今まで挙げてきた方法を試しても、どうしても営業が辛いという方は、転職を検討された方が良いと思います。

転職を検討した方が良い、営業が辛い理由 ぴったりな転職先
商材に魅力を感じられない 自分が自信をもっておすすめできる商材を扱う会社
ノルマのプレッシャーに耐えられない ノルマが小さい営業
コミュニケーションがどうしても苦手 営業以外の職種に挑戦

「営業」と一口に言っても、飛び込み営業テレアポ営業ルート営業など様々な種類があります。

「今の仕事は辛いけれど、お客様に喜んでもらえることにはやりがいを感じる」という方は違う種類の営業に転身してみるのがいいと思います。

また営業という仕事自体が辛く、他の職種に挑戦するという方も、営業での経験は必ず生かせるはずです。

「仕事を辞めたいけれど言い出しにくい・・・」「退職の話をしても引き留められる」という方は、退職代行を利用することをおすすめします。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

営業が辛い時には様々な対処法を試そう

営業が辛い時には様々な対処法を試そう
いかがでしょうか。

営業は辛いことが多いですが、考え方を変えてみると大きなやりがいも感じられる職種です。

営業を辞めようか悩んでいる方は、この記事にまとめた対処法を試してみてください。

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる