HSPで仕事を辞めたい・辛い時の対処方法!退職の伝え方も併せて紹介

HSPで仕事が辛い時の対処方法!退職の伝え方も併せて紹介

退職希望のKさんKさん

仕事で多くの人と関わるのが辛い……

退職希望のKさんKさん

周囲の人が気になって仕事に集中できない!

仕事って色々なストレスがありますよね。それはあなたの気質から来ているのかも知れません。

HSP(Highly Sensitive Person=とても敏感な人)と言う言葉はご存知ですか?
要するに色んなことに敏感で考えすぎてしまう人のこと。

一般的には以下のような特徴があると言われています。

HSPの特徴
  • 外部からの刺激を受けやすい
  • 感情の反応が強く、特に共感力が高い
  • 些細なこと、音、臭いに敏感
  • 深い思考と情報処理が出来る

細さんとも呼ばれてるこの人たちは合わない仕事を続けていると精神的に追い込まれてしまったり、
短期離職を繰り返してしまうことが多い
と言われています。

仕事が辛いあなたはHSPかも知れません。この記事で一緒にHSPの人たちがどのように仕事へ向き合うべきか考えていきましょう!

目次

HSPで仕事が辛いと感じる理由をご紹介

辛い理由はズバリこれ!HSPで仕事が辛いと感じる理由をご紹介!

退職希望のAさんAさん

仕事がつらくて…仕事やめようかなって

敏感で繊細なHSPの人たちは常日頃から色んなストレスを抱えて生きています。

HSPの人々は周りに必要以上に気を遣ってしまったり、周りの音や顔色に敏感に反応してしまうため普通の人よりもストレスを感じやすいからだと言われています。

繊細なHSPの人々が具体的にどんな理由で仕事を辛いと感じてしまうのか一緒に見ていきましょう!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

理由①多くの人とかかわることで気疲れしてしまうから

退職希望のBさんBさん

大勢の人と関わるのは疲れるし、得意ではないです

HSPの人は些細な音などに敏感なため、多くの人と関わると気疲れをしてしまうと言われています。HSPの人たちは普通の人と比べて、その場にいたり人と関わったりするだけでもストレスと感じる人が多いと言われています。

以下に挙げるような人たちが傾向として多いとされています。

HSPに見られる傾向
  • 人と会うと色々気を遣ってしまい気疲れしてしまう
  • 他人と勝手に比べて自己否定を繰り返してしまう
  • 色んな人と関わることがそもそも好きでない

理由②周囲の目線が気になり、仕事中も余計なことを考えてしまうから

退職希望のAさんAさん

周囲の言動が気になって、仕事中でも余計なことを考えてしまいます。

仕事内容が自分にあっていてもこのような仕事環境などからくる要素でも仕事が辛いと感じてしまうようです。そういったことからHSPの方は短期離職を繰り返してしまう傾向があります。

理由③仕事量が多すぎて何からやればいいか分からなくなるから

退職希望のAさんAさん

仕事の優先順位をつけるのがすごく苦手….特にマルチタスク型の仕事が苦手で…….
HSPの気質がある人はAさんのようにマルチタスク型の仕事が苦手だと言われています。そのため仕事量が多かったり、優先順位を考えながら多数の仕事を進まなければいけないような仕事量があるとパニックになってしまわれる方が多いです。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

HSPの人が仕事を辞めたいのに辞められない理由

HSPの人が仕事を辞めたいのに辞められない理由

HSPの人は、仕事を辞めたいのに辞められない状態に陥ってしまいがちです。
その理由として、下記の2点が挙げられます。

  • 会社といった「居場所」を失うことへの恐怖
  • 同じことを繰り返すのではないかという不安

もし、HSPに苦しんでいる場合は、こうしたさまざまな課題を客観的に見て対策を講じることが大切です。

会社という居場所を失うことが怖いから

HSPの人が仕事を辞められない大きな原因は、居場所を失うことへの恐怖です。業務内容や人間関係に嫌気が差しても、会社に居続けることで安心感を得るケースも少なくありません。また、特定の仲が良い人との別れを惜しむ気持ちもあるでしょう。

いざ、辞めるとなると一から居場所づくりをしなければならないのかと葛藤が生まれやすくなります。何度も悩まされた挙げ句、タイミングを見逃すことが最も危険です。冷静な判断ができるよう、辞めたいと思った理由を見直しましょう。

また同じことを繰り返してしまうのではという不安

居場所のほかにも、仕事を辞めることへの「罪悪感」も決断を妨げられる要因の1つです。周りの視線を気にし過ぎると、退職自体を「失敗」と捉えてしまいます。この積み重ねにより、また同じことを繰り返すのではないかと不安を抱える人もいるかもしれません。

まずは、現代社会において退職は珍しくないと考えを改めましょう。日本トップクラスの大手企業であるトヨタ自動車でさえも、終身雇用は難しいと発言しています。多くの人々が職を転々とする時代です。決して、自分だけが特別なわけではありません。

HSPで仕事を辞めたいと思ったら、自分の気持ちに素直になろう

HSPで仕事を辞めたいと思ったら、自分の気持ちに素直になろう

HSPの理由により、仕事を辞めたいと感じたら「自分の素直な気持ちを大切にする」ことを忘れないでください。退職してしまえば、会社の上司や同僚もそこまで気に留めません。結局、誰もが自分の人生で目一杯になるからです。

ただし、会社への居心地の良さや仲良しの同僚との別れを惜しむ人もいるでしょう。そのため、ある程度はじっくりと自分の心を見つめ直す時間が大切です。答えを出すまでには時間がかかるかもしれませんが、あくまで最終的な判断は自分で下しましょう。

周りの人から何か言われても、決定権は自分自身にあります。素直な気持ちをメモ帳に書くなどして、今後どのような人生を歩みたいかを考えましょう。

HSPの人が仕事を辞めるメリット

HSPの人が仕事を辞めるメリット

仕事を辞めるとなると、金銭面や次の職探しで不利になるのではないかと恐れてしまう人もいるのではないでしょうか。しかし、考え方を変えれば退職にもさまざまなメリットがあると捉えられます。

特に、HSPの人は精神面の不安と戦う毎日を送っています。時には、休息が必要となるタイミングもあるでしょう。ここでは、仕事を辞める3つのメリットについてまとめました。

メリット①体調を崩す前に休むことができる

HSPの人が仕事を辞めるメリットの1つは、体調管理ができる点です。働き詰めの毎日を送ると、自身の体をケアする時間がなくなってしまいます。ある程度の休息をとらなければ、突然体調を崩してしまう場合も。

仕事を辞めることで、一度ゆっくりと休める時間が生まれます。今後の職探しも必要かもしれませんが、とりあえずは万全な状態になるよう体調を整えましょう。一通り休んでからでも遅くはありません。

メリット②ストレスから開放される

ストレスから開放される点も仕事を辞めるメリットの1つです。働く人々は、日々の業務で少なからずストレスを抱えています。ただ、目に見えづらいところが厄介なポイントで、溜めすぎると体調にも影響を及ぼすため危険です。

万が一、仕事でストレスを抱えすぎていると感じたら、思い切って退職することも重要な選択肢となるでしょう。辞めた後は、趣味に没頭するなど気分をリフレッシュさせることが大事です。

メリット③自分に向いている仕事を探す機会になる

仕事を辞めることで、自分に向いている職業を見つけるチャンスにも繋がります。特にHSPの人は、職場の環境が欠かせません。周囲との人間関係が異なるだけでも、仕事のパフォーマンスに大きな影響を及ぼすでしょう。

もし、現在の職場から離れる決意をするのであれば、さまざまな働き方を調べることが重要です。出勤時間を調整できたり、あらかじめ担当する業務を選んだりできるところも増えています。経済面も考慮しつつ、自分にとって最適だと思う仕事を選びましょう。

HSPが仕事を辞めるときに気をつけるべきポイント

HSPが仕事を辞めるときに気をつけるべきポイント

HSPが原因で仕事を辞めても、それは大した問題ではありません。しかし、今後の人生には少なからず変化が訪れます。無計画に退職してしまうと、後悔するケースも生じるかもしれません

これからの生活を充実したものにするヒントとして、仕事を辞めるときに気をつけたいポイントをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

生活するための資金に余裕があるか計算する

まず、退職する際には生活するための資金に余裕があるかを計算しましょう。次の職場が見つかるまでは、貯金を切り崩しながらの生活になる場合もあります。もし、生活資金に余裕がない状態で辞めてしまうと、焦った状態で職探しを迫られるでしょう。

こうした事態を防ぐためにも貯金額の確認は重要です。なお、計算するときは支払う税金や保険料も忘れずチェックします。年度末を迎えた場合は、前年度分の納税が求められるからです。再就職までに時間を費やしたいときは、出費にも注目しましょう。

今後についてざっくりでも良いので考えておく

仕事を辞める場合は、今後の計画をある程度考えておきましょう。具体的なプランを作成する必要はありませんが、全体の予定をざっくりとイメージしましょう。

おすすめの方法はどのように働きたいかをノートに書き出すことです。自らの思いを文字に起こすと、自己分析にも役立ちます。意外と人は自分自身をよく知らないものです。上手く客観視しながら、本当にやりたいことを探してみましょう。

HSPだと退職を言い出せない・・その理由をご紹介

HSPだと退職を言い出せないその理由をご紹介

退職希望のBさんBさん

周りのことを考えると退職を言い出せなくて…

Bさんのようになかなか退職を言い出さない方は多いと思います。その中でもHSPの人は退職を言い出すことができずに精神的に追い込まれてしまう人が多いと言われています。

どうして退職をなかなか言い出すことができないのか、主要な理由を以下にまとめてみました。一緒に見ていきましょう!

理由①退職することが周りにどう思われるか怖い

退職希望のAさんAさん

退職なんて言い出したら周りになんて思われるか分からない。

「他人の反応に敏感」という一面があるHSPの方達は周りにどう思われうかが怖くて退職を切り出せないという方もいます。

退職することは悪いことで続けることがいいことだと思われている方は多いです。ですが、我慢して続けて身体や精神を壊すことが一番悪いことですし、そうなってしまっては元も子もありません。

注意点

①退職することは悪いことではない。

②我慢して身体や精神を壊すことの方が悪いこと。

理由②気まずくて上司に退職の意志を伝えることが難しい

退職希望のAさんAさん

上司になかなか言い出せなくて……

HSPの方は上司にも気を遣うため、タイミングや切り出し方を考えすぎてしまい、ついつい後回しにしてしまいます。忙しそうな上司を見て後にしよう。もう少し頑張ってみるかと退職を切り出せなかった経験はないですか?

そういったことを何度も思い悩んでいるうちに適応障害やうつ病になってしまう人も多いです。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

理由③繫忙期に退職するのは申し訳ないと思うから

退職希望のBさんBさん

繁忙期で人手不足だから辞められないんです

HSPの方であれば必要以上に周りを気にしてしまうので余計言い出せないということが起こります。優しくて繊細なHSPの方たちは人手不足の職場では無理をしてしまう傾向があります

また、HSPの方は「自分が辞めたらみんなの残業が増えてしまうかも」と思ったり、「退職はみんなのためにも辞めておこう。」「自分が我慢すれば丸く収まる。」と自己犠牲をし続けてしまう方も多いようです。

HSPで仕事を辞めたい・辛い時の方法!退職の伝え方も併せて記載

HSPなら要チェック!HSPで仕事を辞めたい辛い時の方法!退職の伝え方も併せて記載

退職希望のAさんAさん

退職はしたいけどどう伝えたらいいか分からない…
退職をいざ言い出そうという時に「どう伝えたらいいんだろ」「どんな内容を言えばいいのだろうか」と悩んでしまう方は多いと思います。
こうした方達のためにも退職をどう伝えたらいいのか具体的にまとめてみました。仕事が辛い時の対処法についてもまとめたので一緒に見ていきましょう!

退職の意志は余裕をもって2ヶ月前に伝える

退職するのであれば2ヶ月前には伝えるようにしましょう。民法の規定では2週間前に報告することと定められています。だたし、現実問題として人員の配置や仕事のプランなど、1人の退職によって会社は大きく体制を変えなければなりません。

突然退職の話を持ち出すと、会社側にも迷惑がかかります。どのような理由があれど、最後まで責任を果たすことが最低限のマナーです。余裕を持って行動するよう心がけましょう。

次の転職先を決めてから辞める事を伝える

退職希望のAさんAさん

辞めた後転職できるか不安…

退職を決意するときに必ず出てくるのが「次の職場決まるのだろうか?」「転職先は見つかるのだろうか?」といったことです。

そういった方達には転職活動を在職中にするのをお勧めいたします。その場合のメリットをまとめてみました。

在職中の転職活動によるメリット
  • 退職後に収入が途切れない
  • 転職先が決まっていることで安心して退職することができる
  • 転職活動を通して今の会社を客観的に評価できるようになる
  • 職歴にも空白期間が生まれない

自分一人が辞めても影響は少ないと割り切る

退職希望のBさんBさん

自分が辞めたら周りに迷惑がかかる

このように言われる方や思われる方が多いですが、結論で言ってしまえば辞めたからといって全く影響はありません人手不足などは責任者が考えるべき問題であり一労働者が責任を感じる必要はありません。

また、その人がいなくても社会や会社は現に回っています。なので「自分が辞めても影響は全くない」という風に割り切ってしまうことも大切です。

退職を引き止められないように退職理由を明確にする

退職希望のAさんAさん

なんとなく退職を決意しました。

Aさんのような理由で承認していただける会社であればこのような記事を見られていないと思います。

退職の意思を伝えたときに退職理由を詳しく聞かれる可能性があります。なので退職理由はきっちり答えられるように準備しておくことが大切です。また、普通に伝えるのではなく出来るだけポジティブで前向きな理由を考えましょう。

HSPで退職を言い出せない場合は退職代行を使おう

退職希望のBさんBさん

退職理由は考えたし、転職活動もしたけどいざとなると言い出せなくて

そんな時は退職に関する連絡や手続きを代行してくれる退職代行と呼ばれるものがあります。こちらの利用を検討するのもいいでしょう。

退職代行であれば面倒な上司への問答や退職に関しての連絡を任せることができます。業者によっては電話相談や公式LINEでの相談を無料でやっているところもあります。一度そういった場所に相談をしてみると見えてくるものがあるかも知れません。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

HSPの場合は退職代行サービスを使うのがおすすめ

HSPの場合は退職代行サービスを使うのがおすすめ

仕事を辞めるときは、上司や人事課の職員などと一緒に手続きを進めなければなりません。
ただし、HSPに悩まされていると、こうしたやり取りを億劫に感じる人もいるのではないでしょうか。

HSPに悩む方は、退職手続きを第三者に委託できる退職代行サービスを利用するのも1つの手です
ここでは、退職代行サービスについてご紹介します。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

退職代行とは「円満退社」を支援してくれるサービス

退職代行とは、仕事を辞めたいと考えている人が「円満退社」できるようサポートするサービスです。HSPの悩みを抱えていると、他人とのコミュニケーションも決して楽ではありません。上司と関係が悪化していなくとも、上手く自分の思いを言い出せなくなる可能性もあります。

退職代行サービスでは、利用者が安心して新たな人生を歩めるよう取り組んでいます。もし、退職しようと考えているものの1人では勇気が出ない場合は、こうしたサービスの利用も検討してみましょう。

最大のメリットはストレスなく退職できること

退職代行サービスの最大のメリットは、ストレスなく仕事を辞められることです。HSPを抱えていると、人の些細な視線や態度が気になってしまいます。もし、上司へ報告する際にプレッシャーを感じるのであれば、手続きを任せたほうが賢明です。

ストレスをできる限り抑えるだけでも、心身の負担はある程度軽減されます。次の職探しに向けて、ポジティブな気持ちで取り組めるかもしれません。なかなか自分から退職の意志を言い出せない人は、第三者の手を借りることをおすすめします

デメリットも理解した上でサービスを活用しよう

退職代行サービスを利用する際には、メリットだけでなくデメリットも押さえておきましょう。代表的な例は、1回の料金が決して安くないことです。このようなサービスは、民間業者や労働組合、弁護士事務所で提供しています

退職代行サービスで発生する費用の目安を業者ごとにまとめました。

退職代行サービスを提供する業者 費用の目安
民間業者 約1万円〜5万円
労働組合 約2.5万円〜3万円
弁護士事務所 約5万円〜10万円

辞めた後も問題なく生活できるよう、業者を決める際は自身の貯蓄額と照らし合わせて検討することをおすすめします。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

HSPで短期離職を繰り返してしまう方へ!その原因と対処方法をご紹介

いHSPで短期離職を繰り返してしまう原因と対処方法"

退職希望のAさんAさん

短期離職を繰り返してしまいます。どうしたらいいでしょうか?

ある調査によれば新卒で三ヶ月以内に辞められる短期離職は30%を超えているというデータがあります。短期離職は繰り返してしまうと職歴に傷がついたり転職で不利になってしまいます。

そうした方々に向けて以下に原因と対処方法をまとめました。

短期離職の原因と対処方法を一緒に学んでいきましょう!

HSPで短期離職をしてしまう原因

退職希望のBさんBさん

なんで短期離職をしてしまうのかな?
一般的に短期離職はできるならば避けなければいけません。しかしながらHSPの方は短期離職を繰り返してしまう人が多いです。そのHSPの中でも繊細だけど刺激を求めてしまう「HSS型HSP」と言われる人々がいます。
繊細さで傷つきながらも刺激を求めてしまうHSS型はHSPの中でも特に短期離職をしてしまうと言われています。短期離職を繰り返さないためにも原因を理解することが大切です。
短期離職を繰り返さないためにも原因について一緒に見ていきましょう!

HSPは環境の変化に敏感だから

まずは「環境の変化に敏感」というものが挙げられるでしょう。HSPの主な特徴に周りの環境にすごく敏感だというものが挙げられます。

それまで上手くいっていても信頼を寄せている仲間や上司の転勤や退職によって環境に変化が突然起こってしまうと途端にパニックになってしまう方も多いです。

特にHSS型HSPの方は自分が抑制されたり、退屈になることも嫌う傾向があります。なので環境の変化によって今までのように出来なかったり、何か選択肢が狭まってしまうとそれに反発して短期離職をしてしまいます。

HSPは人に合わせることが辛いから

HSPの方は感受性が豊かなために、人一倍相手の気持ちを受け取ってしまいます。

人の心の動きにいちいち反応してしまうので、人に合わせた仕事をすることや、人の面倒を見なければいけない仕事はつらく感じてしまうでしょう。そう言った環境や仕事が続いてしまうと耐えられなくなり短期離職をしてしまうというHSPの方は多いです。

HSPで短期離職をしてしまう方の対処方法

退職希望のAさんAさん

入社してすぐだけどもう辞めたい…….
短期離職をしてしまう主な原因は分かったと思います。しかしながら行動を起こさないことには現実は変わりません。どうしたらいいか分からないそういった方達のために、そのような時の対処方法を具体的に提案していきます。
特に自分の強みや弱みを分析する方法は、今後の成長の参考になるため、おすすめです。

自分の強みや弱みを紙に書いて分析してみる

退職希望のBさんBさん

自分に自信がなくて不安なんです。

HSPの方は自己肯定感が低い傾向にあります。そのため、自己否定を繰り返してしまう方が多いです。

そのようなことを繰り返していると短期離職を引き起こしてしまいます。

そう言った方は今一度自己分析をお勧めします。まずは自分の強みや弱みを紙にかいてみましょう。意外と書き出してみると思っているより強みがあったりするものです。

また、自分だけでは分からない強みも友人が認識していることもあります。一度友人に聞いてみるのもいいでしょう。また、専門家に詳しい状況や今までのことを伝えてみて強みや弱みを分析してもらうのも一つだと思います。

退職代行OITOMAなら電話相談や公式LINEで退職に関する質問以外にもこういった個別の相談も対応しています。以下のボタンから相談してみるのもいいでしょう。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

HSPに向いている仕事に就く

退職希望のAさんAさん

自分にあった仕事なんてあるのかな?

Aさんのように自分に自信を無くしてしまっているHSPの方は多いと思います。しかしながら全ては表裏一体です。悪いことばかりではありません。

HSPには普通の人よりも優れているとされている一面があります。つまり向いている仕事につくことが出来れば人一倍成果を上げることもできるということです。

HSPの方がどのような仕事が向いているか一緒に見ていきましょう

まずはHSPが優れているとされている一面を挙げてみます。

HSPの強み
  • 分析思考が強く、細かい分析ができる
  • 相手の気持ちに寄り添うことができる
  • 創造性の高いクリエイティブな作業を楽しめる
  • 専門的で個人プレーが得意

これを見れば向いている可能性がある仕事も見えてきます。

一人で淡々と分析をしたり、専門性を発揮してクリエイティブなことをするのも向いているとされています。具体的には動画編集、プログラマーなどの機械を使った業務が向いているとされています。

また、細かいことや相手の気持ちに寄り添うことができるので介護士なども向いているようです。

転職サイトなどで色んな職種をみて考えてみるのもいいでしょう。

HSPで仕事を辞めたい・辛い時の対処方法まとめ

仕事が辛い方必見!仕事が辛くて辞めたい時の対処方法まとめ

退職希望のBさんBさん

記事が長すぎて最初の方の内容忘れちゃった

そんな声が聞こえてきそうですね。最後に対処方法をまとめますね。

仕事が辛い時の対処方法まとめ
  • 引き止められないよう退職理由をしっかりと準備して退職する
  • 自分が辞めても大丈夫だと割り切って退職する
  • 辞める前に転職先を見つけておく
  • 退職代行を利用して退職する

    以上のようなものがあります。

    手間をかけずに退職したい。退職を言い出せなかった。職場に退職を認めてもらえなかった。

    どれか一つでも当てはまった方は退職代行を検討してみましょう

    自分が退職を職場に伝えて聞いてもらえなかった場合でも退職代行を使って第三者から退職の旨を言うとすんなりと退職できることは多いです。

    退職代行OITOMAなら専門のオペレーターが公式LINEですぐに返信をしてくれるので安心して利用することができます。また電話相談も対応しているので画面の向こう側の人に相談することができるのでお勧めです。

    退職に関するご相談はこちらから!

    お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
    (土日祝日も受け付けております)

    気になる方はぜひ相談しにきてくださいね。お待ちしております。

    退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

    Let's share this post!

    当記事の執筆者

    退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

    \これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
    目次
    閉じる