職場で孤立して会社を辞めたい!孤立してしまう原因と5つの対処法を徹底解説

職場で孤立して会社を辞めたい!孤立してしまう原因と5つの対処法を徹底解説

職場での人間関係がうまくいかないと、ストレスを抱えるだけでなく仕事にも影響が出てくることもあります。

退職希望のAさんAさん

孤立してしまっているけど、どうしていいかわからない

退職希望のBさんBさん

孤立って退職してもいいの?

このような疑問や悩みを解決するために、孤立してしまう原因を明確にして対処法を身につけましょう。ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

目次

職場で孤立して辞めたい。人間関係の悩みで退職するケースは少なくない

職場で孤立して辞めたい。人間関係の悩みで退職するケースは少なくない

2021年に発表された厚生労働省の調査によると、退職理由で「職場の人間関係が好ましくなかった」が最も多かったのは、男性では25~35歳、女性では25~44歳・55~59歳でした。

「職場で孤立したことで退職するのは甘えでは?」と悩むかもしれませんが、人間関係が原因で退職している人は少なくないのが現状です。

会社の上司や同僚は毎日顔を合わせ、家族よりも一緒にいる時間が長いはず。孤立するのがわかっていて日々会社に行くのは、疲れますし精神的にも負担が大きいですよね。

職場で孤独を感じるのはどんな時?

職場で孤独を感じるのはどんな時?

職場で孤独を感じる理由として、人間関係の衝突やネガティブな思考などさまざまな要因が考えられます。

業務が一人きりであったり、企業の雰囲気に合わないなど、人それぞれで感じ方は異なるでしょう。ここでは、孤独を感じやすい場面について5つご紹介します。

職場で孤独感を感じる時

  • 企業文化や雰囲気に馴染めないと感じた時
  • 一人で黙々と行う業務が多い時<
  • 社内の同調圧力を感じた時
  • 会社や同僚の役に立っていると感じられない時
  • あからさまに無視されていたりいじめがある時

企業文化や雰囲気に馴染めないと感じた時

職場で孤立していると感じる大きな原因のひとつとして、勤めている会社の企業文化や風土、働いている環境や雰囲気に馴染めないことが挙げられます。

馴染めないと感じると、自分からのコミュニケーションに消極的になり孤立しやすくなります。馴染めないと感じたとしても、仕事を行う以上周囲との対応に迫られます。その結果、ストレスを感じてしまい、周囲との距離が遠くなります。

一人で黙々と行う業務が多い時

孤独を感じる原因として、行なっている業務の内容が一人で黙々と行う業務が多い時が挙げられます。一人で行う業務の場合は周りとのコミュニケーションが少ないため孤立していると感じやすくなります。

対人関係が苦手な人であればさらに孤独を感じるのではないでしょうか。また、周りと会話を避けていれば、周りからもコミュニケーションを取りづらいと思われ、孤立してしまう可能性があります。

社内の同調圧力を感じた時

多数意見が重視される職場が多くあります。自分の意見が周りと違っている場合、孤立する可能性があるでしょう。

企業が持つ風土や雰囲気などによって異なりますが、自分と人との認識に大きなズレがあると溝ができやすく、より孤立してしまう場合も

会社や同僚の役に立っていると感じられない時

人は周りの人に価値提供をして役に立っていると感じた場合、周りとコミュニケーションを取りやすくなり一体感が出ます。逆に自分が会社や同僚の役に立っていると感じられない時には、コミュニケーションもスムーズにできずに孤独感が強くなります。

たとえば、チーム内の同僚の方が自分よりも良い成績を納めていた場合、自信をなくしたり役に立っていないと感じたりすると、孤独を強く感じてしまう方もいるかもしれません。

あからさまに無視されていたりいじめがある時

会社であからさまに無視されていたり、いじめられたりしている時は、自分から積極的にコミュニケーションを取ることは考えづらく、周囲から孤立してしまうでしょう。

無視やいじめをする相手の感情を変えるのは難しいので、相手に直接対応しない方が得策です。下手に直接対応すると状況が悪化してしまう可能性があるので、距離を置きつつ対応しましょう。

職場での孤独感を放っておくのはNG。私生活に悪影響が出ることも

職場での孤独感を放っておくのはNG。私生活に悪影響が出ることも

会社の中で周囲とコミュニケーションが上手くいかない、会社に貢献できていないなど孤独を感じているとしたら、長く放っておくのはやめましょう。

なぜなら、辛い気持ちで仕事をしていると私生活にも悪影響が出るからです。仕事中に悩んでいる場合、 プライベートまで引きずってしまう可能性があります。ネガティブな思考を引きずると、人から注意された時に落ち込みやすくなってしまいます。

そのため、職場で強い孤独感があれば早急に対応する方法を考えましょう

職場で孤立したときの対処法5選

職場で孤立したときの対処法5選

職場で孤立したときの対処法は5つあります。

職場で孤立したときの対処方法
  • 職場で積極的に挨拶する
  • 信頼できる上司や産業医に相談する
  • 部署異動を願い出る
  • 退職して職場を変える
  • 職場で孤立することを敢えて選ぶ

職場で孤立した状況を劇的に改善するのは難しいです。しかし対処していくために、まずは自分の行動を変える必要があります。

職場で積極的に挨拶する

孤立した環境を改善していくには、自ら積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

もちろん今までよそよそしい関係になっている同僚たちといきなり会話をはじめるのは難しいかもしれません。しかし挨拶ならば一言で完結しますし、誰にでもできるはずです。

挨拶は「コミュニケーションの基本」ですし、社会人としてのマナーです。元気よく笑顔で、積極的に挨拶するように心がけましょう。挨拶をされて不快に感じる人はそういないはずです。挨拶から人間関係を築いていきましょう。

信頼できる上司や産業医に相談する

孤立だけでなく他にも職場の人間関係に問題がある場合、一人の力で環境を改善していくことは困難です。そのようなときは信頼できる上司や産業医に相談してみましょう。上司に相談すれば、職場に働きかけて的確な措置を取ってくれるはずです。

もし上司が信頼できないときや職場の人間関係が原因で体調に異変が出ている場合は、産業医に相談することをおすすめします。産業医心身の不調に対処する方法を教えてくれるだけでなく、必要があれば上司や人事部と連携して職場環境の改善にも働きかけてくれます。

部署異動を願い出る

職場の環境改善が難しいときは、部署異動を願い出ることも対処法の一つです。

大きな会社ほど部署によって雰囲気が違います。別部署に異動できれば、自分の居場所を作ることができるかもしれません。

退職して職場を変える

さまざまな対策をしてみても改善が見込めない場合、退職してしまうのが一番即効性のある対処方法といえるでしょう。仮に部署異動できたとしても同じ会社の中なので、孤立の問題を根本から解決できるとは限りません。

退職すれば人間関係をリセットできて、スッキリと新たな道へ進むことができます。ただし退職するならば、「なぜ孤立したのか」原因を明らかにして転職先で同じことを繰り返さないように注意しましょう。

職場で孤立することを敢えて選ぶ

職場での孤立で業務に支障が出ていないのなら、敢えて孤立して仕事に集中するのもいいかもしれません。実は職場の人間関係で一番面倒くさいのは「嫌われないように気を使うこと」です。

「会社には仕事をしに来ている」と割り切って考えれば、「好かれるようとする努力」から解放されて楽に同僚と接することができるかもしれません。

また職場の飲み会などに積極的に参加しなくても気にされます。そのため無駄な付き合いに予定を左右されずに、プライベートの時間を有効に使うことができるでしょう。

職場で孤立することにはメリットもある

職場で孤立することにはメリットもある

職場で孤立すると、一般的にはデメリットが多いように感じてしまうかもしれませんが、捉え方次第ではメリットと感じられることもあります。

メリット①仕事に集中できる

職場で孤立した時のメリットとして、仕事に集中できることが挙げられます。孤立=周囲とのコミュニケーションを断っている状態であるため、集中して自分の仕事を進められるでしょう。

仕事に集中すると生産性が上がり、大きな成果につながる可能性があります。業績次第では周りからの評価が上がるため、孤独感がなくなる場合も考えられます。

メリット②社内の行事やイベントに参加する必要がない

職場で孤立すると、社内で行われる行事やイベントに参加しなくて済みます。孤立をポジティブに受け入れると、飲み会やイベントに無理に参加せずに済むため、自分の時間が確保できます。

自分の時間ができると、プライベートが充実するため社外の友人との関係性を築きやすくなるでしょう。

メリット③「仕事は仕事」と割り切ればむしろ楽

職場で孤立した時に「仕事は仕事」と割り切ることで自分の気持ちが楽になります。一定の距離感を保った人間関係であれば、自分の考え通りに日常を過ごせるためストレスが少なくなるでしょう

また、人間関係のトラブルにも巻き込まれることが少なくなるため、精神的にも落ち着いて仕事ができます。

とはいえツラい・・・職場で孤立するデメリット

とはいえツラい・・・職場で孤立するデメリット

メリットもあるとはいえ、一日の長い時間を職場で過ごす以上、デメリットを感じることも多いのではないでしょうか。
ここでは職場で孤立するデメリットについてご紹介します。

デメリット①業務が円滑に進まないこともある

仕事を進める上では、コミュニケーションを積極的に取ることが良しとされています。しかし会社で孤立してしまうと、業務で必要なコミュニケーションを取りづらく、仕事に悪影響が出る場合があります

たとえば、些細なことで相談したいと思っても、会話で躊躇したり伝え方で迷ったりすると業務に支障が出ます。さらに業務が遅くなれば周囲の評価も悪くなり、さらに孤立することも考えられます。

デメリット②寂しさには打ち勝てない瞬間がある

孤独を受け入れたと思っても、同僚が楽しく話していたり、上司とスムーズに仕事を行ったりしている風景を見ると、寂しさを感じる人もいるのではないでしょうか。

一人で黙々と作業ができる人であったとしても、あまりに人とコミュニケーションを取らないと、寂しさを感じて、ネガティブ思考に陥ってしまう可能性があります

職場で孤立したら原因を考えることも大切

職場で孤立したら原因を考えることも大切

もし職場で孤立している場合、自分の発言や行動、コミニュケーションなどに問題はないかと原因を考えることも大切です。

仕事でのミスが原因なら、上手くいく方法を考えます。同僚や上司と話す機会が少ない場合は、日々少しずつ増やしていきましょう。改善すると少しずつ信頼され、孤立しているという感情が弱まっていくでしょう。

職場で孤立してしまう5つの原因

職場で孤立してしまう5つの原因

職場で孤立するのにはなにかしら原因があるはずです。

職場で孤立してしまう原因
  • 新入社員で職場に馴染めない
  • スキルや性格に嫉妬される
  • 遅刻が日常茶飯事
  • 仕事ができないと思われている
  • 自分から会話をしようとしない

ここでは自分自身に原因がある場合を5つご紹介します。当てはまるものがないかチェックしてみましょう。退職を決めている場合でも、次の職場で同じことが起こらないように知っておきましょう。

原因1:新入社員で職場に馴染めない

入社したばかりの頃は、職場の環境に馴染めずに孤立することも多いです。たいていの場合は半年、1年と時間が経てば自然と雰囲気に慣れていきます。

入社して1ヵ月も経たないうちから「職場に馴染めない」と悩むのは早すぎです。職場の習慣や先輩の性格などを知り、馴染める努力をまずはしてみましょう。

原因2:スキルや性格に嫉妬される

孤立する原因は「欠点」ばかりとは限りません。

  • 上司や先輩よりも仕事のスキルが高い
  • 上司に可愛がられている
  • 仕事のミスがない
  • 後輩に人望がある

このような長所でさえも嫉妬されて、孤立の原因になっている可能性もあります。このようなスキルや人間力に長けた人は、本来ならばどこの会社でも重宝されるはずです。しかし嫉妬によって孤立させられてしまうと、仕事を邪魔されたり重要なプロジェクトからはずされたりといったいじめにも発展しかねません。

このような状況なら今の会社に固執せずに転職したほうが、人間関係だけでなくキャリアの面でもいい結果が得られる可能性が高いでしょう。

原因3:遅刻が日常茶飯事

「遅刻をしない」や「身だしなみ」、「正しい敬語」など、ビジネスマナーはちゃんと守れているでしょうか?ビジネスマナーを守ることは、社会人として当たり前のことです。

逆を言えば、ビジネスマナーを守れない人を同じ職場の人が敬遠するのは当然といえます。規則正しい生活に努め、会社での態度を改めるようにしましょう。職場の人があなたの社会人らしい姿を認めてくれれば、自然と孤立から脱出できるはずです。

原因4:仕事ができないと思われている

周りの目が気になりすぎて、集中できていないと仕事もうまくいきません。職場の人も多少の失敗やミスは許してくれます。しかしあまりに頻発するようだと徐々に離れていき、簡単な仕事しか任せられなかったり、一緒に仕事をしてくれなくなったりするでしょう。

周囲からどう思われているかを気にするよりも、仕事に集中して同じミスを繰り返さないように対策を取りましょう。

  • メモを取る
  • デスク周りを整理整頓する
  • 仕事の優先順位を決める
  • 確認を徹底する
  • わからないことは自己判断せず相談する

仕事への姿勢を変えれば、周囲の人のあなたを見る目も変わってきます。

原因5:自分から会話をしようとしない

コミュニケーションが苦手で自分から会話をせず、孤立してしまうこともあります。コミュニケーションが下手な人は「うまく話す」ことばかりに気を取られ、緊張して何を話せばいいのかわからなくなっていることが多いようです。

まずは自分から挨拶や感謝の気持ちを伝えることから始めてみましょう。会話の第一歩は「うまく話す」ことではなく「伝える」ことです。挨拶や感謝の言葉なら会話も短いですし、気持ちも伝えやすいはずです。

素直な気持ちを伝えていれば周囲の人もあなたのことを、「話嫌いの人」から「シャイな人」として見てくれるようになるかもしれません。

職場で孤立して会社を辞めるべきかの判断基準

職場で孤立して会社を辞めるべきかの判断基準
職場での孤立が退職したいほどツライとき、本当に退職すべき判断基準は2つあります。

会社を辞めるべきかの判断基準
  • 職場での孤立が業務に支障をきたしている
  • 職場での孤立で心身に影響が出ている

会社は今働いている会社一つではありませんし、今どき転職も珍しいことではありません。もしどちらかでもあてはまっているときは、迷わず退職することをおすすめします。

職場での孤立が業務に支障をきたしている

職場で孤立が業務に支障をきたしている場合は、退職すべきです。

例えば上司に業務内容の相談をしても適当な対応をされ、その結果失敗すると怒られるような状況であれば、すぐに退職しましょう。どんなに一生懸命頑張っても仕事の成果が出せず、損する一方です。

また故意にプロジェクトから外されたり、業務上の情報を共有してもらえなかったりといった場合も同様です。

どうしてもその職場にいたいというならば、労働局に相談するという方法もあります。しかし労働局が動いてくれたとしても、時間がかかるうえに会社に対して「問題点を指摘し、解決の方向を示唆する」に留まるので、根本的な解決になるとは限りません。

そのようなことに時間を浪費するくらいなら、退職して条件のいい会社で働くほうがよりよいキャリアを築けるはずです。

職場での孤立で心身に影響が出ている

職場での孤立によって、ストレスを強く感じている場合も退職したほうがいいでしょう。特に心身に影響が出ている場合は、精神疾患の可能性もあり大変危険です。

職場の孤立が引き起こす心身への影響
  • 職場で頭痛、倦怠感、吐き気などが慢性的に起こる
  • 不眠・食欲不振が続いている
  • 常に不安感が続いている
  • 朝夜になると急に泣けてくる
  • 集中力が続かない
  • 職場で常に緊張していて、ミスを連発する
  • やる気が起きない
  • 何をしていても楽しくない

このような場合は退職して、心身の休養に努めましょう。我慢して働き続けて心や体を完全に壊してから退職すると、回復に時間がかかり社会復帰が困難になる可能性があります。

休養するだけなら、休職して職場から離れてみるという手段もありますが。しかし休職したからといって、職場の環境が変わるわけではありません。またもとの職場で働くことになるので、根本的な解決とはいえないでしょう。

職場で孤立して限界な時は退職代行を利用しよう

職場で孤立して限界な時は退職代行を利用しよう

退職希望のAさんAさん

毎日孤立するのが怖い。もう会社に行きたくない

退職希望のBさんBさん

退職したいけど、認めてもらえなかったらどうしよう

職場で孤立していると、退職の意思を伝えることも難しい人も多いはずです。そのようなときは退職代行を利用しましょう。退職代行は「依頼人に変わって退職の意思を伝えるサービス」です。

退職代行の利用には以下のようなメリットがあります。

退職代行のメリット
  1. 上司に会わずに退職できる
  2. 即日退職にも対応している
  3. 退職作業を全て丸投げできる
  4. 有給消化や退職金の交渉をしてくれる
  5. 即日退職が可能

退職代行は退職の意思を伝えるだけでなく、自分では言いづらい有給消化や退職金の交渉も行ってくれるため希望通りの退職をすることができます。

また退職作業を丸投げできるので、退職完了まで会社や上司と直接連絡を取る必要がありません。さらに依頼したその日から会社に行かなくてもいいように交渉してくれるので、即日退職可能です。

ただし退職代行には会社との交渉ができない「非弁業者」が存在するので、注意が必要です。確実に退職したいなら、「労働組合」か「弁護士」が運営元の業者を選ぶようにしましょう。

退職代行を利用するメリット

退職代行サービスを利用するメリットは、上司とも顔を合わせず、面倒なやり取りをせずに退職手続きが可能なことです。その結果、退職を伝える心理的なハードルが低くなります。

会社を辞めたいと思っていても、退職を上司に言い出すのが苦手という人にとっては、第三者に介入してもらうことで心理的なストレスは軽くなります

ブラック企業では、上司のパワハラや同僚との人間関係などの要因で離職する人も多く、 そんな人には退職代行サービスを利用するメリットが大きいでしょう。

退職代行を利用して孤立した職場を辞めるまでの流れ

ここからは退職代行を利用して退職するまでの流れをご説明します。退職代行を利用するためにやることは、簡単に「相談・依頼」「料金の支払い」「情報共有」のたった3つです。

STEP.1
相談・依頼をする
電話やメール、LINEで相談しましょう。ほとんどの退職代行業者は基本的に「相談料無料」「24時間365日」対応しています。

相談方法でおすすめなのはLINEです。LINEなら素早く連絡が取れ、会話の履歴が文章で残るので相談内容の確認もできます。

STEP.2
料金の支払い
退職代行サービスはほとんどの業者が料金前払い制です。
クレジットカード払いと銀行振込がもっとも一般的で近頃は電子マネー決済に対応している業者もあります。少しでも早く退職したいという場合は、クレジットカード払いがおすすめです。銀行振込は曜日や時間帯によって、振込日が「翌営業日扱い」になるので注意しましょう。
STEP.3
情報を共有する
業者が入金確認できたら、必要な情報を共有します。「どんな情報を?」と思うかもしれませんが、大まかにはあなたと会社の個人情報です。業者があらかじめテンプレートを用意してくれているので悩む必要はありません。

共有する情報
  • 依頼者の個人情報(氏名、生年月日、電話番号、雇用形態、勤続年数など)
  • 会社の情報(会社名、電話番号など)
  • 会社に連絡してほしい日時、連絡の宛先
  • 希望の退職時期
  • 必要があれば未払賃金、退職金、有休消化など交渉してほしいこと
STEP.4
退職代行業者からの連絡を待つ
退職代行の担当者が依頼者の会社へ連絡して退職作業に入ります。ここから退職完了報告の連絡がくるまでは業者任せで、基本的に依頼人がすることは何もありません。

業者から報告の連絡がきたら、必要な書類の手続きや貸与物の返却を行い、全ての退職手続きが終わります。

ちなみに、退職代行業者の中には退職後の転職サポートを無料で行っている業者もあります。あなたの退職した状況をよく理解したうえで相談にのってくれますので、ぜひ利用してみてください。

職場で孤立してツライ!孤立してしまう原因と4つの対処法を徹底解説まとめ

職場で孤立してツライ!孤立してしまう原因と4つの対処法を徹底解説まとめ
職場で孤立するのには様々な原因があります。孤立を感じたらまずは何が原因なのか突き止めるようにしましょう。一部は自分の行動を変えれば脱出可能なこともありますが、たいていの場合自分で改善することは難しいようです。

職場での孤立が業務に支障が出ていたり心身に影響を及ぼしていたりするときは、迷わず退職する道を選びましょう。ツライ状況から解放されれば視野が開け、今よりいい条件の会社に勤めることができるかもしれません。

Let's share this post!
\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる