仕事辞めたら人生楽しすぎ?会社を辞めた人の体験談と退職方法をご紹介

仕事辞めたら人生楽しすぎ!?会社を辞めた人の体験談と退職方法をご紹介

「仕事を辞めたいけど本当に正解かな?」と悩んでいる人はいませんか。
仕事を辞めると収入源がなくなります。不安を抱くのは当然です。

しかし不安だからといって今の仕事を続けるのが正解でしょうか。仕事を辞めたいと思ったのには理由があります。理由が改善されなければ長期間にわたり悩み続け、体に支障をきたすことでしょう。

悩まれている人は、仕事を辞めたら人生楽しすぎ」の体験談を参考にするべきです。

今回は、「仕事辞めたら人生楽しすぎ!?会社を辞めた人の体験談と退職方法」をご紹介します。背中を押してほしい人は参考にしてください。

仕事辞めたら人生楽しすぎ?まとめ
目次

仕事を辞めても人生は終わらない!

仕事を辞めても人生は終わらない!

仕事を辞めても人生が終わるわけではありません。転職をする人は年々増えています。

終身雇用の崩壊はずいぶん前から始まりました。
より良い条件を求めて新しい一歩を踏み出す人が増えています。

仕事を辞められない理由はなんでしょうか?

よくある仕事を辞められない理由
  • 親が終身雇用で働いたので同じことを求めてくる(仕事を変えるのは負けとまで言われる)
  • 今辞めると同僚の仕事が大変になる
  • 上司が辞めることを許さない

上記はよくある仕事を辞められない理由です。よく見てください。誰のために働いているのでしょうか。
よくある辞められない理由は、自分の意思でないことがほとんどです。

自分の意思でない仕事を続ける方が、社畜として生き続け人生の終わりを迎えます。

仕事を辞めても人生は終わりません。逆に仕事を辞めたら人生が楽しくなる人も多くいます。
仕事を辞めたら人生が楽しすぎる人の理由を確認することで、辞めないリスクの高さを知るべきです。

仕事を辞めたら人生が楽しすぎる理由をご紹介

仕事を辞めたら人生が楽しすぎる理由をご紹介

あなたの人生は誰のものでしょうか。人生は自分のためのものです。
「家族のため」と語る人もいますが、家族の笑顔を見ることで自分が楽しければ問題はありません。

家族に裏切られ自分が楽しくなければ離婚を選択します。つまり辞める選択です。

人生に不満はつきものです。しかし許容範囲を超えた不満にいつまでも付き合う必要はありません。
思い切って仕事を辞めたら人生が楽しすぎる毎日になる主な理由は次のとおりです。

仕事を辞めたら人生が楽しすぎる主な理由
  • 嫌いな人と無理に関わる必要がなくなる
  • 自分自身のやりたい事が出来る
  • ストレスから全て解放される
  • 好きな時間に起きてOK
  • 鬱っぽさがなくなった
  • 通勤のストレスがない
  • やりたくない作業をやる必要がない
  • 今までにない発想が生まれる
  • その時その時を楽しめる
  • 自分のスキルを今以上に活かせる

理由①嫌いな人と無理に関わる必要がなくなる

職場に嫌いな人はいませんか?仕事を辞めたら嫌いな人と会わずに済みます。
毎日悩まされている人と会わずに済むのですから、人生が楽しくなるのは当然です。

まずは職場で嫌われる人の特徴を確認しましょう。

職場で嫌われる人の特徴
  • 神経質
  • 上から目線
  • 悪口を言う
  • 人によって態度を変える

嫌われる人の特徴はまだまだありますが、総合的に言うと嫌われる人の特徴は「自己中心的な人」です。

しかも面倒な人は、自己中を押し付ける相手を選びます。自己中の人のターゲットにされた人は、
毎日が苦痛になることでしょう。嫌いな人になること間違いなしです。

職場で自己中心的な考えの人を変えるのは不可能だと思ってください。
異動が難しい職場なら、長い期間付き合わなければいけません。

辞めてしまえば関わる必要がなくなります。辞めた途端に、まるでつきものが落ちたかのように
人生が楽しくなることでしょう。

理由②自分自身のやりたい事が出来る

自分自身のやりたい事を我慢しながら仕事を続けている人はいませんか。
やりたい事が別にあるのに関係のない業界の仕事を続けるのは楽しくありません。

また、やりたい事は仕事の内容に限らないのもポイントです。

  • 自分の目指す仕事と別な業務をしている
  • 残業が多く休みがないことで、趣味やスポーツなどやりたいことができない
  • 家族との時間がつくれない

やりたい仕事が別にある人は、目指せる仕事に就くことで目標が生まれ人生が楽しくなります。
趣味や家族との時間を大切にしたい人は、残業ばかりの仕事に嫌気がさしてることでしょう。

自分自身の求めているものが今の仕事からは得られず、別にあるとハッキリ言える人が
仕事を辞めたら人生は楽しくなります。

理由③ストレスから全て解放される

仕事を辞めたらストレスから開放され、人生が楽しすぎる状態になることでしょう。
仕事にストレスはつきものです。仕事に関するストレスは、いろいろなところに潜んでいます。

  • 人間関係
  • クレーム処理
  • 通勤電車
  • 待遇の不満

ひとつふたつの不満ならばまだしも、多くの不満がある職場だと尋常でないほどのストレスをためます。
過度のストレスにより健康が害される人も少なくありません。

ストレスにより、休みの日は通院をしたあと家の中で過ごすといった人生が正しいでしょうか。

ストレスが新しいストレスを生みます。ストレスの元凶である仕事を辞めたときの開放感は、
目の前がぱっと明るくなるほど嬉しい瞬間です。

理由④好きな時間に起きてOK

仕事をしていると、朝起きて洗濯をしてご飯を作って…とやることが多く、
毎日早起きしている方が多いのではないでしょうか。

仕事を辞めることで、こういった早起きから解放され、十分な睡眠時間を確保できます。
飲み会の次の日も、寝坊を心配する必要がありません。

転職後も、フレックスタイム制度や時差通勤、在宅ワークを導入している企業を選ぶことで、
朝の時間にゆとりを持たせることができます。

朝はゆっくり起きたいという方は、仕事を辞めることで”人生楽しい!”と感じられるでしょう。

理由⑤鬱っぽさがなくなった

毎朝の通勤や仕事での人間関係、残業やトラブル対応など、仕事のストレスは日々積み重なるばかり。
ストレス発散を心がけても、うまく発散できないことが多いですよね。

過度なストレスが長期化することで、マイナス思考となり、鬱のような状態になる方も多くいます。
一度仕事を辞めることで、こうしたストレスから解放され、前向きな気分にすることができます。

過度なストレスで精神的に病んでしまっている状態では、周りが見えず「もう人生終わりかもしれない…」
と考える人もいると思います。

しかし、今の会社は何百、何千とある会社の1社なだけであることを忘れずに。
無理をせず、一度仕事を辞めて心を回復させるのも、大切なケアであると考えましょう。

理由⑥通勤のストレスがない

誰もが当たり前のように毎日行っている通勤ですが、往復で換算すると数時間かかっている場合も珍しくなく、年間では多くの時間を費やしています。

電車やバスでは満員でとても狭い中で汗をかきながらの出勤となり、遅延などが発生した場合はすぐに帰れないことも珍しくありません。

車通勤であっても通勤の時間帯は非常に混みやすく快適な一方で、早めに家を出ないと行けないデメリットがあります。

実際に仕事の中でも、通勤にストレスを感じている人は少なくありません。

仕事を辞めることでこのような通勤のストレスからは開放され、有意義に時間を過ごすことができるようになります。

通勤で往復2時間や3時間もかけている場合、月に換算すると20日の出勤で約40時間も時間が作れるようになり、別のことに時間をさくことができます。

理由⑦やりたくない作業をやる必要がない

会社員として働いていると、自分がやりたいと思ったこと以外の仕事もこなす必要があります。

デスクワークやその他の作業だけでなく、付き合いで無駄な飲み会に誘われたり休日に接待などで自由に過ごせないこともあります。

営業職では結果が求められ、会社によっては毎月のノルマが厳しく、嫌でもお客様から契約を取ってこないといけなかったりします。

工場などでは、はじめのうちは新鮮でやる気をもって取り組むことができますが、慣れてくると永遠とライン作業が繰り返されとても退屈です。

退職することで、本当に自分がやりたいことだけしかやる必要がなくなり、時間帯なども縛りがないためストレスなく取り組むことができます。

理由⑧今までにない発想が生まれる

最近では副業をOKにしている企業が増えてきており、新しい働き方が増えつつあります。

会社で働きながらなにかに取り組みビジネスに活かそうとしている人は多くいますが、どうしてもそれだけに集中できるわけではないので、余裕がないまま取り組むしかありません。

仕事を辞めることで、本当に自分がやりたかったビジネスに取り組めるようになり、ストレスなどもないため今までにないような発想が生まれやすくなります。

もちろん個人差はありますが、大きなストレスが無くなることで今までのと変わらない生活にも明らかな変化を実感できるでしょう。

理由⑨その時その時を楽しめる

会社員として働いていると、ミスをしたりして怒られたり嫌な仕事をこなさないといけないこともあります。

このようなことが事前にわかっていると、朝から憂鬱でそのことばかり考えてしまい、仕事以外の時間も無駄にしてしまいがちです。

仕事が好きでプライベートの時間まで考えてしまっているなどといった場合は良いのですが、嫌なのにお金が発生していない時間帯に悩んだりするのはとても勿体ないと言えます。

仕事を辞めることでこのような悩みに振り回されることはなくなり、ふとした朝の瞬間など今まで気づけなかったことが増えて、その時その時を楽しめるようになります。

理由⑩自分のスキルを今以上に活かせる

会社で働いていると、自分がやりたい仕事とは別のこともこなす必要があります。

また、異動により全く理想の仕事内容ではなくなったり、昇格することで人を管理するのが仕事になったりして人間関係で悩んだりもします。

今の会社にこだわらず、退社して新しい会社を探すことで、今まで自分が培ってきたスキルや資格を今まで以上に活かすことが可能であり、新しい経験を積むことで更にスキルアップにつなげることも可能です。

「どうせこんなもんでしょ・・・」と諦めず、自分がやりたいことがあるのであれば積極的に行動するようにしましょう。

最短即日で会社を辞められます!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

仕事の悩みを抱えたまま過ごすのはもったいない

仕事の悩みを抱えたまま過ごすのはもったいないのイメージ

会社員として働いていると、自分の仕事に直接関係するような悩みの他にも、企業全体の経営方針など多くの悩みや不満がでてきます。

この時に「今は仕方がないから」とそのままにし続けてしまうと「学習性無力感」になってしまう恐れがあります。

学習性無力感とは、なにか課題や問題が出てきたとしても「どうせ自分には解決できないし、仕方ないから頑張っても意味がない」と思ってしまう状態を言います。

そのままにしていると、どんどん悩みや課題が山積みとなり、悪循環となってしまう恐れがあります。
自分では解決できないしどうしようもないのであれば、切り替えて転職したり独立を検討してみましょう。

どうしても辞めれないという場合に関しても、放置するのではなく積極的に向き合うようにしましょう。

人生が楽しすぎ!仕事を辞めたらやりたいこと

人生が楽しすぎ!仕事を辞めたらやりたいこと

「仕事を辞める」ことをネガティブなことだと考える方も多いと思います。

しかし、仕事を辞めることで得られるメリットは、思っている以上に多いです。
漠然と「仕事を辞めたい」「辞めるのは逃げだ」と思っている方は、一度退職後にやりたいことを考えてみましょう

ここでは、仕事を辞めたらやれることを3つ説明していきます。
自分ならどんなことをしたいかを考えてみてください。

海外へ旅行

仕事をしていると、どうしても長期休暇は取りにくいですよね。
お盆や年末年始など、まとまった休みがあっても、飛行機や旅館などがハイシーズン料金で手が出ないことも。

海外旅行となると、場所によっては週単位で旅行期間を確保する必要があります。
仕事を辞めることで、海外旅行の期間も自由に設定することができ、ハイシーズンをさけて旅行を計画できます。

移動にかなり時間がかかる場所も、気軽に計画することができます。

1日何もせずにダラダラと過ごす

仕事を辞めた後、まず何もしたくないという方が多いのではないでしょうか。
早起きやタスクから解放され、ダラダラと気の向くまま過ごせるのは、仕事を辞めた後の醍醐味といえます。

起床時間や家事の時間、趣味の時間全てを、自分の気分で決めることができます。
毎日自炊をする方であれば、テイクアウトや出前を利用して、贅沢に過ごすのも良いですね。

やりたいことリストを作ってみる

漠然と仕事を辞めたいと思っている方は、「やりたいことリスト」を作成してみましょう。

在職中ではできないこと、なかなか時間を確保できないことなどをできるだけ多く挙げます。
「仕事を辞める」ことをネガティブに考えている方は、仕事を辞めるメリットが大きいことに驚くこと間違いなしです。

自分は退職すべきか迷っている方は、やりたいことリストを整理し、自分自身について見つめ直しましょう。

【後悔しないために】仕事を辞める前にやっておくべきこと

【後悔しないために】仕事を辞める前にやっておくべきこと

悩んだり苦しんでいる会社を退社するメリットについて解説してきました。

「どうせ自分なんかは・・・」と悩んでいた方も、今後の人生を想像してやる気がでてきているのではないでしょうか?

ですが、何も考えずに今の会社を辞めればいいというわけではありません。

今から紹介する3つのことを事前に満たしておくことで充実した生活を送りやすくなり、退社による失敗を防ぎやすくなります。

  • 本当に辞めるべきかを周りに相談してみる
  • 辞めた後の生活費を貯めておく
  • すぐに働きたい場合は転職エージェントなどに登録しておく

各項目について詳しく解説していきます。

本当に辞めるべきかを周りに相談してみる

仕事で悩んだりしたことを自分一人で考えていると、どうしても考えが偏りがちになり正しい正解を見つけにくくなってしまいます。

客観的に自分の考えを判断するためにも、一人だけでは判断せずに自分の信頼できる人にまずは相談してみるようにしましょう。

ここで注意すべきなのが、要点だけを話すのではなく全て細かい部分まで話すということです。
そうすることでより正確なアドバイスをもらいやすくなります。

また、可能であれば自分の現状を実際に見ている上司や先輩とは別に、自分が今後目指す先にいる人にも相談してみることで今後についてのビジョンも明確にできます。

辞めた後の生活費を貯めておく

仕事を辞めて次の会社にすぐ転職するのであれば問題ないのですが、独立したり新しいことに挑戦する場合は、数ヶ月収入がなくなっても良いように蓄えを持っておくようにしましょう。

生活に余裕がないとなかなかやりたいことに集中できず、後戻りになってしまう可能性があります。
蓄えが無いけどとにかく早く辞めたいといった場合には、実家に済ませてもらうなどの工夫をしましょう。

退職後は複数の手当なども受け取ることが可能であり、自己都合で退職した場合であれば失業保険が約3ヶ月後くらいからもらうことができます。

すぐに働きたい場合は転職エージェントなどに登録しておく

次の会社で自分のスキルを活かしたいと考えている場合、なるべく退社前から転職活動は進めておくようにしましょう。

職種や今現在のキャリアなどにもよるのですが、辞めてから転職活動をはじめると新しい会社が見つかるまでに時間がかかる恐れがあります。

しっかりと貯金をしていて、まずはゆっくり休憩してから動き出すなどと計画している人はいいのですが、貯蓄に余裕がないと焦りがでてしまい理想の会社に再就職できない恐れがあります。

最近では転職エージェントなどが多くあるので、自分の希望する業界に特化したエージェントなどを探して登録しておくといいでしょう。

中には自分の経歴を登録することで、スカウトを受け取ることができる機能もあります。

仕事を辞めたいのに辞められない時の対処方法

仕事を辞めたいのに辞められない時の対処方法

退職希望のAさんAさん

仕事を辞めたら人生楽しすぎと言うけど、簡単に辞められたら苦労をしない
おっしゃるとおりです。ただ、辞められない仕事はありません。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

労働基準法でも労働者が仕事を辞める権利が定められています。
辞められないのには、自分にも理由があるはずです。その理由を次の方法で解決しましょう。

辞められない時の対処方法
  • 副業を始めて辞めても生活できる状態にする
  • 仕事を続けたときの末路を考える
  • 退職代行を利用して会社を辞める

辞められない主な理由は「収入の不安」「辞める勇気がない」「会社が辞めさせてくれない」のいずれかです。

①副業を始めて辞めても生活できる状態にする

収入に関する不安を解消しておきましょう。副業を始めておくことで、
仕事を辞めたあとの収入をある程度確保します。

働き方改革から最近は副業の場も増えてきました。始めようと思えば、案外簡単に始められます。

おすすめの副業
  • デリバリー
  • クラウドソーシング
  • スキルマーケット

「uber eats」で大きな収入を得ている人が増えています。
在宅ワークならばクラウドソーシングやスキルマーケットがおすすめです。

スキルマーケットは、CMでよく見かける「ココナラ」を利用します。
自分の得意分野を売ることで、収入を得る副業です。

慣れてくれば、月に10万円以上の収入を確保できます。他に収入があれば辞められると思う人は、
副業を始めておきましょう。

②仕事を続けたときの末路を考える

今の仕事を続けたら自分の人生がどうなるかを深く考えてみましょう。
仕事の状況によって異なりますが、末路はだいたい同じです。

向いていない仕事を続けた人の末路
  • 心の病気を発症して、仕事ができない体になる
  • 胃腸が弱り、食べられない状態が続くことで仕事ができない体になる
  • 人生の最後に「良い人生だった」と思えない
  • 仕事でのストレスを別なところで発散し家庭が崩壊する

自分の許容範囲を超えた仕事を続けていると、確実に体を壊します。
心身ともに壊れたら、次の仕事どころではありません。

ストレス発散を弱いところにもとめ、家族に当たり散らす人になりたいですか?
無意識に当たり散らす人もいます。

会社は人生の面倒を見てくれません。自分の人生に責任を持てるのは自分だけです。

③退職代行を利用して会社を辞める

退職希望のBさんBさん

辞める準備が整っているのに会社が辞めさせてくれない
会社が辞めさせてくれない人は退職代行を利用しましょう

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

次に該当する人は退職代行の利用をおすすめします。

  • 上司が怖くて辞めたいと言えない
  • 辞めたいと伝えたが許可をもらえない
  • 同僚に会うと申し訳ないと思い、辞めたいと言い出せない

退職代行は、勤め先へあなたの代わりに「辞めたい」と伝えてくれるサービスです。
実績のある退職代行に依頼すれば100%辞められます。

依頼をすれば、会社に行く必要はありません。
会社に行かず辞められるのですから、上記の状態にならずに済みます。

状況が整っているのに辞められない人は、退職代行の利用で楽しすぎる人生を手にしましょう。

最短即日で会社を辞められます!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

仕事を辞めるべきか迷っている時の解決方法

仕事を辞めるべきか迷っている時の解決方法

仕事を辞めたいという気持ちはあるものの、本当に辞めるべきなのか迷っている方も多くいます。
そのような場合は下記のような方法で判断することができます。

  • 上司が自分の将来の姿だと思って考えてみる
  • 今の会社で働き続けるリスクと転職のリスクを比較してみる

 

この2つの解消方法について解説していきます。

上司が自分の将来の姿だと思って考えてみる

今の自分状態で会社を辞めるべきなのか、我慢して続けてキャリアを積むべきなのか迷っている場合は同じ会社で働いている上司を将来の姿として参考にするのも一つの方法です。

辞めずに働き出世した結果、今の上司のような働き方、生活水準を客観的にみて満足できるのかを考えてみましょう。

将来のことは誰にもわからないのですが、同じ会社で長年働いている上司を参考にすることで、今の自分と比較して辞めるべきかを判断しやすくなります。

上司によって待遇なども違うので、複数の上司を参考にしているといいでしょう。

また、どうしても一緒に働くだけでは判断できないという場合は、信頼のできる上司に今の生活について聞いてみるのもひとつの方法です。

今の会社で働き続けるリスクと転職のリスクを比較してみる

どの業界や職種、企業で働いていても全くリスクがないことはありえません。

転職を考えているのであれば、今働いている会社のメリット・デメリットを書き出し、退職することでそれがどう変わるのかも書き出して比較してみるのも一つの方法です。

頭の中で考えているだけでは、整理にしにくく明確な判断が難しくなります。

なるべく紙に書き出して、同じような境遇の人の意見を参考にしたりして、比較してみるようにしましょう。

既に転職したい会社が決まっているのであれば、会社員が実際に書き込んでいる口コミなどを参考に転職後の待遇なども調べてみるとより明確な比較が可能です。

仕事辞めたら人生楽しすぎな人の体験談

仕事辞めたら人生楽しすぎな人の体験談

仕事辞めたら人生が楽しすぎる人の体験談を紹介します。
辞めたいのに一歩踏み出せない人は、体験談を見て勇気をもらいましょう。

今回紹介する仕事辞めたら人生楽しすぎな人の体験談は次のとおりです。

仕事辞めたら人生楽しすぎな人の体験談
  • 仕事辞めたら人生楽しすぎの40代男性
  • 仕事辞めたら人生変わった女性
  • 仕事辞めて正解だったわ!20代男性
  • 生命保険の営業を辞めた30代女性
  • 新卒で仕事を辞めた20代女性
  • ブラック企業を退職した30代男性

さまざまな状況の人が、仕事を辞めたあと人生を楽しくしています。
今辞めたいと思っている人は、1日でも早く辞めるべきです。体験談を紹介します。

仕事辞めたら人生楽しすぎの40代男性

傍から見ると「40代で仕事辞める?」と思われるかもしれませんが、
40代でも仕事を辞めたくなるときはあります。

仕事辞めたら人生楽しすぎの40代男性の体験談

15年間、順風満帆に仕事をしてきましたが、30代の後半からストレスを持つようになりました。理由は中途半端な立ち位置の中間管理職です。

上司と部下の間で悩み、仕事は増えるばかりで「任せるより自分がやった方がマシ」という考えが自分をぼろぼろにしたと、今ではわかります。

耐え切れなくなり40代にして仕事を辞めました。辞めたら妻から「笑顔が戻ったね」、娘からは「今のお父さんがいい」と言われ、涙が止まりませんでした。

今までの経験を活かし、現在はフリーでアプリ制作の仕事を主に受けています。
元の職場で培った人脈が、フリーへの転身でも役立ちました。家族との毎日が楽しく、人生の再スタートを満喫しています。

仕事辞めたら人生変わった女性

いまだに時代錯誤の考え方を持つ男性上司がいます。ニュースで偉い人の不適切発言がなくならない現状を見れば、職場の男性上司に古い人がいても不思議ではありません。

仕事辞めたら人生変わった女性の体験談

上司の嫌がらせに耐えられず、辞めることを決意しました。
パワハラとセクハラを受ける毎日、周りの人は見て見ぬふりをします。

友人に相談したら「訴えれば」と言われましたが、それよりもいち早く辞めたいと思い退職代行に依頼をしました。

親に泣きながら相談をしたとき「一度帰ってきてしばらくゆっくり休め」と言われたことがきっかけです。

今は、親の仕事を手伝いながら、ライティングで副収入を得ています。
気持ちに余裕ができ、体に見られたブツブツも消えました。

昔は実家から出たいとばかり思っていましたが、仕事を辞めたことで考え方が変わり、今では楽しい毎日です。

仕事辞めて正解だったわ!20代男性

年功序列の職場に就職した20代男性が、頑張りが評価されない仕事に対し辞めたいと考えるのも
不思議ではありません。

仕事辞めて正解だったわ!20代男性の体験談

2年勤めましたが、会社に対する不満は爆発寸前でした。難しい仕事をすべて丸投げしてくる上司、やっている仕事は書類を見て意見を言うだけ、毎日同じような仕事をして定時に帰っています。

上司から言われたのは「長く勤めれば給料は黙っていても上がるから」です。以前上司のボーナスを見た時、私の4倍だったことに落ち込みました。

正直、上司の年齢になるまで待っていられません。この会社が30年後に存在しているかも怪しいです。いろいろ考えた結果、辞めることを決意しました。

新しい職場では、頑張った分だけ給料がもらえます。仕事はきついですがチームワークが良く、みんなで切磋琢磨し、仕事終わりに楽しく食事をする会社です。

前の会社にいるときは不満しかありませんでした。今の会社にはワクワクと希望があります。辞めて本当に正解でした。

生命保険の営業を辞めた30代女性

生命保険のノルマは厳しいです。営業の世界では、会社の利益を優先させることもあります。
利益優先の考え方についていけない人も少なくありません。

生命保険の営業を辞めた30代女性の体験談

月末と月初めがゆううつでした。ノルマが達成しないことによる上司の詰め、月初めはまた0からスタートします。

しかも上司の指導は会社の利益主義です。一回保険を解約させてもう一度加入させるなどの無理難題を言われ、もう耐えきれないと思い辞めることにしました。

現在は事務の仕事をしていますが、昔のように月末と月初めを恐れるような生活をしていません。
辞めてからは、同僚との関係もよく毎日が楽しいです。
今思えばお客様の取り合いも、つらかった要因だったと感じています。

営業職は辞めて正解でした。営業に向かないと思う人はすぐにでも辞められることをおすすめします。

新卒で仕事を辞めた20代女性

新卒の人が、女性の上下関係で苦しむこともあります。今でも派閥のある職場はあるようです。

新卒で仕事を辞めた20代女性の体験談

仕事を初めて3カ月がたったころ、だんだんと職場の違和感に気がつきました。理由は女性の派閥問題です。

私が疎かったのかもしれません。先輩に「どっちに付くの」と聞かれたとき、何のことか理解ができませんでした。詳しく聞くと派閥の問題だったのです。

正直、どっちにつくもありません。恐ろしいと思い、4カ月で辞めることを決意しました。

すぐに辞めたら再就職は難しいかなと思っていたのですが、案外簡単に新しい職場が見つかり、仲の良い先輩に恵まれ楽しく仕事をしています。

あのとき我慢をせず本当に良かったと心から思っている今日この頃です。

ブラック企業を退職した30代男性

転職した先がブラック企業で悩む人もいるので注意をしましょう。しかしブラック企業に勤めた経験が、
次の転職に役立つケースもあります。

ブラック企業を退職した30代男性の体験談

テレビCMでもよく見かける大手の仲介業者に転職が決まり喜びましたが、勤めてみるとブラック企業でした。休みはなく、1日14時間は職場に居ます。

少数精鋭と称し、店舗には3人しか社員がいません。目標を達成しないとエリアマネージャーからごみのような扱いを受ける大手不動産会社です。

辞めるのも本当に大変でした。「お前はどこに行っても通用しない」など、書けないような罵詈雑言を浴び、仕方がないので退職代行に依頼をして辞めることに成功しました。

おそらく続けていたら体を壊していたと思います。転職先選びで失敗した経験を活かし、2度目の転職は成功しました。

ブラック企業では4時間しか睡眠がとれませんでしたが、今は人並みの生活がおくれています。だんだんと笑えるようにもなり、楽しい日常が戻ってきました。

退職代行を使えば仕事を即日辞める事も可能

退職代行を使えば仕事を即日辞める事も可能のイメージ

今の仕事に対する我慢の限界を超えており、今すぐにでも辞めたいと考えている場合は「退職代行」の利用がおすすめです。

「退職を伝えるのが面倒で行きたくないから」とバックレたり無断欠勤を考える人もいますが、懲戒解雇などにより退職後の人生に大きな悪影響を及ぼす恐れがあるので絶対に辞めましょう。

退職代行を利用すれば、最短で即日退社が可能です。

即日退社の条件に合っているか、企業側の合意をえる必要がありますが、仮に条件に合わないといった場合に関しても退職日まで有給休暇を消化したり、欠勤扱いにして出勤しないまま退職することができます。

自分の現状ではどのような辞め方になるのかわからないという場合は、退職代行サービスの無料相談で聞いてみると良いでしょう。

退職代行を使って仕事を辞めるまでの流れ

退職代行を使って仕事を辞めるまでの流れ

退職代行を使って仕事を辞める際の流れを解説します。

STEP.1
退職代行を選び相談をする

退職代行サービスを提供する会社は増えています。

実績があり、弁護士や労働組合が運営に関係している会社を選びましょう。

揉めることなく辞められる可能性が高まります。

STEP.2
内容に同意できたら契約後に支払いを済ます

相談により納得ができたら契約をして、勤めている会社や辞めたい日などの情報を共有します。

聞いておきたい内容をすべて聞き、納得をしてから契約をしてください。

利用料金を支払うと、対応がスタートします。

STEP.3
退職代行が対応をスタートするので経過報告を待つ

仕事の早い会社に依頼をすると、入金後数分で連絡がもらえます。

書類の提出などの指示を受け、対応すれば完了です。

STEP.4
アフターフォロー

退職書類が届かないなど、何か問題が生じたときは連絡をして、都度対応をしてもらいましょう。

朝に連絡をすれば、その日から出勤をしなくて済みます。
簡単に仕事を辞められる方法です。

退職代行を使って会社を辞める際の費用

退職代行を使って会社を辞める際の費用

退職代行の費用は、会社の運営によって異なります。

運営 費用相場 業務内容
一般企業 19,000円~28,000円程度 退職の伝達
労働組合 24,000円~30,000円程度 退職の交渉
弁護士 70,000円~100,000円程度 すべての交渉

一般企業が運営をする会社は退職の伝達のみです。交渉をする権利は有していません。交渉をすると非弁行為で罰せられます。

揉めそうな場合は、労働組合や弁護士のバックアップが付いている退職代行を選択しましょう。
オプションの会社が多く、追加でお金が請求されるケースもあるので、事前の確認が必要です。

最初から、労働組合や弁護士が運営をしている退職代行を選ぶとスムーズにことが運びます。ただ弁護士に依頼をすると高額です。
示談交渉が不要の場合は、労働組合が運営する会社に依頼されることをおすすめします。

仕事辞めたら元気になる?辞めるメリット

仕事辞めたら元気になる?辞めるメリット

仕事を辞めたら収入がなくなり、余計に大変になったりとリスクをメインに考える人がいますが、退職することで得られるメリットもあります。

仕事を辞めたら得られるメリット
  • 日々の苦痛から解放される
  • 時間ができて自分自身と向き合える
  • 転職先など違う環境で新たな生活が送れる

この3つのメリットについて説明していきます。

日々の苦痛から開放される

仕事をしていると毎日のように満員電車で通う必要があったり、人間関係で気を使ったり遅くまで残業が続いたりと人それぞれに不満があるのではないでしょうか。

このような苦痛は毎日続いていると、当たり前のことになってしまいがちですが、仕事を辞めることでそのような生活リズムをリセットすることができます。

どんな問題や苦痛からも逃げて良いというわけではありませんが、毎日我慢を繰り返し限界が近づいている場合などは体調を崩したりする前に辞めてしまうのも一つの方法です。

仕事を辞めて時間に余裕が生まれることで新しい価値観をもてたりして、以降の生活に活かすことができます。

時間ができて自分自身と向き合える

毎日仕事で忙しいと、次に繋がることや将来のことではなく、その場しのぎな考えになりやすくなります。

このような生活の癖ができてしまうと、人生のプランを立てられず時間を効率よく使いにくくなってしまいます。

仕事を辞めて時間に余裕が生まれることで、これまでの自分を客観的に見やすくなり今後どんなことをしたいのか、するべきなのかをしっかりと考えることができます。

中には働いていないことに不安や焦りを持つ方もいますが、正しい方向修正ができたのであれば数ヶ月の期間などすぐに取り戻すことが可能です。

とりあえず働いているものの「今のままではダメだ」と感じている人は思い切って退職してみるのも一つの方法です。

本当に辞めるべきかをまずは決めたいという場合は、上司にお願いして連休を取ってみたりして時間に余裕を持つのもいいでしょう。

転職先など違う環境で新たな生活が送れる

退職して違う環境へと変えることで新しい生活を送ることができるようになります。

もちろん、全くストレスのない会社や職種などはないのですが、新しい環境で挑戦することで今までにない発見や成長を実感することができます。

再スタートとなるため、はじめは辛い思いもしたりするかもしれませんが、辞めるべきと思っている会社で無気力に働くよりかは絶対に意味があると言えます。

本当に転職先が理想の会社であるのか不安だという方は、退社後にしっかりとリサーチを行うようにすることで転職失敗のリスクを抑えやすくなります。

仕事を辞めるデメリット

仕事を辞めるデメリット

仕事を辞めるメリットについて3つ紹介してきましたが、会社を辞めることは良いことばかりというわけではありません。

仕事を辞めるデメリット
  • 人間関係を再度構築し直す必要がある
  • スムーズに転職できるとは限らない

仕事を辞めることでリスクやデメリットもあります。

これらのデメリットはしっかりとリサーチをすることで可能性を抑えることが可能です。

人間関係を再構築し直す必要がある

今の仕事を辞めて新しい業界や会社に転職をすることで誰もが直面する問題が人間関係です。

知っている人が全くいない状態からスタートするので、仕事を覚えつつ先輩や上司と良好な関係を構築する必要があります。

全てがゼロからのスタートになることを面倒に感じることはわかりますが、逆に今までにいなかったような人との出会いがある可能性も十分にあります。

プレッシャーに感じるのではなく、新しい環境を楽しみポジティブに働いてみると負担を軽減できます。

どうしても人間関係の構築に不安があるという場合は、転職前に職場の口コミなどを調べ人間関係が良好であるかを調べてみると良いでしょう。

スムーズに転職できるとは限らない

働きながら次の転職先を考えていたりした場合は問題ないのですが、我慢の限界を感じていたりすでに体調を崩し急に辞めるとその後のプランを考え転職活動を進めていく必要があります。

前の会社で経験したような失敗をしないためにも、これまでの経験を元に会社を探していく必要があるのですが、すぐに自分の理想としている会社を見つけられるとは限りません。

どうしても理想の会社を見つけるのに時間がかかりそうな場合などは、焦って転職先を決めるのではなく、アルバイトをしたり実家に戻ったりしながら転職活動を行うのも一つの方法です。

理想の転職先がどんな会社なのか自分だけではわからないという場合は、転職エージェントなどを利用してアドバイスを受けてみるのもおすすめです。

円満に退職をするためのコツ

円満に退職をするためのコツ

退職したい!と決意を固めても、「揉めたらどうしよう」と不安な気持ちになることがあります。

円満な退職をするためには、4つのポイントがあります。このポイントをしっかりと抑えることで、
一般的な会社であれば円満に退職することができます。

ただし、ブラック企業の場合、執拗な引き止めや嫌がらせなども起こり得ます。

その場合は、1人で全てを抱え込むのではなく、
周囲に頼ったり退職代行サービスを利用したりして、解決しましょう

退職を考えていることは1ヶ月〜2週間前までには伝える

法律上、退職の申し出は14日前までであれば良いと定められています
しかし、企業毎の就業規則に退職の申し出について定められていることが多く、約1ヶ月〜2週間前であることが多いです。

1ヶ月前であれば、業務の引き継ぎや周囲への挨拶などを余裕を持って済ませられるでしょう。
ゆとりを持って申し出ることで、周囲に大きな負担をかけることなく円満退職することができます。

会社の繁忙期などは避けるのが無難

退職の申し出期間は、あくまで平常時の目安期間になります。
繁忙期は人手不足になることも多く、業務の引き継ぎもスムーズには行かないことが多いです。

そのため、退職日はできるだけ繁忙期を避けて設定しましょう
最後まで、会社に貢献する姿勢を見せることで、円満に退職することができます

会社に対してネガティブな感情があったとしても、揉めたくないのであれば繁忙期を避けるのが無難です。

退職理由を会社のせいにしない

会社の待遇などを退職理由として伝えた場合、企業は条件を良くすることを条件に
退職を諦めてもらおうと引き止めに入ります。

また、会社の人間関係や上司の態度などを理由とした場合、揉め事に発展する可能性があります
円満な退職を望むのであれば、退職理由はポジティブな理由にしましょう。

「今の経験を生かして、次にこういうことをやりたい」など、自分のキャリアやスキルを交えた前向きな
退職であることを前面に出しましょう

業務の引き継ぎはしっかり行う

辞めることが決まったからといって、業務を怠ってよいというわけではありません。
退職は、周囲の人にとっては負担が増えることです。

引き継ぎが不十分である場合、現場での混乱を招き、非難され揉め事に発展する可能性もあります。
引き継ぎをしっかりと行い、周囲の負担を減らすことで、円満な退職に繋がります

仕事が面倒になってもバックレや無断欠勤は絶対NG!

 仕事が面倒になってもバックレや無断欠勤は絶対NG!のイメージ

仕事が面倒になり、楽に辞めたいからと無断で欠勤したりバックレようとする人がいますが、絶対に辞めましょう。

無断欠勤やバックレは、職場の人たちや企業に大きな迷惑がかかり、場合によっては大きな損失が発生します。

内容によっては損害賠償を求められる可能性もあり、退職に関しても懲戒解雇になってしまう恐れがあります。

懲戒解雇になると、履歴書などに記載する必要があり仮に隠そうとしても離職票などによりバレてしまいます。

また、迷惑をかけたまま退職することとなるため、会社付近に住むことが気まずくなりいつか見るかるのではと不安なまま過ごすことになります。

どうしても自分だけで辞めれそうにない場合は、退職代行を利用するなどしてバックレはしないようにしましょう。

とりあえず退職してみるのもあり?

とりあえず退職してみるのもあり?

とりあえず退職しよう!というのは辞めましょう。というのも、離職期間は年齢を重ねれば重ねるほど、
転職時に不利になる
からです。

退職の目的や期間を設定し、計画的に退職をすることをおすすめします
また、退職後はお金や仕事について、焦りや不安を感じやすくなります。

そのため、退職前にお金や次の仕事について考え、退職後の期間をより充実したものにしましょう。

仕事を辞めて人生楽しすぎと思いたい!退職時に利用できる制度

仕事を辞めて人生楽しすぎと思いたい!退職時に利用できる制度

退職のメリットはわかったけれど、退職後は実際どういう暮らしになるのか…お金が足りるか不安…
という方も多いと思います。

実は、退職後に活用できる給付金制度や仕事探しの支援制度が存在するのです
一定条件を満たせば受けられる制度であるため、退職前に一度検討してみてください。

退職後に活用できる制度

  • 基本手当
  • 再就職手当
  • 求職者支援訓練

基本手当

基本手当とは、離職前の6ヶ月間の給与の総支給額を元に計算され、年齢や勤続年数、退職理由によって支給期間が決定します。

給付金額の目安は以下の通りです。

【平均給与】
(月額)
【支給額目安】
(月額)
【備考】
約15万円 約11万円
約20万円 約13.5万円 離職時の年齢が60歳以上65歳未満の方は月額13万円程度
約30万円 約16.5万円 離職時の年齢が60歳以上65歳未満の方は月額13.5万円程度

基本手当には受給条件があるため、退職前に一度管轄のハローワークで確認してみましょう。

再就職手当

基本手当の受給者で、支給期間終了前に再就職先が見つかった場合にもらえる手当です。

基本手当の3分の1を残した状態では支給残高の60%の額が、3分の2を残した状態では支給残高の70%の額が支払われます。基本手当受給終了を待ってから就職を考える方もいますが、できるだけ早く就職することで再就職手当の給付率は高くなり、再就職先での給与ももらうことができます。

収入の安定といった意味でも、早めの再就職を目指すと良いでしょう。

求職者支援訓練

求職者支援制度とは、再就職、転職、スキルアップを目指す方のための制度であり、月10万円の給付金を受けながら無料の職業訓練を受講する制度です。

退職後、受給条件に当てはまらず基本手当を受給できない方や、収入が一定額以下の在職者が対象です。給付金の支給要件を満たさない場合も、無料の職業訓練は受けられます。

次の仕事探しのために職業訓練を受けておきたいという方は、検討してみるのも良いですね。

仕事辞めたら人生楽しすぎ!まとめ

「仕事を辞めたら人生楽しすぎ!」と、語る人が多くいます。

「辞めたい、でも続けなきゃ」を毎日繰り返している人はいませんか。自分に自問自答する日数がもったいないです

「辞めたい」と思ったのには原因があります。原因が自分の力で排除できない内容ならば、体調を悪くする前に辞める決断をするべきです。

なかなか辞められない人は、退職代行の利用をおすすめします。

\全額返金保証付きで初めてでも安心!/
目次
閉じる