結婚して退職する花嫁に!寿退社を伝える時期や辞めるまでの流れを紹介!

今日は結婚と退職というテーマでお話をしていきます。

結婚は人生において非常に大きな影響を与えます。そういったことから今後の育児などを考えると専業主婦になるという選択を取る人も多いでしょう。

退職希望のAさんAさん

結婚をするから専業主婦になろうと思います。
どういう流れで辞めればいいんだろう?

退職希望のBさんBさん

そんなの適当でいいでしょ!

Bさんそれは違います。
寿退社はおめでたいことですが、きちんとした手順で辞めないと色々なトラブルに巻き込まれることもあります。
どうせ退職するならトラブルになりたくないですよね?そのためにもより望ましいとされている対応や時期を学んでおきましょう!

Aさんのように悩まれている方は私と一緒にこちらの記事を見て学んでいきましょうね。
これを見ればきっと寿退社の正しい手順が具体的に理解できますよ。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

目次

寿退社する場合は退職希望日の3か月前に伝える

正しい決断をするために結婚を機に退職しても大丈夫?判断基準をご紹介

退職希望のAさんAさん

寿退社は何時伝えるのがいいんだろう?

寿退社をすると決めた後、一番初めに何時伝えるべきかという問題が出てきます。

法律的に言えばどんなタイミングで言ってもいいですし、決まりなどもありません。
しかしながら円満に退職するためには事前に伝えておくことが大切です。

具体的には三ヶ月前に言うようにしましょう!

また、会社の繁忙期などはできるだけ避けて落ち着いた時期に退職するのが望ましいとされています。

一番最初は直属の上司に退職の意志を伝えましょう

退職希望のBさんBさん

確かに時期は大事だけど伝えれば誰でもいいでしょ

このように思う人もいるかも知れません。会社も組織で動いていますのでより正しい順序で相談をした方がトラブルなく辞めることが出来ます。

まずは直属の上司にまずは報告してみましょう。その際は事前に都合の良い日時を聞き、面談の場を用意して落ち着いた状況で伝えるようにしましょう。誠意を持って伝えることで上司が退社までの間準備を手伝っていただけることもあります。

会社に一人でも良いので退職について考えてくれる仲間を作るのも大事なことです。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

結婚を機に仕事を辞める女性の割合

意外と多い!?結婚を機に仕事を辞める女性の割合

退職希望のAさんAさん

寿退社なんて考えるのはおかしいのかなぁ?

もしかしたらAさんのように思ってしまう方がいるかも知れません。実際は非常に多くの方が結婚を機に退職されています。前提として結婚して退職することはそう珍しい事ではないのです。

では実際にはどれくらいの人が結婚を理由に辞められているのか確認してみましょう!

寿退社の割合

出典:厚生労働省

この図は厚生労働省が調べたものになります。これを見れば結婚を機に転職や離職をする方が約半分もいられることが分かります。また、非正規雇用の方でみると約60%が結婚を機に退職していることが伺えます。

結婚して会社を退職することのメリット

必ず押さえておきたい!結婚して会社を退職することのメリット

退職希望のBさんBさん

結婚して仕事を辞めるのっていいことあるの?

このように思われるかも知れません。代表的なものに仕事を辞めることによって時間が生まれるというものがあります。具体的にどいういうことがメリットとして考えられるのか以下にまとめてみました。

これから寿退社を考えている人は結婚して会社を辞めることで得られるメリットについてきちんと押さえておきましょう!

寿退社するメリット

  • 育児や家事だけに専念することが出来る
  • 自分の時間を作れるので休息が取りやすい
  • 夫との時間のズレが生じにくい
  • 在宅で副業を始めることも出来る
  • 仕事にストレスがあった場合、解放される

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

メリット①育児や家事だけに専念することが出来る

退職希望のAさんAさん

子供との時間が増えた気がする!

やはり1番のメリットはこれではないでしょうか?子供との時間や家事に専念することができるというものです。
今まで仕事帰りに無理して働いていたが仕事を辞めたことで余裕が出ててきたという方は多いです。

また、結婚を機に妊活や子供を考え始めて未来の子供の育児や家事などを考えて退職を決められる方も多いです。

メリット②自分の時間を作れるので休息が取りやすい

これも大きなメリットだと言えます。仕事に加えて家事や育児をされていると自分の時間はどこに行ったんだろう?となることも多いですよね?残業でくたくたに疲れた後に掃除して洗濯して……休息をとりたくても取れないなんてことも..

時には休息をとることは大切ですし、それを分かっていても仕事があると取れないことが多いですよね。
子供の育児などだけではなく自分のためにも寿退社を考える人は多いです。

メリット③夫との時間のズレが生じにくい

退職希望のAさんAさん

夫と仕事の都合上すれ違いが起きる…

仕事の時間などの関係で知らず知らずのうちに夫婦ですれ違いが起きているなんてことも多いです。単なるすれ違いですめばいいですが、それがきっかけで離婚に発展することも少なくありません。

寿退社で夫婦での時間が増えたことも関係が良好になったという方も多いです。

メリット④在宅で副業を始めることも出来る

退職希望のBさんBさん

でも仕事辞めたらダラダラしてしまいそう。

こういった意見もあるかと思います。しかしながら今は在宅でできる副業も多いです。例を挙げるならクラウドワークスなどで受け持つ単純作業やメルカリなどのフリマアプリ、動画編集などなど….

時間ができると思いますのでそう言ったものをこの際初めて見るというのもありです。
仕事を辞めることで時間が取れると思いますので在宅の仕事を初めてみるのもおすすめです!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

メリット仕事にストレスがあった場合、解放される

仕事にストレスを感じていた場合に解放されるメリットがあります。

職場の人間関係や労働環境など、何かしらのストレスを抱えている人も多いのではないでしょうか。例えば「労働時間が長く、体力的に辛い」「キャリアへの漠然としたストレス」などといった仕事に対するストレスがなくなり、健康に気を使えるようになります。

また、結婚は会社を辞めるにあたって十分な理由になるので、円満に仕事を辞めることができる可能性が高いです。

結婚して会社を退職することのデメリット

きちんと押さえよう!結婚して会社を退職することのデメリット

退職希望のAさんAさん

メリットは分かったけどじゃあデメリットは何?

Aさんのためにデメリットについてもまとめてみました。メリットだけでなくきちんとデメリットも押さえた上で物事は決めていきましょう。
メリットしか見ていなくて後悔したなんてことにならないよう以下を一緒に見ていきましょう!

寿退社するデメリット

  • 世帯収入が減る
  • ブランクが空くので社会復帰が難しくなる
  • 人や社会との関りが減る
  • 出産手当金や育休手当金がもらえない

デメリット①世帯収入が減る

退職希望のBさんBさん

やっぱり共働きじゃないときつい……

やはり一番はお金に関してのデメリットが大きいでしょうか?
最近は共働きを選択する夫婦も増えています。寿退社をすることでどの程度世帯収入に差があるのか?また、その収入でやっていけるのかについてはきちんと計算しておきましょう。

また、正社員の仕事を寿退社して扶養に入りながらパートで働くなんて方法もあります。いろいろな方法を検討してみましょう。

デメリット②ブランクが空くので社会復帰が難しくなる

退職希望のAさんAさん

キャリアに傷がつきそう..

女性の社会進出は増えてきています。そこでキャリアを真剣に計画を立てている女性も多いでしょう。そこで寿退社をするにあたってキャリアに空白期間を作りたくないという方も多いです。

とはいえ、子供ができたことなどを理由に結婚をした方には、育児との両立が厳しいなと思われる方も多いです。そう言った方は育児休暇を検討してみましょう!
育児休暇であればキャリアに空白期間は生まれませんし、育児の苦労が集中する間だけそちらに専念することができます。

デメリット③人や社会との関りが減る

最後は人間関係などについてです。仕事をしなくなると途端に社会や人間と関わることが少なくなる方もいると思います。
気にしない人は問題ありません。しかしながら人間や社会と関わることが減った結果ボケがはじまってしまったという方やコミュニケーションの方法を忘れてしまったなんていう人は多いです。
そうならないためにも日頃から仕事や会社以外のコミュニティーに参加しておくのは大事です。例えば趣味の集まりに参加することや地域の自治会に定期的に顔を出して知り合いを作っておくなど日頃から積極的にコミュニティーに参加してみるのもいいかも知れませんよ!

デメリット出産手当金や育休手当金がもらえない

仕事を辞めることで、出産手当金や育児金の給付対象から外れるというデメリットもあります。この制度は、育児と仕事の両立の支援を目的とした手当のため、仕事を辞めてしまうと貰うことはできません。

また、会社によっては出産祝いを支給されるケースもあり、働いていることで支給される手当は意外と多いです。

これを知らないと、ただ損をしてしまうだけになってしまうので、きちんと調べた上で、退職の有無を判断すると良いでしょう。

結婚による退職後の選択肢とそれぞれの魅力を紹介

結婚による退職後の選択肢には、どのようなものがあるでしょうか。

ここでは「専業主婦」「パートタイム」「派遣社員」「正社員」の4つに分けて、それぞれの魅力を解説していきます。

専業主婦

結婚後による退職でまず思いつくのは「専業主婦」ではないでしょうか。

家事や育児など家庭にかかわる全般を担うのが専業主婦です。自分のペースで物事を進めることができ、時間の融通が効くため、空いた時間には好きなことができる点が魅力です。

ただ、子どもがいると思い通り物事を進めるのは難しいですが、子どもの成長過程を見ることができるメリットはあります。

基本的には、一人で家事全般をする必要があるため、家事が好きな人や一人の作業が苦にならない人に向いています。

パートタイム

パートタイムとは、時給で働く労働者のことです。

正社員と比べて、勤務数や日数の調整がしやすく、仕事と家事の両立がしやすい点が魅力です。また、採用へのハードルも低く、仕事が決まりやすい点もメリットです。

ただ、働いた時間で収入が決まるため、月によっては収入にばらつきがでる可能性があり、安定した収入を得たい人にはあまり向きません。

育児や通院などしながら、ちょっとした収入を得たい人におすすめの働き方です。

派遣社員

派遣社員とは、派遣会社と雇用契約を結んで、派遣先に就職する働き方です。

福利厚生も充実していることが多く、条件を満たすことで社会保険や有給の取得も可能になります。また、残業無しや扶養控除内など条件を選ぶことができる点も魅力の1つでしょう。

派遣社員は働くことができる期間が3年と決まっており、同じ職場で長く働きたい人にはあまり向きません。ただ、仕事が合わなかった際は、契約を更新しなくて良いだけなので、辞めるときの心的不安は少なくて済みます。

正社員として転職

正社員として別の会社に転職する働き方もあります。

新しい環境に合わせて職場を選択でき、家事と仕事の両立が可能になる点が魅力です。

また、派遣社員やパートタイムと比べても、高い収入が確保でき、貯金が貯まりやすいというメリットがあります。

ただ、出産や育休のリスクを懸念して企業側から採用してもらえないことも少なからずあるため、注意が必要です。結婚後に正社員として働くことを考えているのであれば、事前準備をしっかりしておくようにしましょう。

結婚して会社を退職するまでの流れをご紹介

結婚して会社を退職するまでの流れをご紹介

退職希望のAさんAさん

結婚が決まったから会社辞めようと思うけど具体的にどうしたらいいの?

会社を辞める時はきちんと会社へ誠意を見せて円満に退職しましょう。いい加減な辞め方をしてしまうと会社とトラブルになることもあります。

「今まで退職とは無縁だった。」「寿退社はしたことない。」そういう方達のためにも具体的な手順を以下にまとめました。一緒に見ていきましょう!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

STEP①退職届を記入して提出する

まずは退職届を記入して提出しましょう。退職届を出すことによって会社へ退職の旨を伝えることができます。また、会社の就業規則により退職時に退職届を出すように定めているところも多いです。
退職届は人事に承認された後は取り消しすることができません。なので退職届は退職を決めた後に出すようにしましょう!

注意点

退職届が承認された後は取り消しすることができない!

STEP②自分が所属している部署へ報告し業務の引継ぎを行う

退職希望のAさんAさん

引き継ぎはめんどくさいからやらなくてもいいよね?

Aさんそれは違います!
引き継ぎは会社などの組織で動いている場合は非常に重要なことです。引き継ぎを十分にしないまま辞めてしまえば最悪の場合は損害賠償もありえます。

上司に助言をもらえながら出来る限り後任者がスムーズに業務へ挑めるように書面にまとめたり、指導したりして引き継ぎは丁寧に行いましょう!

STEP③デスク回りを整理して、会社から借りているものは返却する

「立つ鳥跡を濁さず」なんて言葉もあります。退職する際はデスク周りやパソコンのデータ削除など出来る限りの整理整頓をしておきましょう。また無用なトラブルを防ぐためにも会社から借りているものはきちんと

返却物は上司と聞くなどして漏れがないか確認しておきましょう!

STEP④離職票など退職に関する書類を会社から受け取る

退職後に困らないように必要な書類は必ず発行をお願いして受け取っておきましょう。具体的に何が必要な分からないという方のためにも以下にまとめておきました。
書類をきちんと受け取らないと得られるはずの失業手当を受け取れない、保険の切り替えが上手くいかないなど不都合が生じてしまいます。しっかりと何が必要なのかを認識して必要なものはすげて受け取りましょう!

退職後の主な必要書類 必要な理由
離職票(雇用保険被保険者離職票) ・退職した事実を証明するもの
・失業保険の手続きをする際に必要
雇用保険被保険者証 ・在職中に雇用保険に加入していたことを証明するもの
・転職時・教育訓練給付金の受給手続きに必要
健康保険資格喪失証明書 ・現在は被保険者でないことを証明するもの
・会社で加入していた健康保険から国民健康保険に切り替える際に必要
源泉徴収票 ・その年の年末調整を行う時に必要
年金手帳 ・会社で保管していた場合に返却していただく
・会社で加入していた厚生年金から国民年金に切り替える時に必要

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

結婚を機に退職しても大丈夫?判断基準をご紹介

正しい決断をするために結婚を機に退職しても大丈夫?判断基準をご紹介

退職希望のAさんAさん

辞め方も分かったしすぐにでも退職します!!

ちょっと待って!!
本当にそのまま仕事を辞めて大丈夫?結婚を機に本当に辞めてもいいのかを今一度確認してみましょう。

どうやって判断したらいいのか分からない。そういう人のために判断基準も以下にまとめたから一緒に見ていきましょう!

生活費は配偶者の収入のみで賄えるか

1番に考えるべきはやっぱり経済的な側面です。お金は何をするにも必要ですからきちんと収入は仕事を辞めても大丈夫かは計算しておきましょう。その際結婚によって増える生活費についても考えておくのも重要です。家計簿などをつけてみるのもいいかも知れません。

仕事にブランクが生じても社会復帰できる職業か

再就職を考えたときにしやすいものかどうかも考えておきましょう。いざ社会復帰しようとした時に職探しに苦労するなんてことも多いです。社会復帰しやすい職業としては看護師や医師などの資格がある職業が挙げられます。
将来的に寿退社を考えている人は今からキャリアを見つめ直してみるのもいいでしょう

人手不足のため結婚で退職すると言えない場合は退職代行を使う

退職希望のBさんBさん

妻が人手不足だから辞められないって…..

こういった悩みを持っている人は多いです。人手不足だから本当は仕事を辞めて家事や育児に専念したいと思われている方の中には我慢して続けている人も多いです。

人手不足は労働者の責任ではありません。法律的に見ても人手不足の場合は仕事を辞めてはいけないなどと決まっている訳ではありません。
こう言ったことで仕事を続ける方は同時に自分から退職を言う勇気が出ないという悩みを抱えている人も多いです。

寿退職を考える人のよくある悩み
  • 人手不足で辞められない雰囲気が職場にある
  • なかなか退職を認めてもらえない
  • 育児と家事の両立が難しい仕事をしている

もし一つでも当てはまる場合は退職代行を検討してみましょう。退職代行を使えば手間なく、すんなりと退職することができます。退職に関する連絡をプロに任せて指示に従うだけで退職することができます。

退職代行って言ってもどこに頼めばいいか分からない!
そんな方のために一つおすすめを紹介しておきます。それは退職代行OITOMAです!
業界最安値でありながら迅速で丁寧な対応を心がけています。また公式LINEでの相談や電話相談までも無料でしています。一度相談されてみるのもいいでしょう。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

結婚を機に退職した/しなかった人の体験談を紹介

ここでは、結婚を機に「退職した人」「しなかった人」の体験談をまとめています。
それぞれメリット・デメリットがありますので、結婚後の選択肢にお悩みの人は、ぜひ参考にしてみてください。

結婚を機に退職した人の体験談

営業会社に勤めていた女性の体験談です。

「営業という仕事柄、出張や残業が多く体力的に限界を感じており、結婚を機に退職を決意しました。幸い夫も大手企業に勤めており、ある程度貯金もあったため、生活に困ることはありませんでした。

専業主婦として生活が1年程過ぎた頃に妊娠が発覚。子育てには苦労しましたが、子供の成長に携わることができ、仕事を辞めて良かったと感じています。」

結婚を機に退職しなかった人の体験談

中小企業で事務員をしている20代の女性の体験談です。

「高校時代から付き合っていた飲食業界で働く男性と結婚。結婚を機に退職することも考えましたが、お金のことに不安を感じていたため、仕事を続けることを決意しました。

コロナが流行し、飲食業界で働く夫の収入が激減したため、私の収入で家庭を支えなければならなくなり、今では仕事を辞めなくて良かったと思っています。」

円満に寿退社するために心がけたい6つのポイント

ここでは、円満に寿退社をするために心がけたいポイントを6つにまとめました。
ちょっとしたすれ違いでトラブルに発展する可能性がありますので、注意が必要です。

円満に寿退社するポイント
  • 結婚式については上司に相談する
  • SNSから会社に伝わらないよう注意する
  • お世話になった人には必ず挨拶を行う
  • 引継ぎは後任のことを考えてしっかり行う
  • 片付けは計画的に、返却物にも注意
  • トラブルになりそうな場合は退職代行がおすすめ

ポイント1.結婚式については上司に相談する

結婚を機に退社する場合は、上司に相談することが大切です。

相談するタイミングは就業前、または就業後に時間を作ってもらうと良いでしょう。結婚が決まっており、寿退社を考えている旨を上司に相談する手順を踏むことは、円満に寿退社するための重要なポイントです。

また、上司を式に招待したい場合は、式場や日程が決まった段階で伝えると良いでしょう。きちんとした手順で、相手に伝える心遣いが大切になってきます。

ポイント2.SNSから会社に伝わらないよう注意する

SNSから会社に伝わらないように注意しましょう。直接報告する前にSNSで情報を知ることで相手をがっかりさせてしまう可能性があります。

嬉しい報告のため、SNSで報告し、多くの人に知ってほしいという気持ちはあるかもしれませんが、会社に報告するのが先です。相手の気持ちを考慮し、丁寧な対応を心掛けるようにしましょう。

ポイント3.お世話になった人には必ず挨拶を行う

仕事でお世話になった人への挨拶は必ず行うようにしましょう。

最終日には、仕事がない場合がほとんどです。お昼休みや休憩時間を利用し、挨拶を済ませるようにしてください。上司から先に挨拶をするのがマナーです。

また、お菓子などのちょっとした品があると良いでしょう。仕事を辞めるときこそ、お世話になった方々に礼を尽くすことを忘れてはいけません。そういった行動のひとつひとつが円満に寿退社するために重要になってきます。

ポイント4.引継ぎは後任のことを考えてしっかり行う

引継ぎは後任のことを考えてしっかりと行いましょう。

仕事を辞めることは労働者の権利ですが、辞めることで仕事に影響が出ることを忘れてはいけません。もし、時間に余裕があるのであれば、引継ぎをスムーズに行うことができるように、マニュアルなどを作成してあげるとより丁寧です。

仕事を辞めるまでの日にちを逆算し、就業中に引継ぎが完了するように動きましょう

ポイント5.片付けは計画的に、返却物にも注意

片付けは計画的に行いましょう。

退社日にまとめて持ち帰る気持ちでいると、片付けが終わらなかった場合に会社に迷惑がかかってしまいます。私物などがあれば少しずつ持ち帰り、会社から支給された品は返却の有無など余裕をもって確認しておくとよいでしょう。

デスク周りや身の回りの片付けを済ませることは、最低限のマナーです。こういった行動の積み重ねが円満に退社することに繋がります。

ポイント6.トラブルになりそうな場合は退職代行がおすすめ

寿退社を相談するタイミングを十分に気を付けたとしても、会社によっては理解が得られずトラブルに発展してしまうこともあります。

そういった場合は、無理に自分で対応しようとせず、「退職代行サービス」に頼るのも一つの方法です。退職に関するプロが会社を退職するまで、しっかりとサポートしてくれます。退職代行サービスの会社によって受けられるサービスが異なるので、サービス内容を確認し、自分に適した退職代行サービスを活用しましょう。

結婚して退職する際のポイントまとめ

これだけでも見て!結婚して退職する際のポイントまとめ

退職希望のAさんAさん

ポイントまとめて欲しい!

この記事のポイントは以下の通りです。

この記事のポイント
  • ①寿退社は正しい手順で退職しよう!
  • ②寿退社はメリットとデメリットを把握した上で決めよう!
  • ③人手不足など自分から退職が言い出せない時は退職代行に相談しよう!

退職代行OITOMAは退職を認めてもらえなかった。仕事が辛くてすぐに辞めたいという方達から何となく言いづらいと言った方達まで幅広く対応しております。少しでも機になる方は一度相談してみましょう。
退職に関するプロが迅速に丁寧に答えていただけるので利用しなくても色々知識がついてお得です。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)
Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる