メンタル弱い人が退職するのは甘え?辞めた方がいいケースや対処法を解説

メンタル弱い人が退職するのは甘え?辞めた方がいいケースや対処法を解説

退職希望のBさんBさん

メンタルが弱くて仕事がしんどい!!

退職希望のAさんAさん

メンタルが弱い人が退職するのはダメ?

厳しい職場に就いてしまうと、メンタル的にキツいですよね。

パワハラな上司に嫌気がさしたり仕事に自信が持てなくなったりした結果、退職を検討する方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、メンタルが弱くて退職を考えている方のために「退職した方がいいケース」や「負のループから脱却する対処法」をご紹介します。

メンタルが弱い人に向いている仕事も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事のまとめ
  • メンタルが弱い人が退職するのは甘えではない!
  • 今は昔と比べて転職する人は多いので、堂々と退職していい!
  • 仕事内容や職場環境がたまたま自分に合っておらず、パフォーマンスを発揮できていないだけのケースもある!
  • 「パワハラ上司がきつい」「人間関係が辛い」「自分のペースで仕事がしたい」方は、転職を前向きに考えてみよう!
  • 上司に退職を言い出せない場合、業者に丸投げするだけの退職代行がおすすめ!

全額返金保証付き!

目次

【結論】メンタル弱い人が退職するのは甘えじゃない!

【結論】メンタル弱い人が退職するのは甘えじゃない!

退職希望のBさんBさん

メンタルが弱い人が退職するのは甘えなの?

結論、メンタルが弱い人が退職するのは甘えではありません。

転職で自分に合った仕事と出会えれば結果を出せるようになる可能性はありますし、今は転職するのが当たり前の時代です。

今は何らかの理由でメンタルが弱くなっているかもしれませんが、会社を変えることで状況が好転する可能性は十分にあるので、転職を前向きに考えてみましょう。

全額返金保証付き!

メンタル弱い人が退職した方がいいケース

メンタル弱い人が退職した方がいいケース

メンタルが弱くて退職を検討している方の中には、「退職する決心がつかない…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

メンタル弱い人が退職した方がいいケースをご紹介します。
メンタル弱い人が退職した方がいいケース
  • 退職した方がいいケース①パワハラ気質の上司がいる
  • 退職した方がいいケース②職場の雰囲気が荒れている
  • 退職した方がいいケース③毎日厳しいノルマを課される
  • 退職した方がいいケース④自分のペースで仕事がしづらい
  • 退職した方がいいケース⑤人間関係に恵まれていない

退職した方がいいケース①パワハラ気質の上司がいる

退職した方がいいケースの1つに、パワハラ上司の存在があります。

上司から「殴る・蹴る」「過渡な叱責・無視」などのハラスメントを受けている場合、ストレスで病んでしまう可能性が高いため、退職を前向きに考えた方が良いでしょう。

パワハラだけでなく、セクハラを受けている場合も同様です。
仕事の範疇を超えた嫌がらせを受けている自覚がある方は、今の職場から逃げることも検討してみましょう。

退職した方がいいケース②職場の雰囲気が荒れている

退職した方がいいケースの1つに、職場の雰囲気が荒れているがあります。

例えば、以下のような職場は退職を検討した方が良いでしょう。

  • 毎日、上司の怒号が飛び交っている
  • 社員同士の悪口が絶えない
  • みんなの表情が暗い

雰囲気がネガティブな職場は、そこに居るだけで疲労を感じてしまいます。

明るい雰囲気の中で仕事がしたい方は、今よりも働きやすい職場を探しましょう。

退職した方がいいケース③毎日厳しいノルマを課される

退職した方がいいケースの1つに、毎日の厳しいノルマがあります。
ノルマがあるとやる気が出る人もいますが、全ての人がそうとは限りません。

ノルマによってプレッシャーを感じてしまい、仕事のパフォーマンスが下がる人もいます。

「自分のペースで仕事がしたい」「できるだけ責任を感じずに仕事がしたい」方は、ノルマのない職場への切り替えを検討しましょう。

退職した方がいいケース④自分のペースで仕事がしづらい

退職した方がいいケースの1つに、自分のペースで仕事がしづらいがあります。

周りから急かされた方が仕事に集中できる人もいますが、マイペースに仕事ができる方がパフォーマンスを発揮できる人もいます。

例えば、「周りに人がいると気が散ってしまう人」「1人で黙々と作業をしていたい人」は在宅ワークの方が向いているでしょう。

人と比べてマイペースな自覚がある方は、自分のペースが乱される職場からは離れるのが賢明です。

退職した方がいいケース⑤人間関係に恵まれていない

退職した方がいいケースの1つに、人間関係に恵まれていないがあります。

今の職場で仕事をしていて「上司や先輩と気が合わない」「なんとなく話が噛み合わない」と感じる場合、あなたと会社との相性が良いとは言えません。

会社によって集まる人たちの雰囲気も変わってくるので、人間関係に満足していない方は転職を前向きに検討しましょう。

全額返金保証付き!

メンタルが弱くて退職しやすい人の特徴4つ

メンタルが弱くて退職しやすい人の特徴4つ

メンタルが弱くて退職を検討している方の中には、「今の状況をもっと深く理解したい!」と考えている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

メンタルが弱くて仕事が続かない人の特徴をご紹介します。
メンタルが弱くて仕事が続かない人の特徴4つ
  • 特徴①完璧主義で無駄にエネルギーを消耗してしまう
  • 特徴②1つのことが気になると仕事に集中できなくなる
  • 特徴③できないことにフォーカスして落ち込んでしまう
  • 特徴④伝えたいことを瞬時に整理して伝えるのが苦手

特徴①完璧主義で無駄にエネルギーを消耗してしまう

メンタルが弱くて仕事が続かない人の特徴の1つに、完璧主義があります。

完璧主義な人は、気にする必要がない部分にも無駄に意識を配ってしまうため、他の人と比べてエネルギーの消耗が激しいです。

繊細なので職人系の仕事は向いていますが、適度に手を抜く必要がある仕事をしている場合、ストレスを感じて辞めたくなる方も多いでしょう。

特徴②1つのことが気になると仕事に集中できなくなる

メンタルが弱くて仕事が続かない人の特徴の1つに、1点集中があります。
複数のことを同時進行するのが得意な人もいますが、どうしても1点集中してしまう人もいます。

1点集中してしまう人はマルチタスクが苦手なので、あまりに複雑な仕事を任されると嫌になって辞めたくなるでしょう。

特徴③できないことにフォーカスして落ち込んでしまう

メンタルが弱くて仕事が続かない人の特徴の1つに、失敗を引きずるがあります。

失敗をサラッと流して次の仕事に集中できる人もいますが、失敗を引きずり集中力を欠いてしまう人もいます。

とはいえ、失敗を引きずるのは「反省して仕事の精度を上げられる」という強みにも結び付くので、前向きに捉えましょう。

どうしてもミスを引きずって落ちこんでしまう場合、スピードよりも精度を求められる仕事に転職するのがおすすめです。

精度を求められる仕事であれば、失敗を引きずるという性質が大きな強みになります。

特徴④伝えたいことを瞬時に整理して伝えるのが苦手

メンタルが弱くて仕事が続かない人の特徴の1つに、頭の回転が遅いがあります。

例えば、頭の回転が遅い場合、「上司にその場で的確な質問ができない」「会議中の話についていけない」といった問題が発生しがちです。

周りの仕事のテンポについていけず、「今の仕事は自分に向いてないかも?」と退職を考える方も多いでしょう。

全額返金保証付き!

メンタル弱い人が負のループから脱却するための対処法

メンタル弱い人が負のループから脱却するための対処法

メンタルが弱くて退職を検討している方の中には、「メンタルが弱い自分は今後どうすべきなんだろう?」と考えている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

メンタル弱い人が負のループから脱却するための対処法をご紹介します。
メンタル弱い人が負のループから脱却するための対処法
  • 対処法①できたことをメモし、成長を実感する習慣を身につける
  • 対処法②ブレインダンプで”不安の正体”をハッキリさせる
  • 対処法③あらかじめ最悪のケースを想像しておく
  • 対処法④メンタルの専門家に相談してみる

対処法①できたことをメモし、成長を実感する習慣を身につける

メンタルが弱くて悩んでいる場合、メモする習慣を身につけるのがおすすめです。
今日できたことをメモし、成長を実感することでメンタルが前向きになります。

ポイントは”失敗はメモしない”ことです。
メンタルが弱い人は、ただでさえ失敗を意識しがちなので、改めて失敗をメモする必要はありません。

失敗を書くと余計に落ちこんでしまうので、メモする場合は「成功したと思うこと」「以前よりもできたこと」を記載するようにしましょう。

対処法②ブレインダンプで”不安の正体”をハッキリさせる

メンタルが弱くて悩んでいる場合、ブレインダンプをするのがおすすめです。
ブレインダンプとは、頭の中にある考えや悩みをすべて書き出す行為のことをさします。

ブレインダンプをすれば、自分が今何を考えているのか?が明確になりスッキリするので、不安が拭いきれないでいる方はぜひ試してみましょう。

不安の正体が明確になれば、以前よりも安定したメンタルで仕事ができるようになるかもしれません。

対処法③あらかじめ最悪のケースを想像しておく

メンタルが弱くて悩んでいる場合、最悪のケースを想像しておくのがおすすめです。
最悪のケースを想像しておけば、失敗への恐怖心が和らぐので、今よりもメンタルが安定するようになります。

最悪のケースを想像しようとしても思いつかない方は、上司や先輩に失敗したケースを聞いてみると良いでしょう。

対処法④メンタルの専門家に相談してみる

メンタルが弱くて悩んでいる場合、メンタルの専門家に相談するのも手です。
メンタルのプロに色々聞いてみれば、今すぐ解決できる方法を教えてもらえるかもしれません。

厚生労働省サイト「こころの耳」では、全国医療機関や各種相談窓口が紹介されているので、気になる方はチェックしてみてください。

全額返金保証付き!

メンタルが弱くて退職したいなら、ラクに辞められる退職代行がおすすめ!

メンタルが弱くて退職したいなら、ラクに辞められる退職代行がおすすめ!

メンタルが弱くて今すぐ退職したいなら、退職代行がおすすめです。
退職代行は業者に丸投げするだけなので、ストレスを感じることなくスパッと退職できます。

退職代行を利用するメリットは、以下の通りです。

退職代行を利用するメリット
  1. 即日退職できる
  2. 上司と関わらなくていい
  3. 上司に引き止められることもない
  4. 有給休暇の申請がラクにできる
  5. LINEで気軽に相談できる

退職代行を利用する際に難しい手続きは不要で、業者によってはLINEで完結可能です。

辛い職場を今すぐ辞めてしまいたい方は、ぜひ退職代行を検討してみてください。

全額返金保証付き!

メンタル弱い人が退職する際の注意点3つ

メンタル弱い人が退職する際の注意点3つ

メンタルが弱くて退職を検討している方の中には、「退職する際の注意点は?」と考えている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

メンタル弱い人が退職する際の注意点をご紹介します。
メンタル弱い人が退職する際の注意点3つ
  • 注意点①バックレて退職するのは絶対にNG
  • 注意点②返却物と必要書類の確認をしておく
  • 注意点③各種給付金の申請をする

注意点①バックレて退職するのは絶対にNG

メンタル弱い人が退職する際の注意点の1つに、バックレNGがあります。
職場に不満があるとはいえ、バックレるのは避けましょう。

最悪の場合、損害賠償請求をされて多額の損失を被ることになります。

実際に損害賠償請求される可能性は低いですが、裁判沙汰になる可能性もゼロではないので注意した方が良いでしょう。

注意点②返却物と必要書類の確認をしておく

メンタル弱い人が退職する際の注意点の1つに、返却物と必要書類の確認があります。

返却物としては「名刺・社員証・経費で購入したもの」などがあるので、忘れず返却しましょう。

また、提出する書類は「退職届」になりますが、会社によって他にも必要な書類があるかもしれないので、適宜確認しておきましょう。

注意点③各種給付金の申請をする

メンタル弱い人が退職する際の注意点の1つに、各種給付金の申請があります。

代表的な給付金は「失業手当」ですが、もらえる金額は限られているため、他の給付金も色々と検討してみるのがおすすめです。

給付金の申請がよくわからない場合、申請をサポートしてくれる業者(退職コンシェルジュ)もいるので、頼ってみると良いでしょう。

全額返金保証付き!

メンタル弱い人が退職する際によくある質問

メンタル弱い人が退職する際によくある質問

メンタルが弱い人が退職する際によくある質問をご紹介します。

メンタルが弱い人が退職する際によくある質問
  • 仕事が精神的にきついです。休み方を教えてください。
  • メンタル弱い人はいらないと言われました。どうすれば良いですか?
  • メンタル弱い人に向いている仕事には何がありますか?

仕事が精神的にきついです。休み方を教えてください。

仕事を休む方法として、以下が挙げられます。

  • 有給休暇を取得する
  • 休職の申請をする
  • 休みの多い仕事に転職する

一番簡単なのは有給休暇の取得です。

入社から6ヶ月が経過している方であれば、有給休暇が使える可能性があるので、ぜひ検討してみてください。

メンタル弱い人はいらないと言われました。どうすれば良いですか?

メンタルが弱い人はいらないと言われた場合、そのまま退職するのもアリでしょう。

悪口を言ってくるような上司と仕事をしていてもストレスが溜まるだけですし、退職したからと言って人生が終わるわけではありません。

会社に残る特別な理由がないのであれば、もっと自分が活躍できそうな理想の職場への転職を考えてみましょう。

メンタル弱い人に向いている仕事には何がありますか?

メンタルが弱い人に向いている仕事として、以下が挙げられます。

  • 在宅ワーク(黙々と作業ができる)
  • 事務職(ノルマに追われにくい)
  • 公務員(定時で上がりやすい)

特に、在宅ワークは出勤する必要がなく、人間関係のストレスも少ないのでおすすめです。

今の仕事のストレスが多くて悩んでいる方は、もっと向いている仕事があるかもしれないので、転職を検討してみてください。

全額返金保証付き!

メンタル弱い人が退職するのは甘え?退職すべきケースや対処法|まとめ

メンタル弱い人が退職するのは甘え?退職すべきケースや対処法|まとめ

この記事のまとめ
  • メンタルが弱い人が退職するのは甘えではない!
  • 今は昔と比べて転職する人はたくさんいるので、堂々と退職していい!
  • たまたま仕事内容や職場環境が自分に合っておらず、パフォーマンスを発揮できていないだけのケースもある!
  • 「パワハラ上司がきつい」「人間関係が辛い」「自分のペースで仕事がしたい」方は、転職を前向きに考えてみよう!
  • 上司に退職を言い出せない場合、業者に丸投げするだけの退職代行がおすすめ!

全額返金保証付き!

「メンタルが弱くて上司に退職を言えない…」という方には、退職代行がおすすめです。
退職代行を使えば、上司と一言も話すことなく退職できるので、ストレスなく会社を辞められます。

法律に詳しい業者がうまく即日退職まで導いてくれるので、気になる方はぜひ検討してみてください。

\全額返金保証付きで初めてでも安心!/
目次
閉じる