親の介護を理由に即日退職はできる!使える例文や踏むべきステップも解説

親の介護を理由に即日退職はできる!使える例文や踏むべきステップも解説

退職希望のBさんBさん

介護と仕事の両立が難しい!

退職希望のAさんAさん

介護できるのは自分しかいないし、退職しようかな・・・

急に介護が必要になったり親の病気が悪化すると大変ですよね。介護に満足な時間を割けず、退職を考え始めている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、介護と仕事の両立で悩んでいる人のために、即日退職する方法や使える例文を徹底解説しました。面倒ごとナシで辞められる方法もご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

親の介護で即日退職は出来る!まとめ
  • 結論:親の介護を理由に即日退職は可能
  • 介護を理由に退職しづらい場合は?
  • 退職代行を選ぶ際は、追加料金の有無を確認!
  • 退職代行OITOMAなら追加料金なしで即日退職をサポート!

相談料無料!

目次

親の介護を理由に即日退職することは可能?違法ではない?

親の介護を理由に即日退職することは可能?違法ではない?

親の介護を理由に即日退職することは、会社の同意があれば可能です。

軽い理由であれば会社の引き止めにあう可能性もありますが、親の介護は即日退職の理由として立派な理由になるので、即日退職を検討している方は一度、会社に相談してみましょう。

相談してみて会社の同意を得られない場合、有給休暇を取り、正式な退職日まで休むことで実質即日退職のような形をとることも可能です。

MEMO

法律的には退職の申し出から2週間経つ必要があるが、会社の同意があれば退職可能。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

親の介護のために即日退職する場合の伝え方

親の介護のために即日退職する場合の伝え方

親の介護のために即日退職しようとしている方のなかには、上司にどうやって伝えればいいんだろう?と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

即日退職する場合の伝え方を見てみましょう。
親の介護のために即日退職する場合の伝え方
  • 親の病名などを含めて正直に退職をしたいと伝える
  • 親の病名を伏せて退職したいと伝える
  • すぐに退職できる理由を考えて退職したいと伝える

それぞれ解説します。

親の病名などを含めて正直に退職をしたいと伝える

介護のために即日退職する場合の伝え方の1つに、正直に伝える方法があります。

方法というほど大それたものではありませんが、文字どおり、「親の病名を含めてそのまま伝える」というものです。

正直に伝えるメリットとして、深刻さが伝わるので即日退職を認めてもらいやすくなります。

意見が通りやすくなるので、引き止めにあいたくない方は正直に伝えるのも手です。

親の病名を伏せて退職したいと伝える

介護のために即日退職する場合の伝え方の1つに、親の病名を伏せて伝える方法があります。

基本的に、退職理由は「一身上の都合」で十分なので、会社に親の病名を伝えたくない場合、伏せることも可能です。

ただし、口頭で退職理由を聞かれることもあるので、その際に言い返すための理由を用意しておきましょう。

言い返しとして無難な退職理由は以下です。

言い返しとして無難な退職理由
  • 知り合いの仕事を手伝うことになった
  • 夫の都合で勤務が難しくなった
  • 持病が悪化したため、療養したい

あらかじめ無難な退職理由を用意しておけば、返しもスムーズになるので怖くありません。

介護の件を伏せる場合、上司に納得してもらいやすい退職理由を用意しておきましょう。

すぐに退職できる理由を考えて退職したいと伝える

介護のために即日退職する場合の伝え方の1つに、すぐに退職できる理由を伝える方法があります。

ポイントは「即日退職はやむを得ない」と思われるような理由を伝えることです。

その点でいえば、親の介護の件をストレートに退職理由として伝えるのは有効な手段といえます。

先ほどもお伝えした通り、親の介護は退職の立派な理由になりうるので、即日体退職したい方はそのまま伝えるのがおすすめです。

介護以外で「やむを得ない」と思われる理由として、以下があります。

「やむを得ない」と思われる理由
  • 親の家業を継ぐことになった
  • 夫の転勤で引っ越すことになった
  • 結婚して専業主婦になることになった

これらの理由は、体調不良の軽い理由と比べて重い理由になるので、即日退職が認められやすいです。

即日退職したい方は退職理由の内容をよく考えてから伝えましょう。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

親の介護で即日退職したい時に使える理由を例文付きで紹介

親の介護で即日退職したい時に使える理由を例文付きで紹介

退職希望のAさんAさん

退職理由が書けない!

これから退職理由を書こうとしている方ために、具体的な例文を紹介します。

退職理由の例文1

この度、母が入院することになってしまい、しばらくの間、付き添いをしなければならなくなりました。

退院後も通院の送り迎えや家事の手伝いなどがあり、仕事復帰の目途が立たない状態です。

そこで大変申し訳ないのですが、退職させていただく事にしました。

〜月〜日に退社したいと思います。何卒、よろしくお願いします。

退職理由の例文2

お忙しいところ、お呼び立てしてしまい、申し訳ございません。

実家に住む父親が要介護状態になりまして、家族とも話し合った結果、私が帰ることになりましたので、ご報告させていただきます。

緊急事態ではありませんが、母親も高齢ですので、できるだけ早めに介護に専念したいと思っています。

つきましては1ヶ月後の〜月をもって退職ということで、ご了承いただきたく存じます。

仕事は最後までやり遂げさせていただきますので、よろしくお願い致します。

以上が退職理由の例文です。

イメージがわかない方は、上記を参考に文章作成してみてください。

親の介護のために即日退職する際の注意点

親の介護のために即日退職する際の注意点

親の介護のために即日退職しようとしている方のなかには、即日退職でのトラブルは避けたい!と思う方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

即日退職する際の注意点を見てみましょう。
親の介護のために即日退職する際の注意点
  • 自身の決断だと強調する
  • バックレて辞める事はしない

それぞれ紹介します。

自身の決断だと強調する

介護のために即日退職する際の注意点の1つは、キッパリ伝えることです。

弱腰で伝えてしまうと「まだ会社に残ってくれるかもしれない」と上司に思われ、引き止めにあう可能性があります。

引き止められないためにも、お伺いをたてるようなスタンスではなく、キッパリ断言するようなスタンスがおすすめです。

バックレて辞める事はしない

介護のために即日退職する際の注意点の1つは、バックれないことです。

無断欠席した場合、損害賠償や懲戒解雇のリスクがあります。

ほかにも、退職金がもらえなかったり、転職時に印象が悪くなる可能性もあるので、問題を起こしたくない方はバックれないようにしましょう。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

親の介護のために即日退職するまでの流れ

親の介護のために即日退職するまでの流れ

親の介護のために即日退職しようとしている方のなかには、どんなステップを踏むのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

即日退職するまでの流れを見てみましょう。
親の介護のために即日退職するまでの流れ
  • STEP①形が残る方法で会社に申し出る
  • STEP②未消化の有給を消化する
  • STEP③退職の手続きをする
  • STEP④借りていた物があれば返す

それぞれ解説します。

STEP①形が残る方法で会社に申し出る

親の介護で即日退職するためのステップ1は、形が残る方法で会社に申し出るです。

原則として、退職日の2週間前には申し出る必要があるので、形に残る「メールや書面」での申し出をしておくのが安全です。

一方、電話や口頭は形に残りません。なので最悪の場合、「退職の申し出をされた覚えはない」と言われ、退職日を引き延ばされる可能性もあります。

できるだけ早く退職したい方は、形に残る方法で申し出をしましょう。

STEP②未消化の有給を消化する

親の介護で即日退職するためのステップ2は、未消化の有給を消化するです。

仮に即日退職が認められずとも、退職日まで有給を消化すれば、実質即日退職の形にすることができます。

ちなみに、有給休暇を取得できる条件は以下です。

有給休暇を取得できる条件
  • 入社後6ヶ月、継続勤務している
  • 労働日のうち8割以上、勤務している

勤務日数に応じ、有給休暇の日数が変わります。

申し出からすぐに有給を消化し始めたい方は、よく確認しておきましょう。

STEP③退職の手続きをする

親の介護で即日退職するためのステップ3は、退職の手続きをするです。

ここまでのステップで申し出と有給の消化を行なっているので、あとは退職の手続きを済ませましょう。

退職手続きのステップは以下です。

STEP.1
退職願を作成する
STEP.2
直属の上司に提出する
STEP.3
承認を得て退職日を決める
STEP.4
退職届けを提出する

以上が自身による申告の手順です。

介護をしながらの書面作成が大変かもしれませんが、必要なステップなので、うまく合間を見つけて進めてしていきましょう。

STEP④借りていた物があれば返す

親の介護で即日退職するためのステップ4は、借りていた物の返却です。

返却する物には、以下のような物があります。

退職時の返却物
  • 健康保険証
  • 社員証・社章・名刺
  • 定期券
  • 業務用の携帯電話
  • 保有する書類・データ

会社によりますが、退職時にはこれらの返却物があります。

返し忘れて、会社と家を往復しなくていいように漏れなくチェックしておきましょう。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

親の介護を理由に即日退職しづらい場合はどうする?

親の介護を理由に即日 退職しづらい場合は どうする?

親の介護のために即日退職しようとしている方のなかには、勇気が出なくてなかなか言い出せない方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

言い出しづらい場合の対処方法を見てみましょう。
親の介護を理由に即日退職しづらい場合はどうする?
  • 会社の繁忙期を避ける
  • 引き止めにあっても気にしない
  • 精神的にも体力的にも限界であると伝える
  • 退職代行を使う

それぞれ解説します。

会社の繁忙期を避ける

親の介護を理由に退職しづらい場合、会社の繁忙期を避けるのも手です。

会社が忙しいときほど「辞めてもらうと困る!」という気持ちが強くなるので、引き止められる可能性が高まります。

逆に、繁忙期を避ければ、退職後の穴埋めをするための時間的余裕があるので、引き止められる可能性は低いです。

できるだけ引き止めにあいたくない方は、会社の繁忙期を避けての申し出を検討しましょう。

引き止めにあっても気にしない

親の介護を理由に退職しづらい場合、引き止めを気にしないのも手です。

「私には私の生活がある」という強靭なスタンスで申し出れば、上司も諦めて退職を受け入れてくれるかもしれません。

気持ちの問題なので、気にする人は気にすると思いますが、切り替えが得意な人はぜひ強気で退職に当たってみてください。

精神的にも体力的にも限界であると伝える

親の介護を理由に退職しづらい場合、限界であると伝えるのも手です。

上司も人間なので、「介護が大変すぎてもう限界だ」という気持ちが伝われば即日退職を認めてくれるかもしれません。

会社が忙しかったり、人手が足りないなど会社の事情があるとはいえ、個人にもやむを得ない事情があるので、限界ならばその旨を伝えてみましょう。

退職代行を使う

親の介護を理由に退職しづらい場合、退職代行を利用するのも手です。

退職代行なら面倒な作業はすべて丸投げOKなので、サクッと退職したい方におすすめです。

退職代行の具体的なメリットがこちら。

退職代行のメリット
  1. 追加料金が一切かからない
  2. 即日退職にも対応している
  3. 有給消化の意向も伝えてもらえる
  4. 全て手続きは丸投げでOK
  5. 業界最安値で低価格で依頼できる

代行料金は発生するものの、上司に自分で伝える必要がありません

トラブルも完全対応してくれるので、スムーズに退職したい方はぜひ検討してみてください。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

親の介護を理由に即日退職したい人はしかるべき手続きを踏もう

親の介護を理由に即日退職したい人はしかるべき手続きを踏もう

今後すべき対策は見つかりましたか?

今回の情報をまとめます。

親の介護を理由に即日退職・まとめ
  • 親の介護を理由に退職はできる!
  • やむを得ない理由なら即日退職できる可能性がある!
  • 面倒ごとを避けたいなら退職代行が有効!

介護が忙しくて時間がない方は、退職代行がおすすめです。

自分で上司に伝える必要がないですし、トラブル対応もすべて任せられます。

スムーズに退職して介護に集中したい方はぜひ検討してみてください。

Let's share this post!
\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる