バイトを辞めたいけど怖い方へ!辞める際の理由や対処方法を解説します

バイト辞める怖い

バイトを辞めたいけど先輩や店長が怖くて言い出せなかったり、せっかく教えてもらったのに申し訳ないと感じてなかなか辞めれない人は多くいます。

また、辞めると伝えたのに一方的に怒られたりして結局辞めれないブラックな職場もあります。

今回はこのような場合に上手にバイトを辞める方法や具体的な退職理由、どうしても辞めれない場合の対処方法について詳しく解説していきます。

退職について悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

バイトを辞めるのが怖いと思う原因

バイトを辞めるのが怖いと思う原因について解説するイメージ

アルバイトとは言っても正社員と同じ職場で働いており、責任が全くないポジションというわけではありません。

そのため、バイトを辞めたいけど辞めれない人は意外に多く、その主な原因としては2つあります。

バイトを辞めるのが怖いと思う2つの原因
  • 店長やバイトリーダーに怒られるかもしれないと思う
  • 辞めるとバイト先の人たちに迷惑が掛かると思う

この2つの原因は、仕事内容や年齢など関係なく誰にでも当てはまります。

まずは原因について詳しく理解した上で、対処方法を考えていきましょう。

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

店長やバイトリーダーに怒られるかもしれないと思う

店長やバイトリーダーは上の立場となるため、仕事中のミスや遅刻などをしてしまい、怒られた経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

そのような経験があると余計に「辞めると伝えたら怒られるのでは?」と考えてしまいます。

忙しい時間帯に勤務している場合や、バイト人数が少なく誰かが辞めると回らない職場などでは、怒られたり怒鳴られる可能性も高くなります。

怒られた上で最終的に辞めることができればいいのですが、認められなかったり退職日を先延ばしにされた場合などは気まずいまま働くことになりかねません。

このような事態になりたくないため、バイトを辞めると言えない人は多くいます。

辞めるとバイト先の人たちに迷惑が掛かると思う

怒られるのとは逆に、いつも親切に仕事などを教えてくれて優しくされた場合も辞めにくくなります。

はじめのうちは仕事を覚えるのに必死であり、周りに迷惑をかけたりしながら徐々に成長していきます。

周りに支えられたりしながら一人前になった後では「ここまで教えてくれたのに申し訳ない」という気持ちが芽生えるかもしれません。

辞めるのが遅くなればなるほど、役割や責任は大きくなっていくのでなおさら辞めると言い出しにくくなってしまいます。

また、一緒に働いている人が学校の友だちなど別の場所で関わりがある場合、迷惑を掛けてしまい人間関係が崩れるのでは、と心配してしまうことも原因の1つです。

バイトを辞めるおすすめの理由と例文をご紹介

バイトを辞めるおすすめの理由と例文を紹介するイメージ

「店長やバイトリーダーに怒られたりするのでは」と不安な方や「一緒に働いている人たちに迷惑が掛かるのが申し訳ない」と感じている場合は辞めざるを得ない理由を使うようにしましょう。

アルバイトを辞めやすくなる理由は4つあります。

バイトを辞めるおすすめの理由
  • 引っ越すことになりバイトを辞める
  • 学業に専念したいためバイトを辞める
  • 家庭の事情によりバイトを辞める
  • 体調不良によりバイトを辞める

年齢などにもよりますが、上記の理由を伝えることで怒られたり周りの反感を買うことなく辞められます。

理由ごとの例文も紹介していくので参考にしてみてください。

①引っ越すことになりバイトを辞める

アルバイトを辞めやすい理由の1つ目が「引っ越し」です。

家族や自分自身の事情により引っ越しするとなれば通勤事態が難しくなるので、辞めることを認めるしかありません。

「父親の仕事の都合で急に転勤が決まってしまいました。通勤が難しいので辞めさせていただきたいと考えております」

といった感じて伝えるようにしましょう。

アルバイト先が自宅からとても近かったり、学校の友達などと一緒に働いている場合、辞めた後に嘘だと気づかれる可能性があるので注意しましょう。

バイト先の友達と仲が良い場合、事前に相談した上で話しを合わせてもらうと気づかれにくくなります。

②学業に専念したいためバイトを辞める

2つ目の理由が「学業」で、試験勉強や受験など学業を理由にすると辞めやすくなります。

具体的には、塾やゼミ、実習が始まったなどの理由がありますし、学業以外でも部活動を理由にできます。

「アルバイトと学業の両立が想像していた以上に難しく、学業に専念したいので辞めさせていただきたいと考えております」と伝えてみましょう。

卒業間近で学校の授業などを理由にしにくい場合、進学に向けて運転免許や別の資格を取得することを理由にすると良いでしょう。

引っ越しとは違い、生活環境などに気を使う必要はなく普通にすごしていれば辞めた後に嘘が発覚することはありません。

ただし、あまり具体的に理由を伝え過ぎると嘘だと気づかれたりする可能性があるので注意しましょう。

③家庭の事情によりバイトを辞める

3つ目の理由としては「家族の事情」があります。

家族の病気や家事の分担、介護などを理由に両立が難しいことを伝えましょう。

「家庭の事情があり、両立が難しくなってしまったため辞めさせていただきたいと考えております」と伝えます。

伝えた際に、どんな家庭の事情なのかを聞かれる可能性が高いので「おじいちゃんが体調を崩して誰かが見ておく必要がある」「通院に付き添わないといけなくなった」などの理由を考えておくようにしましょう。

スーパーなど家族がアルバイト先を利用する場合、心配した店長などが声を掛けてしまう恐れがあるので、話を合わせてもらったりするなどして嘘が発覚しないようにしましょう。

④体調不良によりバイトを辞める

4つ目の理由としては「健康の事情」があります。

アルバイトを始めて以降、体力的に厳しく学業との両立ができない、どうしても体調がすぐれないなど体調面を理由にしてみるといいでしょう。

「どうしても体調がすぐれず、このままでは病欠などで休んでしまうので辞めさせていただきたいと思います」といった感じで伝えるようにします。

注意点としては「辞める」というワードを必ず使うことです。

辞めるとしっかり伝えないと、相談と勘違いされてしまい出勤の回数や労働時間を変更されるだけとなり、余計に辞めにくくなってしまう可能性があります。

また、本当に体調がすぐれない場合は正直に症状を話して良いのですが、変に病気の名前を出したりするとつじつまが合わなくなる可能性があるので注意しましょう。

バイトを辞めたいけど怖い時の対処方法

バイトを辞めたいけど怖い時の対処方法について解説するイメージ

アルバイトを辞めやすくなる理由を4つ紹介してきましたが、中にはこちらの事情関係なく都合が悪くなると怒る店長やバイトリーダーもいます。

自分の機嫌次第で怒られたりする場合、どのような理由であっても怒られる可能性が高いでしょう。

そのような場合の対処方法としては3つあります。

バイトを辞めたいけど怖い時の対処方法
  • LINEやメール、電話で辞める事を伝える
  • 友達を紹介して人員不足を避ける
  • 退職代行業者に代わりに伝えてもらう

それぞれの具体的な方法について解説していきます。

対処方法①LINEやメール、電話で辞める事を伝える

アルバイト先を辞める場合、基本的に直接会って最終的な処理や引き継ぎをするのがマナーとなります。

ですが、辞意を伝えること自体は直接会って話さなくても電話やメールで伝えても問題ありません。
その場に本人がいないので怖さが和らぎ、聞かれたことなどに関しても冷静に考えられます。

また、LINEであれば友達などと相談しながら返信できます。

辞めることを伝える場合、「いつで退職するのか」を伝えるようにして、最終の引き継ぎを行う日程を調整してもらうようにしましょう。

辞めるまでの期間ですが、基本的に辞めるという意思を表示してから2周間で辞めることができます。

ただし、雇用期間を事前に契約している場合には話し合いを行い双方が合意する必要があります。

対処方法②友達を紹介して人員不足を避ける

辞めることができない理由としてよくあるのが「人員不足」です。

得に忙しい時間帯などは一人いなくなるだけでお店の売上に影響がでてしまい、同じ時間帯に働く仲間にも迷惑を掛けてしまいます。

このような場合、友達を紹介するのも対処方法の1つとなります。

いきなり辞める時に紹介するのではなく、事前に辞意を伝えた上で代わりに働きたいという人がいることを伝えましょう。

ただし、あまりに過酷な環境などブラックなバイトな場合、友達との関係が悪くなる可能性もあるので注意が必要です。

対処方法③退職代行業者に代わりに伝えてもらう

最近になり利用する人が増加しているのが「退職代行サービス」です。

依頼すると代わりに退職に必要な処理を全てこなしてくれるので、出社したり店長などと直接話したりする必要はありません。

必要な作業としては、申し込んだ後に必要な情報を伝え入金するだけなのでとても簡単です。

中には親などに連絡が行くことを不安に思う方もいますが、そのようなことは一切ありません。

相談は基本的に無料となっていますので、疑問に思うことなどがあれば一度問い合わせてみると良いでしょう。

退職代行サービスの利用料金は2万~3万円ほどとなります。

退職代行を使ってバイトを辞める際の流れ

退職代行サービスを利用する流れは以下の通りです。

  • 退職の相談
  • ヒアリング後に料金を支払う
  • 会社に業者が退職の連絡をする

まずはじめに退職代行サービスに連絡をします。

辞めるまでの期間に指定はなく、条件によっては即日退職も十分に可能ですので相談してみましょう。

相談は電話だけでなくLINEやメールでも可能です。

ヒアリング後は料金を支払います。

「退職代行OITOMA」では雇用形態に関係なく、一律24,000円で利用可能であり、追加料金などは一切かかりません。

入金後は全ての作業を業者が行い、流れや状況に関しては電話やメールで知ることができます。

バイトを辞めるのが怖いからと言ってバックレるのは危険!

バイトを辞めるのが怖いからと言ってバックレるのは危険な理由について解説するイメージ

アルバイトは正社員とは違うため、責任が軽くバックレても大丈夫といった考えを持っている方がいますが、絶対におすすめしません。

店長やアルバイトリーダーが怖くてなかなか辞めれないといった場合でも絶対にバックレないようにしましょう。

バックレると以下のようなリスクがあります。

バイトをバックレるリスク

・何度もバイト先や先輩から電話がかかってくる

・緊急連絡先にも連絡が入ってしまう

・全てが中途半端になるのでスッキリせずモヤモヤがずっと続いてしまう

・罪悪感がずっと残ってしまう

・家に上司が来てしまう

このようなリスクがあり、きちんと話して辞める以上に負担が大きくなってしまいます。

バイトを辞めるのが怖く退職代行を使った人の体験談

バイトを辞めるのが怖くて退職代行を使った人の体験談を紹介していくイメージ

バイトを辞めたいのになかなか言い出せない方や、辞めると伝えても相手にしてくれない場合、退職代行サービスがおすすめです。

あなたの代わりに退職のプロが退職作業を全てこなしてくれるので、嫌いな上司などに怒られたりすることはありません。

また、業者によっては即日退社も可能であり、嫌な思いをせずに止めることができます。

今回は、実際に退職代行業者を利用した人たちの体験談を3つ紹介していきます。

退職代行の利用を検討している方は是非参考にしてみてください。

バイトを辞めたいと電話で伝えたら怒られたので退職代行を利用した20代男性

退職希望のBさんAさん

バイト中にミスをすると後で店長に長時間怒られることが頻繁にあり、嫌々出勤して仕事をする日々が続いていました。

ずっと我慢していたのですが、限界になり電話で「辞めさせてください」と伝えると全くこちらの意見は聞き入れられず、いつもの感じで説教が始まりました。

全く話し合いにすらならず、このままでは辞めれないと思い退職代行サービスに相談してみると「全く問題ありません」との回答を頂き依頼したところ、次の日には退職ができました!

辞めるまでの過程はもちろん、辞めてからもバイト先の店長から連絡が来たりすることはなくなりました。

バイトをすぐ辞めたくて退職代行を利用した20代女性

 

退職希望のAさんAさん

アルバイトを探して働き始めたところ、聞いていた話とは全く違い体力仕事が長時間続き、私にはとても無理だと思い辞めたいと思いました。
ですが、働きはじめてすぐということもあり、自分では言い出しにくく辞めるまで数週間またここで働かないといけないと考えただけでも辛く、退職代行を利用することにしました。
即日退職もできるとのことで、必要な情報を伝え入金を済ませるとすぐに対応をしてくれました!
途中経過が気になり質問するとすぐに答えてくれて、なんの負担もなく直ぐに辞めることができて本当に良かったです。

メンタルがやられ1か月でバイトを辞めた30代女性

退職希望のAさんAさん

時給が良く面接に行ったところ店長さんも優しい方でしたので安心して働きはじめることにしました。
それまでは問題なかったのですが、一緒に働いている女性の先輩がとにかく怖く思い通りにならないと怒ってきて、仕事の手順なども教えてくれません。

せっかく雇っていただいたので店長には相談しにくく、約一ヶ月我慢し続けたところ何をすればいいのか全くわからなくなり、仕事も行きたくなくなったので退職代行サービスに相談しました。
親身に相談に乗ってくれて今後どうすべきなのか、客観的に分かりやすく説明してくれたので、そのまま依頼をしました。
一緒に働いている人や店長に、辞めたいということは一言も行っていなかったのですぐには辞められないと思っていましたが、全く揉めることなく穏便に退職ができました。
お値段も安く本当に良かったです。

 バイトを辞めたいけど怖い方へ!まとめ

 バイトを辞めたいけど怖い方へ!まとめるイメージ

今回は、バイトを辞めるのが怖いと感じてしまう原因や、その対処方法について詳しく解説してきました。

 

引っ越しや体調不良などを理由にすることで辞めやすくすることができますが、中にはこちらの意見が聞き入れられないこともあります。

 

そのような場合は退職代行サービスの利用がおすすめです。

 

退職代行サービスでは、人間関係や長時間の話し合いなどは一切ないまま、仕事を辞めることができます。

 

バックレたりするとリスクも増えるばかりなので、自分では辞めれないと感じた場合は一度相談してみるといいでしょう。

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

目次
閉じる