警察事務を辞めたいと思う理由がわかる!不向きな人、5つの対処法などを解説

警察事務を辞めたいと思う理由がわかる!不向きな人、5つの対処法などを解説

退職希望のBさんBさん

警察事務が辛い!

退職希望のAさんAさん

もう仕事やめたい!私向いてないかも・・・

警察事務は業務の幅が広くて大変ですよね。忙しすぎて仕事を辞めようか考えている方も多いのではないでしょうか?
この記事では、警察事務が辛くて辞めたい人のために、悩んでしまう理由や対処方法を徹底解説しました。今すぐノンストレスで辞められる方法もご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

警察事務を辞めたいと思う理由を4つ紹介

警察事務を辞めたいと思う理由を4つ紹介

警察事務を辞めたいと思う方のなかには、苦しい理由がわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

辞めたいと感じる理由を見てみましょう。
警察事務を辞めたいと思う理由4つ
  • 激務で体力的につらい
  • プライベートまで監視されていてきつい
  • 仕事のやりがいがない
  • 事務職であることのメリットが活かせない

それぞれ解説します。

激務で体力的につらい

警察事務を辞めたいと思う理由の1つに、体力的なつらさがあります。
警察官ほど忙しくはないものの、一般的な事務よりも請け負う幅が広いので、「激務でついていけない・・・」と思う方もいるでしょう。

また、警察署の刑事関係部署に配属されると、刑事と同じローテーションで宿直が入ることもあり、部署や勤務先によっては休みづらくて嫌だと思う方もいるかもしれません。

プライベートまで監視されていてきつい

警察事務を辞めたいと思う理由の1つに、監視のきつさがあります。
非番の日に旅行をしようとした場合、書類の提出が必要です。
書類に記載する項目がこちら。

  • 旅行先の地名
  • 宿泊するホテル名
  • 一緒に行く人の名前

旅行の際には、これらを事前に伝えなければなりません。
出かける度に書類提出の必要があり、プライベートの監視がきついので「もっと自由な職場に勤めたい」と思う方もいるでしょう。

仕事のやりがいがない

警察事務を辞めたいと思う理由の1つに、仕事のやりがいの無さがあります。

免許更新の窓口業務やセキュリティ管理の統計業務など、淡々とした仕事なので、面白みがないと思う方も多いでしょう。

また、喫茶店の接客業であればお客さんの喜ぶ顔も見れますが、警察事務としての窓口なので、ポジティブな気分にはなりづらいです。

事務職であることのメリットが活かせない

警察事務を辞めたいと思う理由の1つに、事務職のメリットの活かしづらさがあります。

プログラミングやデザインのような仕事であれば、そこで磨いたスキルが他の会社でも生かせますが、事務職となると別です。

活かせるとしてもビジネスマナーやPCスキルくらいなので、転職先で通用しにくいでしょう。

警察事務を辞めたいと思った時の対処法4選

警察事務を辞めたいと思った時の対処法4選

警察事務を辞めたいと感じている人の中で、本当に辞めて良いのか?辞めたい時の対処方法が知りたいという方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

具体的な対処法を見てみましょう。
警察事務を辞めたいと思った時の対処法4選
  • キャリアアップして業務内容を変える
  • 有給や休職制度を使ってリフレッシュする
  • 先輩や直属の上司に相談する
  • 退職して職場を変える

それぞれ解説します。

キャリアアップして業務内容を変える

警察事務を辞めたいと思った時の対処法の1つに、キャリアアップがあります。

キャリアップすれば業務内容が変わりますし、嫌だった職場の人間関係も変わるかもしれません。

辞めたい原因が仕事内容や人間関係にある場合、昇任試験を受けてみてはいかがでしょうか?

有給や休職制度を使ってリフレッシュする

警察事務を辞めたいと思った時の対処法の1つに、有給や休職制度の活用があります。

思いきって休みを取れば、気持ちがリフレッシュして辞めたい気持ちがなくなるかもしれません。

多忙を極めてうんざりしている方は、試しに休みを取ってみてください。

有給休暇を取得できる条件は以下です。

有給休暇を取得できる2つの条件
  • 入社後6ヶ月継続して勤務している
  • 労働日のうち8割以上の勤務をしている

有給休暇が取れる日数は勤務日数に応じて変わるので、よく確認しておきましょう。

先輩や直属の上司に相談する

警察事務を辞めたいと思った時の対処法の1つに、先輩や上司への相談があります。

上司はそれなりに決定権を持っているはずなので、もしかしたら、辞めたい原因を解決してくれるかもしれません。

また、第三者に相談すれば、自分では見えていない解決のヒントをもらえる可能性もあるので、一人で考え込んでしまっている方は、周りの頼れる人に相談してみてください。

退職して職場を変える

警察事務を辞めたいと思った時の対処法の1つに、退職による職場の変更があります。

職場を変えれば、仕事内容や人間関係がガラッと変わるので、仕事がしやすくなる可能性が高いです。

退職を切りだすのは勇気がいるので、簡単にはできないと思うかもしれませんが、それをカンタンにするための退職代行もあるので、興味がある方はそちらも検討してみてください。

退職を言い出せない場合は退職代行の利用もアリ

退職を言い出せない場合は退職代行の利用もアリ

警察事務で退職を検討している方のなかには、上司に退職を言い出せずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行を使えば、あなたが上司に伝える必要はありません。

業者が代行してくれるので、非常にラクです。

また、退職代行のメリットは色々あります。

退職代行のメリット
  1. 追加料金が一切かからない
  2. 即日退職にも対応している
  3. 有給消化の意向も伝えてもらえる
  4. 全て手続きは丸投げでOK
  5. 業界最安値で低価格で依頼できる

代行料金は発生しますが、丸投げでOKですし、即日退職も可能です。

万が一、トラブルが発生しても業者が対応してくれるので、退職を切り出せない方はぜひ検討してみてください。

警察事務に不向きな人の特徴

警察事務に不向きな人の特徴

警察事務を辞めたいと思う方のなかには、自分は警察事務に向いていないのでは?と思う方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

不向きな人の特徴を見てみましょう。
警察事務に不向きな人の特徴
  • プライドが高く頑固な性格
  • 事務以外の業務は得意じゃない
  • コミュニケーションを取るのが苦手

それぞれ解説します。

プライドが高く頑固な性格

警察事務に不向きな人の特徴として、プライドの高さがあります。

プライドが高すぎる場合、嫌いな上司の指示をまともに聞く気になれず、仕事が困難になるので向いていません。

ガマンして仕事を遂行したとしても、次第にストレスが蓄積し、トラブルにつながる可能性もあります。

特に、警察事務は民間企業とは違い、お堅い職場なので上下関係が厳しいです。

もっと上下関係が緩いところで仕事をしたいなら、転職を考えた方がいいでしょう。

事務以外の業務は得意じゃない

警察事務に不向きな人の特徴として、業務内容のミスマッチがあります。

警察事務は事務以外に、雑務も任されるので、雑務が苦手な人には向いていません。

ちなみに、雑務の業務内容とは以下です。

雑務の業務内容
  • 問合せの窓口対応
  • 設備や備品管理などの経理
  • 本部での予算・情報管理
  • 犯罪統計資料の設計
  • 企画・広報

警察事務の仕事にはこれらの雑務があります。

「事務をしたかったのに、思っていたのと違った!」という方は職場の変更を考えた方がいいでしょう。

コミュニケーションを取るのが苦手

警察事務に不向きな人の特徴として、コミュニケーションの不得意があります。

警察事務はさまざまな人と連絡を取る必要があるので、会話が不得意な人には向いていません。

ちなみに、連絡を取る必要がある人とは以下です。

連絡を取る必要がある人
  • 一般の人
  • 上司や部長
  • 他部署の警察事務員

警察事務の仕事では、これらの立場の人と連絡を取らなければいけません。

極力、コミュニケーションを不要にしたい方には荷が重いので、職場の変更を考えた方がいいでしょう。

警察事務から転職する場合におすすめな3つの職種

警察事務から転職する場合におすすめな3つの職種

警察事務を辞めたいと思う方のなかには、転職先をどこにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

おすすめの職種を紹介します。
警察事務から転職する場合におすすめな3つの職種
  • 一般事務|警察事務の経験を活かせる
  • 介護士|人手不足なので採用されやすい
  • 公務員|公務員だった経験が買われる

それぞれ解説します。

一般事務|警察事務の経験を活かせる

警察事務からの転職先におすすめな職種の1つに、一般事務があります。

一般事務であれば、警察事務のスキルをそのまま活かせるので、これ以上新しいことを覚えたくない方におすすめです。

ちなみに、活かせるスキルには以下があります。

警察事務からそのまま活かせるスキル
  • PCスキル
  • スケジュール管理スキル
  • コミュニケーションスキル

一般事務への転職であれば、これらの基礎スキルをそのまま活かせます。

スムーズに負担なく転職したい方は一般事務で検討してみましょう。

介護士|人手不足なので採用されやすい

警察事務からの転職先におすすめな職種の1つに、介護士があります。

介護士であればどこも深刻な人手不足なので、単純な話、採用されやすいです。

また、他の業界と比べても「年齢や経験を問わない」という採用時のメリットがあります。

ちなみに、以下の資格を取得することで、未経験からでもキャリアアップ可能です。

キャリアアップ可能な資格
  • 介護福祉士資格
  • 介護職員初心者研修
  • 介護福祉士実務者研修

未経験でも、これらの資格があれば有利になります。

「介護士の仕事の方が自分に合ってそう」と思う方は、ぜひ転職先として検討してみてください。

公務員|公務員だった経験が買われる

警察事務からの転職先におすすめな職種の1つに、公務員があります。

当然ですが、公務員である警察事務員として働いたという経験を買ってもらえるので、他の公務員でも採用されやすいです。

「今の職場は嫌いだが、公務員自体は嫌いじゃない」という方は別の公務員を検討してみてはいかがでしょうか?

警察事務を退職するメリット

警察事務を退職するメリット

警察事務を辞めたいと思う方のなかには、転職して本当に正解なんだろうか?と悩む方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職するメリットを紹介します。
警察事務を退職するメリット
  • プライベートの時間が増える
  • 精神的に辛い状況から解放される

それぞれ解説します。

プライベートの時間が増える

警察事務を退職するメリットの1つに、プライベートの充実があります。

今よりも休みを確保できる仕事に就けば、プライベートの時間が増えるので、人生が楽しく感じるでしょう。

緊急時の呼び出しもありませんし、旅行にでかけるときも逐一、宿泊先を報告する必要もありません。

時間的な束縛がなく、解放された休みを過ごせるのは大きなメリットといえます。

精神的に辛い状況から解放される

警察事務を退職するメリットの1つに、精神的な開放感があります。

警察事務ではいつ緊急の事故や事件が起こるかわからないので、プレッシャーと隣り合わせです。

しかし、退職してしまえば、プレッシャーから解放されるので精神的な開放感を味わえます。

具体的なメリットは以下です。

具体的なメリット
  • 民間企業なら拘束時間は決まっている
  • 休日もあらかじめ決まっており、予定が立てられる
  • よっぽどのことがなければ急な呼び出しはない

警察事務から退職すれば、これらのメリットがあります。

時間的にも精神的にも余裕がほしい方は退職を検討してみてください。

警察事務から転職するデメリット

警察事務から転職するデメリット

警察事務を辞めたいと思う方のなかには、転職前にデメリットを知っておきたい!と思う方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職するデメリットを紹介します。
警察事務を退職するデメリット
  • 年収や退職金がダウンする可能性がある

年収や退職金がダウンする可能性がある

警察事務を退職するデメリットに、年収や退職金のダウンがあります。

平均年収や平均退職金については、公務員よりも民間企業の方が低いです。

具体的な金額を見てみましょう。

就職先 平均年収 平均退職金
公務員 約660万円 約2609万円
民間企業 約430万円 約1701万円

平均ではどちらも公務員の方が上です。

あくまで平均なので就職先次第ですが、警察事務を退職して民間企業に就職する場合、年収や退職金が下がる可能性も考慮したうえで決断しましょう。

警察事務を辞めたいと思ったら様々な対処法を実践しよう

警察事務を辞めたいと思ったら様々な対処法を実践しよう

今後すべき対策は見つかりましたか?

今回の情報をまとめます。

警察事務をやめたい・まとめ
  • 警察事務は激務で時間的にも精神的にも束縛が多い
  • 辛い時はキャリアアップや休職、退職を視野に入れよう
  • 退職代行サービスならカンタンに退職できる!

退職を言い出しづらい方には、退職代行サービスがおすすめです。上司との面談不要で、即日で辞められるので、もう限界!という方はぜひ検討してみてください。

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

目次
閉じる