【勘違い?】自分だけ仕事量が多いと感じた時の対処方法や判断基準を紹介

【勘違い?】自分だけ仕事量が多いと感じた時の対処方法や判断基準を紹介

退職希望のBさんBさん

なんか自分だけ仕事が多い気がする…

退職希望のAさんAさん

こうゆう時ってどうしたらいいんだろう?

ふと見渡すと、周りはそんなに頑張っておらず自分だけマジメに頑張っているときってありますよね。
同僚よりも明らかに仕事が多いのになんで同じ給料?と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、仕事が多い状況に陥っている方のために「仕事が多くなる原因」や「仕事が多くて辞めたい時の対処方法」をご紹介します。

どうしても耐えられない時に”ラクに退職する方法”もまとめているので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • 自分だけ仕事が多くなる原因とは?
  • 自分だけ仕事量が多くて辞めたいと感じた時の対処方法
  • 自分だけ仕事量が多いと感じる人からよく挙がる質問

相談料無料!

目次

自分だけ仕事量が多いのかを判断する基準【勘違いを防止】

自分だけ仕事量が多いのかを判断する基準【勘違いを防止】

自分だけ仕事が多いかもと思っている方のなかには、「どうやって仕事の多さを判断したらいいんだろう?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

仕事が多いのかを判断する基準を見てみましょう。
自分だけ仕事量が多いのかを判断する基準
  • 基準①同僚の仕事量に比べ明らかにタスク量が多い
  • 基準②周りの人はみんな定時で帰っている
  • 基準③家に帰ってからや休日もタスクをこなしている

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

基準①同僚の仕事量に比べ明らかにタスク量が多い

仕事の多さを判断する基準の1つに、同僚との比較があります。

仕事中の姿をパッと見るだけではタスクの量はわからないので、食事中などにコソッと聞いてみるといいでしょう。

また、管理ツールで同僚のタスクを把握できれば、そこでチェックしてみるのもアリかもしれません。
そこで明らかに同僚のタスクの量が少なければ、あなたは多くの仕事を任されていることになります。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

まずはタスクの量を確認してみましょう。

基準②周りの人はみんな定時で帰っている

仕事の多さを判断する基準の1つに、帰宅時間があります。

周りは定時で帰っているのに自分だけ定時をすぎて残業をしていませんか?
その場合、自分だけ過剰な仕事を任せれているかもしれません。

要領がいい人が早く帰宅するのは自然なことですが、要領が悪そうな人も定時で帰宅している場合、あなただけ仕事が多い可能性があります。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

周りの帰宅時間をチェックしてみましょう。

基準③家に帰ってからや休日もタスクをこなしている

仕事の多さを判断する基準の1つに、持ち帰り残業があります。
会社だけでなく、家に帰ってからもタスクをこなしていませんか?

持ち帰り残業をしている場合、仕事が多すぎる可能性があります。
効率的にタスクを処理しても持ち帰り残業がなくならない場合、仕事の量に問題があるかもしれません。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

持ち帰り残業は仕事が多いサインかもしれません。

自分だけ仕事が多くなる原因とは?

自分だけ仕事が多くなる原因とは?

自分だけ仕事が多いかもと思っている方のなかには、「どうしてこんな状況になってしまったんだろう?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

仕事が多くなる原因を見てみましょう。
自分だけ仕事が多くなる原因とは?
  • 原因①上司が部下のキャパの量を見誤っている
  • 原因②マルチタスクをしていて全ての仕事が中途半端
  • 原因③職場でいじめられていて意図的に多くの仕事を振られる
  • 原因④上司から期待されており成長の意味を込められている
  • 原因⑤職場が人手不足で他に依頼できる人がいない

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

原因①上司が部下のキャパの量を見誤っている

仕事が多くなる原因の1つに、上司の誤認識があります。
上司があなたのことを買いかぶっている場合、キャパを見誤って過剰な仕事を任せている可能性があります。

過大評価されたままでは永遠に仕事が多いままなので、仕事の量が多すぎることを正直に伝えてみましょう。
「そうだったか…スマンスマン」と意外とすんなり仕事を減らしてもらえるかもしれません。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

仕事を適正値まで調整してもらいましょう。

原因②マルチタスクをしていて全ての仕事が中途半端

仕事が多くなる原因の1つに、生産性の悪さがあります。
生産性が悪いとタスクが減らず、仕事量が多く感じるものです。

仕事が多く感じる方は生産性アップさせましょう。
おすすめはシングルタスクで、1つ1つ仕事をこなしていくことです。

マルチタスクの場合、注意散漫な状態で仕事をすることになり、脳の処理スピードが遅くなってしまいます。
生産性を上げたい方は「会議に出席しながらメール返信」「電話応対しながら資料作成」などのマルチタスクは避けましょう。

仕事は同時進行していくよりも、1つずつ仕事をこなしていく方が早いです。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

生産性アップするならシングルタスクがおすすめ!

原因③職場でいじめられていて意図的に多くの仕事を振られる

仕事が多くなる原因の1つに、いじめがあります。
職場でいじめの対象となっている場合、意図的に多くの仕事を振られているかもしれません。

「周りから見下されている感じがする」「話しかけてもスルーされる」など身に覚えがある場合、注意信号です。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

いじめは人間関係の問題なので、簡単に解決するのは難しいです。

原因④上司から期待されており成長の意味を込められている

仕事が多くなる原因の1つに、上司からの期待があります。
あなたが上司から期待されている場合、そこまでネガティブに捉える必要はないかもしれません。

「伸び代がある」「まだまだ成長できる」と背中押すような意味合いで仕事が振られている可能性があります。

上司の期待に応えたい方は、もう少し頑張ってみるのもアリでしょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

仕事が多いのは期待されているからかもしれません。

原因⑤職場が人手不足で他に依頼できる人がいない

仕事が多くなる原因の1つに、人手不足があります。
人手が足りない場合、仕事を任せる相手がいなくてあなたにシワ寄せがきているのかもしれません。

となると、会社の問題なので容易には解決はできません。
どうしても仕事を減らしたい場合、部署異動や転職を視野に入れるべきでしょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

人手不足は一社員では解決が難しいので、ほかの方法を考えましょう。

自分だけ仕事量が多くて辞めたいと感じた時の対処方法

自分だけ仕事量が多くて辞めたいと感じた時の対処方法

自分だけ仕事が多いかもと思っている方のなかには、「どう対処したらいいんだろう?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

仕事が多い時の対処方法を見てみましょう。
自分だけ仕事量が多くて辞めたいと感じた時の対処方法
  • 対処方法①上司に振る仕事量を減らしてほしいと相談する
  • 対処方法②各仕事に掛かった時間を出して上司に見せる
  • 対処方法③本当に全ての仕事をやらないといけないのか考える
  • 対処方法④職場環境を変えるために部署の異動願いを出す
  • 対処方法⑤原因が会社にある場合は辞めて転職する

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

対処方法①上司に振る仕事量を減らしてほしいと相談する

仕事が多いときの対処方法の1つに、上司への相談があります。
困ったときは勇気を振り絞り、「仕事量についてご相談があるのですが…」と相談してみましょう。

どんな対応が帰ってくるかは上司次第ですが、本気で伝えれば仕事を減らしてもらえるかもしません。
上司にとって一番怖いのは「退職されること」なので、部下からの相談を無下にはできないでしょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

まずは上司に相談!

対処方法②各仕事に掛かった時間を出して上司に見せる

仕事が多いときの対処方法の1つに、根拠のある提案があります。
ただ単に「仕事を減らしてほしい」と上司に伝えるだけでは納得しづらいでしょう。

納得してもらうには、”各記事にかかった時間を明記”するのがおすすめです。
具体的に時間不足であることがわかれば、仕事を減らしてもらえるかもしれません。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

上司には根拠のある提示をしましょう。

対処方法③本当に全ての仕事をやらないといけないのか考える

仕事が多いときの対処方法の1つに、仕事を断るがあります。
自分の能力を超えた仕事については、”キッパリ断る”のも大事なことです。

断らないと仕事は増える一方。
特に、意見を通すのが苦手でイエスマンになってしまう人の場合、ムダに仕事を押し付けられてしまいます。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

自分には難しすぎる仕事は断るのも手です。

対処方法④職場環境を変えるために部署の異動願いを出す

仕事が多いときの対処方法の1つに、部署異動があります。
部署異動すれば職場環境がガラッと変わるので、仕事が減るかもしれません。

今の仕事にマンネリを感じている方にとっては気分転換にもなるので、ぜひ部署異動を検討してみてください。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

別の仕事も経験してみたい方は部署異動するのも手!

対処方法⑤原因が会社にある場合は辞めて転職する

仕事が多いときの対処方法の1つに、転職があります。
人手不足など会社に原因がある場合、一朝一夕での解決が難しいです。

それでもすぐに解決したい人は転職を視野に入れましょう。
会社をチェンジすれば「仕事内容」や「人間関係」がガラッと変わります。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

転職すれば仕事量がグッと減るかもしれません。

退職代行を使えば会社と連絡を取らずに辞められる!

退職代行を使えば会社と連絡を取らずに辞められる!

退職希望のAさんAさん

退職したいけど、上司に言い出しづらいなー。

退職を検討している方のなかには、退職理由の伝え方に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そんなモヤモヤしている方には、退職代行がおすすめです。

業者があなたの代わりにめんどうな連絡してくれます。
退職理由を時間をかけて考える必要もないので、ぜひ検討してみてください。

気になる退職代行のメリットは以下です。

退職代行のメリット
  1. 追加料金が一切かからない
  2. 即日退職にも対応している
  3. 有給消化の意向も伝えてもらえる
  4. 全て手続きは丸投げでOK
  5. 業界最安値で低価格で依頼できる

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

ストレスフリーに退職するなら退職代行!

自分だけ仕事量が多いと感じる人からよく挙がる質問

自分だけ仕事量が多いと感じる人からよく挙がる質問

自分だけ仕事が多いかもと思っている方のなかには、「ほかの人はどう感じているんだろう?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

似たような人のよくある質問を見てみましょう。
自分だけ仕事量が多いと感じる人からよく挙がる質問
  • 自分だけ仕事量が多いとイライラします。対処法はありますか?
  • 自分だけ仕事量が多いのに給料に反映されないのはおかしくないですか?

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

自分だけ仕事量が多いとイライラします。対処法はありますか?

仕事量が多いときは、以下を意識してみましょう。

  • 上司に相談する
  • 難易度の高い仕事を断る
  • 部署異動で職場環境をガラッと変える
  • 思い切って退職する

その場しのぎでイライラを抑えるだけでは仕事は減りません。

根本原因を解決をするためにも、上記を実践してみてください。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

原因にアプローチすることが重要です。

自分だけ仕事量が多いのに給料に反映されないのはおかしくないですか?

仕事が多いのに給料が低いと感じる場合、上司に相談してみましょう。
「仕事を減らす」「給料を増やす」のどちらかで交渉してみるのがおすすめです。

どちらにも対応してくれず問題が解決しない場合、会社としてブラックな可能性が高いので、転職を視野に入れてみるとよいでしょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

意見が通りやすい会社に転職できれば、ストレスフリーに仕事ができます。

自分だけ仕事量が多いと感じた時の対処方法まとめ

自分だけ仕事量が多いと感じた時の対処方法まとめ

いかがでしたか?
仕事が多い状況に陥っている方のために「仕事が多くなる原因」や「仕事が多くて辞めたい時の対処方法」をご紹介しました。

それでは今回のまとめです。

自分だけ仕事量が多いと感じた時の対処方法まとめ
  • 「周りの帰宅時間が早い」「持ち帰り残業が多い」に該当する場合、自分だけ仕事が多い可能性アリ!
  • 仕事が多いのは「上司のキャパの見誤り」や「慢性的な人手不足」が原因かも!
  • 仕事を減らしたい場合、「部署異動」や「べつの会社への退職」を検討しよう!

相談料無料!

「辞めたいけど、上司になんて言ったら?」と悩んでいる方には退職代行がおすすめです。
業者がすべて代行してくれるので、あなたが退職理由を考える必要はありません。

「退職日」や「有給休暇」の交渉もしてくれるので至れり尽くせりです。
今すぐラクに退職したい方は、退職代行を検討してみてください。

Let's share this post!
\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる