施工管理を辞めて良かったのはなぜ?6つの理由と体験談を紹介

施工管理を辞めて良かったのはなぜ?6つの理由と体験談を紹介

退職希望のBさんBさん

施工管理の仕事を辞めたい!

退職希望のAさんAさん

もっと条件のいい会社に転職したい!

ブラックな会社で働いていると毎日辞めたい気持ちになりますよね。
なんとなく建設業で働きはじめたものの、労働条件や職場環境が悪すぎてうんざりしている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、施工管理を辞めたい方のために「辞めてよかった理由」や「辞めたくなった時の対処方法」をご紹介します。

実際に辞めた人の“リアルな体験談”も詳しくご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • 施工管理・現場監督を辞めて良かったと感じる理由
  • 施工管理を辞めるべき状況とは?
  • 施工管理・現場監督を辞めたいと思ったときの対処法

相談料無料!

目次

【前提】施工管理・現場監督の離職率は高い!

【前提】施工管理・現場監督の離職率は高い!

退職希望のBさんBさん

建設業界の離職率ってどうなの?

施工管理を辞めたいと思っている方のなかには、「離職率ってどれくらいなんだろう?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

結論、建設業界の離職率は”平均よりも高い”です。
厚生労働省のデータによると、「3年以内の離職率」は大卒が約30%で高卒が約40%です。

まず、大卒の場合のデータがこちら。

建設HR 大卒

出典:BUILT

つぎに、高卒の場合のデータがこちら。

建設HR 高卒

出典:BUILT

高卒と大卒、いずれも離職率が平均より高いことがわかります。

退職希望のBさんBさん

建設業界は離職率が高い!

施工管理・現場監督を辞めて良かったと感じる理由

施工管理・現場監督を辞めて良かったと感じる理由

施工管理を辞めたいと思っている方のなかには、「辞めるメリットってなんだろう?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

辞めて良かったと感じる理由を見てみましょう。
施工管理・現場監督を辞めて良かったと感じる理由
  • 理由①時間外労働の日々から解放された
  • 理由②事故に遭うかもという恐怖心を抱かなくなった
  • 理由③職場の劣悪な環境から解放された
  • 理由④先輩からの八つ当たりに遭わなくなった
  • 理由⑤肉体労働のきつさがなくなった理由⑥土日や祝日もしっかりと休めるようになった

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

理由①時間外労働の日々から解放された

施工管理を辞めてよかったと感じる理由の1つに、時間外労働からの解放があります。

施工管理は残業が常態化しており、「コスト管理」「関係者との調整」「クレーム対応」など業務はさまざまです。

残業が多すぎる施工管理だからこそ、解放されたときの喜びは大きいでしょう。

退職希望のBさんBさん

残業まみれな生活はもうイヤだ!

理由②事故に遭うかもという恐怖心を抱かなくなった

施工管理を辞めてよかったと感じる理由の1つに、事故の恐怖心からの解放があります。

施工管理には事故の危険があり、その種類は「建築中の落下事故」や「クレーンによる下敷き事故」などさまざまです。

いつ死んでしまうかわからないため、毎日の仕事でかなりのストレスを感じている方も多いでしょう。
別の仕事にシフトすれば、そういった身の危険を感じることなく安心して仕事ができます。

退職希望のBさんBさん

恐怖を感じながら仕事をするのはストレスがたまる!

理由③職場の劣悪な環境から解放された

施工管理を辞めてよかったと感じる理由の1つに、劣悪な職場環境からの解放があります。

たとえば、劣悪な職場環境には以下があります。

  • 給料が低い
  • 残業が休日出勤が多い
  • 性格の悪い社員が多い

施工管理から別の仕事にシフトすれば、上記の悪条件から解放されることもあるでしょう。

給料が低すぎればお金は貯まりませんし、残業が多ければ疲労困憊のなか仕事をすることになり、事故の危険性も上がってしまいます。

今の職場環境がヤバいと感じる方は転職を視野に入れてみましょう。

退職希望のBさんBさん

長時間残業のストレスで顔が老けそう…

理由④先輩からの八つ当たりに遭わなくなった

施工管理を辞めてよかったと感じる理由の1つに、嫌いな先輩からの解放があります。

施工管理は「気性の荒い人」や「職人気質の人」が多く、職場の雰囲気が乱れがちです。
性格が悪い人ばかりで今すぐ辞めたいと思う方も多いでしょう。

もっと和やかな雰囲気の職場で働きたい方は、施工管理とは別の仕事にチャレンジしてみてください。

退職希望のBさんBさん

職場の空気が悪すぎて肩身が狭い…

理由⑤肉体労働のきつさがなくなった

施工管理を辞めてよかったと感じる理由の1つに、肉体労働からの解放があります。

施工管理は「業務の幅が広い」「緊急の内容が多い」といった仕事で、なにかと苦労が多いです。
そもそも人員が少ないケースもあり、自分自身でそれを補うことも必要になってきます。

もう少し余裕のある仕事がしたい方は、施工管理以外の仕事にも挑戦してみるといいでしょう。

退職希望のBさんBさん

今の仕事は余裕がなさ過ぎてツライ!

理由⑥土日や祝日もしっかりと休めるようになった

施工管理を辞めてよかったと感じる理由の1つに、十分な休みがあります。

施工管理は残業が常態化しているうえ、「週休1日」の風潮が強いです。
ただでさえ業務量が多く忙しいので、休んでも疲れが取れない方は多いでしょう。

「このままでは体が壊れる!」という方は、休み重視の会社に転職するのもアリかもしれません。

退職希望のBさんBさん

今は給料よりも休みがほしい!

施工管理を辞めるべき状況とは?

施工管理を辞めるべき状況とは?

施工管理を辞めたいと思っている方のなかには、「本当に辞めてしまっていいのだろうか?」と不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

辞めるべき状況について見てみましょう。
施工管理を辞めるべき状況とは?
  • 時間外労働が月45時間を超えた時
  • 心身に異常をきたしており悪化していっている場合
  • 先輩からのパワハラがひどく改善しない時
  • どんなに頑張っても評価に反映されない

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

時間外労働が月45時間を超えた時

施工管理を辞めるべき状況の1つに、残業の多すぎがあります。
法律上の規定として、残業の上限ラインは「月45時間、年360時間」です。

それらを超えた労働を強いられる場合、法律違反なので会社として問題があります。
あまりにも残業が多い場合、会社としてブラックなので転職を検討してみましょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

残業時間には超えてはいけない上限があります。

心身に異常をきたしており悪化していっている場合

施工管理を辞めるべき状況の1つに、心身の異常があります。
上司の怒号が飛び交うなかで仕事をし、十分に休めていなければストレスは蓄積する一方です。

ストレスで体に異変を感じた場合、休職や転職を検討したほうがいいかもしれません。
場合によっては、「うつ病」や「何かしらの障害」を引き起こす可能性もあります。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

重症化する前に手を打ちましょう。

先輩からのパワハラがひどく改善しない時

施工管理を辞めるべき状況の1つに、先輩からのパワハラがあります。

パワハラがひどすぎる場合、メンタルが病み重症化する可能性があるため、転職を検討した方がよいかもしれません。

職場でよくあるパワハラは以下です。

  • 暴言
  • 人格の否定
  • 無茶な仕事をふる
  • 長すぎる説教
  • 暴力

施工管理は納期に追われ上司がイライラするため、パワハラも起きやすいです。

上司からの無茶苦茶な要求が多いと感じる方は、脱パワハラするための一手を打ちましょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

納期が厳しい職場はパワハラも起きやすい!

どんなに頑張っても評価に反映されない

施工管理を辞めるべき状況の1つに、評価してもらえないがあります。

会社によっては、結果をだせば「昇進」「給料アップ」など何かしらの報酬を与えてもらえるところもあります。

頑張りが評価されないシステムになっている場合、別の会社への転職を考えたほうがよいかもしれません。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

どうせなら頑張った実感を得られる職場で働きたいですよね。

施工管理・現場監督を辞めたいと思ったときの対処法

施工管理・現場監督を辞めたいと思ったときの対処法

施工管理を辞めたいと思っている方のなかには、「具体的にどうすればいいのだろうか?」と考えている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

辞めたいと思ったときの対処法を見てみましょう。
施工管理・現場監督を辞めたいと思ったときの対処法
  • 対処方法①事務など内勤への異動願いを出す
  • 対処方法②資格やスキルなど別軸で手に職をつける
  • 対処方法③会社を辞めて転職する

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

対処方法①事務など内勤への異動願いを出す

施工管理を辞めたいと思ったときの対処法の1つに、内勤への異動があります。
内勤へ異動すれば、施工管理の地獄から抜け出せるかもしれません。

内勤は「社内業務が大半」「地味な作業がメイン」なため、施工管理ほど肉体労働に苦しむ必要はナシ。

また、比較的仕事のリズムが安定しているので、身体的ストレスも減る可能性が高いです。
施工管理の厳しさに耐えられない方は、内勤への異動を検討してみてください。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

異動すれば、毛色のちがう仕事ができます。

対処方法②資格やスキルなど別軸で手に職をつける

施工管理を辞めたいと思ったときの対処法の1つに、資格の取得があります。
「別のスキルがあったらスパッと辞められるのに!」と思う方は資格の勉強をするのも手です。

すでに施工管理で疲労困憊のなか勉強するのは大変かもしれませんが、根性で勉強できそうな人は検討する価値があります。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

別ジャンルのスキルがあれば転職しやすいです。

対処方法③会社を辞めて転職する

施工管理を辞めたいと思ったときの対処法の1つに、転職があります。

かなり勇気のいる対処法ではありますが、条件のいい会社に転職できればハッピーな仕事生活が送れるでしょう。

たとえば、条件のいい会社とは以下です。

  • 残業が少ない
  • 厳しい納期に追われない
  • 職場の雰囲気が和やか

いい会社に転職できれば今の悩みを根本解決できるので、ぜひ前向きに検討してみてください。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職すれば勉強時間を確保できます。

会社を辞めたいと言いにくい場合は退職代行の利用もアリ

会社を辞めたいと言いにくい場合は退職代行の利用もアリ

退職希望のBさんBさん

上司になんて言ったらいいんだろう?

施工管理を辞めたいと思っている方のなかには、「上司に退職を言い出せない!」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

結論、上司に言い出せない方には退職代行がおすすめです。

業者があなたの代わりに連絡してくれるので、ラクに退職できます。
めんどう事を起こさず退職したい方は検討してみてください。

退職代行のメリットは以下です。

退職代行のメリット
  1. 追加料金が一切かからない
  2. 即日退職にも対応している
  3. 有給消化の意向も伝えてもらえる
  4. 全て手続きは丸投げでOK
  5. 業界最安値で低価格で依頼できる

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職代行ならストレスフリーに退職できます。

施工管理を辞めて良かったと感じている人の体験談

施工管理を辞めて良かったと感じている人の体験談

施工管理を辞めたいと思っている方のなかには、「辞めた人の話を聞いてみたい!」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

辞めた人の体験談を見てみましょう。
施工管理を辞めて良かったと感じている人の体験談
  • 体験談①施工管理を一年目で辞めた20代男性
  • 体験談②現場監督を40代で辞めた男性

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

体験談①施工管理を一年目で辞めた20代男性

施工管理が辛すぎて退職しました。
体力仕事であることは覚悟していましたが、実際にやってみると想像以上のキツさでした。

管理業務の幅が広く、常に納期に追われているので、身体的にも精神的にも耐えがたかったです。
現場監督は向いてないと思ったので、事務系の仕事に転職しました。

今ではふつうに定時に帰れるので、ストレスフリーな仕事ができていると思います。

体験談②現場監督を40代で辞めた男性

施工管理の仕事を3年続けましたが、体が限界を感じたため、転職することにしました。
体力仕事は嫌いではありませんが、納期のプレッシャーが強いのが辛い点でした。

仕事だけでなくプライベートの気分も落ち込む気がして、「このままではうつ病になりそうだ」と思いました。

メンタル症状が重症化しないうちに退職しましたが、結果的には良かったと思います。
以前よりも前向きな思考ができていますし、将来的なことも考える余裕が生まれました。

施工管理を辞めて良かったのはなぜ?まとめ

施工管理を辞めて良かったのはなぜ?まとめ

いかがでしたか?
施工管理を辞めたい方のために「辞めてよかった理由」や「辞めたくなった時の対処方法」をご紹介しました。

それでは今回のまとめです。

施工管理を辞めて良かったのはなぜ?まとめ
  • 建築業界の離職率は平均より高く、多くの人が辞めているので恥ずかしいことではない!
  • 施工管理は「業務の幅が広い」「緊急の内容が多い」などの条件があり、とてもストレスの多い仕事!
  • どうしてもつらい場合、「部署異動」「条件のいい会社への転職」を視野に入れよう!

相談料無料!

「上司が怖すぎてとてもじゃないけど言えない…」という方には退職代行がおすすめです。
業者が代わりに連絡してくれますし、「退職日」や「有給休暇」の交渉も行ってくれます。

即日退職に対応しておりスムーズに導いてもらえるので、ぜひ検討してみてください。

Let's share this post!
\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる