退職代行でもボーナスは貰いたい!!確実にボーナスをもらって辞める方法をこっそり伝授!

退職代行でもボーナスは貰いたい!確実にボーナスを貰って辞める方法をこっそり伝授

退職希望のAさんAさん

退職代行使ってボーナスもらって辞めるんだ!

退職希望のBさんBさん

えっ!そんなことできるの?

退職代行を使いたい人でたまにいただく質問にこんなものがあります。
ボーナスをもらって辞めたいのですが可能ですか?」というものです。

確かにせっかくのボーナスはいただきたいですよね!
退職代行を使うとボーナスが貰えないんじゃないか。また、貰えるいい方法があるなら知りたいなんて人は多いのではないでしょうか?

退職代行利用を検討している全会社員に向けて書きました。
退職代行を利用してもボーナスをもらう方法をこっそりこの記事で伝授しちゃいます!

楽しみに読み進めてくださいね!

この記事を読んで分かること
  • ボーナスを貰いながら退職代行で辞める方法
  • 今更聞けないボーナスに関する基礎知識
  • ボーナスを受け取るために注意するべきもの
  • ボーナスを貰って退職代行で辞める時の具体的な流れ

オイトマなら相談回数が無制限!

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

結論:ボーナス支給されてから退職代行を利用しよう!

結論はこれ!ボーナスは支給されてから退職代行を利用しよう!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

ズバリ!結論はこれです!

こっそり伝授とか言いながら結論を先に言っちゃいます!
長い話とか聞いてられない人が多いと思いますからね。

退職代行を利用して確実にボーナスを貰う方法は支給を確認してから退職代行を利用するというものです。

もっとすごい方法があると思ったそこのあなた、そんなことはありません。とてもシンプルです。貰ってから辞めるそれだけです。

なぜ貰ってからの利用がいいのかこれから詳しく説明をしていきます。
ただその前に今更聞けないボーナスの基礎知識を確認しましょう。

分かっている人も後半の内容のために今一度確認をお願いいたします。では基礎知識について一緒に見ていきましょう!

退職代行前に要確認!ボーナスの基礎知識

退職代行前に要確認!今更聞けないボーナスの基礎知識

退職希望のAさんAさん

ボーナスってそもそも何?

それでは一緒にボーナスの基礎知識について確認しましょう。
そもそもボーナスってなに?ってAさんのように思う人もいると思います。

また、ボーナスってなに?と聞かれて明確に答えられる人も少ないかと思いますのでぜひ一緒に見ていきましょう!

一般的なボーナス支給日を確認しよう!

まずは一般的にボーナスの支給日を確認しましょう。
公務員と会社員で基本的には一般的なボーナス支給日とされている期間があります。

以下にまとめます。

会社員 公務員
夏ボーナス 7月5〜15日 6月30日
冬ボーナス 12月5〜15日 12月10日
決算賞与 3月or年末
(決算日から1ヶ月以内)
なし

上記のような日程が一般的になっています。しかしながら会社ごとに規定されていると思いますのでこれが絶対というわけではない点には注意しておきましょう。

そもそもボーナスとは?

退職希望のBさんBさん

ボーナスって法律ではどうなっているのかな?

支給時期を確認しましたら今度はボーナスとは一体なんでしょうか?という疑問に答えていきます。

ボーナス(賞与)は労働者に対して法人が支給する給与で、毎月の給与とは少し異なります。

元々の意味合いとしては会社の業績が良かったり、何か実績を出した時のインセンティブとして発展してきました。日本ではこれが転じて年2回など回数を定めて支給されるようなものとなりました。

ボーナス(賞与)は健康保険法の第三条にて以下のように定められています。

健康保険法:第三条
この法律において「賞与」とは、賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の対償として受けるすべてのもののうち、三月を超える期間ごとに受けるものをいう。
引用:e-Gov 健康保険法

特にこれ以外で企業に義務があるなどの旨はないのです。そのため賞与の支給義務は企業側にないことになっています。企業ごとに就業規則で定めたり企業によってはない場合もあるのです。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

退職代行利用前に要チェック!ボーナス支給日の確認方法

退職代行前に要チェック!ボーナス支給日を確認する方法

退職希望のAさんAさん

自分の会社のボーナス支給日はどうやって確認すればいいの?

では一般的なボーナス支給日と退職代行を利用してもボーナスを貰うためには支給してから利用することが大事だと理解できたと思います。

実際に自分が勤めている会社のボーナス支給日は具体的にいつなのかを知り、計画を立てておくことをお勧めします。

おすすめのボーナス支給日の確認方法をご紹介します。
ぜひ確認をしてみましょう!

確認方法①:雇用契約書や会社の規則を確認しよう!

まずは自分の契約や就業規則を確認してみましょう。多くの場合は最初の契約書や就業規則にボーナス支給の旨が記載されていることが多いです。

雇用契約書や就業規則、労働条件通知書などを確認してみましょう!
案外就業規則に自分が知らなかった決まりがあったりします。今一度確認しておくと得をすることもあります。今すぐ確認をしましょう!

確認方法②:今までいつに支給されたのか見てみよう!

一年以上勤めている方は過去の支給日を確認しましょう。
おすすめは銀行の通帳履歴を見るというものです。

ボーナスは就業規則などにあり、基本的に変更を毎年されるということは少ないです。ですから過去の支給日を見れば今年の支給日も分かるということになります。

まずは通帳の履歴を確認してみましょう!

確認方法③会社の人間に確認を取ろう!

就業規則もどこに書いてあるのか分からない。勤続年数が一年以下で過去の支給日を確認することも不可能。そういった方は多いと思います。

その場合は会社の人間に確認をとりましょう。人事や総務、経理などの人間を会ってみるといいでしょう。また勤続年数がある信頼できる上司に聞いてみるのもいいでしょう。

時期だけでなく実際どの程度貰えているのかも聞いておくといいでしょう。実際働いてみると求人のボーナス額よりも少なかったなんてことは多いです。こういったものも聞いておくのがいいと思います。

退職代行の前に支給日と併せて確認しよう!ボーナスの支給条件

退職代行前に併せて確認しよう!退職代行利用前に確認ボーナスの支給条件

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職代行の前に必ず確認をしましょう

ボーナスには支給条件が設けられていることが多いです。それは基本的には今から紹介するものが一般的です。会社ごとに違いますからきちんと確認をしておきましょう!

それでは主な支給条件を一緒に見ていきましょう!

支給条件①:一定期間労働している

一定期間働いているのかというが支給条件になっていることも多いです。
ボーナスの査定期間は「夏ボーナス:10月〜3月・冬ボーナス:4月〜9月」が多いです。こういった会社で定められた期間に働いている場合は支給としている会社が多いです。

これらの期間全てで働いていない中途採用などでも会社によっては減額の形で支給していただける会社もいます。今一度確認してみましょう!

支給条件②:支給日も会社に所属している

最も多いのがこれです。ボーナス支給日に在籍しているかどうかというものです。

まり支給日より1日でも早く退職をしてしまった場合は支給されないというものです。これがあるので退職代行は基本的に支給日後に利用した方がいいのです。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

退職代行でもボーナスを受け取るための注意点

ここには気をつけて!退職代行でもボーナスを受け取るための注意点

退職希望のBさんBさん

適当に退職代行使ってもボーナスもらえるよね?

Bさんのように何も気にせずに退職代行を使っても当然のようにボーナスがもらえると思っている人も中にはいるようです。そんなことはありません。

退職代行を利用してボーナスを受け取る際は次に示すような注意点があります。
これらを確認せずに退職代行を使うと最悪ボーナス支給がなくなって損をしてしまいます。

しっかりと確認をして退職代行を使いながらボーナスをもらって退職しよう。

注意点①:退職後に支給だと受け取るのは難しい

まずはボーナスは退職日後に受け取るのは難しいという点があります。ボーナスは未来への投資という意味合いもありますからわざわざ退職した社員のためにボーナスを支給する会社はいません。

また会社に支給義務がないですからもらえなくても文句は言えません。

注意点

退職日後にボーナスを受け取るのは難しいので退職日はボーナス後にしよう。

注意点②:退職後の交渉は基本的にできない

退職した後にそのボーナス額などについて交渉することも難しいです。退職する前にボーナスについては在籍時に会社と話し合っておきましょう。

また支給を確認してから退職されるのもいいでしょう。

注意点③:会社から返還を命じられることもある

また、退職代行をボーナス支給前にご利用されると会社からボーナスの返還や減額を言い渡されることもあります。

こうしたことからもボーナスの支給を確認後に退職代行という流れが一番損をせずに済む形になります。会社から返還を求められた場合は応じておくのが無難です。

こういったものから話がこじれてしまうと後々トラブルになりかねません。

退職代行を利用してボーナス貰って辞めるおすすめの流れ

流れを確認しよう!退職代行を利用してボーナスを貰って辞める流れ

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

ボーナスをもらって退職代行を使う時の流れを見ていきましょう!

それでは具体的にどのような流れで退職代行を使いながらボーナスを貰って退職をするのか具体的な流れを紹介させていただきます。

これをしっかり確認してその通りに行うとスムーズに退職することが出来ます。なので一つ一つきちんと確認していってくださいね。

退職代行と事前に打ち合わせと相談をしておく

まずは事前に退職代行と相談をして打ち合わせをしておくのがいいでしょう。この時、電話相談やご相談に親身に乗ってくれる退職代行業者を探しましょう。

何を依頼して、どこまでを求めているのか円満に退職できるようにしっかりとシェアしておきましょう。

ここを適当に業者を選んだり、いい加減にすると退職代行に失敗したり違法業者に頼んでしまう可能性が出てきます。

退職代行の違法業者について知りたい方は以下も参考にしてみましょう。

ボーナスを受け取る日を確認する

依頼する退職代行を決めて利用が決まったら、まずはボーナスを受け取る日を確認しましょう。先ほど紹介した通帳での確認や会社の人に確認を取ってみましょう!

確認方法が分からなくなった方は記事を遡って確認することをお勧めします!

ボーナスを受け取ったことを確認

次にボーナス受け取り日まで頑張って働いて支給を確認しましょう。支給を確認後はすぐに退職代行に連絡をしましょう。

次の動きを退職代行に聞いて指示に従って動いていきましょう。この時不安なことなどあれば全て聞いて確実に退職代行ができるように最後の打ち合わせをしておきましょう。

退職代行に退職連絡をしてもらう

ボーナス支給を確認後に退職代行業者に退職連絡を依頼しましょう。
しっかり退職連絡を確認して指示に従って動きましょう。

退職連絡後は退職届の提出を指示される事が多いです。その場合はすぐに対応してトラブルが起きないように迅速な対応をしておきましょう。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

退職代行を利用してもボーナスを貰う方法まとめ

ボーナスを貰う方法!退職代行を利用してもボーナスを貰う方法まとめ

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

最後に記事をまとめます。

いかがだったでしょうか?退職代行を利用してもボーナスを確実にもらう方法について紹介させていただきました。

ボーナスについて退職代行を利用すると問答無用でもらえないんじゅないかと考えていた人も多いと思います。この記事通りに行動すると確実にボーナスをいただくことも可能です。

しかしながらボーナス支給日まで我慢するのが相応しくないこともあります。精神状態が心身の不調にまで出てきた時はそのタイミングです。ボーナスにこだわり過ぎて我慢しすぎるのもよくないです。

本当に耐えられない時はボーナスを諦めてすぐに辞めることもあり

本当に耐えられない。もう今すぐ辞めたいというのは心から出てくる場合が多いです。それは簡単に無視する事ができない感情だったりします。

その時は我慢して心身ともに壊してしまうよりもボーナスは諦めて退職代行をすぐに利用して逃げるのもいい選択です。

大事なのは自分の気持ちに嘘をつかない。無理をし過ぎないという事です。

退職をしたいという気持ちはご自身にしか分かりません。その職場がどの程度辛いのかはその人にしか理解できない部分があります。

そうした方達のために退職代行業者は日々サービスの質を上げて頑張っています。
ぜひボーナスを貰ってからの退職もいいですが、限界が来ている時は電話相談をして即利用も検討してみましょう。

退職代行OITOMAなら電話相談は無制限です。ぜひご検討ください!

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)
Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる