仕事を休むときの電話が怖い人へ。どうすればよいか解説します

無理して出社はNG!仕事を休む時の電話が怖い人へ。どうすればよいか解説します。

退職希望のAさんAさん

明日用事で休まないといけないけどなんて連絡したらいいのかな?

退職希望のBさんBさん

人手不足だし、上司は怖いから誰か代わりにやってほしいな

「人手不足だから休む時の連絡はいつも震えながら電話している」「前にやすんだ時に怒鳴られてから欠勤連絡が憂鬱」

A,Bさんのように仕事を休む時の電話連絡で悩んでいる方が多いなと感じています。
退職代行をしていると体調を崩されている方に一度お休みをして数日だけでも離れてみることを勧めることがあります。

「お休みをしてみては?」という促しに対してほとんどの方は「休むなんて言ったらきっと怒られる」「休みをどう伝えたらいいのか分からない」などと悩んでいる方が多いです。

休みの連絡に対して悩みを抱えている方に向けて、具体的な方法や休みを伝える際の注意点についてまとめました。

本当に体調が厳しい時や用事で休む時に思い出して実践していただけると良いと思います!

この記事を読むメリット
  • 仕事を休む連絡の具体例が見ることができるので参考にすることが出来る。
  • 仕事を休む連絡をする際に気をつけるべきことが具体的にわかる。
  • 欠勤連絡の際に伝えるべきことが状況ごとにわかる。
  • 仕事を休む時により会社に迷惑をかけない形で連絡できるようになる。

オイトマなら相談回数が無制限!

目次

なぜ仕事を休むときの電話が怖いのか。3つの理由を解説します

理由があります!なぜ仕事を休む時の電話が怖いのか。3つの理由を解説します。

退職希望のTさんTさん

仕事を休む時の連絡ってなぜか緊張する

仕事を休む時の連絡って緊張したり、怖くなったりしますよね。仕事を休む時の電話がなぜ怖いと感じるのか。
理由を調べてきました。
ご自身が感じているものと比べて原因を探りましょう。
対策を打つ前に原因を調べておくと適切な行動をとることできますのでしっかり確認して行きましょう。

この章を読むメリット
  • 仕事を休む時の連絡がなぜ怖いと感じるのかわかる。
  • ご自身が感じられているものと比べて客観視することができる。

理由①:仕事を休むことに罪悪感がある

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

休むことは悪いことではありません。

「身体が重たい…」「熱がある…」そう思っても休む気になれない方はコロナ禍でいなくなったかと思いきやまだまだいらっしゃいます。

仕事を休むことに対して罪悪感を感じる方は多いようです。
罪悪感を感じる人は社会人としての責任感を強く持っている素晴らしい人ですし、実際に仕事を急に休むことで周りに迷惑をかけてしまうと場合も多いです。

しかしながら、体調管理も社会人としての務めです。
また、無理をして長期で入院なんてことになった方が周りに迷惑をかけてしまいます。

体調が悪い時は周りのためにも、ご自身のためにもしっかりと休んで一刻も早く復帰しましょう!

理由②:電話をするときの上司が怖い

仕事を休むことに罪悪感を感じる方が多いことが関係しているのか、仕事を休まれることも良くないことだと考えている方も多いです。

実際に退職の最前線で働く私たちがよく聞くのは、仕事を休む連絡をしたら電話越しに叱られたという方たちです。

こういう経験を一度してしまうと、上司が怖くて連絡が出来ずにちょっとした体調不良なら無理してでも出社してしまいます。それが負担となってさらに体調を崩したり、精神的に追い込まれてしまったりする方が多いです。

今自分がどんな状況で、なぜ休みが必要なのかをしっかりと説明することが大切です。

理由③:職場があまりにも休みにくい

退職希望のKさんKさん

私がいないと職場は回らないから休めない…….

休みたくても休めない時の原因ナンバーワンは間違いなく「人手不足だから」でしょう。

特に休もうとしている方が現場で重要な役割をしている方や代わりになる人がいないと会社からも休まないでくれという空気が出てしまいます。

ずっと休めていない管理者や役職の方を多く見てきました。
しかしながらこうした状況が続くと大抵の場合は限界がきて心身の不調になってしまいます。
休まないといけない時はしっかりと休んで体調管理をするのも大切です。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

仕事を休む電話をするときの注意点

注意することは多い!仕事を休む電話をするときの注意点

退職希望のAさんAさん

休みの連絡の時に気をつけることってあるかな?
休みの連絡の際に気をつけるべきことは多いです。
何も考えずに欠勤連絡をしていると、知らないうちに大きな損害を会社に与えていたなんてことも出てきます。
仕事を休む連絡をする際にこれだけは最低限気をつけるべきことを以下にまとめました。しっかりと最後まで確認をして周りに迷惑をかけない形で欠勤するように心がけましょう。
この章を読むメリット
  • 仕事を休む電話をする時の注意点がわかる。
  • 欠勤連絡で失敗をしなくなる。
  • 全て守ることでよりスムーズに仕事を休むことができる。

注意点①:可能であれば前日に連絡する

会社も組織として動いています。
あなたが休む場合は他の方を用意したり、現場の人員配置を見直したりなど滞りなく業務を続けるために準備が必要です。

「今日行けません!」

いきなり当日にそう言われても会社も困ってしまいます。
緊急の場合や当日に起きた体調不良などでない場合は、前日までに欠勤連絡を済ませておきましょう。

前もって休みを把握出来ると会社も安心して対応にあたれます。事前に休みが分かっている場合は前日とは言わずに先に伝えておくのがベストです。

注意点②:必ず直属の上司に連絡する

退職希望のBさんBさん

まずは現場長や直属の上司に連絡をしよう

必ず直属の上司に欠勤の旨は伝えましょう。よくある間違いに社長や課長など直属の上司ではなくより上の方に連絡してしまうということです。

連絡することが悪いわけではないですが、現場を回している人や管理している直属の上司に最初に伝えるべきです。すぐに連絡がいくのか少し後に行くのかだけで現場が滞りなく回るかどうかが決まることも多いです。

必ず1番最初に直属の上司に連絡を入れるようにしましょう。

注意点③:始業の10分から20分前に連絡する

もしも、当日に急な体調不良になってしまった場合は、欠勤連絡を必ずいれましょう。いつ連絡をしたらいいのか迷う方がいらっしゃると思いますが、始業の10分前か20分前程度がいいでしょう。

早すぎても誰も出られない可能性が高いですし、始業してしまった後ではあの人がいないと現場も混乱してしまいます。始業直後は忙しい会社も多いので始業直後も出来る限り控えましょう。

適切な時間に休む旨をきくことができれば会社も混乱せずに済みますので気をつけましょう。

注意点④:無断欠勤だけはしてはいけない

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

無断欠勤だけは絶対にしてはいけません。

無断欠勤を続けると最悪懲戒解雇などの重大な処分が下される場合があります。

もしも、懲戒解雇などになってしまった場合は履歴書に残ってしまいます。転職において非常に不利になりますし、一生残ってしまうので絶対に避けましょう。

無断欠勤を続けてしまった方で会社と連絡が取れず、ご自身もまだ雇われているのか解雇されたのか確認が取れずに病んでしまうという方もいらっしゃいました。

退職代行OITOMAでは無断欠勤を続けた方の退職実績がありますので、もし今現時点で無断欠勤を続けてしまっている方がいらっしゃいましたら電話相談を試してみてください。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

仕事を休む電話をするときに伝えるべきこと

これだけは抑えて!仕事を休む電話をする時に伝えるべきこと

退職希望のBさんBさん

休むことだけ伝えたらいいの?
仕事を休むことだけ伝えればいいと思っている方も多いですが、そんなことはありません。他にも伝えるべきことはあります。
伝えるべきことを伝えていないと会社側と休む日数などに誤解が生まれてしまったり、うまく引き継ぎが出来ずに大きなトラブルに発展してしまうことも多いです。
そうしたことが起こらないように一緒にこの章を見て行きましょう。
この章を読むメリット
  • 仕事を休む際の連絡で伝えるべきことがわかる。
  • よりトラブルがない形で仕事を休むことができるようになる。

伝えるべきこと①:休む期間を伝える

休む期間は必ず伝えましょう。これは数字などで明確に示して伝えましょう。

会社側と認識に齟齬が生まれると損害が出てしまう可能性があるからです。また、その後のバックアップや人員補充にも影響をすることなのでしっかりと伝えましょう。

1日から2日程度の短い期間であれば、期日が近い仕事をだけを別の社員に振ってしまえば済む話ですが、長期的に休みが続くと人員配置自体を変えたりする必要が出てくるので色んな対策を検討しなくてはいけません。

伝えるべきこと②:休む理由を伝える

退職希望のAさんAさん

体調不良が続いているのでお休みします。

仕事を休むわけですから、会社としてはサボりではないのか確認したいところです。サボりだと思われないためにもしっかりと休む理由を伝えましょう。

理由によって今後の対応が変わってくることもあります。

仕事を休む場合に多い理由としては、体調不良や身内の不幸が理由などがあるかと思われます。状況によっては傷病手当など手当を受けられる場合もあります。

しっかりと理由を伝えて会社に対応を検討してもらいましょう。

伝えるべきこと③:業務内容や引継ぎ事項

仕事を休む電話では、引き継ぎの有無も伝えましょう。
直近で抱えている仕事や営業などがあれば必ず伝えておきましょう。

お客さまに迷惑をかけるのが会社として1番危惧することになります。

自分が抱えている仕事や顧客についてはもちろんのこと、社内のことでも共有すべきことがあれば全て共有しておきましょう。トラブルを未然に防ぐことで休んでいる間の会社が困らないように配慮することが大切です。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

仕事を休む電話が怖い人向け。ケース別の例文をご紹介

ケース別に確認しよう!仕事を休む電話が怖い人向け。ケース別の例文をご紹介

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

例文をご用意しました!
どう伝えたらいいのか、やっぱり分からない!
そんな方たちのためにケースごとに仕事を休む場合の連絡について、例文を作成いたしました。
この例文を自分なりに少し修正するだけでどう伝えるべきか迷わないような形になっています。
ぜひ、参考にしてトラブルなく仕事を休めるようにしていただけると幸いです。
この章を読むメリット
  • 具体的な場面ごとに例文が示されているので参考にできる。
  • 実際に連絡する際にどう伝えるかということで迷わない。

ケース①:体調不良により、欠勤する場合

体調不良で仕事を休む場合、休みがいつまで続くのか電話の段階ではっきりとわからないことも多いです。

そこで病院に行き、診断結果を伝えることで会社側と今後の出勤について後で相談するようにしましょう。しっかりと診断結果をつたえることで、会社も復帰の目処をつけることができるので安心できます。

例文も用意しましたので、迷った時は以下を参照していただけると幸いです。

お疲れ様です。(氏名)です。

昨夜から熱があり体調が良くないため、本日お休みをいただいてもよろしいでしょうか。

病院にも行きますので、診断結果は後ほど共有させていただきます。

本日の主な業務としては、(業務内容)があります。

お手数をお掛け致しますが、こちらの業務をどなたかに振り割っていただけないでしょうか。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

ケース②:事故に巻き込まれてしまった場合

退職希望のBさんBさん

通勤中に事故ってしまった……

通勤途中に事故を起こしてしまったり、事故に遭った場合は怪我の有無や病院名を伝えておくと上司も安心いたします。

事故にあった直後は慌てていると思いますが、冷静に状況を伝えて仕事を休む旨を伝えましょう。

以下に事故にあった際の欠勤連絡の例文を用意しましたので参考にしていただけると幸いです。

お疲れ様です。(氏名)です。

先ほど通勤途中に車との接触事故を起こしてしまいました。

今から(病院名)にて検査を受ける予定です。検査結果は後ほど共有させていただきます。

幸い、相手も私も大きな怪我はありませんが、念の為本日はお休みをいただいてもよろしいでしょうか?

本日急ぎの業務は特にないため、引き継ぎは必要ありません。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

ケース③:身内に不幸があって、欠勤する場合

身内の不幸の場合は、会社によって忌引き休暇が取れる日数が決まっていることが多いです。

忌引き休暇は多くの場合、親族との関係性で日数が変わるため上司に親族との関係を伝えましょう。

また、親や子供が亡くなった場合、会社の人が通夜などに来てくれることもあります。葬儀の日時や場所も一緒に伝えておきましょう。

例文も作りましたので、以下を参考にしてみてください。

お疲れ様です。(氏名)です。

昨日祖父の病院から連絡があり、祖父が亡くなったために葬儀に出ることになりました。

そのためお休みをいただきたいのですが、よろしいでしょうか?

葬儀は、明日(場所)で執り行う予定ですので移動などを考慮して本日より3日程度お休みをいただければと考えております。

何卒ご理解いただければ幸いです。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

ケース④:家族が体調不良になってしまい、欠勤する場合

退職希望のIさんIさん

子供が熱を出しちゃった…

共働きの奥さんや、子育てしながら働く方に多いのが子供や家族の体調不良が原因での欠勤です。どんな風に伝えたらいいのかわからず、困惑する方も多いと思います。

必要に応じて症状を伝えておきましょう。
また、前日から体調が悪い場合は引き継ぎを事前に済ませておくのがいいです。それに加えて、翌日休むかもれしれないと事前に伝えておくのも効果的です。

例文も作成しましたので、参考にしていただけると幸いです。

お疲れ様です。(氏名)です。

今朝から子供に熱があり、病院に連れて行きたいので本日はお休みをいただいてもよろしいでしょうか?

これから病院にも行きますので、明日以降の出勤については後ほどご相談させていただければと思います。

本日の業務は、(社員名)さんに引き継ぎをして、サポートをお願いしておきますのでよろしくお願いいたします。

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

結論:会社のことも考えて仕事を休みましょう

思いやりが大切!会社のことも考えて仕事を休みましょう

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

会社のことも考えて仕事をやすむようにしましょう!

色んな注意点や具体例を見てきましたが、結局1番大切なのは思いやりの心です。

なるべく前日までに連絡をしておくのも引き継ぎのことを一緒に伝えるべきなのも会社側になるべく迷惑をかけないようにということを意識すれば自然と思いつく対応だと思います。

体調不良などで無理して出社するのは1番してはいけないことですが、休む時も現場や会社が困らないように気をつけて連絡をしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)
Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる