退職代行を使って介護士を辞めることは出来る!利用がおすすめな理由について体験談を交えて解説!

退職代行 介護士

退職希望のAさんAさん

介護士の仕事辛すぎて耐えられない

退職希望のBさんBさん

介護士、今すぐ辞めたいなぁ

介護士の仕事が耐えられなくなり、仕事を辞めようとする人は多いです。

そこで、今回は介護士の仕事を辞めるために、退職代行を利用することはいいことなのかについて
解説させていただきます。

無理して介護士の仕事を続ける理由はありません!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

この記事を読んでわかること
  • 介護士の仕事がキツい理由
  • 退職代行を利用して介護士を辞められるか
  • 実際にあったトラブル事例
  • 違法業者かどうかの見極め方

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

介護士を辞める際は退職代行の利用がおすすめな理由

介護士を辞める際は退職代行の利用がおすすめな理由

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

結論から言いますね。退職代行を利用することをおすすめします。

介護士の仕事を辞めるために退職代行を利用することをおすすめします。
介護士は常に人手不足で、上下関係もかなり激しいです。

そのため、退職の意思を伝えようとすると、無茶苦茶な引き止めにあったり、
パワハラを受けたりする可能性があります。

そこで、退職代行を利用すると、
第三者が介入することで無茶な引き止めやパワハラを受ける心配がなくなります。

自分で退職のお話ができない人、上司に退職のお話ができない人、パワハラがとても怖い人は
ぜひ利用しましょう。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

介護士が退職したいと思う代表的な理由4選

介護士が退職したいと思う代表的な理由4選

それではなぜ、介護士の離職率が高いのでしょうか?
介護士は重労働であったり、労働環境が悪かったりで辞めたいという人が多いです。

今回は「介護士の労働環境が悪い」「そもそも介護職が合わない」「職場の人間関係に問題がある」
「常に人手不足だからキツイ」の4つに関して詳細に説明させていただきます。

特に「常に人手不足だからキツイ」が介護士が退職したいと思う一番の理由ですので、チェックしてみてください。
それでは解説させていただきます。

介護士が退職したいと思う代表的な理由4選
  • 理由①:介護士の労働環境が悪い
  • 理由②:そもそも介護職が合わない
  • 理由③:職場の人間関係に問題がある
  • 理由④:常に人手不足だからキツイ

理由①:介護士の労働環境が悪い

介護士の労働環境は良いとは言えません。その理由は肉体労働で賃金が低いからです。

おまけに人でも不足しているという状態が続くため、
一人当たりの業務量はかなりのものです。

そのため、介護士を志したとしても、すぐに辞めてしまうという状態が続いています。

理由②:そもそも介護職が合わない

介護職が合わないという理由も挙げられます。
介護職は老人や身体が不自由な人のお世話をする業務ですが、お風呂やトイレの面倒も見ないといけません。

そのため、予想以上にハードな業務内容に耐えられなかったという人も多いです。

また、少子高齢化によって老人の人数は多くなるが、若者の人数は減少しているため、
一人当たりの業務量は年々増加しています。

理由③:職場の人間関係に問題がある

人の命を預かる仕事という背景があるため、上下関係が厳しく、
指示を聞かない人には強く当たる傾向にあります。

また、介護の仕事にやりがいを感じないのか、職場いじめが発生してしまうケースがあります。
人手不足を理由に退職を認めない上司もいるため、注意が必要です。

もしすでに職場いじめを受けている人がいたら「職場いじめを受けたら退職がベスト!手遅れになる前に退職すべき理由と対処法を徹底解説」を見てみてください。

参考になると思います。

理由④:常に人手不足だからキツイ

やはり、一番の理由は常に人手不足という状態にあります。

人手不足なので一人当たりの業務量が多い割には、賃金は変わっていないため、
割に合わないという意見もあります。

そのため、より稼げる会社に転職しようという考えが加速し、介護士の人手不足も加速していきます。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

実際に退職代行を使って退職した介護士をご紹介

実際に退職代行を使って退職した介護士をご紹介

先ほどは介護士の仕事を辞めたいと思う理由について解説させていただきました。
この章では実際に退職代行を使って退職した元介護士の人の体験談を紹介させていただきます。

是非参考にしてみてください。

実際に退職代行を使って退職した介護士の体験談
  • 体験談①:介護士が体力的にキツく退職した30代女性
  • 体験談②:介護士としてバイトをしていた20代女性
  • 体験談③:転職活動に集中したいから利用した20代男性
  • 退職代行を利用するならオイトマがおすすめ

体験談①:介護士が体力的にキツく退職した30代女性

介護士が体力的にキツく退職した30代女性

何かあったときに看護師や医師に連絡がつかないととても心配になります。そのため、何かあれば自宅で待機している電話当番の看護師に連絡することになっているところが多いと思います。

実際に連絡したのですが、「そんなに緊急でもないのに、なんで電話するんですか?迷惑ですよ。」と怒られてしまいました。

また、夜勤対応は体力的にも精神的にもきつく、イライラしている人が多いです。

また常に人手不足なのでナースコールの対応をいつもひとりで対応しており、これも大変でした。

一緒に夜勤をするスタッフや看護師のメンバーによって、忙しさに差が出ることがあります。

そんな職場が嫌になったので、退職代行をお願いしました。

すると一日で退職することができ、とても安心しました。

夜勤がとてもキツく、体力的に持たないため、退職したという女性です。
ただでさえ業務量が過酷なのに、看護師や医者の顔色を見ないといけないことに納得されていない印象でした。

こういった方でも私共のサービスを利用して即日退職に成功しております。

体験談②:介護士としてバイトをしていた20代女性

介護士としてバイトをしていた20代女性

休憩時間中でも、ナースコールやセンサーが反応した場合は移動しないといけないことが多いです。患者の命を預かっているという背景から、とてもじゃないですが休憩時間を返せなんて言えません。

私は仮眠室で寝ていましたが、ナースコールの音で飛び起き、患者の対応をしていたら、事態収拾のために休憩があっという間になくなってしまいました。

また仮眠室に入った同僚がいつになっても戻ってこなかったことがあり、その間は私が対応しないといけません。

そんな理不尽に耐えられなくなったので、退職代行を利用しました。

無料電話相談を利用すると、親身になって対応して下さり、涙が出てしまいました。

実際に依頼するとその日の内に退職が完了したので、今は悠々自適は生活をしております。

人手不足なので、休憩時間があってないような職場から退職した介護士です。
人の命を預かる職業の関係で、労働者の権利を主張しづらいという背景があります。

そういった職場に対しては退職代行を利用して退職するようにしましょう。

体験談③:転職活動に集中したいから利用した20代男性

転職活動に集中したいから利用した20代男性
本当にもう勘弁してくれって思います。一人の患者がナースコールをすると、便乗して他の患者さんも目を覚ましてしまい、ナースコールが多発したときは本当に辞めようと思いました。
そして多くの方がちょっとしたことでナースコールをするため、一人一人に対して丁寧な対応をすることができません。おむつ交換や階段の介助などで雑な対応ができず、ナースコールを放置してしまうこともあります。あのような経験はもう二度としたくないです。

人を採用するように言ったことがありましたが、応募がないから無理とのことです。

このままではまずいと思って、転職活動を行いました。

そして退職の手続きが面倒に感じたので退職代行をお願いしました。

依頼すると面倒事は全部片付いていて転職活動に集中できました。

転職活動をすると、退職の手続きが面倒に感じる人は多いです。
そこで退職代行に面倒なことを丸投げしてみませんか?

退職代行を利用することで退職の連絡や必要書類の発行依頼、その他諸々の共有事項を
すべて代行業者が行ってくれます。

そのため、転職活動に集中することができ、志望している会社にも合格しやすくなるでしょう。

退職代行を利用するならオイトマがおすすめ

退職代行に興味を持った人は、次にどこの退職代行を利用すべきか気になりませんか?
退職代行をお探しなら退職代行オイトマを利用してみませんか?

退職代行オイトマは一律24,000円で退職代行を実行させていただきます。

利用する前には相談することもでき、こちらも人気の要因となっております。
是非利用してみませんか?

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

退職代行を利用してトラブルにならないか

退職代行を利用してトラブルにならないか

退職代行を利用したことによって、トラブルにならないか心配する人もいるでしょう。
実は退職代行を利用したからと言って必ずしもトラブルにならないというわけではありません。

退職代行を利用することで考えられるトラブルについて解説させていただきます。

退職代行を利用してトラブルにならないか
  • 退職代行を利用することで起こりうるトラブル
  • 退職代行のトラブルを回避する方法
  • 回避方法①:民間企業の退職代行を利用しない
  • 回避方法②:非弁行為を行う退職代行を利用しない

退職代行を利用することで起こりうるトラブル

退職代行を利用することで考えられるトラブルの1つとして、貸与物の返却があります。
例えば、制服や帽子などはもちろん、貸与している携帯電話やパソコンの返却が該当します。

普通の退職であれば問題ないのですが、退職代行を利用する場合、多くのケースで郵送による
返却をすることが多いです。

そのため、郵送時に一部が破損した場合、弁償を求められることがあります。
対策として退職代行を利用する前に貸与物のほとんどを返却することです。

また退職したと思っていたのに退職できていないというケースもあります。

これは退職代行業者が嘘をついて、連絡していないのに連絡したというケース、
退職届を送付しなかったというケースなど様々です。

また、業者側が勝手に退職理由を作るケースもあり、退職後に混乱を招く要因になります。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

退職代行のトラブルを回避する方法

退職代行によって起こりうるトラブルは他にもありますが、業者側のケースと
利用者側のケースの2つに分類できます。

利用者側は退職代行業者の支持に従っていれば問題ないですが、業者側に関してはある程度自衛することができます。

今回は退職代行によるトラブルを回避する方法について、2つ紹介させていただきます。

回避方法①:民間企業の退職代行を利用しない

退職のお話をすること自体は誰でもできますが、お話することを拒否することもできます。
そこで交渉をさせる権利を持っている人が重要になります。

交渉させる権利を持っている人は労働組合か弁護士のどちらかです。
労働組合には団体交渉権を持っているため、会社側は無視することはできません。

そして弁護士とのお話もその後の裁判を考えると無視することは得策とは言えません。
しかし、民間企業の退職代行は会社側が無視した場合、交渉させる権利がないため、退職のお話ができません。

回避方法②:非弁行為を行う退職代行を利用しない

非弁行為を行う退職代行は労働組合運営の退職代行であっても信用できません。
非弁行為とは弁護士が行う業務を弁護士でない人が行うことで、法律で禁じられています。

例えば未払い残業代の請求であったり、派遣社員の雇用契約の解除、裁判の弁護などが該当します。

こういうことは弁護士でない人が行えないはずなのに、行えると謳っている退職代行は信用できません。
そのため、非弁行為を行っていないかを事前に確認しましょう。

第七十二条

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:e-Gov法令検索 弁護士法

介護士でも退職代行がおすすめできる理由まとめ

介護士でも退職代行がおすすめできる理由まとめ

いかがでしたか?
介護士でも退職代行を利用して退職したほうがいい理由について説明させていただきました。

退職代行を利用することで皆さんが思っている以上に簡単、かつスピーディーに
介護士を退職することができます。

転職活動に集中するために利用する人も多く、近年になって注目されている退職代行。
退職を考えている介護士は遠慮なく利用して、気楽に退職しましょう。

それではまとめます。

介護士でも退職代行がおすすめできる理由まとめ
  • 介護士の仕事がキツい理由はたくさんある
  • 退職代行を利用して介護士を辞めることはできる
  • 労働組合か弁護士が運営している退職代行がおすすめ

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)
Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる