トラック運転手を辞めたいあなたへ。今すぐ退職するべき理由を解説

トラック運転手を辞めたいなら退職したほうがいい5つの理由

退職希望のAさんAさん

トラック運転手なんて今すぐ辞めたい

退職希望のBさんBさん

思っていたよりも大変だなあ

日本の経済にとって、欠かせない職業の1つとしてトラック運転手があります。
彼らは1日中、大量の荷物をトラックに詰め込んで、期日までに運びます。

そのため、体力的にきつく退職を希望する方が多いです。
そこで、この記事ではトラック運転手を辞めたいのであれば、すぐに辞めるべきと言える理由を解説します。

上司からの圧でなかなか退職できない人にも安心して退職できる裏技も解説させていただきます。

もしトラック運転手を辞めたいのであれば今すぐ退職すべきです!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

この記事を読んでわかること
  • トラック運転手の仕事がキツイ理由
  • トラック運転手を辞めたいのであれば退職すべき理由
  • もし退職できないなら退職代行オイトマがおすすめ

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

トラック運転手を辞めたいなら退職したほうがいい5つの理由

トラック運転手を辞めたいなら退職したほうがいい5つの理由

トラック運転手を辞めたいのであれば、今すぐ退職すべきと言えるでしょう。

その理由は「労働時間や拘束時間が長い」「仕事が原因による健康被害が多い」「給料が低いことが多い」「根性論が多く、ブラック企業になりがち」「給料が低いケースが多い」の5つの理由があります。

特に「仕事が原因による健康被害が多い」は様々なケースがあり、注意が必要です。
詳しく解説します。

トラック運転手を辞めたいなら退職したほうがいい5つの理由
  • 理由①:労働時間や拘束時間が長い
  • 理由②:仕事が原因による健康被害が多い
  • 理由③:給料が低いことが多い
  • 理由④:根性論が多く、ブラック企業になりがち
  • 理由⑤:給料が低いケースが多い

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

理由①:労働時間や拘束時間が長い

退職希望のUさんUさん

僕の会社では定時って考え方がありません。
拘束時間が長くて辛いです。

トラック運転手の業界では、始業、就業のチャイムがある環境でない職場が多いようです。
就業時間が決まっていないので、残業時間が何時から発生するのかもはっきりしてなくて当然です。

「明日は○時によろしく!」と言われ、毎日決まった時間からの業務開始ではなく、
「もう帰って良いよ!」と言われるまで、何時になっても帰れない日があるといいます。

もちろん待っている時間は拘束時間となり、自分の都合なんてないも同じ。
友達や家族との約束なんてできる状況ではありません。

そのような環境では、残業代の未払いや長い拘束時間により、時給に換算すると驚くほど低い金額になってしまうようです。
一度自分の時給を計算し、満足のいく金額が支払われているのか、確認してみましょう。

理由②:仕事が原因による健康被害が多い

医療廃棄物の回収作業による健康被害

退職希望のTさんTさん

医療廃棄物の回収をやっています。
病院に行く機会が多いので、感染症のリスクが高く毎日が不安です。

トラック運転手の中には、医療廃棄物の回収作業をしている方もいらっしゃいます。
マスクや手洗い消毒など、自分で予防対策を行っても、このような状況では無理があることは明白です。

こんな日が続くと精神的にも不安定な状態に陥りやすくなります。
ただでさえ緊張感が必要なトラックの運転にも支障が出てしまい、重大な事故を起こしてしまう可能性さえもあります。

積み下ろしの繰り返しによる腰痛悪化

退職希望のTさんSさん

荷物の積み下ろしがきつく、ヘルニアになってしまったよ。

荷物の積み下ろしも、トラック運転手の業務の一部になっている職場も多いようです。
夜間トラックを運転した後の作業は、かなり辛く体にこたえます。

長年の疲労と無理を蓄積し、一気にヘルニアを発症してしまう人も少なくありません。
また眠気覚ましのために取ってしまう飲料水が原因で、健康診断でE判定が付くようになってしまったなんて話もあります。

働くことが原因で体を壊してしまっては、日常生活にも支障が出てしまい、掛かる治療費もバカになりません。

なるべく長く健康に過ごすことのできる生活。それはお金を出して買うことのできない贅沢だということをもう一度思い出してください。

荷物の積み下ろしに、フォークリフトが使える会社も多数あります。
それを条件に、求人情報を探してみるというのは如何でしょうか。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

理由③:給料が低いことが多い

退職希望のBさんBさん

トラック運転手としての収入はそこそこあるんだけど、働くための経費が高いんです。

トラック修理費のための保険を、自己負担させられているということも多いようです。

事故等でトラックを破損してしまった場合、保険で賄えない部分の修理費は給与から天引きされ、加えて積荷を破損してしまった場合も運転手の責任になります。

中の商品に問題がなくても、箱が潰れてしまったり箱に傷がついてしまったら、運転手の責任となるというのは業界的に有名なお話しです。

仕事の過酷さの割に見返りが低く、いつも首が回らない状況が続くとか。

でもこれらの経費を、給与から天引き等で全額トラック運転手が負担することは、労働基準監督署により禁止されていることをご存知でしょうか。

おかしいなと感じたら、労働基準監督署に相談し確認されることをお勧めします。

理由④:根性論が多く、ブラック企業になりがち

道路には制限速度があるので、どんなに急いでいても制限速度以上のスピードを出すことはできず、事故等で道路が渋滞している時も関係なく、荷物の到着時間を守るため休憩も取らずに運転することも少なくないそうです。

会社によっては、到着時間を守れなかった場合、罰金等を支払わなければならないこともあるからです。

けれどもお客さんは、約束通りに届くのが当たり前だと思っているので、労いの言葉を掛けてもらえることも少ないとのこと。

このような状況で、安全な運転がいつもできるのでしょうか。

そんな理不尽な状況にいつまで我慢をするのでしょうか。

理由⑤:給料が低いケースが多い

ト ラ ッ ク 運 送 事 業 の 中 核 とな る 運 転 者 の うち 、男 性 運 転 者( けん 引 、大 型 、中 型 、準 中 型 、普 通 )の 賃 金 を み る と 、特積では1人1ヵ月平均賃金が355,800 円(同4.0%増)、年間賞与の1ヵ月平均額を加えた月額が 415,100 円(同7.4%増)、となった。一方、一般では1人1ヵ月平均賃金が335,700円(同0.8%減)、年間賞与の1ヵ月平均額を加えた月額が371,500円(同0.5%増)となった。
引用元:2019 年度版 トラック運送事業の賃金・労働時間等の実態 (概要版抜粋)

これは、全日本トラック協会の集計した実態調査を抜粋したものです。
ご自分の収入と比較して、現状把握を行いましょう。

流通業界には繁忙期があり、その期間は毎日目の回るような忙しさとなるようですが、繁忙期でない期間は積荷も少なくなるため収入も減ります。

繁忙期かどうかなんて、トラック運転手のせいではありませんし、毎月必要なお金が繁忙期じゃないからと言って減ったりはしません。

先にも書きましたが、トラックの修理のための保険は自己負担という会社が多いです。

車体も大きなため、普通車の車両保険のような金額ではなく、一日中神経を張り詰めて得る見返りとして、納得のいく金額が支払われているとは言えません。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

トラック運転手は転職しやすい3つの理由

トラック運転手は転職しやすい3つの理由

トラック運転手を辞めたいのであれば今すぐ辞めたほうがいい理由について解説しました。
しかし、辞めた後のことを考えている人も多いでしょう。

そこでこの章ではトラック運転手は転職に成功しやすい理由について解説いたします。
全部で3つありますが、特に「ドライバー経験は次に活かしやすい」は必見です。

トラック運転手は転職しやすい3つの理由
  • 理由①:ドライバー経験は次に活かしやすい
  • 理由②:運送業は売り手市場
  • 理由③:条件が良い会社は多い

理由①:ドライバー経験は次に活かしやすい

現在、2トン車も積載量によって普通自動車免許で運転することができません。
大きなトラックを運転するためには、特殊な運転免許が必要になります。

免許を取得するためには、時間とお金がかかるため、誰でも簡単に取れるものではありません。

大きなトラックを運転できる人は限られた人で、高齢を理由に引退される方も多いため、ドライバー業界は万年人手不足の状態です。

そして運転が嫌いでない方には、バス運転手やタクシー運転手等、運転技能を活かせる職種は他にもあります。
新しい可能性に目を向けて、自分で探してみるのもいいかと思います。

理由②:運送業は売り手市場

お取り寄せや通販の普及により、運送業界の収益は鰻登りの状況にあります。
慢性的に、人手不足な業界と言っても過言ではありません。

そんな状況の中、労働環境、労働条件のより良い会社を選ぶのは、人として当たり前のことです。
そのため労働環境を改善し、誰でも働きやすい会社になっている会社が多いです。

理由③:条件が良い会社は多い

給料面や福利厚生等の条件も大幅に改善されています。
荷物の積み下ろしにフォークリフトが使える会社も数多くあります。

人手不足な状況を脱するために、各社も人員確保のために、企業努力を行っている最中です。
ご自分の生活スタイル、体調に合わせた会社を選ぶことが出来るという立場だということに、気がついて下さい。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

トラック運転手を辞めたい時、何をすればよいか

トラック運転手を辞めたい時、何をすればよいか

トラック運転手を辞めたいと思ったとき、何をすべきでしょうか?
実はトラック運転手を辞めたいと思ったとしても、バックレ等はやってはいけません。

きちんとした手続きを踏んで退職することをおすすめします。
そこでトラック運転手を退職する際の2つの退職方法について解説させていただきます。

トラック運転手を辞めたい時、何をすればよいか
  • 方法①:上司に勇気を出して相談する
  • 方法②:退職代行に任せる

方法①:上司に勇気を出して相談する

会社を辞めたいと思った時、会社の上司に退職の意思を伝える必要があります。
まずは口頭で、自分の気持ちを相談してみましょう。

「人手が少ないから辞めないでほしい」「代わりの人間がみつかるまで続けてほしい」という泣き落としに合うかもしれませんが、それは法律違反です。

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。
引用元:民法628条

会社が人手不足であることは、会社の責任であり、こちらに非はありません。
分かってもらえるまで何度でも、自分の気持ちを伝え続けることが大切です。

方法②:退職代行に任せる

通常、退社の申し入れは、雇用契約書に記載してある通り1ヶ月前または会社によっては2ヶ月前に通告と記載してありますが、

「明日にでも辞めてしまいたい!」「職場に通いたくない!」と状況の改善もないまま泣き落としに合い、辞められたくても辞めさせてもらえない!という状況もあるかと思います。

そんな時には退職代行をお使い頂けると、話をスムーズに進めることができます。

退職代行なら退職代行オイトマにお任せ

退職代行オイトマは労働組合が運営している退職代行。
弁護士の監修も入っているため、法律関係にとても強いです。さらに退職成功率100%をキープしています。

もし退職代行の利用を検討している人は是非オイトマの無料相談を活用してみてください。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

実際にトラック運転手を辞めた人の感想

実際にトラック運転手を辞めた人の感想

実際にトラック運転手を辞めた人の体験談を集めてみましたのでここで紹介させていただきます。
不規則な生活に耐えられない、上司からの圧に耐えられないという人が多いです。

また職場いじめによって退職した人もいます。
順に解説させていただきます。

実際にトラック運転手を辞めた人の感想
  • 体験談①:不規則な生活についていけなくなった
  • 体験談②:上司からの圧力に耐えられない
  • 体験談③:給与が低くてわりに合わないと感じた

体験談①:不規則な生活についていけなくなった

退職希望のAさんFさん

トラック業界の長距離移動は、道が空いているので夜勤が多くなります。
工場の荷受けを午前中に行い、午後に荷物出しをする会社が多いため、荷積みを午後行うことになります。
家族で食卓を囲むなんてこともなくなりコミュニケーションも取れず、もはや自宅にさえも自分の居場所はなくなってしまいました。
自宅で寝ることができるのはほんのわずかで、ほとんどトラックのベットで睡眠を取るような生活に疲弊し、精神的にも追い詰められた状況もあり、体調を崩してしまいました。
今の生活から抜け出したいのですが、どうにかならないでしょうか。

 

トラック運転手は不規則な生活を過ごしがちです。
そのため規則正しい生活を希望される人からするとあまり肌が合わない職業と言えるでしょう。

体験談②:上司からの圧力に耐えられない

退職希望のBさんAさん

体力的にも精神的にもやっていけないと感じで、トラック運転手を辞めようと思いました。
職場の上司に月末に退職の申し入れをしたのですが、人手不足を理由に引き留めに遭ってしまいました。
状況も改善されず、鬱憤の溜まる毎日を過ごしていましたが、偶然ネットでみつけた「退職代行オイトマさん」に相談し、即日退職することができました。
半年の間我慢したので、もっと早く「退職代行オイトマさん」にお願いすれば良かったと、今はそれを後悔しています。

退職代行オイトマを利用して退職した人ですね。
無理な引き止めによって中々退職できなくて、困っている人は退職代行を利用してスッキリ退職代行しましょう!

体験談③:給与が低くてわりに合わないと感じた

退職希望のBさんOさん

配車係が、きついルートばかり回してきていました。
人間関係にも疲れ知人に相談したところ、「退職代行オイトマさん」を紹介してもらいました。
退職代行なんて聞いたこともなかったので最初は不安でしたが、自分に納得できるまで何度も電話やLINEで相談し、無事に退職することができました。

職場いじめをされていた人ですね。職場いじめによって会社に対して恐怖心を植え付けられた人は誰とも会わずに退職できる、退職代行を利用しましょう。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

トラック運転手を辞めたいあなたへ。今すぐ退職するべき理由まとめ

トラック運転手を辞めたいあなたへ。今すぐ退職するべき理由まとめ

いかがでしたか?
トラック運転手を辞めたいのであれば今すぐに退職すべき理由について解説させていただきました。

またトラック運転手は転職しやすい職業ということも解説させていただきました。
皆さんもトラック運転手を辞めたいのであれば今すぐ退職するようにしましょう!

それではまとめます。

トラック運転手を辞めたいあなたへ。今すぐ退職するべき理由まとめ
  • トラック運転手の仕事がキツイ理由
  • トラック運転手を辞めたいのであれば退職すべき理由
  • もし退職できないなら退職代行オイトマがおすすめ
Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる