デイケア看護師を辞めたい・辛い!その理由と対処方法を徹底解説

デイケア看護師を辞めたい・辛い!その理由と対処方法を徹底解説

退職希望のBさんBさん

デイケア看護師が辛い!

退職希望のAさんAさん

もう仕事辞めたい!限界かも・・・

デイケア看護師は業務が多くて大変ですよね。労働環境に不満があり、辞めようかと考えている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、デイケア看護師が辛くて辞めたい人のために、悩んでしまう理由と対処方法を徹底解説しました。今すぐノンストレスで辞められる方法もご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

デイケア看護師を辞めたい・辛いと感じる理由

デイケア看護師を辞めたい・辛いと感じる理由

デイケア看護師を辞めたい・辛いと感じるかたのなかには、苦しい理由がわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

辛いと感じる理由を見てみましょう。
デイケア看護師を辞めたい・辛いと感じる理由
  • 理由①デイサービスの看護師は急変対応が大変
  • 理由②職場の人間関係でトラブルが発生した
  • 理由③オンコールや夜勤など労働環境がきつい
  • 理由④レクリエーションが嫌い

それぞれ解説します。

理由①デイサービスの看護師は急変対応が大変

デイサービスを辞めたい・辛いと感じる理由の1つに、急変対応の忙しさがあります。

急変のたびに、「あの対応でよかったのか?」「間違っていなかったか?」と自問自答し、辛くなってしまう方もいるでしょう。

デイサービスは医師が常駐しない施設なので、その分、看護師のきめ細かいサポートが求められます。常に小さな変化に気づき、プレッシャーのある中で素早い判断をしなければなりません。そんな負担に耐え兼ねて、退職を決意する方もいます。

急変対応が大変で苦しんでいる方はたくさんいるのです。私だけなのでは?と不安におもう必要はありません。

理由②職場の人間関係でトラブルが発生した

デイサービスを辞めたい・辛いと感じる理由の1つに、職場の人間関係のトラブルがあります。

デイケアの看護師は、病棟の看護師とは異なり、多くの職種との連携があります。介護士、ケアマネージャー、理学療法士など、関わる人が多いため、人間関係のトラブルも生じやすいです。

また、デイケア看護師は同じメンバーで固定ではたらくことが多いので、それも人間関係のトラブルの要因となります。

MEMO

デイケアにかぎらず、看護師という職種において、人間関係での離職は多い傾向にあります。

理由③オンコールや夜勤など労働環境がきつい

デイサービスを辞めたい・辛いと感じる理由の1つに、オンコールや夜勤などの労働環境のきつさがあります。

職場がオンコール体制の場合、緊急時に対応できるように待機していなければなりません。気が休まらないので、文字どおり、きつい仕事といえます。

また、夜勤勤務を担う場合、睡眠が朝〜昼になります。人によっては眠りが浅くなる人もいるでしょう。その場合、十分な睡眠が確保できません。回復しきれていないカラダで働き続けることになるので、身の危険を感じ、退職する方もいます。

MEMO

看護師としての仕事に耐えられないと感じた場合、業種を変えるのも視野に入れた方がいいでしょう。

理由④レクリエーションが嫌い

デイサービスを辞めたい・辛いと感じる理由の1つに、レクリエーションへの嫌悪があります。

レクレリエーションは人前に出るので、注目されるのが嫌な人にとっては、かなりストレスです。

司会をして、まったく盛り上がらないケースもあるので、レクリエーション自体に苦手意識を持ってしまう看護師も多くいます。「もうすぐ自分が司会の番だ」と思うと、気が病む人もいるでしょう。

苦しみに耐えられない方は、看護師に固執せず、自分にあった仕事を探してみるのもいいかもしれません。人前に立たなくていい仕事は世の中にたくさんあります。

デイサービス看護師に向いている人と向いていない人の特徴

デイサービス看護師に向いている人と向いていない人の特徴

デイサービス看護師が辛いと感じている方のなかには、「自分はこの仕事向いてないんじゃないか?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

向いてる人、向いてない人の特徴を見てみましょう。

デイサービスの看護師に向いている人の特徴

デイサービスの看護師に向いている人の特徴として、以下が挙げられます。

デイサービスの看護師に向いている人の特徴
  • 日中のみで仕事をしたい人
  • 送迎の業務に苦手意識がない
  • 看護と介護の両方を経験してみたい

デイサービスの看護師は介護施設で働くので、病棟看護師とは異なる働き方を経験できます

注意点

デイサービスは夜勤にほとんど対応していません。昼勤務がメインなので、他と比べると給料が低いです。

デイサービスの看護師に向いていない人の特徴

デイサービスの看護師に向いていない人の特徴として、以下が挙げられます。

デイサービスの看護師に向いていない人の特徴
  • 看護師の業務だけをやりたい人
  • 看護師としてスキルアップしたい人
  • 人からの注目を浴びたくない人

デイサービスの看護師は、送迎やレクリエーションなど介護の仕事も行います。なので、看護師の業務に専念したいタイプの人には向いていません。

また、職場は介護施設であり、病棟ではないので、最先端の医療に触れてスキルアップすることも難しいです。

看護師として腕を上げたい方は、病棟での勤務をオススメします。

デイケア看護師を辞めたい・辛いと思った時の対処方法

デイケア看護師を辞めたい・辛いと思った時の対処方法

デイケア看護師を辞めたい・辛いと思うかたのなかには、対処方法がわからず困っている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

具体的な対処方法を見てみましょう。
デイケア看護師を辞めたい・辛いと思った時の対処方法
  • ①辛い原因を書き出して客観視する
  • ②看護師としてスキルを詰める場所へバイトに行く
  • ③休暇を取ってリフレッシュする
  • ④介護士との人間関係が辛い場合は転職も考える

それぞれ解説します。

①辛い原因を書き出して客観視する

デイケア看護師を辞めたい時の対処方法の1つに、辛い原因の書き出しによる客観視があります。

なにが辛いのかを言語化できていない場合、解決が困難です。なので、まずはノートに書き出してみましょう。

一度、深呼吸をして、いつ辛いと思うのか?何が辛いのか?を具体的に書き出します。書き出せたら、その文章をながめ、自身の状況を客観的に認識します。それだけで、少しは気が落ちつくはずです。

②看護師としてスキルを詰める場所へバイトに行く

デイケア看護師を辞めたい時の対処方法の1つに、スキルを詰めるバイトの実践があります。

スキル不足で悩んでいる方は、それを補うためのバイトをすることで、悩みが解消できるかもしれません。

例えば、看護師の資格を活かせるバイトとして、訪問看護やツアーナース、イベントナースなどがあります。バイトなので責任の重い仕事は任されませんが、スキルを磨くための経験にはなるはずです。

看護師のスキルを磨きたい方は、ぜひバイトも検討してみてください。

MEMO

看護師バイトは時給1,000〜2,500円と、高い給料が期待できるので、良いお小遣い稼ぎになります。

③休暇を取ってリフレッシュする

デイケア看護師を辞めたい時の対処方法の1つに、休暇の取得によるリフレッシュがあります。

体力的にキツイときは休みましょう。余裕がないと冷静な判断ができないので、あなたの悩みは深まるばかりです。ためしに休暇を取ってみてはいかがでしょうか?

「上司に断られそう」と思うかもしれませんが、問題ありません。

有給休暇を取れる基準を満たしていれば、看護師でも有給休暇は取れます。

有給休暇の取得基準は以下です。

  • 6ヶ月間継続して勤務
  • 稼働日の80%を超える勤務

どんなに忙しくとも、有給休暇を取得する権利はだれにでもあります。

体力的にキツイ方は、ぜひ有給休暇をとってみてください。

④介護士との人間関係が辛い場合は転職も考える

デイケア看護師を辞めたい時の対処方法の1つに、転職の検討があります。

体力やスキルの問題は対処しやすいですが、人間関係の問題に関しては、一筋縄ではいきません。

苦手な人を好きになるのは難しいですし、思いつめると負の感情は日に日に大きくなっていくものです。

かといって、相手が職場から居なくなるのをひたすら待つのも、解決策としては弱いので、自分自身が転職してしまうというのも手です。職場を変えるだけでなく、業種ごと変えてしまうのもアリだと思います。

デイケア看護師を退職・転職するベストなタイミング

デイケア看護師を退職・転職するベストなタイミング

デイケア看護師で退職を考えている方のなかには、いつ退職したらいいんだろう?と悩んでいる方も多いと思います。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職・転職のベストなタイミングを見てみましょう。
デイケア看護師を退職・転職するベストなタイミング
  • 入社してから4年目以降
  • ボーナスを貰った翌月

それぞれ解説します。

入社してから4年目以降

退職や転職のベストなタイミングの1つ目は、入社してから4年目以降です。

なぜ4年目以降かというと、求人の幅が広がるからです。スキルが身についた看護師とみなされます。

少なくとも、1〜2年目の看護師と比べればハクがつくので、転職はしやすくなるでしょう。

まだ看護師3年目で、どうしようかと迷い中の方は、転職先をじっくり探しながら4年目まで待つのもアリかもしれません。

ボーナスを貰った翌月

退職や転職のベストなタイミングの2つ目は、ボーナスを貰った翌月です。

やはり、金銭的な余裕はほしいので、できることならボーナスは貰っておきましょう。

ちなみに、ボーナスが支給される時期は「夏だと6月下旬から7月上旬」「冬だと12月中旬」が一般的です。

上記の時期に従えば、「7月中旬から下旬」と「1月」が退職のベストタイミングということになります。

退職を言い出せない場合は退職代行を使おう

退職を言い出せない場合は退職代行を使おう

 

デイケア看護師で退職を検討している方のなかには、上司に退職を告げづらく悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行を使えば、自分で上司に伝える必要はありません。

全てを代行してもらえるので、非常にラクです。

また、退職代行のメリットはほかにもあります。

退職代行のメリット
  1. 追加料金が一切かからない
  2. 即日退職にも対応している
  3. 有給消化の意向も伝えてもらえる
  4. 全て手続きは丸投げでOK
  5. 業界最安値で低価格で依頼できる

もちろん、代行料金は発生しますが、諸々の手続きは任せられますし、即日退職も可能です。

仮にトラブルにが発生しても対応してもらえるので、ぜひ検討してみてください。

退職代行を使ってデイケア看護師を辞める流れ

退職代行を使ってデイケア看護師を辞める流れ

退職希望のAさんAさん

退職代行は具体的にどんなステップを踏むの?

退職代行の4ステップがこちらです。

STEP.1
退職代行業者に相談する
まずは電話やメール、LINEで相談しましょう。無料で何回でも相談できます。おすすめは素早く連絡が取れるLINEです。
STEP.2
退職代行業者に料金を振り込む
依頼する業者を決めたら料金を払います。退職代行業者は前払いが一般的です。振込後はこちらの情報を共有します。
STEP.3
退職代行業者が病院や施設に連絡する
情報を共有できたら、代行業者が病院や施設に連絡してくれます。それ以降は業者が全て対応してくれるので、あなたは何もする必要はありません。
STEP.4
退職完了
業者から退職の報告がきたら、退職完了です。その後は職場に出向く必要はありません。万が一、離職届けや源泉徴収票が届かない場合でも、代行業者が対応してくれます。職場に連絡をしたくない方は代行業者に連絡しましょう。

以上が、退職代行で辞めるステップです。

本当にカンタンに退職できるので、今すぐにでも退職したい方は利用してみてください。

デイケア看護師を辞めたい・辛いまとめ

デイケア看護師を辞めたい・辛いまとめ

今後すべき対策は見つかりましたか?

今回の情報をまとめます。

デイケア看護師を辞めたい・辛いまとめ
  • デイケア看護師が辛い時の対処法は確実にある!
  • バイトや有給休暇、転職を視野に入れよう!
  • 退職代行サービスなら一発解決!

退職を上司に告げづらい方には、退職代行サービスがおすすめです。上司との面談不要で、即日で辞められるので、もう限界な方はぜひ検討してみてください。

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

目次
閉じる