頑張っても給料上がらないから辞めるのは正解!辞めるべき理由を徹底解説

給料上がらない 辞める

退職希望のAさんAさん

全然給料が上がらない

退職希望のBさんBさん

給料が仕事量と割にあわない

なかなか給料が上がらないことで悩んでいる人は多いと思います。しかし給料を上げる方法として、「もっと仕事を頑張る」や「長く勤め続ける」という答えは正解なのでしょうか?

「頑張っても給料が上がらないから、会社を辞める!」が正解です。この記事では給料の上がらない原因や「辞める」が正解の理由を徹底解説していきます。

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

「給料が上がらない!」3つの原因

「給料が上がらない!」3つの原因
一般的にいわれる給料は労働基準法でいうところの「賃金」にあたります。労働基準法11条では賃金を以下のように定義しています。

労働基準法第11条

この法律で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう。

「労働の対償」になるのであれば、頑張って成果を上げるほど給料は上がるべきです。しかし残念ながらそうなるとは限りません。

「給料が上がらない!」3つの原因
  • 給料が上がりにくい体系になっている
  • 業界自体の業績がよくない
  • 仕事が合っていない

給料が上がらないのには原因があります。一つずつ見ていきましょう。

原因①給料が上がりにくい体系になっている

給料の上がらない第一の理由は、会社の給料体系が「上がりにくいシステム」になっているからです。

給料が上がりにくいシステム
  • そもそも基本給が低い
  • 評価基準が厳しすぎる
  • 役職に就かないと昇給しない

従業員の給料を「人件費」としか見ていない会社は「昇給=無駄なコストが増える」と考えるので、昇給しにくいシステムになっていることがよくあります。

原因②業界自体の業績がよくない

会社の業績が悪くなると、ボーナスだけでなく給料まで少なくなってしまうこともあります。

基本的に会社が社員の給料を「減給」するのは違法になります。しかし業績不振などやむを得ない事情を説明して社員が合意すれば、減給することが可能です。もちろん売上が悪くて減給にまで踏み切っているのですから、給料を上げることなんてできるわけもありません。

いきなり解雇されることを思えば、給料が減ってでも会社にいられるほうが安心だと考える人も多いでしょう。しかしこの状況がいつまで続くのかわからないですし、もっと悪くなる可能性もあると思うとお先真っ暗です。

原因③仕事が合っていない

給料が上がらない理由には、あなたに合った仕事に就けていないことも挙げられます。

会社の業績が悪くなく他の同僚達がちゃんと昇給しているならば、今の仕事があなたに合っていない可能性が高いです。

この状況ではいつまでもあなたの給料は上がらず、周りの人にどんどん差をつけられてしまいます。今の会社で昇給できるよう努力するのも悪くありませんが、あなたの能力を最大限に活かして働ける職場にいくことをおすすめします。

上司や先輩を見れば将来の自分がわかります

あなたの会社の上司や先輩はどんな様子でしょうか。「今の課長の給料=課長になったときの給料」「今の課長の給料=部長になったときの給料」です。

毎日くたくたになるまで残業して誰よりも早く出勤しているのに、今のあなたと大きく変わらない金額をもらっているということはありませんか。

既に給料が低いと感じているのに「上司や先輩の姿が自分の将来」だと考えたら、納得できるわけがないですよね。将来の姿に不満を感じるなら、今のうちに何かしらの対策を立てるしかありません。

給料が上がらない会社を辞めるべき理由7選

給料が上がらない会社を辞めるべき理由7選
給料の上がらない会社は、今すぐにでも辞めるべき理由があります。

給料が上がらない会社を辞めるべき理由
  • 転職は若ければ若い時ほど有利
  • 経済的に生活が厳しくなるから
  • やりたい職業に就けなくなるから
  • 自分のスキルを活かしきれないから
  • 高いスキルが身に付けられないから
  • 仕事への意欲が湧かなくなるから
  • 心身を壊す危険があるから

理由①転職は若ければ若い時ほど有利

転職は若いほど有利です。

と言うのも業界未経験者の採用だと30歳前後で年齢を絞っている場合が多く、スキルが低くても若ければ採用される可能性が高くなるからです。年齢が若いと未経験の業界でも新たにスキルを身につけやすく、前職に染まりきっていないので職場への適応能力も高い傾向があります。

「いつか給料が上がるかもしれない」なんて甘い考えで働き続けると、限界を感じる頃には転職のチャンスさえ失ってしまうこともあるのです。

理由②経済的に生活が厳しくなるから

当然のことですが、給料が安いと生活が厳しくなります。生きていく以上お金は必要です。またライフスタイルの変化によって大きなお金が必要になることもあります。

  • 結婚
  • 出産
  • 育児
  • 学費
  • 大きな病気やケガ

ほかにも、引っ越しや保険、親の介護など、人生の出来事に出費は付き物です。給料が安いと節約をしてお金を捻出していくしかありませんが、さすがに節約にも限界があります。

「無い袖は振れない」の限界になる前に、転職して給料を増やしましょう。

理由③やりたい職業に就けなくなるから

給料が少なく自分の自由にできるお金が少ないと、やりたい職業にチャレンジすることもできなくなります。
収入が多いとある程度貯蓄ができます。貯蓄があれば「成功するかわからないけど、やってみたい仕事」でも安心してチャレンジできます。

  • 独立して飲食店を開く
  • 完全歩合制のベンチャー企業で働く
  • 投資してみる
  • 得意分野を活かしてワーケーションしながら働く

いろんな経験を積むにはどうしてもお金が必要です。給料が低いと自分の夢を諦めなければいけません。

理由④自分のスキルを活かしきれないから

給料が上がらない理由でも述べましたが、給料の上がらない仕事では自分のスキルを活かしきれていないことがあります。

退職希望のAさんAさん

新しいことを考えるのは苦手なのに、モノづくりの会社にいる

退職希望のBさんBさん

人と話すのが得意なのに、一日中パソコンとにらめっこしている

退職希望のKさんKさん

機械の故障を直すのが好き。だけど税理士事務所で働いている

このような状況では自分のスキルを活かしきれておらず、スキルを活かして働いている同僚達には差をつけられるばかりです。

理由⑤高いスキルが身に付けられないから

給料が安い会社で身につくスキルは給料が安い会社でしか通用せず、給料が高い会社へ行くためのスキルはいつまでたっても身につきません。

転職は若いほうがスキルを求められすぎず有利である一方、30代40代…となるにつれてスキルや経験した役職が重視されます。つまり転職でスキルを求められる年齢なったときに高いスキルが身についていないため、結局前の会社と同じような会社にしか転職できなくなります。

たとえ給料の高い会社に転職できたしても、会社のレベルに自分スキルが追い付いていないため、昇給していくのは厳しいでしょう。

理由⑥仕事への意欲が湧かなくなるから

給料が低い会社に長く居続けると、それが普通になってしまいます。「こんなものでいいだろう」なんて適当に業務をこなして日々を過ごしていると、向上心が薄れていき仕事への意欲が湧かなくなっていきます。

自分で成長を止めてしまうと「転職できるように勉強しよう」といった意欲も湧かなくなり、給料の低い自分から抜け出せなくなります。

ところが学生時代の友人や取引先の同年代の人達はどうでしょうか。活き活きと働きながらあなたより高い給料をもらい、充実した生活を送っている人がごまんといるはずです。同年代の人達がどうしているかに目を向けて、客観的に自分を分析するようにしましょう。社内の状況だけで安心してはいけません。

理由⑦心身を壊す危険があるから

給料が安いと仕事と割に合わず、ストレスが溜まって心身を壊す危険があります。

例えば、自分の年収を時給換算した時に800円だったら割にあいません。最低賃金は930円(令和3年度)なので、これなら同じ時間分バイトしていたほうがマシです。

退職希望のUさんUさん

なんで働いているんだろう

退職希望のIさんIさん

働いている意味があるのかな

不満を抱えすぎると、そのうち体や心に悪影響が出てきます。

  • 眠れない
  • 食欲がない
  • 頭痛が続く
  • 落ち着かない・不安を感じる
  • 何をやっても楽しくない

このような症状が重症化して心身に限界がきてから退職すると、治療に時間がかかり社会復帰が難しくなることもあります。

最も多い退職理由は給料が少ないから

最も多い退職理由は給料が少ないから
エン・転職のアンケート調査(2018年2月26日〜2018年3月27日)によると、退職を考え始めたきっかけが「給与が低いから」と回答した人が40%と最も多いことがわかっています。

引用元:https://employment.en-japan.com/enquete/report-43/

給料は自分の生活だけでなく家族や将来のことに直結するものなので、給料を上げる方法として転職を選ぶ人が多いようです。

また厚生労働省の発表している令和2年度転職者実態調査の概況によると、「賃金が低かったから」を理由に直前の会社を辞めた人は全体の23.8%もいることからも、給料が安いから辞めたくなることは当然といえます。

給料を上げるための方法4選

給料を上げるための方法4選
「給料が低い」を解消するためには4つの方法があります。

給料を上げるための方法
  • 会社と給料の交渉をしてみる
  • 現在の仕事で出世をする
  • 副業をして月収を上げる
  • 会社を辞める

給料を上げるためには転職以外の方法もあります。あなたに合う方法を見つけてみましょう。

方法①会社と給料の交渉をしてみる

定期面談などのタイミングで上司や人事に「昇給」を掛け合ってみると、状況が改善されることもあります。

交渉するときは自分の実績を客観的かつ明確にできる資料を作成し、昇給するべき根拠を示すようにしましょう。

もちろん提出した成果が充分でなければ昇給は難しいですが、今後昇給するための具体的なアドバイスを得られるかもしれません。

方法②現在の仕事で出世をする

今の会社で出世することができれば、給料を上げることができます。ただし会社として、「昇進したら昇給する仕組み」ができている場合に限ります。

仕組みさえできているのであれば、あなたが会社に貢献し何年か経てば自然と昇進していくことができるでしょう。

もし今の職場の雰囲気が好きで仕事にやりがいを感じているのなら、簡単に転職せずに昇進の機会を待つのもいいかもしれません。

方法③副業をして月収を上げる

今の仕事を手放すのが不安であれば、副業をするのも給料を上げる手段です。こそこそ隠さなくても、最近では副業を認める会社も増えてきています。また副業が本業の収入を上回り、副業を専業にしてしまう人もいるくらいです。

初心者でも稼ぎやすい副業
  • せどり
  • ブログアフィリエイト
  • ECサイトで販売
  • 株式投資
  • ライブチャット

暇な時間を有効に使えば、効率的に収入を増やすことができるでしょう。

方法④会社を辞める

手っ取り早く確実に給料を上げる方法は、やはり「会社を辞める」ことでしょう。今の給料が不満であれば、給料に満足のいく仕事に移ればいいだけです。

同じ業界でより給料が高い会社を目指してもいいですし、資格を取得して高い給料をもらえやすい業界に転職するのもいいでしょう。

もちろん転職にこだわらなくても、退職すれば起業したりフリーランスになったりと、働き方も選ぶことができます。

即日退職したいなら退職代行を使うのもアリ

法律には「退職の申し出をしてから2週間で退職できる」と明示されており、退職をするなら最低2週間かかることがわかります。

しかし「どうしても今日退職したい」「もう会社に行くのは無理」ということもあるでしょう。退職代行を利用すれば即日退職することも可能です。

退職代行のメリット
  1. 即日退職できる
  2. 会社に行かずに退職できる
  3. 上司に会わずに退職できる
  4. 有給取得や未払給与、引き継ぎの交渉ができる
  5. 全ての退職手続きを丸投げできる

退職代行業者には運営元で「弁護士」「労働組合」「民間企業」の3種類に分類できます。

どの業者に依頼しても「依頼人に代わって退職の意志を伝える」ことは可能です。しかし民間企業の場合、有給取得や未払給与、引き継ぎなど退職に関する交渉ができません。また会社が「退職の意志は本人からでないと受け付けません」という姿勢だった場合、退職自体が失敗する可能性もあります。

会社に対して交渉したいことがある場合は「弁護士」か「労働組合」の業者に依頼するのがベストです。

給料が上がらずに会社を辞めた人の体験談をご紹介

給料が上がらずに会社を辞めた人の体験談をご紹介

ここでは給料が上がらないことを理由に辞めた人達の体験談をご紹介します。

40代で給料が上がらずに会社を辞めた男性

退職希望のBさん40代で給料が上がらずに会社を辞めた男性

人間関係は最高で、福利厚生は手厚い会社でした。給料もそこそこだったけど労働量にあまりに見合っていなくて退職に踏み切りました。しかしなかなか再就職先が見つからず、ほとんど給料の変わらない会社に転職することになりました。前の会社に長く勤めていたこともあり、職場に馴染めず苦労しています。
辞めてからはじめてわかる前職場の良さ…仕事辞めなければ良かった。後悔しても過去に戻る事はできませんが、前の職場に復職できるならしたいです。

正社員で給料が上がらずに会社をやめた女性

退職希望のKさん正社員で給料が上がらずに会社をやめた女性

会社辞めて分かったことは以前の1ヶ月の給料を今は1日で稼げるってことです。起業して最初の頃はあまり稼げなかったけど、安い給料でも友達と一緒にする仕事は楽しいから頑張れます。今は自分努力次第でいくらでもお金が稼げる環境に満足しています。

給料の上がる見込みがなく辞めた20代男性

退職希望のTさん給料の上がる見込みがなく辞めた20代男性

会社に良い未来が見えなくて、会社を辞めました。他店舗にヘルプ行って全く自分の仕事終わらない毎日でした。ヘルプ先で残業してまた自店舗に戻って残業しているのに残業手当は一切もらえません。この会社終わったな、と痛感したのは最低賃金が上がったから給料上がると思って給与明細を見たら、基本給は上がったけど手当が減らされて手取りが同じだった時です。もう同じ業界はコリゴリなので、勉強しながらIT関係の会社を目指しています。

頑張っても給料上がらないから辞めるのは正解!辞めるべき理由を徹底解説 まとめ

頑張っても給料上がらないから辞めるのは正解!辞めるべき理由を徹底解説 まとめ
「給料が上がらない」を理由に退職する人は多いです。

ただし転職をするならなるべく早く実行しましょう。若いうちのほうが転職には有利です。また経済的に厳しくなることや心身を壊すといったリスクを回避することができます。

会社を辞めたくないけど給料を上げたいときは、「会社に交渉する」「会社で出世する」などの方法もあります。しかしこの方法で昇給を実現するためには「会社が社員の給料を上げる気がある」ことが大前提になります。

手っ取り早く確実に給料を上げる方法は転職の一択です。早いうちに決断して「給料の安い会社」から脱出しましょう。

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる