職場の人間関係の悩み、誰に相談するべきか。相談先や選び方について解説します

結論:相談内容や重要度によって相手を変えるべき

退職希望のAさんAさん

職場の人間関係、誰に相談すればいいんだろう

退職希望のBさんBさん

無難に上司に相談すればいいのかなぁ

誰しもが職場の人間関係の悩みを抱えていると思います。
誰に相談すればいいか気になる人も多いと思います。

そこでこの記事ではあなたの悩みの種類や度合いによって、誰に相談するべきかを解説させていただきます。

適切な人に相談して、人間関係の悩みを解決させましょう!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

この記事を読んでわかること
  • 職場の人間関係の悩みは内容によって相談相手を変えるべき
  • 相談するときに気を付けるべきこと
  • 4種類の相談相手のメリット・デメリット
  • 最悪の場合は退職代行を使って退職する

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

結論:相談内容や重要度によって相手を変えるべき

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

結論から言いますね。相談内容や重要度で相手を変えましょう

職場の人間関係の相談をする人選びは、必ず事前にしっかりとリスクや今後の関係性を考えましょう。

職場の人間関係の相談はとりあえず上司にしておこう、同僚にしておこうと思っていませんか?
当たり前ですが、職場の人間関係のことをどのくらい考えているかによって、話す相手は変わります。

その悩みをどのくらい真剣に考えているかによって話す相手は変えるべきですし、
内容も考えないといけません。

基本的に上司、同僚、親しいやパートナー、無料電話相談の4種類があると思いますで
それぞれ紹介させていただきます。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

職場の人間関係の相談する際に注意したいこと

職場の人間関係の相談する際に注意したいこと

職場の人間関係の相談に限らず、人に対して相談するときに気を付けるべきことについて解説します。

多くの人がこれらのことを守らず、思ったことをそのまま話してしまうため、
相手はどんな言葉をかけるべきかわからなくなることが多いです。

そこでこの章では「内容は完結、かつわかりやすく」「必ず時間を取って相談する」「相談相手を考える」の
3つのポイントを紹介させていただきます。

この3つを守るだけで、あなたの悩みが相手に届きやすくなります。
それでは解説します。

職場の人間関係の相談する際に注意したいこと
  • ポイント①:内容は完結、かつわかりやすく
  • ポイント②:必ず時間を取って相談する
  • ポイント③:相談相手を考える

ポイント①:内容は完結、かつわかりやすく

まず、相談内容を完結にし、わかりやすくしておきましょう。

「誰が」「いつ」「どこで」「何をした」などを明確にすることで相手に対して話を理解するうえで必要になる情報を齟齬なく発信することができます。

登場人物や職場の環境、不快に思う部分などもわかりやすく文章にしておきましょう。
また、結論から話すのも良いでしょう。

今どのような点であなたが悩んでいるのかがわかることで相手もアドバイスしやすくなります。

ポイント②:必ず時間を取って相談する

悩みの相談をするときは、必ず相手が暇か否かを確認しましょう。
内容の性質上、5分程度で終わらないことが多く、ある程度の時間が必要になります。

そのため、相談するときは必ず、相手に時間があるかを確認しておきましょう。
もし、時間がない場合は時間があるときを確認し、その日にお話するように動くのも良いでしょう。

ポイント③:相談相手を考える

当たり前ですが、相談相手は考えましょう。
次の章でその点について詳しく解説させていただきますが、基本的にポイントは相談内容に依存します。

上司に相談できるであれば上司が良いですし、そうでないなら違う人で問題ありません。
まずは相談できる人を探して、相談してみると良いでしょう。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

職場の人間関係について誰に相談するべきか?メリットデメリットも併せて解説

職場の人間関係について誰に相談するべきか?メリットデメリットも併せて解説

それではここで、実際に退職の相談をするうえで、誰に相談するべきかを解説させていただきます。
それぞれメリット・デメリットも紹介しているので自分に合った相談相手を探しましょう。

今回は「上司」「同僚」「親しい人・パートナー」「退職代行の無料電話相談」の4つを
紹介させていただきます。

是非ご覧ください。

あなたの悩み、誰に相談するべきか。メリットとデメリットを解説
  • 悩みの相談相手①:上司
  • 悩みの相談相手②:同僚
  • 悩みの相談相手③:親しい人・パートナー
  • 悩みの相談相手④:退職代行の無料電話相談

職場の人間関係を相談する相手①:上司

「会社は続けたいけどパワハラが酷い」「同僚から職場いじめを受けている」など、
会社に属する思いはあるが、職場の環境を変えたい人は上司に相談するべきでしょう。

上司であればある程度の注意を行ってくれますし、環境を変えることに対して力を貸してくれる
可能性が高いです。

それでは上司に相談するメリットについて解説させていただきます。

上司に相談するメリット

上司に職場の人間関係を相談するメリットとして、一番大きい理由はあなたのことをよく知っていることです。

同僚に対しては素の自分をさらけ出せる反面、仕事のクオリティや評価に関しては同僚よりも
上司のほうが詳しいです。

そのため、会社に必要とされているのか、必要とされる人材になるために必要なことを把握している
上司に相談するのは、一番解決に近いと言えるでしょう。

上司に相談するデメリット

上司に相談することによるデメリットは人によって当たりはずれがあることです。
いい人に相談できると、親身になってくれるし、環境を変えるために尽力してくれるでしょう。

しかし、悪い上司に相談してしまうとほかの人にバラしたり、最悪の場合、その上司もいじめに
加担することがあります。

相談内容が職場いじめの場合は特に慎重に対応すると良いでしょう。

詳しくは「職場いじめを受けたら退職がベスト!手遅れになる前に退職すべき理由と対処法を徹底解説」で詳しく解説しています。

職場の人間関係を相談する相手②:同僚

同僚に相談できる相手がいるのであれば利用してみても良いでしょう。
同僚に相談する良いことは立場が対等なので気兼ねなく話すことができることです。

それでは同僚に相談するメリットについて解説させていただきます。

同僚に相談するメリット

同僚に相談するメリットはとにかく話やすいことにあります。

上司に相談となると、どうしても堅苦しいイメージやその後の対応などを考えてしまい、
めんどくさいと思ってしまうでしょう。

しかし同僚であれば気兼ねなく話すことができるし、居酒屋とかでも簡単に相談することができます。
気軽に誰かに相談したいのであれば同僚に相談するのが良いでしょう。

同僚に相談するデメリット

同僚に相談するデメリットは愚痴の範囲を超えないということです。

上司とは違い、同僚は何かしらの決定権があるわけではないので、解決というよりは
言葉にすることによるストレス発散の意味合いのほうが強いです。

そのため現状を変えたいと思っている人はおすすめすることはできません。

職場の人間関係を相談する相手③:親しい人・パートナー

自分にとって親しい人やパートナーに対してお話することもありでしょう。
会社に属する人でないなら、気軽に悩みを打ち明けることができます。

それでは親しい人・パートナーにお話しするメリットについてお話します。

親しい人・パートナーに相談するメリット

親しい人・パートナーに相談するメリットは同僚以上に話やすいことにあります。
会社のしがらみが一切ないため、上司の悪口や会社の愚痴を気兼ねなく話すことができます。

悩みの相談やストレス解消に一番ピッタリな相談相手と言えるかもしれません。

親しい人・パートナーに相談するデメリット

親しい人・パートナーに相談するデメリットは会社の詳細を知りえないということです。

人事のプロであったり、法律のプロであれば兎も角、親しい人・パートナーで
そういった人は少ないと思います。

そのため、退職する気はないが愚痴を吐きたいときの相手として利用するほうが良いでしょう。

職場の人間関係を相談する相手④:退職代行の無料電話相談

退職代行の無料電話相談を利用するのも良いでしょう。
退職のプロですので、倫理面、法律面からサポートしてくれるでしょう。

それでは退職代行の無料電話相談のメリットについて説明します。

退職代行の無料電話相談に相談するメリット

退職代行の無料電話相談は退職のプロがあなたの退職をサポート致します。
上司や同僚に聞かれることなく人間関係の悩みをお伺いし、適切なアドバイスをします。

是非利用してみませんか?

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

退職代行の無料電話相談に相談するデメリット

退職代行の無料電話相談のデメリットは退職するときは料金が発生することでしょう。
相談であれば無料ですが、実際に退職するとなるとお金が発生します。

職場の人間関係の悩みが解決しないなら退職も一手

職場の人間関係の悩みが解決しないなら退職も一手

職場の人間関係の悩みが解決しないのであれば退職するのも一手でしょう。
上司に相談しても空返事でなかなか解決しないというケースは多いです。

そこで退職する方法として、2つの方法を用意しました。

今回紹介する方法は「退職の意思を伝える」「退職代行の利用を考える」です。

順に解説させていただきます。

職場の人間関係の悩みが解決しないなら退職も一手
  • 退職の一手①:退職の意思を伝える
  • 退職の一手②:退職代行の利用を考える
  • 退職代行を使うならオイトマがおすすめ

退職の一手①:退職の意思を伝える

まずは退職の意思を伝えることから始まります。

正社員雇用、無期雇用されているのであれば退職の意思を伝えてから
2週間で雇用契約を解除することができます。

これは民法627条にも明記されています。

第627条

1項:当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

2項:期間によって報酬を定めた場合には、使用者からの解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
3項:六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三箇月前にしなければならない。

引用元:e-Gov法令検索 民法

ただし、有期雇用の人は注意が必要です。
有期雇用で勤続年数が1年未満の人はやむを得ない事情がないと退職することができません。

また給与が年棒制の人はすぐに退職することはできませんので、注意が必要です。

退職の一手②:退職代行の利用を考える

退職代行を利用して即日退職するという方法もあります。

面倒な退職関係の手続きをすべて退職代行業者に丸投げするもよし、怖い上司にあなたの代わりに
退職の意思を伝えさせていただきます。

退職の意思を伝えたのに、無茶な引き止めに合っている人。
怖い上司から圧がかかってなかなか退職の意思を伝えられない人。有給を取得しようとすると怒られる人。

そういった人に是非おすすめしたいものが退職代行です。

近年では転職活動に集中したいため、退職代行を利用する方もいますので、是非利用していただけると幸いです。

退職代行を使うならオイトマがおすすめ

では退職代行を利用するにあたっておすすめの退職代行はどこでしょうか。
おすすめの退職代行と言ったら近年人気の退職代行オイトマがおすすめです。

退職代行は労働組合が運営しているため、弁護士とは違い退職に関する相談が無料で行えます。また団体交渉権も持っているため会社側が逃げる心配がありません。

また弁護士が監修しているため法律面にも強いことが魅力です。

料金も一律24,000円と労働組合が運営している退職代行の中では業界最安値です。
無料電話相談もしているので是非利用してみてください。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

職場の人間関係の悩み、誰に相談するべきかまとめ

職場の人間関係の悩み、誰に相談するべきかまとめ

いかがでしたか?
職場の人間関係で悩んでいるのであればいち早く相談ほうがよいです。

しかし、ご自身の悩みであったりその深刻度合いによって相談する相手は変えるべきでしょう。

上司に言っても職場の人間関係が改善されない、または悪化したのであれば退職も
検討してみると良いでしょう。

皆さんが想像している以上に退職は気軽に行っても良いものです。
もし気軽に退職できないというのであれば退職代行を利用して退職するのも良いでしょう。

それではまとめます。

職場の人間関係の悩み、誰に相談するべきかまとめ
  • 職場の人間関係の悩みは内容によって相談相手を変えるべき
  • 相談するときは言葉遣いや場所に気を付け、必ず時間を取ること
  • もし相談しても職場の人間関係が改善されない、悪化したのであれば退職を検討しても良い
  • 労働組合か弁護士が運営している退職代行がおすすめ

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)
Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる