退職代行はありえないと思うのは間違い!退職代行業者がリアルな声をお届け!

退職代行はありえないと思うのは間違い!退職代行業者がリアルな声をお届け!

退職代行を利用することに関して、まだまだ世間的にはネガティブな意見も多いです。そのせいで退職できず我慢して働き続けている人もいることでしょう。しかし退職代行をありえないというのは間違いです。

この記事では退職代行に対する周囲からのイメージや利用しなかったことに対する後悔した話など、実際に寄せられた内容をもとに退職代行のリアルをご紹介していきます。最後まで読めば「ありえない」を覆す退職代行の本当の姿が見えてくるはずです。
退職代行はありえないと聞いたが本当なのか?事実を知りたいというあなたは是非、当記事をご覧ください。

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

退職代行はありえないと感じる人はまだ世間にいる

退職代行はありえないと感じる人はまだ世間にいる
退職代行はまだまだ世間では「ありえない」や「自分で退職を伝えないのは非常識だ」というイメージを持っている人も多いようです。「退職代行は法律違反では?」と考える人もいますが、退職代行で会社を辞めることは違法ではありません。

退職代行は依頼人に代わって退職の意志を伝えてくれるため、退職に対する精神的な負担が少なくスムーズに退職できます。ここ10年くらいで「退職代行業者」という言葉をよく聞くようになりましたが、それより以前から退職代行自体は「損害賠償請求」をする過程で弁護士が行っている合法的な業務です。

退職代行の利用に賛成派の意見をご紹介

退職代行の利用に賛成派の意見をご紹介
退職代行の利用に賛成の意見をご紹介していきます。賛成派の人の意見を見ると、退職代行業者のメリットも見えてくるでしょう。

賛成派の意見
  • 辞められないのは会社側に問題がある
  • 精神的ストレスがあるから仕方ない
  • ブラック企業で退職届を受理してくれない場合もある

1.辞められないのは会社側に問題がある

まず自分で退職を伝えられないのには、会社にも問題があるという意見です。上司など会社の上層部が相談しやすい風通しのいい雰囲気の会社であったら、退職代行を利用しようと思いません。そもそもそのような状況であれば、退職を考えることすらないのではないでしょうか。

会社側の問題
  • 上司のパワハラ
  • 休日出勤・長時間残業
  • 給料未払い
  • 同僚からの嫌がらせ

このような環境の職場だと自分で退職を伝えるのは非常に勇気がいりますし、退職を伝えようとしても受け入れてもらえない可能性もあります。

2.精神的ストレスがあるから仕方ない

職場のストレスで精神的にツライ状態であれば、退職を申し出るのは難しいでしょう。仕事は会社を儲けさせるためのものではなく、自分の人生を豊かにするものです。

辞めると言えず無理に働き続けて、ストレスから体調を崩したりうつ病になったりしては意味がありません。自分を守るためにも退職代行を利用することは賢明なことだといえます。

3.ブラック企業で退職届を受理してくれない場合もある

ブラック企業だと退職届を受け取ってくれないことも考えられます。受け取ってくれないどころか「辞めたら訴えてやる」など、脅してくる悪質なケースもあります。拒否されてしまうと、もう一度交渉しに行くのは難しいでしょう。

しかし受け取ってくれないからといって、音信不通で強制退職するのは危険です。会社からしつこく連絡がきたり上司が家へ訪ねてきたり、最悪の場合本当に訴えられたりする恐れもあります。

退職代行を利用すれば退職の意志をはっきり伝えて、会社から依頼人へ直接連絡がいかないようにもしてくれるので安心して退職できます。

退職代行はありえないと感じる人の意見をご紹介

退職代行はありえないと感じる人の意見をご紹介
退職代行に賛成の意見があるなか、残念ながら反対の意見もあります。

退職代行の利用を検討している人にとっては知りたくない声かもしれませんが、参考までに見てみましょう。反対派の意見を知れば「なぜ退職代行を利用しよう」と思っているのか、より明確になるはずです。

反対派の意見
  • 自分で辞めると言わないのは甘えで無責任
  • 辞める権利があるのにわざわざお金を払う意味が分からない
  • 自分が選んだ会社なのだから最後まで責任を果たすべき

1.自分で辞めると言わないのは甘えで無責任

退職希望のAさんAさん

自分で退職を言わないなんて無責任なの?

退職希望のBさんBさん

辞めることも言えないなんて甘えすぎと言われた

自力で退職した人や古い考え方の人、また退職代行を使って辞められた側の人の多くがこのように考えるようです。

このような人達に退職代行の成り立ちや必要性を説明しても理解してもらうことは難しいでしょう。なぜなら退職を伝えることを「こんな簡単なこと」と考えていて、根本的に考え方が違うからです。

さらにそのような人は「自分にできたんだから…」と自分ものさしで決めつけている傾向があります。あなたの状況を理解してもらうことは難しいですし、あなたも理解することはあきらめましょう。考え方が違う人の意見を鵜呑みにして落ち込むことは一つもありません。

2.辞める権利があるのにわざわざお金を払う意味が分からない

退職を自分で申し出れば、お金はかかりません。労働者には「退職の自由」があり、民法第627条で「退職を申し出て2週間後には退職できる」と認められています。本来お金がかからないはずの退職に、お金をかけるなんておかしいという意見です。

確かに退職代行に依頼すると業者によって違いますが、お金がかかります。

運営元 料金相場
民間企業 10,000~50,000
労働組合 25,000~30,000
弁護士 50,000~100,000

しかし、退職代行に依頼すれば退職の意志を伝えてくれるだけではありません。

自分では言い出しにくい未払い残業代や退職金、有給休暇の取得についても交渉してくれますし、退職後に会社に受け取る書類が手元に届くまでサポートしてくれます。

価値観はそれぞれですが、自分が納得できるのであれば退職代行を利用するのは決してお金の無駄遣いではないはずです。もし未払いの残業代や有給休暇がもらえれば、むしろお得になるかもしれません。

3.自分が選んだ会社なのだから最後まで責任を果たすべき

退職するまでには退職を申し出る以外に、引き継ぎや退職の挨拶などやることがあります。しかし退職代行を利用した場合は退職の意志を伝えずにそのまま退職することになるので、それだけ捉えると無責任に見えるかもしれません。

しかし引継ぎに関しては退職代行業者が会社側と交渉して、引き継ぎ書を作成したり「引き継ぎをしなくてもよい」という了承をもらったりすることで対応できます。また親しい人であれば退職後に挨拶に伺っても問題ありません。

つまり「退職代行を利用する=無責任」というのは、あくまで印象であって実際はあてはまらないことなのです。退職代行の内容をよく知らない人の想像に振り回される必要はありません。

退職代行を利用して後悔したという人は少ない!

退職代行を利用して後悔したという人は少ない!
退職代行を利用して後悔したという声はあまりありません。自分の力だけでは退職できなかった会社から解放されてよかったという声が多いようです。

①上司のパワハラから逃げることが出来た

日常的にパワハラするような人が上司だと、会社を辞めることを対面で言うのは怖いはずです。また勇気を振り絞って申し出たものの受け入れてもらえなかったり、いつも以上にパワハラが激しくなったりすることも考えられます。

退職代行を利用すれば退職代行を利用すれば退職の意志を代わりに伝えてくれるだけでなく、退職日まで会社に出勤しなくてもいいように交渉もしてくれます。そのため上司と顔を合わせることなく退職日を迎えることが可能です。

また退職日までの期間分の有給が残っていれば、有休消化もできます。退職代行に依頼する前に自分の有給残日数を確認しておくとよいでしょう。

ただし退職代行業者の中には、退職に関する交渉のできない「非弁業者」が存在します。退職の交渉を依頼したいときは交渉権のある弁護士か労働組合が運営元の退職代行業者に依頼しましょう。

運営元 退職に関する交渉
民間企業 できない
労働組合 できる
弁護士 できる

②ブラック企業から早い段階で脱出出来た

ブラック企業は一度入社すると、退職するのが困難な場合が多いです。というのもブラック企業は人がなかなか定着しない為、慢性的な人手不足に陥っておりしつこく引き止めてくる可能性が高いからです。

退職代行を利用すると会社の人手不足も関係なく、事務的に退職代行の手続きを進めてくれるので引き止めに悩まされることはありません。

なかには「退職したら損害賠償してやる!」と脅された人もいるかもしれませんが、労働者には「退職の自由」が認められていますし、退職代行自体も違法性は全くないので「退職代行を利用して退職」して訴えられることはありえません。

③自由になって心がスッキリした

退職希望のAさんAさん

会社に行くのがツライ

退職希望のBさんBさん

休職しているけど、またあの職場に戻るのかと思うとしんどい

仕事は自分の人生を豊かにするためのもので、会社を儲けさせるために自分を犠牲にするものではありません。無理してダラダラと働き続けていては、うつ病を発症してしまう可能性もあります。そうなってしまってからでは、退職できたとしても新たな職場に行くことすら難しくなってしまうでしょう。

退職代行を利用すれば、スムーズに退職が可能なので会社との関わりを迅速に解消できます。さらに「24時間365日対応」の業者であればどんな時でも相談可能です。

また退職代行業者には「即日対応可能」と「即日退職可能」の業者があります。

「即日対応可能」と「即日退職可能」の違い
  • 「即日対応」…依頼したら即日動いてくれる。退職は即日とは限らない。
  • 「即日退職」…依頼したら即日退職できる。

即日対応の業者でも依頼した日に会社に連絡し、その日から会社に行かなくてもいいように会社と交渉してくれます。しかし「どうしても依頼した日に会社を辞めたい」という場合は「即日退職」の業者を選ぶようにしましょう。

退職代行を早く利用すれば良かったと後悔する人も

退職代行を早く利用すれば良かったと後悔する人も
退職代行を利用した人の中には「もっと利用しておけばよかった」と後悔している人も多くいます。
検討することは悪くないことですが、先延ばしにしすぎて状況を悪くしないように気をつけましょう。

①うつ病になり復職が難しくなってしまった

職場でのいじめやパワハラが原因で適応障害になり、その後症状が進んでうつ病など精神疾患になってしまうと社会復帰に時間がかかる傾向があります。

うつ症状の例
  • 精神的に限界であること
  • 職場で頭痛、倦怠感、吐き気などが慢性的に起こり仕事どころではない
  • 不眠・食欲不振が続いている
  • 常に不安感が続いている
  • 精神的に不安定で感情のコントロールがうまくいかない
  • 職場で常に緊張してしまい、今までになかったミスをする

うつ症状になると正常な判断ができず、かえって辞めるという決断ができにくくなるようです。手遅れになる前に退職代行を利用することも大切です。

またこのような症状があるなら退職前に心療内科を受診しておき、診断書をもらっておくとよいでしょう。診断書があると失業手当が給付制限期間なしで受給されることがあります。失業手当が早く受給されれば経済的な心配が少なくて済むので、ゆっくり休養することが可能です。

②退職を拒否されて今まで以上に会社に居づらくなった

退職する旨を伝えても受け入れてもらえるとは限りません。頭から拒否されることもありますし、うまく丸め込まれて引き止められてしまうこともあります。

しかし一度退職しようとすると、「退職しようとした人」という目で周りから見られることになるでしょう。周りの同僚がなんとなく冷たくなって職場に居づらくなったり、情報共有してもらえないなど業務上の嫌がらせを受けたりすることもあります。

退職代行を使うなんてありえないと思われないための対応方法

退職代行を使うなんてありえないと思われないための対応方法
退職代行を利用することに「ありえない」「無責任」というマイナスなイメージがあるのは、普通に退職する際にやるべきことができていないことが大きな原因といえます。

ここでは「退職代行で退職しても「ありえない」と思われないようにする対応方法を説明していきます。

退職代行の利用をありえないと思われない対応方法
  • 業務の引き継ぎは最後まで丁寧に行う
  • 無断欠勤はしないようにする

①業務の引き継ぎは最後まで丁寧に行う

退職代行を「ありえない」と思われる最大の原因は「ちゃんと引き継ぎがされない」ことです。もちろん退職代行に依頼するまで退職することは周りに言うことはできないので、大々的な引き継ぎをすることは難しいでしょう。

ただし退職までに詳細な引き継ぎ書を作っておいたり、同僚に業務を共有したりすることは可能です。また何かあったときに備えて、親しい人にはプライベートの連絡先を伝えておくことも有効な手段だといえます。

退職代行を利用して退職するのは会社が嫌になっている人が大半だと思います。しかし会社に業務で迷惑をかけないようにしておくことで、「ありえない」と思われるのを防ぐことができるはずです。

②無断欠勤はしないようにする

これは退職代行を利用するかどうか以前の話しですが、無断欠勤は絶対にしてはいけない行為です。

本人は嫌な会社から解放されたつもりになるかもしれません。しかし会社は無断欠勤した従業員を勝手に解雇できないので、なんとか連絡を取ろうとします。これは会社にとって立派な迷惑行為といえます。「ありえない」と思われたくなければ、無断欠勤は避けるべきです。

しかも無断欠勤をして会社の連絡を無視し続ければ、それで終わりというわけにはいきません。音信不通を続けると最悪の場合、懲戒解雇になる可能性があります。懲戒解雇になると失業手当が受給できなかったり転職が不利になったりといった退職後のデメリットが大きいです。

退職代行はありえない!?まとめ

退職代行はありえない!?まとめ
世間には退職代行を利用するのはありえないと思っている人もいますが、賛成している人や利用してよかったと思っている人が多くいることがわかりました。

最初から「退職代行を利用しよう」と思っている人は少ないでしょう。職場の環境や上司のタイプ、自分の精神的な状況によって悩んで退職代行の利用を選ぶはずです。「ありえない」と言われて迷う気持ちもわかります。

しかし自分で「退職します」と言えず、我慢して働き続けるほど今の会社に価値はあるでしょうか。周りの意見に振り回されずに、今一度自分の置かれている状況を見直してみましょう。

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

目次
閉じる