退職代行は弁護士に依頼すべき?メリットやデメリット、おすすめの退職代行業者もご紹介!

退職代行は弁護士に依頼すべき?メリットやデメリット、おすすめの退職代行業者もご紹介!

退職希望のBさんBさん

退職代行は、弁護士に相談すべき?

退職希望のAさんAさん

退職代行を弁護士に頼むメリットは?デメリットは?

会社を辞めたくても辞めさせてくれないケースが増えています。
どうすればいいのか一人で悩むのではなく、専門的な知識を持った人に対応してもらうことが一番でしょう。
それが退職代行として注目されています。

ただ、注意しておかなければならないのは確かな資格を持っている弁護士に依頼することです。
退職代行を希望する人が増えたことで、弁護士資格がなくてもインターネットで退職代行を宣伝している業者がいます。

会社を辞めたいと思っている人は会社とうまく交渉できないため、途方に暮れていることが少なくありません。
わらにもすがる思いで退職代行業者に相談してしまうのでしょう。

これから退職代行を依頼する時に注意しなければならない点について説明します。

退職代行は弁護士に依頼すべきか?まとめ
  • 退職代行は民間企業に依頼するべき?弁護士に依頼するべき?それは人によって変わってくる!
  • 弁護士だと、有給消化の相談なども代行して行ってもらうことができる!
  • 民間の退職代行サービスでも高い退職の成功率なので安心!
目次

退職代行を弁護士に依頼するメリット

退職代行を弁護士に依頼するメリット

退職代行でスムーズに退職するためには、会社と穏便な話し合いをしたいでしょう。

ただ、退職したいと考えているわけですから、会社に対する不信感だけではなく依頼者側にも何らかの負い目があるケースも少なくありません。

法的に問題のない退職代行をしてもらうためには弁護士資格を持っていれば安心です。

弁護士に退職代行を依頼するメリット
  • 未払い残業代請求も行ってもらえる
  • 有給休暇消化申請の代行もOK
  • 辞める際のトラブルにも対応
  • ハラスメント訴訟なども対応してもらえる
  • 高確率で辞めることができる

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

未払い残業代請求も行ってもらえる

退職代行で相談が多いのは未払いの給料を請求できるかどうかです。

労働の対価として未払い残業代は当然請求していいのですが、退職代行業者ではなく
弁護士資格が必要となります。

会社との交渉を行う場合、その範囲は弁護士法に規定されていますから、退職代行を依頼する前に
調べておくことをおすすめ
します。

そもそも退職を希望している理由の一つに未払い残業代を受け取れないと考えている人が少なくありません。
労働者の権利ですから、法律に基づいて確実に請求すべきでしょう。

ただ、弁護士のような専門的知識と交渉力がないと難しいのが現実です。
パワハラが大きな社会問題になっていても、それをまったく無視した行動をとる社長が多いのでしょう。

有給休暇消化申請の代行もOK

未払い残業代請求ができるのと同じように有給休暇消化申請も弁護士に依頼すれば
スムーズに交渉してもらえます。

本来、有給休暇は申請しなくても取得できる労働者の権利です。
弁護士に依頼しなければならない状況がおかしいと理解しましょう。

もちろん、会社の業務の都合で希望通りの日程で有給を取得できない場合もあります。
その場合でも、会社側にできることは日程をずらす程度です。

弁護士に退職代行を依頼する大きなメリットは労働者の権利を法律に則って対応してもらえることでしょう。

辞める際のトラブルにも対応

退職代行を依頼する時の悩みとして、辞める時のトラブルを避けたいという気持ちが強いことでしょう。
円満退社ができないために退職代行を依頼しようとしていますから、ある程度のトラブルになることは
避けられません。

一番心配なトラブルは賠償請求されてしまうことです。一般的には100%賠償請求されない保証はありません。

しかし、弁護士が退職代行しているケースでは依頼者に明らかな非があるなどの限られたケースです。
特別に会社に迷惑をかけていない人なら賠償請求されることはありません。

ハラスメント訴訟なども対応してもらえる

パワハラやセクハラなど非常識なハラスメントが横行している会社は現代でも少なくありません。
なかなか人に相談できずに退職できないでいる労働者が多いのです。

自分の置かれた状況を変えたいと思うなら積極的に退職代行を検討してください。
弁護士であればハラスメント訴訟も退職代行と同時に進めてくれはずです。

退職代行だけを専門的に行っている業者に依頼してしまうと、ハラスメント訴訟を別の依頼として
受け付けることになり、スムーズな交渉ができないかもしれません。

高確率で辞めることができる

基本的に労働者が会社を辞められないケースはありません。
ただ、そのためには法律に沿って適切な交渉が必要となります。

多くの会社は退職によって損害を被ったと主張するようです。

しかし、現実に損害賠償に発展することはほとんどありません。
弁護士に依頼しておけば、後は安心して有給休暇を消化できます。

これまで残業代が未払いで有給も取得できなかったことが異常だったのです。
このような会社はすぐに辞めましょう。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

退職代行を弁護士に依頼するデメリット

退職代行を弁護士に依頼するデメリット

退職代行を弁護士に依頼する場合にデメリットは、民間や労働組合運営の退職代行業者より費用が高くなることです。

弁護士は「残業代の請求・退職日の交渉・退職金の交渉」など民間や労働組合が運営する退職代行業者よりも、請け負える範囲が広いです。

退職代行を弁護士以外に依頼するということは、依頼を受けた業者は法律的な資格を持たずに
会社と交渉することになります。ある程度までの交渉は認められますが、弁護士法に抵触する領域に入ってしまう可能性が高いと考えてください。

退職代行を弁護士に依頼するデメリット
  1. 費用が高めの場合がある

費用が高めの場合がある

思った以上に弁護士費用が高いと感じる人は少なくありません。
まずはインターネットで費用の相場を調べてみましょう。

低価格で依頼を受け付けているのは弁護士ではないでしょう。
専門的な知識を持ち退職代行の豊富な経験を持つ弁護士は、少し高めの費用でも多くの人が依頼します。

もちろん、高めの費用といってもある程度の相場がありますから、それから突出しているのであれば要チェックです。
一般的な相場は5万円前後の金額設定が多いようです。
その費用で対応してもらえる範囲も確認しなければなりません。

弁護士に依頼する場合は、実際に状況を説明して見積もりをしてもらう必要がありますので、今すぐに辞めることを優先したい方は民間の退職代行サービスがお勧めです。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

退職代行を依頼する弁護士の選び方

退職代行を依頼する弁護士の選び方

退職代行を依頼するには弁護士資格を持っている事務所が安心ですが、どの弁護士でも同じ対応をしてくれるわけではありません。
つまり、弁護士の選び方が重要となるのです。どのような選び方をすればいいでしょうか。

退職代行の依頼を経験している人は少ないですから選び方も難しく感じるはずです。
退職代行を依頼する弁護士を選ぶ際のいくつかのポイントを紹介しましょう。

退職代行の依頼先弁護士を選ぶポイント
  • 実績がしっかりとしている
  • 退職に関する案件を専門としている
  • 信頼できる弁護士かどうか

実績がしっかりとしている

まずは経験豊富な弁護士を選ぶことです。法律に詳しい弁護士でも得意分野があります。

離婚手続きや遺産相続など、家庭内のトラブルを得意としている弁護士は、
会社との交渉経験が少ない場合があります。

退職代行の依頼が増加したことで、退職代行を専門的に受け付けている弁護士も増えています。

これまでの実績は事務所のホームページなどに記載されていますから、事前にしっかりとチェックしてください。もちろん、大きな弁護士事務所になると何人もの弁護士を抱えていますから、どのようなトラブルでも対応できるでしょう。

あわせて読みたい
退職代行業者の選び方とは?おすすめサービス27選【元弁護士監修】 退職代行サービスとは、労働者が会社を退職したいと考えた時に本人に変わって、退職の意思を伝えてくれるというサービスです。ここ数年で、テレビへの露出が増えたこと...

退職に関する案件を専門としている

会社に関するトラブルの場合、退職関係が一番多いといわれています。
退職に関する案件を専門としている弁護士も少なくありません。

退職代行は会社との間でスムーズな退職ができない労働者のために行われます。
つまり、経営者が高圧的な態度に出ることが少なくないのです。

このような状況をスムーズに解決するには豊富な経験が最重要でしょう。

退職関係を専門としている弁護士なら間違いなく経験豊富なはずです。
退職や雇用関係を専門としている弁護士を探して依頼することで、スムーズに退職を行うことができます。

信頼できる弁護士かどうか

弁護士は専門知識を持っているせいでしょうか。依頼者への対応が雑になる弁護士もいます。

トラブルを抱えて弁護士に依頼しようとしているのですから、お互いの信頼関係が築けないのであれば
依頼すべきではありません。

もちろん、インターネットのホームページを読んだだけでは弁護士の人柄を知ることはできませんから、
まずは電話など無料の範囲で相談してみることをおすすめします。

直接話して、話しやすいと感じるなら信頼していいでしょう。
会社に裏切られて退職しようとしているのです。弁護士に裏切られてはいけません。

弁護士と退職代行業者の違いとは

弁護士と退職代行業者の違いとは

弁護士と退職代行業者の違いを考えてみましょう。
弁護士は退職代行だけではなく賃金未払いや有給休暇取得の交渉を行ったとしても何の問題もありません。

しかし、退職代行業者は一般的なもめごと処理だけに限定されており、法律を根拠とした交渉は弁護士法違反になる可能性が高いのです。費用の違いではできる内容の違いをしっかりと認識しましょう。

弁護士と退職代行業者の違い
  • 弁護士の退職代行
  • 退職代行業者の退職代行

弁護士の退職代行

弁護士が行う退職代行と業者が行う退職代行の違いを考えてみてください。
どちらも同じなら費用が安い方を選びたいと思うかもしれません。

しかし、今の不安を払拭するためには法律によって確実な解決を目指すべきです。

退職だけではなく、その後の手続きや損害賠償を避けるには弁護士の対応が必須となります。
退職代行を不安に感じてしまう人の多くは退職後の不安があるからです。

退職代行業者の退職代行

退職代行業者による退職代行で退職できないケースはほとんどありません。
ただ、弁護士の場合との違いをしっかりと理解しておかなければなりません。

退職はできたとしても離職票を受け取り、再就職が待っています。
会社側がその手続きを進めてくれないことも十分にあり得ます。

そのようなケースで退職代行業者が十分な対応をしてくれるかをチェックしておかなければなりません。
会社が弁護士を立ててくるとどうしても弱い立場になってしまいます。

おすすめの退職代行業者【費用が安くて退職成功率ほぼ100%】

おすすめの退職代行業者【費用が安くて退職成功率ほぼ100%】

これまでの説明を頭に入れて、おすすめの退職代行業者を紹介しましょう。

おすすめの退職代行業者3選
  • 退職代行OITOMA(オイトマ)
  • 退職代行SARABA(サラバ)
  • 退職代行EXIT(イグジット)

退職代行OITOMA

退職代行oitoma

料金 24,000円
パート・アルバイト料金
返金保証
弁護士監修
追加料金 なし
最短対応 即日

退職代行OITOMAは労働組合が運営している退職代行サービスです。
相談回数が無制限なので、退職代行の利用が初めての方で、分からないことが多くても問題ございません!
まずはお気軽にお問い合わせください!

退職代行料金は24,000円で業界の中でもかなり低価格であることも特徴の1つです。
オイトマにご依頼いただければ、即日会社を辞めることが出来ます。

値段を可能な限り抑えたいけど、早く退職したいという方は退職代行OITOMAにお任せください

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

退職代行SARABA(サラバ)

SARABA(サラバ)

退職業者は弁護士よりも守備範囲が狭いとしても、SARABA(サラバ)のように豊富な経験があれば十分な対応ができます。
一番の魅力は費用の安さでしょう。

SARABA(サラバ)は6,000件以上の実績を持つ労働組合です。
つまり、退職代行のための交渉も労働組合ですから違法性の心配はありません。

費用は業界最高水準の低価格レベルに設定されていますし、退職実績も98%を超えています。
低価格で退職したいと思っている人にはお勧めでしょう。追加料金も一切かからないので、定額でできるだけやすく退職したいという方に特におすすめです。

退職代行EXIT(イグジット)

退職代行EXIT(イグジット)

退職代行サービスを提供しているEXIT(エグジット)は少人数ですが幅広い対応が期待できます。
退職のための交渉や手続きは当然ですが、特筆すべきなのは退職後のリクルートサービスです。

つまり退職で終わりではなく、その後の人生再設計の手伝いをしようと考えている会社なのです。
ほとんどの退職代行業者はどれだけの退職を成功させたかをアピールしていますがEXIT(エグジット)はやり直すことを前提として退職代行サービスを提供しています。

【まとめ】退職代行は実績のある弁護士に依頼しよう!

退職代行業者と弁護士の退職代行サービスを紹介しました。
弁護士資格がなければできない交渉もありますが、業者のすべてが違法というわけではありません。

実際に退職を考えている人が置かれている状況は非常に厳しく、話し合いレベルで解決することは少ないでしょう。

結論としては、弁護士の法律に基づく交渉が安心できるといえるのです。
ただ、弁護士選びは重要ですから実績をしっかりとチェックしなければなりません。

また、民間の退職代行サービスを利用する場合のメリットとしては、価格の安さ対応の早さが言えます。

民間の退職代行サービスでも退職成功率はとても高く、追加料金もかからないことが多いのでメリットも多いです。
ご自身にあった弁護士または民間の退職代行サービスに依頼して、退職を成功させましょう。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)
Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる