【徹底解説】退職代行サービスの選び方と見るべきポイントとは

【徹底解説】退職代行サービスの選び方と見るべきポイントとは

退職代行サービスとは、労働者が会社を退職したいと考えた時に本人に変わって、退職の意思を伝えてくれるというサービスです。ここ数年で、テレビへの露出が増えたこともあり、誰しも一回は「退職代行」という言葉を聞いたことがあるのではないのでしょうか?

認知度も高まりつつあるサービスである「退職代行」ですが、「どの業者を選べばいいの?」と疑問に思っている方もいると思います。今回はどの業者にするか迷っている方に向けて、退職代行サービスの選び方や、確認するべきポイントについて解説していきます。

オイトマなら相談回数が無制限!

当記事の監修者
元弁護士福谷陽子
元弁護士
福谷陽子さん

京都大学法学部在学中に司法試験に合格する。卒業後は勤務弁護士を経て、3年立たないうちに独立。法律事務所を設立する。保有する資格は司法試験合格・日商簿記2級、3級・TOEIC820点現在は元弁護士の知識を活かし、仮想通貨や税務、不動産投資など法律に関する記事の執筆及び監修を行っている

お客様の退職を最後までご支援

最短即日で退職
相談回数は無制限

目次

退職代行サービスの基本知識

退職代行サービスの基本知識

改めて、退職代行サービスについて解説していきたいと思います。
退職代行サービスは新聞やテレビ、SNSなどさまざまなメディアで見られるようにようになりました。

ざっくりいうと、退職代行サービスとは、
「辞めることが難しいという労働者に変わって第三者が退職届を提出するサービスです」
もっと詳しく見ていきましょう。

退職代行サービスとは

退職代行サービスといった場合、通常は「SARABA」や「退職代行Jobs」などの一般企業が行うサービスのことをいいます。

「会社の人と顔を合わせたくない」
「退職の意思を伝えたら、上司から執拗に引き止められて辞めさせてもらえない」
「今辞めたら損害賠償を請求するぞ、脅迫や嫌がらせを受けた」

などの「会社が辞めさせてくれない」といった悩みを持つ労働者の代わりに退職代行業者が退職の意思を伝えるサービスになっています。

当該サービスの目的は「依頼者の円滑な退職を実現する」ことです。

退職代行サービスでできること

退職代行が行ってくれることをまとめると大きく3点あります。

元弁護士福谷陽子さん元弁護士福谷さん

退職代行サービスには、労働組合が関与するもの、弁護士が関与するもの、専門家がまったく関与しない民間企業が運営するものの3種類があります。労働組合型や弁護士型のサービスの場合、未払い給与や残業代、退職金、有給の消化などの交渉ができますが、専門家の関与しない民間企業タイプの場合は交渉ができません。労働組合型や弁護士型のサービスの方が安心ですし、頼りがいがあるともいえます。

会社に退職の意思を伝えてくれる

当たり前といえば当たり前ですが、退職代行の一番のサービスは労働者に代わって会社に退職の意思を伝えてくれることです。

自分から会社に辞めることをを伝えることができれば苦労しませんが、退職代行を検討している人には退職を言い出せない理由があることでしょう。

上司の顔色を伺うことなく退職意思を伝えることできるのは安心ですね。

最短で即日退職ができるケースもある

退職代行業者に、依頼したその日会社を辞めることが可能な場合もあります。
具体的には、労働者に退職までの間に利用できる有給休暇が残っているケースです。
あらかじめ自分がどのくらい有給が残っているのかを確認しておきましょう。

会社の人と一切顔を合わせることなく退職が可能

退職代行を利用する上でのメッリットは会社の人と顔を合わせる必要がないことではないでしょうか。

ただし注意点も存在します。

顧問弁護士が就いている、あるいは労働組合が運営している業社は会社と交渉することが可能。

上記のどちらかの条件に当てはまらない場合は会社と交渉することが不可能です。

最悪の場合「非弁行為」とみなされ、かえって会社とトラブルになることもあります。

退職代行を使った方がいいケース・必要ないケース

退職代行を使った方がいいケース・必要ないケース

近年では「パワハラ」「ブラック企業」「過労死」などの仕事に対するネガティブな問題が
注目されるようになりました。

しかし、退職代行サービスの相場である30,000円~50,000円は依頼者にとっては決して安い金額ではありません。
もし万が一自分で退職ができるのであれば無駄なお金になってしまいます。

では退職代行を利用するべき場合とはどのようなケースなのでしょうか。
こちらでは退職代行が必要なケースと必要ではないないケースを解説します。

元弁護士福谷陽子さん元弁護士福谷さん

民法では、原則的に「退職の2週間前に退職の通知をすれば雇用契約は終了する」と定められています。本来なら自分で退職届を出してももちろん有効なのですが、ブラック企業や上司と直接やり取りしたくないなどの事情で言い出しにくい方も多数います。そういった方に退職代行サービスが人気です。特に「辞めさせてもらえない」「無茶な条件を押し付けられる」「違約金を請求される」などトラブルになりそうな方は、退職代行サービスを使うメリットが大きくなります。

退職代行サービスが必要な場合

退職を自分で言い出せない

会社での人間関係に問題を抱えている場合、上司に退職を言い出しにくい方は多いのではないでしょうか。
また、会社に退職の意思を伝えた後に、一緒に働くことが心苦しいと感じる方もいることでしょう。

自分で退職の意思を伝えた場合、即日で退職できるケースはごく稀で数日から数ヶ月は出勤しなければいけないケースがほとんどです。
退職代行を利用すれば最短即日で退職することが可能です。
退職を伝えた後に職場で過ごしにくくなることが不安な方は、退職代行サービスを利用することがオススメです。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職を上司が認めてくれない

上司に退職の意思を伝えたところ「忙しいこの時期に退職することは許さない」「辞めるなら損害賠償を請求する」「辞めることは社会人として無責任」

などと言われ、なかなかスムーズに退職できないケースが増加傾向にあります。

しかし法律上、本人に退職の意思がある以上会社に引き止める権利はありません。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。
(民法第627条)

上司がいつまで経っても退職を認めてくれない場合は、退職代行サービスを利用してすみやかに退職するのがいいでしょう。

精神的、肉体的にも会社に行くことができない。

労働時間が明らかに長く、体を壊してしまった方、今の会社が原因で精神的に病んでしまい2度と会社に行きたくない方は退職代行を利用することを強く検討すべきでしょう。

仕事に真面目な方ほどブラック企業をなかなか辞めることができない傾向にあります。
「自分が今辞めたら会社に迷惑をかけるのではないか?」「無責任ではないか?」
などと深く考えず、退職を考えてみてください。

会社の都合よりも、自分の心身の健康の方が間違いなく大切です。
再就職支援を行っている退職代行業者も多数あるのでまずはお気軽にご相談してみてください。

退職代行サービスが必要でない場合

退職の意志を自分で伝えることができる

当たり前ですが自分自身で退職を伝えることができる方は退職代行サービスを利用する必要はありません。
退職代行サービスの目的は「本人に変わって、退職の意思を伝える」ことです。

退職代行サービスを利用するには、大体30,000円~50,000円程度の費用がかかってしまいます。
自分の意志を会社に伝えられる場合、費用の数万円を払うことはもったいないです。
退職を自分で伝えることが難しくない場合は、利用する必要はありません。

公務員の方

公務員として勤務している方は、一般企業で働いている方とは法律や労働基準が異なるため、注意が必要です。
公務員の退職時期や契約期間などは国や自治体で協議しなければいけないケースがあります。

そのため「公務員の退職代行」をサービス外としている退職代行業者も多いのが実情です。
公務員の方は公務員法に詳しい弁護士などに相談することをおすすめします。

退職代行サービスの種類

退職代行サービスの種類

民間企業

退職代行業者にできることは、基本的に会社へ退職の意志を伝えることや書類の受け渡しです。
会社と打ち合わせをしたり、交渉をすることは基本的にできません。

しかし顧問弁護士がついている業者や、労働組合が運営している業者の場合は、例外的に会社と交渉することが可能です。
実際に退職をする上で会社と交渉するという機会はほとんどありませんが、不用なトラブルに巻き込まれることを避けたい場合は、顧問弁護士がついていたり、労働組合が運営している退職代行業者を選ぶことをおすすめします。

民間企業がオススメの人
・費用を抑えたいひと
・今すぐに会社を辞めたいひと

弁護士

弁護士に退職代行を依頼する一番のメリットはその「安心感」といえます。
顧問弁護士がマネジメントしている、もしくは労働組合が運営していない業者を選ぶのであれば弁護士に依頼しましょう。

弁護士は法律のスペシャリストであり、非弁行為の心配は一切不用です。

また高度の社会地位・責務を有する人間ですので安心感は相当高く、弁護士という肩書きも会社に強いプレッシャーを与えることができるでしょう。

ただ料金が退職代行業者に比べて若干高くなっていますので検討する際は料金をよくチェックするようにしましょう。

弁護士がオススメの人
・お金を多く払ってでも安心感を得たいひと
・法律的な交渉をしてほしいひと
・公務員に勤めているひと

退職代行サービスの流れ

退職代行サービスの流れ

1.ご相談

まず初めに退職代行サービスに退職代行の相談をします。

退職代行サービスはとても便利なサービスですが、業者からアプローチすることは基本的にありません。

労働者自身からの申込みが必要になってきます。

「今日中に会社をやめたい」
「私物を郵送してほしい」
「会社から一切連絡がきてほしくない」

などどんな悩みでも相談しましょう。
弁護士事務所は相談料を取られることがありますが、退職代行業者であれば基本的に相談料は発生しないので、不安な点などあればご相談の時に聞いておくと安心できるでしょう。

2.ヒアリングご正式に申し込み

事前相談が終わり次第、ヒアリングに進みます。

ここでは自分の現状や会社の詳細、退職意思を伝える日程など細かいところまで共有します。

  • 退職希望の日時
  • 退職理由
  • 発行を求める書類
  • 有給休暇や退職金について
  • 会社からの貸与品の有無
  • 返却や処分を求める私物の有無

上記のようなヒアリングを行い、担当者が一人ひとりに合った方法で退職完了まで進捗するので依頼者は安心してお任せしましょう。

代行内容に納得することができたら正式に申し込みをします。

3.ヒアリングし会社に連絡

お申し込みが完了し、退職までの流れが確認できたら、退職代行が依頼者に代わりに退職の連絡を会社に伝えます。

もし自分の携帯に電話がかかってきたら、自分で出ずに退職代行業者に対応してもらいましょう。

1回で退職ができる場合もあれば、複数回連絡のやり取りが必要になってくるケースもあります。

会社によってどのような対応をするかはわかりませんので自分で対応せず、退職完了まで一貫してプロである退職代行業者のお任せしましょう。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職代行サービスの選び方

退職代行サービスの選び方

元弁護士福谷陽子さん元弁護士福谷さん

退職代行サービスを選ぶときには、料金だけではなく「運営者」が非常に重要です。特に労働組合でもなく弁護士も関与していないサービスの場合、会社との交渉が一切できません。有給消化や未払い賃金などがあっても対応できないのです。また契約前の対応も重要です。きちんと運営者やサービス内容、費用などについて説明をしてくれるか、契約書を作成するかなど、丁寧な営業を行っているかどうかにも着眼しましょう。

基本料金

退職代行サービスを選ぶ際には必ず基本料金を確認しましょう。

また極端に依頼料金が安い場合は注意が必要です。

後から追加料金を請求されたり、サービスの質が悪い可能性があります。

無料相談の際に追加料金発生の有無をあらかじめ確認しておきましょう。

弁護士が所属もしくは労働組合が運営しているか

退職代行業者の対応範囲は「会社へ退職の意志を伝えること」です。

基本的に会社と交渉することはできません。

ただし退職代行サービスの中には顧問弁護士がマネジメントしていたり、労働組合が運営しているところがあります。

顧問弁護士や労働組合が運営に関わっている業者は、

  • 弁護士に依頼しなくても会社と交渉できる
  • 違法行為によるトラブルに巻き込まれることがない

などの依頼者には嬉しい特徴があります。

中には顧問弁護士や、労働組合が運営に関わっていない業者に依頼してしまった為に退職が認められなかったというケースもあります。

そうしたトラブルに巻き込まれないためにも、弁護士が所属しているあるいは労働組合が運営している退職代行業者を選ぶことをおすすめします。

転職支援などのアフターサービスの有無

退職代行サービスの中には、退職完了して終わりではなく、退職後までサポートしてくれる業者もあります。

会社が忙しくて、転職活動になかなか時間が取れないという方も多いと思います。

また今後の生活が不安で退職に踏み切れない方もいるでしょう。

転職サポートがついている退職代行業者を選べば、安心して退職することができますね。

お問い合わせをする前に、各退職代行サービスのホームページに「転職支援」の項目があるかチェックすることをおすすめします。

スムーズに退職できる業者を選ぶ

退職代行サービスを利用する多くの人は、「今すぐに会社を辞めたい」「2度と会社に行くことなく退職したい」と思っているひとが大半であると思います。

もしも最短で退職できるのが数ヶ月も先になってしまったら、その期間はとても長く感じてしまうはずです。

退職代行サービスには「最短即日退社OK」などと書かれている会社が多数ありあります。

では実際に辞めることは可能なのでしょうか。

民法第627条には

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。
(民法第627条)

と記されています。

民法の規定でだけでは退職代行を利用して即日退社することはできません。

そこで退職代行サービスは有給休暇を利用して即日退社を実現しています。

弁護士が監修していたり、労働組合が運営している業者とは揉めたくない会社がほとんどですので、有給休暇があれば即日退社はほぼ確実でしょう。

自分に有給休暇が残っているのかどうかを退職代行に依頼する前に確認しておきましょう。

実績と口コミ

どの退職代行を選ぶうえで気になるところが「実績と口コミ」です。

各業者のホームページに必ず「実績」「口コミ」の欄があると思いますので、そこを見て判断するのがいいでしょう。

さらに詳しく業者について知りたい場合は、退職代行ランキングなどを見てみるのもおすすめします。

オイトマなら相談回数が無制限!

実際に退職代行を利用した方の具体例

実際に利用した方の具体例

1.いじめやハラスメントを受けずに退社することができた

会社の人間関係が悪い方や、上司から嫌がらせに困っている方は、会社を辞めるといえば、ハラスメントや嫌がらせが悪化させられてしまうリスクがあります。

どうせ辞めるからと当たりが厳しくなることや、辞めるまでの数ヶ月いまの職場の環境に耐えるのはキツイことですよね。

特にブラック企業に努めめている方はその点が心配でしょう。

退職代行サービスを利用することで即日退社することが可能になり、退職するまで無駄に耐える期間が一切なくなることもメリットの1つです。

2.退職後に心身ともに回復してきた

毎日の上司からハラスメントや、体調を崩すほどの激務に苦しんできた方も多いのではないでしょうか。

最悪の場合、職場の環境が原因でうつ病になってしまう可能性もあります。

体調不良の原因が職場にあるとすれば、会社を辞めた途端に回復することも少なくありません。

うつ病になってしまうと回復までに時間がかかる場合もありますが、退職することで体調が回復してくる人も多いことがわかっています。

真面目な人ほど「今の会社を辞めることは無責任だ」などと深く考えてしまいがちですが、一番大事なことは自分自身の健康です。

体調悪化の原因が今の職場であるのなら、退職代行を利用して気楽に辞めることも考えたほうが良いかもしれません。

3.職場の人間関係を全く気にすることが無くなった

退職代行を利用した人に「人間関係を悩んでいる時間が無駄だった」という意見が多く見られます。

実際退職をしてしまえば、今後いまの会社の人と会うことはありませんし、連絡をすることもなくなるでしょう。

人間関係が上手くいっていない時には視野が狭くなりがちですが、辞めてしまえばいまの人間関係なんてどうでもよっかったということに気がつくはずです。

もし今後の人間関係を気にして退職に踏み切れないのであれば、退職した後のことを考えスピーディーに退職してしまうことをおすすめします。

【ここに依頼すれば間違いなし!】おすすめの退職代行サービス5選

【ここに依頼すれば間違いなし!】おすすめの退職代行サービス5選

現時点で退職代行サビースは数多くあります。

しかしどの業者を選んでもいいという訳ではありません。

確実に退職できる実績や、過去にトラブルがないこと、他社と比較して総合的に優れている業者を選ぶ必要があります。

ここでは実際に利用してみた人たちがおすすめしていた退職代行業者を5つご紹介します。

退職代行OITOMA

退職代行oitoma

料金 24,000円
対応速度 最短即日
実績 万が一退職できなければ全額返金保証・追加料金0円
支払方法 銀行振込・クレジットカード払い

退職代行OITOMAは労働組合が運営している退職代行業者です。
労働組合が運営しているため、退職する際に会社と交渉できるので、どんなお悩みでも
まずはお気軽にお問い合わせください!

またサービス価格も24,000円と業界の中でもかなり低価格であることも特徴の1つです。
値段を可能な限り抑えたいけど、安心して退職したいという方は退職代行OITOMAにお任せください

オイトマなら相談回数が無制限!

辞めるんです

退職代行-辞めるんです

料金 27,000円
対応速度 最短即日退職
実績 後払い対応可能
支払方法 銀行振込・クレジットカード支払い

辞めるんですは弁護士による指導を徹底している退職代行です。
退職成功率100%を達成しており、お客様満足度も常に上位をキープしています。

辞めるんですの最大の特徴は業界初の後払いサービスにあります。
退職代行に対して、不信感を抱いている人は辞めるんですの利用をおすすめします。

退職代行SARABA

退職代行SARABA

料金 25,000円
対応速度 最短即日退職
実績 業界初の労働組合運営の退職代行
支払方法 銀行振込・クレジットカード払い

退職代行SARABAは労働組合が運営する退職代行サービスです。
労働組合が運営する退職代行の火付け役でもあり、今でも多くの退職者から支持されています。
24時間265日いつでも相談可能でありながら、返信スピードも速く、非常に相談しやすいです。

退職代行SARABAは一律25,000円で退職可能。
無料転職サポートも充実しているのでおすすめの退職代行です。
退職成功率もほぼ100%と極めて高く、安心して退職できる退職代行と言えるでしょう。

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン

料金 29,800円
対応速度 最短即日退職
実績 労働組合が運営
支払方法 現金振込・クレジットカード

退職代行ガーディアンは一律29,800円で退職することが可能です。
朝日新聞や財経新聞など大手メディアを含めた様々なメディアの掲載実績があります。
また法適合の合同労働組合であるため、違法性なく安心・確実に退職できるサービスといえますね。

【退職代行の選び方】監修者の感想

元弁護士福谷陽子さん元弁護士福谷さん

最近では、終身雇用制が崩壊しつつあり、転職は当たり前のことになってきています。転職によって給料が上がる方、職場環境が改善される方、ワークライフバランスを実現できる方も多数います。今の会社に疑問や不安があるなら、我慢せずに退職を検討してみるのがよいでしょう。自分で退職を伝えるのが難しい場合、退職代行サービスを利用すると便利でストレスもかかりません。ただしトラブルに巻き込まれないために、労働組合や弁護士が関与しているサービスを選ぶようお勧めします。

退職代行の選び方まとめ

いかがでしたでしょうか。
この記事では退職代行サービスの選び方と見るべきポイントなどを解説しました。

一番に「顧問弁護士、労働組合が運営している退職代行を選ぶ」ということを覚えておいていただきたいです。
ぜひこの記事を参考に、自分にあった退職代行サービスを選んでみてください。

Let's share this post!
目次
閉じる