美容師が辞める理由ランキング10選!退職理由の例文や体験談をご紹介

美容師が辞める理由ランキング10選!退職理由の例文や体験談をご紹介

退職希望のKさんKさん

美容師の仕事を辞めたい!!

退職希望のIさんIさん

どんな退職理由を伝えたらいいんだろう?

美容師を辞めようとした時、退職理由の内容をどうしようかと悩みますよね。
上司に退職を伝えようとしたものの、伝え方に困って色々と調べている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、美容師を辞めようとしている方のために、「美容師が辞める理由ランキング10選」や「退職を引き止められるパターン」をご紹介します。

実際に使える退職理由の例文もご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事のまとめ
  • 美容師が辞める一番の理由は人間関係!
  • 次いで、「給料が低い」「休みが取れない」など不満の形はさまざま!
  • 美容師を含む生活ジャンルの離職率は22.3%で、およそ5人に1人が退職している!
  • 退職を伝える際は、うまく伝えないと上司から引き止められるので注意!
  • トラブルなくスムーズに退職するなら、第三者が仲介してくれる退職代行がおすすめ!

全額返金保証付き!

目次

美容師の離職率は?辞める人はかなり多い!

美容師の離職率は?辞める人はかなり多い!

退職希望のKさんKさん

そもそも美容師の離職率ってどれくらいなの?

結論、美容師の離職率は他と比べて高い傾向にあります。

以下の厚生労働省の調査によると、美容師を含む「生活関連サービス業・娯楽業」の離職率は22.3%であることがわかります。

およそ5人に1人が離職している計算になるため、決して少ない人数ではないでしょう。

なかなかに多くの人が退職しているので、これから美容師を辞めるとしても、肩身を狭くする必要はありません。

全額返金保証付き!

美容師が辞める理由ランキング10選【みんなの退職理由は?】

美容師が辞める理由ランキング10選【みんなの退職理由は?】

これから上司に退職の意思を伝えようとしている方の中には、「どんな退職理由にしようかな?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

参考として、美容師が辞める理由ランキング10選をご紹介します。
美容師が辞める理由ランキング10選
  • 1位:職場の人間関係が悪くて続けられない
  • 2位:会社の給料や待遇に不満がある
  • 3位:激務で休みが十分に取れない
  • 4位:自分の実力が正当に評価されない
  • 5位:さまざまな職場で経験を積みたい
  • 6位:結婚や育児で仕事が継続できなくなった
  • 7位:美容師以外の仕事にもチャレンジしてみたい
  • 8位:アシスタントの下積み時期に耐えられない
  • 9位:入社時と労働条件が異なっており、不満がある
  • 10位:独立して自分の店舗を持ちたい

1位:職場の人間関係が悪くて続けられない

美容師が辞める理由ランキング1位は、人間関係の悪さです。
美容師の業界は職人気質の人が多く、それゆえに他の業界よりも上下関係が厳しい一面があります。

もちろん職場によりますが、運悪く厳しい上司のいる職場に就いてしまった人は、毎日の仕事が胃が痛くなるくらい辛いでしょう。

2位:会社の給料や待遇に不満がある

美容師が辞める理由ランキング2位は、会社の給料や待遇への不満です。

美容師の給料は日本全体の平均給与を大きく下回っており、厚生労働省の調査によると、理容・美容師の平均月収は約26万9,400円となっています。

働いた年数やランクによって昇給はあるものの、全体的に給料が低いため、そこに不満を感じている方も多いでしょう。

3位:激務で休みが十分に取れない

美容師が辞める理由ランキング3位は、激務で休みが取れないです。

美容師が激務と言われる理由として、以下が挙げられます。

  • 1日の拘束時間が長い
  • 立ち仕事で脚が疲れる
  • 営業時間後もレッスンやカルテ作りがある

美容師は休憩があったとしても、その時間を練習に当てるなどして“実質休憩なし”ということもあり、その辛さから辞める人は多いでしょう。

4位:自分の実力が正当に評価されない

美容師が辞める理由ランキング4位は、自分の実力が正当に評価されないです。
どの業界も同じですが、職場によっては自分の実力が過小評価されることはあります。

例えば、頑張りが評価されない理由として、以下が挙げられるでしょう。

  • 上司から嫌われていて評価されない
  • やっている仕事が軽視されている
  • そもそも職場に評価するシステムがない

実力が評価されない理由はさまざまですが、いずれも辞めたいと思う気持ちが沸き起こる原因になりえます。

5位:さまざまな職場で経験を積みたい

美容師が辞める理由ランキング5位は、さまざまな職場で経験を積みたいです。

ネガティブな理由から退職するのではなく、純粋にいろんな職場で働き成長を実感したいからというポジティブな理由になります。

別の職場に転職すれば、「新しいこと」を「新しい角度」で教えてもらえる可能性があるので、チャレンジしてみる価値は十分にあるでしょう。

6位:結婚や育児で仕事が継続できなくなった

美容師が辞める理由ランキング6位は、結婚や育児で仕事ができなくなったです。

家庭への専念を理由に退職することはどの業界でもよくあることなので、比較的引き止められずに退職しやすいでしょう。

退職する際もお祝いムードで辞められるので、退職日まで気まずい雰囲気で仕事をしたくない方にはぴったりの退職理由と言えます。

7位:美容師以外の仕事にもチャレンジしてみたい

美容師が辞める理由ランキング7位は、美容師以外の仕事にもチャレンジしてみたいです。
美容師という仕事が自分に合わないと思い、新しい仕事に挑戦していく方も一定数います。

「もっと給料の高い仕事に」「もっと上下関係が厳しくない仕事に」など理由はさまざまですが、新しいジャンルに踏み込んでみれば、今抱えている根本的な悩みが解決されるかもしれません。

8位:アシスタントの下積み時期に耐えられない

美容師が辞める理由ランキング8位は、アシスタントの下積み時期に耐えられないです。

アシスタントの下積み時期が辛い理由として、以下が挙げられます。

  • いきなりカットはできない
  • スタイリストの補助や雑務がメイン
  • 営業終了後も必死に練習

アシスタントの時期が長すぎて、「一体、いつになったらデビューできるんだろう?」と不安に思って退職を検討する方も多いでしょう。

9位:入社時と労働条件が異なっており、不満がある

美容師が辞める理由ランキング9位は、労働条件の不一致です。
入社時に見た労働条件と、入社後の実際の労働条件が異なっていて不満に感じる人もいます。

労働条件のごまかしは当然してはいけないことなので、労働条件が異なっている場合、まずは上司に直接相談してみると良いでしょう。

10位:独立して自分の店舗を持ちたい

美容師が辞める理由ランキング10位は、独立して自分の店舗を持ちたいです。

どちらかと言えば、アシスタントがいだく退職理由ではなく、美容師として十分に経験を積んだ方がいだく退職理由になります。

カット前に指名してもらえるお客さんが多ければ多いほど、店舗を持った時のスタートダッシュが上手くいきやすいでしょう。

困ったときに使える!美容師の退職理由の例文

困ったときに使える!美容師の退職理由の例文

困った時に使える退職理由の例文をご紹介します。

なお、最強・おすすめな嘘の退職理由では退職理由の例を紹介していますので、
退職理由が決まらないという方は、ぜひご覧くださいね。

退職理由の例文

突然で大変申し訳ありませんが、退職を考えております。今の職場だけでなく、いろんな職場で経験を積みたいと考えており、退職を決意しました。大変身勝手ではありますが、〇月〇日をもって退職させていただけないでしょうか。

どう伝えて良いかわからない方は、上記を参考にして上司に伝えてみてください。

全額返金保証付き!

美容師を退職する際に引き止められるパターン3つ

美容師を退職する際に引き止められるパターン3つ

これから上司に退職の意思を伝える方の中には、「上司から引き止められたらイヤだなぁ…」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

美容師を退職する際に引き止められるパターンをご紹介します。
美容師を退職する際に引き止められるパターン3つ
  • 人手不足を理由に渋られるパターン
  • 給料アップで交渉してくるパターン
  • 脅しをかけてくるパターン

人手不足を理由に渋られるパターン

上司に退職を伝えた時、人手不足を理由に引き止められるかもしれません。

例えば、「君がいなくなると職場が回らなくなる」「退職日をもう少しずらしてもらえないかな?」と言われるかもしれないので注意が必要です。

どうしても退職したい方は、弱腰にならずに毅然とした態度で伝えると良いでしょう。

給料アップで交渉してくるパターン

上司に退職を伝えた時、給料アップで交渉してくる可能性があります。

給料アップに応じるか応じないかはあなた次第ですが、「給料の額に納得がいかない」もしくは「給料が問題ではない」のであれば、ムリに働き続ける必要はありません。

脅しをかけてくるパターン

上司に退職を伝えた時、脅しをかけてくるパターンもあります。

例えば、上司が脅して退職を引き止める例として、以下が挙げられるでしょう。

  • 今辞めた場合、残りの給料は払えない
  • この状況だと、懲戒解雇扱いになるよ
  • みんな頑張ってるのに迷惑かけて辞めるの?

脅しのパターンはさまざまですが、強引に退職を引き止める権利は上司にはありません。

全額返金保証付き!

美容師を今すぐ辞めるなら、即日退職できる退職代行がおすすめ!

美容師を今すぐ辞めるなら、即日退職できる退職代行がおすすめ!

美容師を今すぐ辞めるなら、退職代行を利用するのがおすすめです。
退職代行を使えば、第三者が介入して即日退職させてもらえるので、何も悩むことはありません。

退職代行を利用するメリットは、以下の通りです。

退職代行を利用するメリット
  1. 即日退職できる
  2. 上司と関わらなくていい
  3. 引き止められる心配もない
  4. 有給休暇の申請がラクにできる
  5. LINEで気軽に相談できる

退職代行を使えば、退職に関する悩みが解消されるので、ぜひ前向きに検討してみてください。

全額返金保証付き!

美容師を辞めて良かったという人のリアルな体験談

美容師を辞めて良かったという人のリアルな体験談

これから美容師を辞めようとしている方の中には、「実際に辞めた人の体験談を見てみたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

美容師を辞めて良かったという人の体験談をご紹介します。
美容師を辞めて良かったという人の体験談
  • 体験談①トラブルなく退職できた20代女性
  • 体験談②転職して給料が上がった30代女性
  • 体験談③職場を変えて人間関係が良好になった20代男性

体験談①トラブルなく退職できた20代女性

上司がすぐに退職を了承してくれました!
さえさん
さおりさん

年齢:23歳
勤続年数:2年
別の職場に転職することにしましたが、結果的にはトラブルなく退職できました。退職を伝える前は上司にどんな反応をされるかビクビクしていましたが、いざ伝えてみるとすぐに納得して退職の話を進めてくれました。勇気を出して伝えて良かったと思います。

体験談②転職して給料が上がった30代女性

仕事内容は変わらないけど給料アップ!
まりあさん
まりあさん

年齢:32歳
勤続年数:3年
転職して給料が上がりました。美容業界は全体的に給料は低めですが、それでも以前の職場は納得できないくらい低い給料だったので辞めることにしました。同じ業界でも職場が違うだけでこんなに給料が変わるんだなと驚いています。給料の低さに悩んでいる方は、ぜひ転職を検討してみてください。

体験談③職場を変えて人間関係が良好になった20代男性

転職して人間関係が改善されました!
まさしさん
まさしさん

年齢:25歳
勤続年数:4年
以前の職場は上司の態度が悪く、全体的に人間関係が良くなかったので退職することにしました。退職を伝えた時は一瞬引き止められましたが、意思が変わらないことが伝わったのかすぐに了承してもらえました。今の職場はみんな楽しそうに働いていて、仕事をしていてとても気分が良いです。

全額返金保証付き!

美容師が辞める理由ランキング!退職理由の例文や体験談|まとめ

美容師が辞める理由ランキング!退職理由の例文や体験談|まとめ

この記事のまとめ
  • 美容師が辞める一番の理由は人間関係!
  • 次いで、「給料が低い」「休みが取れない」など不満の形はさまざま!
  • 美容師を含む生活ジャンルの離職率は22.3%で、およそ5人に1人が退職している!
  • 退職を伝える際は、うまく伝えないと上司から引き止められるので注意!
  • トラブルなくスムーズに退職するなら、第三者が仲介してくれる退職代行がおすすめ!

全額返金保証付き!

「美容師を辞めたいけど、うまく伝えられる自信がない…」という方には、退職代行がおすすめです。
退職代行を使えば業者が動いてくれるので、あなたが上司に直接伝える必要はありません。

引き止められることなくスムーズに即日退職できるので、気になる方はぜひ検討してみてください。

\全額返金保証付きで初めてでも安心!/
目次
閉じる