退職を3ヶ月前に伝えるのは非常識ではない!その理由と円満退職のポイントを解説

退職を3ヶ月前に伝えるのは非常識ではない!その理由と円満退職のポイントを解説

退職希望のBさんBさん

上司に退職の意思を伝えないと!

退職希望のAさんAさん

退職はいつ伝えるのがベストなんだろう?

会社を辞めようと思った時、どのタイミングで伝えようかと悩みますよね。
伝えるタイミングを間違えて上司から怒られたくないと思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、これから退職する方のために「退職を3ヶ月前に伝えてもOKな理由」や「スムーズに円満退社するためのポイント」をご紹介します。

退職の申し出から完全退社までの流れも詳しく解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事のまとめ
  • 退職を3ヶ月前に伝えるのは非常識ではない!
  • ほとんどの人は退職の1ヶ月前〜3ヶ月前に退職の意思を伝えている!
  • Biz Hitsのアンケート調査によると、70%以上の人が3ヶ月以内に退職を伝えているから大丈夫!
  • ただし、職場によってはパワハラじみた引き止めに遭うケースもあるので注意!
  • 引き止められずに退職したい場合、業者が即日退職させてくれる退職代行がおすすめ!

全額返金保証付き!

目次

【結論】退職を3ヶ月前に伝えるのは非常識ではない!

【結論】退職を3ヶ月前に伝えるのは非常識ではない!

退職希望のBさんBさん

退職を3ヶ月前に伝えるのは非常識なの?

結論、退職を3ヶ月前に伝えるのは非常識なことではありません。
1ヶ月〜2ヶ月前に伝えるのが一般的なので、3ヶ月前であればむしろ早い方です。

業種や役職によって常識的な範囲は変わりますが、全体的に見れば3ヶ月は早い方なので、今のタイミングで退職を伝えることを前向きに考えてみても良いでしょう。

全額返金保証付き!

退職を3ヶ月前に伝えるのが非常識ではない理由

退職を3ヶ月前に伝えるのが非常識ではない理由

退職を3ヶ月前に伝えようとしている方の中には、「本当に今伝えて大丈夫なんだろうか?」と心配している方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職を3ヶ月前に伝えてもOKな理由をご紹介します。
退職を3ヶ月前に伝えてもOKな理由
  • 理由①民法627条では2週間前と定められている
  • 理由②一般的には1ヶ月前〜2ヶ月前に伝える人が多い
  • 理由③3ヶ月あれば引き継ぎ期間としては十分

理由①民法627条では2週間前と定められている

退職を3ヶ月前に伝えてもOKな理由の1つに、違法性なしがあります。
法律の観点から見ると、「退職の申し出から2週間後には退職可能」なので安心してください。

民法627条には、以下の記載があります。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:e-Gov法令検索

上記の通り、無期雇用の場合、2週間経過すれば退職可能です。

退職の意思を3ヶ月前に伝えるのは法律的に何の問題もありません。

理由②一般的には1ヶ月前〜2ヶ月前に伝える人が多い

退職を3ヶ月前に伝えてもOKな理由の1つに、一般的な人と比べて早いがあります。
退職する人の大半は退職の意思を1ヶ月〜2ヶ月前に伝えるので、3ヶ月前であれば十分早いです。

Biz Hitsのアンケート調査によると、退職経験者の半分以上が1ヶ月前〜2ヶ月前に退職を伝えていることがわかっています。

ビズヒッツアンケート調査

出典:Biz Hits

ご覧の通り、ほとんどの人は退職の3ヶ月前には退職の意思を伝えています。

特別非常識なわけではないので、退職を伝える際に不安を抱える必要はありません。

理由③3ヶ月あれば引き継ぎ期間としては十分

退職を3ヶ月前に伝えてもOKな理由の1つに、引き継ぎの観点で問題なしがあります。

引き継ぎにどれくらいの期間を要するかは業種や役職によって異なりますが、大半の場合、3ヶ月あれば十分引き継ぎはできるでしょう。

よほど専門的な仕事内容でもなければ引き継ぎに3ヶ月以上はかからないので、そこまで心配する必要はありません。

全額返金保証付き!

退職を3ヶ月前に伝えた人の体験談3選

退職を3ヶ月前に伝えた人の体験談3選

退職を3ヶ月前に伝えようとしている方の中には、「実際に3ヶ月前に退職の意思を伝えた人の体験談を見たい!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職を3ヶ月前に伝えた人の体験談をご紹介します。
退職を3ヶ月前に伝えた人の体験談
  • 体験談①退職の3ヶ月前は非常識と言われた20代男性
  • 体験談②退職を伝えて上司から怒られた30代男性
  • 体験談③3ヶ月より早く退職させてもらえた20代女性

体験談①退職の3ヶ月前は非常識と言われた20代男性

上司から非常識と言われましたが、なんとか説得!
まさしさん
まさしさん

年齢:23歳
勤続年数:2年
3ヶ月前に退職の意思を伝えましたが、上司から拒否されましたが、法律的には問題ないことを伝えたところ、渋々納得してくれました。事前に法律の知識を頭に入れておいて良かったです。上司は退職させないために引き止めに来るケースもあるので用心しておいたほうが良いでしょう。

体験談②退職を伝えて上司から怒られた30代男性

退職は強気で伝えよう!
けんたさん
けんたさん

年齢:32歳
勤続年数:4年
上司に退職を伝えたら「今辞められると迷惑だ」と怒られました。こちらにも退職する権利はあるはずなので、強く主張したところ、なんとか退職を承認してもらえました。弱腰で伝えると引き止められるかもしれないので、すぐに退職したい方は強気で伝えるのが良いかもしれません。

体験談③3ヶ月より早く退職させてもらえた20代女性

1ヶ月後に退職させてもらえました!
さえさん
さえさん

年齢:25歳
勤続年数:3年
退職する3ヶ月前に報告しましたが、上司から「もう少し早めでも良いけど、どうする?」と言われたので、お言葉に甘えて1ヶ月後に退職させてもらいました。思ったより早く退職できたので良かったです。上司によって反応は違うかもしれませんが、ズルズル働いていて仕方がないので、勇気を出してまずは伝えてみるのがおすすめです。

全額返金保証付き!

【失敗しない】3ヶ月前に伝えて円満退職する方法

【失敗しない】3ヶ月前に伝えて円満退職する方法

退職を3ヶ月前に伝えようとしている方の中には、「できれば円満な形で会社を去りたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

スムーズに円満退社するためのポイントをご紹介します。
スムーズに円満退社するためのポイント
  • ①会社に不満があってもバックレない
  • ②就業規則に違反しないよう配慮する
  • ③引き継ぎ資料を丁寧に作成する
  • ④できれば繁忙期を避けて退職する
  • ⑤上司が引き止めにくい退職理由を用意しておく

①会社に不満があってもバックレない

円満退社するためのポイントの1つに、バックレないがあります。
バックレた場合、会社に損害を与えたとして損害賠償を請求される可能性もあるので注意が必要です。

損害賠償請求は明確な根拠がなければできないので、実際に請求まで至るケースは少ないですが、いずれにしてもバックレはリスクの高い選択肢なので避けた方が良いでしょう。

②就業規則に違反しないよう配慮する

円満退社するためのポイントの1つに、就業規則に違反しないがあります。

就業規則には労働条件に関する記載だけでなく、退職に関するルールが記載されているケースもあるので、必ず確認しておきましょう。

会社によっては、退職の意思を伝えるタイミングが具体的に指定されているかもしれません。

③引き継ぎ資料を丁寧に作成する

円満退社するためのポイントの1つに、引き継ぎ資料の作成があります。

退職を伝えられた上司は「引き継ぎはスムーズにできるだろうか?」と心配するかもしれないので、引き継ぎ資料を作成しておくのがおすすめです。

退職を伝える際に引き継ぎ資料もセットで渡せば、引き止められることなくスムーズに了承してもらえる確率が高まります。

④できれば繁忙期を避けて退職する

円満退社するためのポイントの1つに、繁忙期を避けるがあります。
どの会社にも繁忙期と閑散期がありますが、できれば比較的忙しくない閑散期に辞めるのがおすすめです。

繁忙期に辞めようとすると人手不足を理由に引き止められる可能性が高いので、引き止められて気まずくなるのが嫌な方は、閑散期の退職を検討してみましょう。

⑤上司が引き止めにくい退職理由を用意しておく

円満退社するためのポイントの1つに、引き止めにくい退職理由があります。

退職理由の内容や伝え方を工夫すれば、引き止めを回避することは可能なので、今一度自身の退職理由を見直してみましょう。

例えば、体調不良や家庭の事情を理由にすれば、センシティブな内容になるので上司は引き止めづらいです。

退職理由は必ずしも本音で伝える必要はありません。建前もうまく使いながら伝えることも検討してみてください。

退職理由を考えるのが大変という人は、噓の退職理由おすすめ10選から選んでくださいね、

退職の申し出から完全退社までの一連の流れ

退職の申し出から完全退社までの一連の流れ

退職の申し出から完全退社までの流れをご紹介します。

STEP.1
上司に伝える
まずは直属の上司に退職の意思を伝えましょう。唐突に話すと対応してもらえない可能性が高いので、事前にアポを取っておくのがおすすめです。スムーズに退職できるかどうかは状況次第ですが、うまくいけば引き止められずに了承してもらえます。
STEP.2
退職届を提出する
次に退職届を提出します。自分でイチから作成するケースもありますが、所定のフォーマットがある場合はそれに従って作成します。フォーマットがあるかわからない場合、就業規則を確認したり事務に聞いてみたりすると良いでしょう。
STEP.3
業務の引き継ぎを行う
退職日までに業務の引き継ぎを行います。細かい内容を記載した引き継ぎ書を作成しておくと親切です。退職後にトラブルが起こらないよう、重要だと思うことはすべて伝えておきましょう。
STEP.4
貸与品の返却&挨拶回り
引き継ぎが終わったら最後の仕上げです。会社からの貸与品を返却して、お世話になった方々に挨拶回りをしましょう。退職の報告に加えて感謝の気持ちを伝えると、気分良く退職できます。

全額返金保証付き!

最後にチェック!退職する前の確認事項

最後にチェック!退職する前の確認事項

退職を3ヶ月前に伝えようとしている方の中には、「最後に何か確認しておくことはないかな?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職する前の確認事項をご紹介します。
退職する前の確認事項
  • 確認事項①退職の旨は直属の上司に伝える
  • 確認事項②有給休暇が何日残っているかを確認しておく
  • 確認事項③退職後のプランを明確にしておく

確認事項①退職の旨は直属の上司に伝える

退職する前の確認事項の1つに、伝える相手があります。
退職の意思を伝えるのは同僚でもなく先輩でもなく、直属の上司です。

あなたを直接管理している上司に伝えなければならないので、間違えないようにしましょう。

確認事項②有給休暇が何日残っているかを確認しておく

退職する前の確認事項の1つに、有給休暇の残り日数があります。
有給休暇がたくさん残っていれば、退職日まで休み続けて実質即日退職にすることも可能です。

労働者なら誰でも有給休暇を取得する権利はあるので、まだ一度も有給休暇を取ったことがない方も、今一度日数を確認してみましょう。

確認事項③退職後のプランを明確にしておく

退職する前の確認事項の1つに、退職後のプランがあります。

スムーズに次のステップに進むためにも、退職後にどんな手続きをするのか?どんな生活をしていくのか?は事前に考えておくのがおすすめです。

例えば、退職後にやるべきこととして、以下が挙げられます。

  • 転職活動
  • 健康保険の切り替え
  • 国民年金の切り替え
  • 失業保険の受け取り手続き
  • 住民税の切り替え

上記は退職後に考えても遅くはありませんが、事前に考えておくに越したことはありません。

余裕がある方は手続きの手順をひと通り調べておくと良いでしょう。

全額返金保証付き!

退職を3ヶ月前に伝えるか悩んでいる人からよくある質問

退職を3ヶ月前に伝えるか悩んでいる人からよくある質問

退職を3ヶ月前に伝える人によくある質問をご紹介します。

退職を3ヶ月前に伝える人によくある質問
  • 退職は何ヶ月前に言うのがベストですか?
  • 退職を3ヶ月前に伝えるのは長い方ですか?
  • 就業規則の「退職は3ヵ月前に申し出ること」を無視すると違法になりますか?

退職は何ヶ月前に言うのがベストですか?

退職を伝えるベストなタイミングは状況によりますが、一般的に合わせるのであれば1ヶ月前〜2ヶ月前が良いでしょう。

先ほどお伝えした通り、Biz Hitsのアンケート調査では半数以上が2ヶ月以内に退職を伝えていることがわかっています。
ちなみに、法律的には2週間後に退職可能となっていますが、会社の同意があれば即日退職も可能です。

必ずしも退職に期間を必要とするわけではないので、覚えておくと良いでしょう。

退職を3ヶ月前に伝えるのは長い方ですか?

退職を3ヶ月前に伝えるのは長い方です。

先ほどお伝えした通り、ほとんどの人は退職の意思を1ヶ月前〜2ヶ月前に伝えるので、それと比べると3ヶ月前は長い方と言えるでしょう。

上司はあなたを引き止めるために「3ヶ月後の退職は非常識だ」と言うかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。

就業規則の「退職は3ヵ月前に申し出ること」を無視すると違法になりますか?

就業規則の「退職は3ヶ月前に申し出ること」を無視したとしても、違法にはなりません。
なぜなら、就業規則はあくまで会社のルールであり、法律とは異なるからです。就業規則とはいえ万能なルールではないので、覚えておくと良いでしょう。

全額返金保証付き!

退職を3ヶ月前に伝えるのは非常識?違法ではない理由や体験談|まとめ

退職を3ヶ月前に伝えるのは非常識?違法ではない理由や体験談|まとめ

この記事のまとめ
  • 退職を3ヶ月前に伝えるのは非常識ではない!
  • ほとんどの人は退職の1ヶ月前〜3ヶ月前に退職の意思を伝えている!
  • Biz Hitsのアンケート調査によると、70%以上の人が3ヶ月以内に退職を伝えているから大丈夫!
  • ただし、職場によってはパワハラじみた引き止めに遭うケースもあるので注意!
  • 引き止められずに退職したい場合、業者が即日退職させてくれる退職代行がおすすめ!

全額返金保証付き!

「上司から退職を引き止められたら断れないかも…」と思う方には、退職代行がおすすめです。

退職代行を使えば法律に詳しい業者が会社と交渉してくれるので、引き止めに遭うことなく安心して退職できます。

退職日まで気まずい日々を過ごすことなくスパッと即日退職できるので、退職できずに悩んでいる方はぜひ検討してみてください。

\全額返金保証付きで初めてでも安心!/
目次
閉じる