仕事辞めたい診断であなたの辞めたい度を計測!仕事を辞めるべきかチェックリストも記載

仕事辞めたい診断であなたの辞めたい度を計測!仕事を辞めるべきかチェックリストも記載

あなたは、日曜日の夜や、月曜日の朝になると「仕事に行きたくない・仕事辞めたい」と感じたことはありませんか?

あなたが気が付いていないだけで、精神や身体は悲鳴をあげているかもしれません。
あなたの仕事辞めたい度を可視化するために、当記事では「あなたの仕事辞めたい度が分かる診断ツール」を
記載しております。

退職希望のAさんAさん

仕事を辞めたいと思っているけど、本当に辞めていいのかな?

退職希望のBさんBさん

仕事を辞めたいけど、どうしたら良いのかわからない・・・

という悩みを抱えている人は、ぜひ当記事をご覧になり「仕事辞めたい診断」を行ってみてください。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

下記の記事では、仕事を辞めたいときの対処方法から仕事を辞めるべき判断ポイントまで詳しく紹介しています。行政書士の宮下さんに監修いただき、専門家目線からのアドバイスも記載しております。仕事を辞めたいと感じている方は、併せてご覧ください。
あわせて読みたい
仕事を辞めたい理由と辞めるべき状況とは?辞め方や辞める時の注意点も!
仕事を辞めたい理由と辞めるべき状況とは?辞め方や辞める時の注意点も!Aさん 仕事を辞めたいけど、この状況って辞めるべき? Bさん 仕事辞めたいけど、いつも上司に引き止められる... このように、仕事を辞めたいけど辞めるべきかわからない...
目次

30秒で計測!仕事辞めたい診断

簡単診断

30秒で分かる!仕事辞めたい度診断

あなたの心理的状態を可視化!

30秒で分かる!仕事辞めたい度診断

Q1.あなたが思う職場の人間関係は?

Q3.今の仕事内容に対する満足度は?

Q3.今の仕事内容に対する満足度は?

Q3.今の仕事内容に対する満足度は??

Q3.今の仕事内容に対する満足度は?

Q3.今の仕事内容に対する満足度は?

Q3.今の仕事内容に対する満足度は?

あなたの仕事辞めたい度は0%です。

診断結果

あなたの仕事辞めたい度は0%です。今の会社・仕事に対してストレスは感じていないようです。仕事を続けても特に問題はないでしょう。

もう一度診断する

あなたの仕事辞めたい度は約10%以下です。

診断結果

あなたの仕事辞めたい度は約10%以下です。
今の会社や仕事に少しだけ、辞めたいという感情を抱いているようです。

このまま放置すると、朝起きるのが辛くなったり、なぜ働いているのか分からなくなったりする可能性があります。
旅行や温泉に入るなど、定期的にリフレッシュをしましょう。

会社を退職したい人はコチラ!相談料は無料です。

もう一度診断する

仕事を辞めたいと思う理由

仕事を辞めたいと思う理由

退職希望のAさんAさん

何で仕事を辞めたいって思うんだろう

退職希望のBさんBさん

いつも辞めたいって思っていたからわからなくなってきた

仕事を辞めたいと思うことは珍しいことではありませんが、なぜ人は仕事を辞めたいと思うのでしょうか?

私共は様々な人の相談を受けており、大きく4つに分けられるのではないかと考えております。

その4つは「職場の人間関係でトラブルがある」「職場の環境や労働条件が悪い」「給与が業務量に見合わない」「社風が合わず孤立している」です。

仕事を辞めたいと思う理由
  • 職場の人間関係でトラブルがある
  • 職場の環境や労働条件が悪い
  • 給与が業務量に見合わない
  • 社風が合わず孤立している

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

理由①:職場の人間関係でトラブルがある

人間関係で仕事を退職しようと思う人は多いです。

例えばパワハラやセクハラは勿論、同僚との仲が悪かったり、飲み会強制参加なども考えられます。

これから何十年もそういう人たちと一緒なのかと思うと仕事にモチベーションが沸かなくなる人は多いです。

理由②:職場の環境や労働条件が悪い

パワハラ上司や残業が当たり前の環境に身を投じていませんか?

周りの人がサービス残業をしていると自分もサービス残業をしなきゃと思ってしまいます。

職場の環境が悪いと思ったら転職するのもありだと思います。

理由③:給与が業務量に見合わない

給与が業務量に合わない場合も退職を検討したほうが良いです。

時給換算したら最低賃金を下回るような会社はすぐに退職を検討しましょう。

また、そういう会社がいることは他のホワイト企業に対しても迷惑です。

理由④:社風が合わず孤立している

バーベキューや合宿など、自由参加を謳いながら事実上の強制だったパターンが多いです。

そして参加を拒否したら孤立してしまい、仕事に影響がでてしまう場合は退職を検討しましょう。

そういう会社に長くいる必要はありません。

理由⑤:業務内容が合っていない

自身の希望する業務や適性の高い業務と現在の業務内容が異なっている場合も、仕事を辞めたいという考えに繋がってしまう場合があります。業務内容が合っていないことで、仕事へのモチベーションが低下してしまう恐れがあるためです。

嫌な仕事に無理矢理取り組んでも、好きな仕事に比べると効率は上がりにくいでしょう。もし現在の業務が向いていない仕事の場合は、思うように結果が出せないことで悩んでしまう可能性もゼロではありません。

その結果、仕事に対してやる気が出ない、辞めたいと考えるようになってしまうのです。

仕事を辞めるべきかのチェック項目

仕事を辞めるべきかのチェック項目

退職希望のAさんAさん

どんな人が仕事を辞めるべきなんだろう

退職希望のBさんBさん

甘えているだけなんじゃないかな

大前提ですが、仕事に対して恐怖心を抱いたり、疲れを感じている状態で無理して仕事をしてはいけません。

その理由はあなたの身体や心を傷つけてしまうだけでなく、周りにも迷惑をかけてしまう可能性があるためです。

過労で倒れてしまうだけでなく、最悪の場合、死んでしまう可能性もあるため、そうなる前に退職しましょう。

仕事を辞めるべきかのチェック項目
  • 社長や上司がパワハラや嫌がらせをしてくる
  • 心身に異常がみられる
  • 貯金があり、今いる職場に未来がない
  • 自分の意見が通らない

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

チェック項目①:社長や上司がパワハラや嫌がらせをしてくる

社長や上司によるパワハラや嫌がらせが絶えない会社からは退職したほうが良いでしょう。

なぜならあなたの成長を止めるだけでなく、心身を蝕んでいく可能性が高いためです。

少しミスをしただけで怒鳴り散らす上司はいませんか。そういう上司に対して改善を求めようとすると激昂したり、嫌がらせが悪化するケースが多いです。

そのため、嫌がらせやパワハラが常態化しているような職場からはさっさと退職したほうが身のためです。

チェック項目②:心身に異常がみられる

心身に異常がみられる場合は退職や休職をした方が良いでしょう。

例えば肉体的にも精神的にも疲れているはずなのに眠ることができない、出社しようとすると吐き気が襲ってくる、原因不明の微熱や蕁麻疹が発生するなどがあります。

これらの症状が出てきた場合は会社をお休みしましょう。身体から赤信号が出ている証拠です。

また周りの人の目が怖くなったり、陰口が極端に怖くなったなど肉体的に表れないものもあります。その場合はうつ病であったり、統合失調症の可能性があるので早急に病院に行くことをおすすめします。

チェック項目③:貯金があり、今いる職場に未来がない

ある程度貯金があって、今いる職場に希望を持てない場合は退職をし、転職をしてみるのも良いでしょう。

例えば簡単な作業しかさせてもらえずスキルアップが見込めない、業界的に先行きが怪しい、やっていて楽しくないなどが考えられます。

モチベーションがなく、新たなスキルを身に着けることなく、だらだらと過ごしてしまうと、より良い企業への転職が難しくなってしまいます。

若いうちに転職をしておくことで、スキルアップをしつつ、市場価値を高めることができます。ただし、ある程度貯金がないと生活できなくなる可能性があるため、2ヶ月生活できるだけの貯金があると良いでしょう。

チェック項目④:自分の意見が通らない

良い会社というものは誰であろうと意見を聞き、採用を検討します。

ただし、嫌な部分や改善したほうがいいことを話しても全く改善されない会社は退職を検討しても良いでしょう。

というのも、意図的にあなたを無視していたり、新人の言うことは耳を貸さないと決めている可能性が高いからです。

そういう会社は今後成長がストップして、倒産する可能性が高いので転職を視野にいれつつ、退職しましょう。

チェック項目⑤:他の会社から内定を貰っている

すでに転職活動を行っており、応募先の企業から内定を貰っているケースも、辞めても問題ないといえます。現在の会社を退職しても、すぐに次の会社に入社し働ける見込みがあるためです。

注意すべきなのは、退職の手続きと並行して、きちんと内定先の企業に対して内定受領や正式承諾などの連絡や手続きを行うことです。これを怠ってしまうと、例え内定を貰っていても入社できなくなる可能性があるため、十分に注意しましょう。

退職の前に!仕事を辞めたいと感じたときの対処法をチェック

退職の前に!仕事を辞めたいと感じたときの対処法をチェック
仕事を辞めたいと感じ退職を選択することは、もちろん間違いではありません。ただし、退職後の転職活動や生活のことを考えるとリスクが大きいともいえます。

退職を選ぶ前に、いくつかの対処法を試してみることで、退職せずとも状況や悩みが解消・緩和するケースがあるのはご存知ですか?

ここからは、仕事を辞めたいと感じたときの対処法を5つ紹介します。

辞めたいと感じたときの対処方法
  • 会社の人間とは割り切って関わってみる
  • 上司や同僚に相談してみる
  • 労働基準監督署に通報する
  • 部署の移動をお願いする
  • 転職活動をして自分の価値を確認する

会社の人間とは割り切って関わってみる

職場の人間関係に悩んでいるのが辞めたいと思う原因なら、考え方を少し変えて職場の人達に向き合ってみることで対処できる場合があります。「仕事でしか関わらない人」と捉えることで、過度に他人を気にせず仕事ができるようになるためです。

「仕事で必要な会話ができれば十分」と考え、最低限のコミュニケーションのみを取るよう心がけてみましょう。性格が合わない人や苦手な人が相手であっても、割り切って関係を築くことで人間関係の余分な負担を感じずに済みます。

上司や同僚に相談してみる

もし、職場に信頼できる上司や心置きなく話せる同僚がいるのであれば、彼らに現在の気持ちや悩みを打ち明けてみましょう。

相談することで気持ちが軽くなるだけでなく、第三者の意見やアドバイスを聞くこともできます。また、上司や同僚にも過去に辞めたいと感じた経験があれば、親身に聞いてもらえる可能性が高いだけでなく、彼らが試して効果があった対処法など、現状を打開するための方法を具体的に知ることができる場合もあるでしょう。

労働基準監督署に通報するのも1つの手

ハラスメントや長時間労働、膨大な仕事量による休日出勤の常態化など、辞めたい理由に会社側の問題が関係している場合は、労働基準監督署へ相談、もしくは通報を行いましょう。監督署からの調査が入ることで、状況が改善する可能性があります。

ただし、労働基準監督署に相談や通報を行う際には、会社に問題があることを示せる「客観的な証拠」が必要です。そのため、長時間労働やパワハラなど、何らかの問題が起こった際はできるだけ客観的な記録や証拠を残しておくよう心がけると良いでしょう

部署の移動をお願いする

仕事内容や職場の空気、同僚と合わないなど、部署を変えることで解決できそうな問題であれば、上司や人事部などに「部署異動」を相談することで、退職までしなくても悩みを解消・緩和できる場合があります。

また、部署異動を行い仕事内容や職場が変わることで、これまでの問題や悩みの原因が消えるだけでなく、新しい仕事への適性が高ければこれまで以上に活躍できる可能性もあります

もし人事異動の時期などで異動を希望できそうな場合は、積極的に相談してみるのが有効な対処法となるでしょう。

転職活動をして自分の価値を確認する

会社を辞める前に、まずは「転職活動」に挑戦してみるのも対処法の1つです。

1つの会社で長く働き続けていると、「自分の能力に価値はあるのか」、「自身の働きやスキルは正当に評価されているのか」が悩みの焦点になるケースも少なくありません。転職活動を行うと、他の企業が求める人材を知ることができます。実際に退職や転職に至らなくても、活動を通して自身の市場での価値を知ることで、悩みを打開するきっかけになる場合があります

もちろん、魅力的な会社を見つけた、もっと条件や環境の良い会社から内定を貰った場合は、改めて転職を検討するのも良いでしょう。

退職することは決して珍しいことではない

退職することは決して珍しいことではない

会社を退職することは決して珍しいことではありません。

その理由は終身雇用が崩壊し、1つの会社で働き続けることは難しくなったためです。

そのため退職と転職を通じてスキルを獲得し、年収を上げることが重要になりました。

厚生労働省が発表した記事によると、3年以内に退職する新卒は全体の3割以上になります。

新規大卒就職者の離職状況
出展:新規学卒就職者の離職状況を公表

また、全体で考えてもおよそ3人に1人以上が新卒で入社した会社を3年以内に退職します。このことからわかるように退職することが近年になって珍しいことではなくなってきています。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

退職後のお金が心配な方向けの対策3選

退職後のお金が心配な方向けの対策3選
退職の前後において気がかりなのが、「退職後のお金の問題」ではないでしょうか?退職するとこれまでの安定した収入が一時的に得られなくなるため、生活費を始めとした費用の工面が不安になる方もいるでしょう。

そこで、ここでは退職後のお金が心配な方向けに、お金に関する対策を3つ紹介します。

お金に関する対策3選
  • 数ヶ月〜半年分の貯金をする
  • 転職や副業で無収入期間を減らす
  • 公的にお金がもらえる制度の利用

数ヶ月〜半年分の貯金があると安心

退職前は、可能な限り貯金をして退職後の生活の蓄えを作っておくことをおすすめします。退職後の予定や転職活動のスケジュールなどによっても変動しますが、生活費数か月分〜半年分程度の貯金があると安心です

生活の蓄えがない状態で退職したり転職活動を始めたりすると、先の生活の不安から焦るあまり希望する条件ではない会社に妥協で入社を決めてしまうなど、不本意な結果を招く恐れがあります。従って、貯金はきちんとしておくと良いでしょう。

転職や副業で無収入期間を減らせるとベスト

貯金額が不安になる前に転職活動を行い、できるかぎり無収入の期間を短くすることが退職後のお金に関してベストな選択だといえます。早いうちに次の仕事が見つかれば、貯金が大きく減る前に再び安定した収入を得ることが可能です。

また、退職や転職活動と同時進行で副業を行い収入を得るのもおすすめです。一切収入がない状態と比べ、少しずつでも稼ぐことで生活費が潤うだけでなく、精神的な不安の軽減にも繋がります。

公的にお金がもらえる制度もある

自身で行う対策とは別に、公的にお金を受け取れる制度を活用するのも対策の1つです。公的な給付金制度は、退職後の状況によって利用できるものが異なるため、自身の状況に合った制度を利用することが大切です

失業保険

退職後、雇用保険の受給資格を持っている人であれば、所定の手続きを行うことで「基本手当(失業給付)」を一定期間受給することができます。

給付を受けるには、退職時に会社から渡される「離職票」という書類が必要になります。そのため、受給を考える場合は退職時に会社にその旨を伝え、必要な書類を用意してもらうよう留意しておきましょう。また、受給には書類を用いた手続きの他に、説明会に参加する必要がある点にも注意が必要です

移転費

「移転費」とは、ハローワークや職業紹介事業者から紹介された仕事に就くため、もしくは職業訓練を受けるために引っ越しをしないといけない場合に支給されるものです。

受け取れる費用の種類は、鉄道や船、飛行機などの交通費、移転料、引っ越し後の手当などです。

手当を受け取るためにはハローワークの所長に「移転が必要である」と認められる必要があり、いくつかの移転費の支給条件を満たさなければなりません。そのため、申請前は事前に条件に当てはまるかどうか、ハローワークへの相談や手続きと合わせてしっかりチェックすることが大切です

教育訓練給付金

退職後再就職に向けて、必要な資格・免許の取得を考える人や、実際に勉強や講座を受講し始める人もいるでしょう。そんな人達に向けて、受講費用の一部を支給する「教育訓練給付制度」という制度があります。

給付による支援を受けられるのは、厚生労働大臣が指定した資格を受講すること、そして本人が受給要件を満たしていることが条件です。そのため、受給したいと考える場合は、自身の受給要件のチェックと合わせて支援を受けられる資格や講座のリストを確認しておくと良いでしょう。

仕事をやめたいと思ったら退職代行も検討しよう

仕事をやめたいと思ったら退職代行も検討しよう
退職しようと決意する人の中には、会社の対応や自分自身の気持ちの面から、辞められない、辞め方がわからないと悩んでしまうケースも少なくありません。その場合、「退職代行サービス」を活用するのがおすすめです。

例えば、引き止められるなど退職に会社が応じてくれない場合、本人だけでは会社を説得するのは難しいと考える人もいます。もしくは、辞めることに対する後ろめたさや残った職場の人達への罪悪感から、辞めると言えないまま働き続けてしまう人もいるでしょう。

退職代行は、その名の通り辞める本人の代わりに、退職の意志を伝えることから必要な手続き、会社への交渉などを行ってくれるサービスです。会社と本人が直接顔を合わせなくても退職できるため、自身で伝えると引き止めにあってしまい辞められない方や、辞めると言い出せない方にぴったりです

退職代行は、業者によって特徴や強み、退職に際して対応できる範囲などが異なります。自身に合ったサービスをしっかりチェックした上で検討すると良いでしょう。

退職代行を利用するメリット

退職代行を利用するメリット

円満退職ができれば良いですが、世の中には退職すると聞いた瞬間に激昂したり、無茶な引き止めをする会社がいます。
そういった会社に対して退職代行を活用することで安心かつスピーディーに退職することができます。

退職代行によって生まれた時間を使って転職活動をしたり、自分を休ませることで、次の職場でより一層お仕事ができるようになります。
退職代行のメリットは下記の3点です。

退職代行のメリット
  1. 上司に対して直接退職のお話をする必要がない
  2. めんどくさいことを丸投げできる
  3. 今すぐ退職することも可能

メリット①:上司に対して直接退職のお話をする必要がない

退職代行の一番の魅力は上司に対して直接退職のお話をする必要がないことです。

退職のお話をした途端に怒鳴り散らして脅す上司、延々と引き止めを行って一向に退職のお話を支えない上司、「忙しい」を言い訳にして退職のお話から逃げる上司。

上記全てに対して有効なサービスが退職代行になります。

退職代行と聞くと胡散臭いイメージを持つ人もいますが、退職代行は2018年にテレビでも取り上げらる有名なサービスです。今の会社を辞められなくて悩んでいる方は是非ご利用を検討していただければ幸いです。

メリット②:めんどくさいことを丸投げできる

退職代行のメリット2つ目はめんどくさいことを丸投げできることです。

退職代行でお願いできることは上司と相談しないといけないことです。例えば退職の意思を上司に話たり、離職票の発行依頼、有給の相談もお願いできます。

退職届の作成はご自身でやる必要がありますが、テンプレートを用意してくれていたり、弁護士監修の退職届を用意している退職代行も多く、退職に関する様々なフォローをしてくれます。

退職に関してわからないことがあってもすぐに対応してくれるので、安心して任せることができるのも魅力です。

メリット③ :今すぐ退職することも可能

就業規則に「1か月以上前に退職の意思を示すように」と書いてある企業は多いと思います。

しかし、民法では「2週間で雇用契約を解除できる」とあるため、多くの場合は就業規則より民法を優先して退職します。

そして退職の意思を示してから有給や欠勤を駆使することで実質的に即日退職することができます。また、働く意思がない人を無理やり退職するメリットはないため、即日退職を許可する企業が多いです。

退職代行には種類がある

実は退職代行には3種類のタイプがあります。

それは「弁護士が運営している退職代行サービス」「労働組合が運営している退職代行サービス」「民間企業が運営している退職代行サービス」の3つです。

運営元 値段 退職に関する交渉
弁護士 30,000~55,000円 できる
労働組合 25,000円前後 できる
民間企業 10,000円前後 できない

弁護士、労働組合が運営している退職代行サービスは会社と退職に関するお話ができますが、民間企業が運営している退職代行サービスの場合はお話することができません。

そのため、基本的には弁護士、労働組合が運営している退職代行サービスがおすすめです。

一方で安さで比較すると民間企業が運営している退職代行サービスが圧倒的に安く、弁護士が運営している退職代行サービスが一番高いです。中には100,000円も費用を請求するものもあります。

そのため安さと交渉力を併せ持つ労働組合が運営している退職代行サービスが一番おすすめです。

また退職代行サービスには「即日対応」と「即日退職」の2つを明記しているものがあります。

即日対応と即日退職の違い
  • 「即日対応」…すぐに退職できるとは限らないが、依頼したその日に会社に連絡することができる。
  • 「即日退職」…依頼したその日に会社へ連絡し、その日の内に会社を退職することもできる

依頼した日に退職のお電話をすることはできますが、今すぐにでも退職したいのであれば「即日退職」と書いてある退職代行がおすすめです。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

実際に仕事を退職した人の声や体験談

実際に仕事を退職した人の声や体験談

実際に仕事を退職した人の声や退職代行の体験談を集めてみました。

心身に異常をきたした人やパワハラに耐えられなかった人なども多く、参考にしていただければ幸いです。

体験談①:退職したことで客観的に物事を見れるようになった

退職してわかったこと。「働きやすさは上司次第」「年収は能力より環境」「残業/休日出勤は毒」「パワハラは無理」「組織への依存は危険」「転職は怖くない」「年間休日125日以上が最強」「何事もなんとかなる」「いのちだいじに」。この考えで、人生よい方向に進んでるから間違ってないと思う。

引用元:Twitter

思い切って退職することで物事を客観的に見れるようになります。

いままでは上司や会社の空気によって隠されていた部分も退職して、会社の人間じゃなくなることでクリアな思考で物事を見れるようになります。

パワハラや残業で苦しい人は一度退職したり、休職してみると良いでしょう。

体験談②:相談室が機能してないから退職した。

社内のパワハラ相談室に相談したら、「社内の信頼の置ける人に相談してください」という回答を得た。
信用できなくなったから退職した。

引用元:Twitter

勇気を出して伝えても追い返されてしまう場合もあります。

形だけのパフォーマンスとして設置している場合があるので、本当に機能しているのか調べてから利用しましょう。

体験談③:上司のキツイ一言に危機感を抱いて退職

「お前、意外とメンタル弱いんだな」

人間関係が原因で辞める社員に上司が放った一言。こんな会社に未来は無いと思った。僕も上司からのパワハラや無茶な働き方で精神崩壊するまで時間の問題だった。

引用元:Twitter

人に対してパワハラをしている人を見て、いつか自分にも来るのではないかと思って退職した人です。

パワハラをする人は常に弱者を探しているので対象がいなくなったら新たな対象を見つけて、その人にパワハラをします。

そのため、自分だけでなく、他人にパワハラをしている人がいるのであれば注意したほうが良いでしょう。

体験談④:友人の退職に合わせて自分も退職

いつもいつも残業で本当に大変

マジで退職しようか迷っていた時に友達が退職

流れに身を任せて俺も退職した

今ではこの判断のおかげでいい会社に転職できた
引用元:Twitter

自分で退職を切り出せない人は友達と一緒に退職したり、親しい人の退職に合わせて退職するのも良いでしょう。

自分だけでなく、他人も退職しているとなるといくら落ち着いて行動できるようになります。

もし、自分で退職のお話ができないのであれば相談したり、退職を考えてい仲間を見つけましょう。

体験談⑤:退職代行なら退職しづらい業界から退職できた

「看護師資格があれば、いつでも自由に働けるね」って言う人もいるけど、実際はそんなに甘くない。一度就職するとなかなか退職希望を受理してもらえず、退職代行を使ってようやく脱獄できる真っ黒な業界ってことがよくある

退職できないなら退職代行を使ってみてほしい

引用元:Twitter

実は退職しづらい業界というものがあります。

男性の場合は建設、女性の場合は看護師が最たる例です。看護師の方の場合は退職の意思を示しても受理されるのに時間がかかり、なかなか思うように退職することができません。

そこで、退職代行に依頼することでスムーズに退職することができるようになります。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

仕事辞めたい診断以外にも調べたい!おすすめの診断ツール

退職代行_仕事辞めたい診断

仕事辞めたい診断ツール以外にもおすすめの診断ツールはあります。

複数のツールを使いこなすことで、自分の身体の悲鳴をより詳細に把握することができます。

現在の仕事が適職か分かる!リクナビNEXT適職診断

現在の仕事が適職か分かる!リクナビNEXT適職診断」では22個の質問を活用してより正確にあなたの状態を診断することができます。

質問の項目が多いため、少し時間が必要になりますが、よりあなたの身体の状態を知りたい人におすすめです。

だいたい10分くらいを見積もっておけば良いと思います。

うつ病の症状を自己チェック!こころとからだの質問票

うつ病の症状を自己チェック!こころとからだの質問票」はうつ病に特化した診断ツールになります。

仕事を辞めたいと年中考えている場合はうつ病や適応障害を併発している可能性があります。

早期発見して次の職場に引きずらないようにしましょう。

仕事を辞めたほうが良いか診断まとめ

いかがでしたか?

近年では退職しようとしても退職させてくれない企業があります。自分は大丈夫と思っていても、身体が悲鳴を上げている場合が多いです。

そこで独自で作成した診断ツールを利用してみてください。客観的な視点であなたの健康状態や心の診断をすることでいち早く身体の悲鳴を発見することができるようになります。

退職することは珍しいことではありません。もし自分に合わない会社であったり、パワハラや残業が絶えない職場なのであればすぐに退職し、よりよい企業に転職できるように頑張りましょう。

もし退職できないのであれば退職代行を使ってスムーズかつ安全に退職しましょう。

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる