【職場のいじめは逃げるが勝ち】退職したほうが良い理由をご紹介

【職場のいじめは逃げるが勝ち】退職したほうが良い理由をご紹介

退職希望のAさんAさん

職場いじめにもう耐えられない!

退職希望のBさんBさん

こんな職場なら辞めてやる!

職場いじめは大変ですよね。

ドラマみたいにやり返したいという気持ちはわかります。しかし、冷静に考えればやり返しをする意味はないのです。

もし、今後のキャリアのことを考えるのであればさっさと退職したほうが良いでしょう。

その理由を徹底解説します。

職場いじめでカっとなって暴力を奮っては元も子もありません。
そういうときはスマートに退職したほうが良いでしょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

次の記事では、職場いじめで退職する際にやっておいたほうが良いことから、退職がベストな理由を紹介しています。職場いじめを受けていて、退職しようと思っている方は併せてご覧ください。
あわせて読みたい
職場いじめを受けたら退職がベスト!手遅れになる前に退職すべき理由と対処法を徹底解説 Aさん 職場でいじめられているけど、どうしたらいい? Bさん いじめられてツライ。会社にもう行きたくない 職場いじめを受けると、毎日がツラくて会社にも行きたくない...
目次

職場のいじめは逃げるが勝ち!その理由をご紹介

職場のいじめは逃げるが勝ち!その理由をご紹介

退職希望のAさんAさん

なぜやり返しちゃいけないの?
職場いじめにあった際、やり返したいと思う気持ちはわかります。
それでも退職して逃げたほうが、やり返すよりも良い場合が多いです。
この章では職場いじめにあったら逃げたほうが良い理由を3つ紹介します。特に戦っても意味がない理由については詳しく解説します。
職場のいじめは逃げるが勝ちである理由
  • 理由①:戦っても意味がないから
  • 理由②:精神的ダメージを受けるから
  • 理由③:解決できないから

理由①:戦っても意味がないから

退職希望のAさんAさん

戦っても意味がないってどういうこと?

例えば中学校、高校生の時代であれば、いじめられた際の反撃として暴力を奮うことはあったと思います。

もちろん、当時であれば許されていた部分はあったと思いますが、社会人になってはどうでしょう。

反撃の仕方次第では暴行罪や過剰防衛になってしまい、経歴に大きな傷が残ってしまいます。

そのため戦ったところであまり意味がないといえます。

理由②:精神的ダメージを受けるから

退職希望のBさんBさん

心が苦しい

職場いじめに立ち向かうことでさらにいじめられて、精神的ダメージを被る可能性があります。

意を決して職場いじめに立ち向かった結果、自分だけ閑職に追いやられるなんてこともあります。

精神的にタフなのであれば問題ないですが、いじめで憔悴している状態ということを考えると、精神に負荷をかけるより、癒すほうに力を注いだほうが良いといえるでしょう。

理由③:解決できないから

退職希望のAさんAさん

戦いをしたところで解決ってできるの?

実は職場いじめに立ち向かったところで解決できないことがほとんどです。

よくある解決策はいじめをした人やいじめられた人の配置転換くらいで抜本的な解決をしてくれる企業はほとんどありません。

それよりも会社の利益のほうが重要なので、隠ぺい工作をする企業もあります。

SNS上で暴露することも良いですが、その場合は内部告発者となって転職で不利になってしまいます。

ある告発者の末路

    2002年1月、ある人が新聞社等にA社は牛肉の偽装を行っていると告発した。

    その結果、わずか3か月後にはA社は倒産に追いやられてしまう。

    しかし、告発した人が運営する会社と取引していた業者が相次いで取引中止を発表。自身が運営する会社も休業に追いやられてしまった。

    出典:Wikipedia

    退職に関するご相談はこちらから!

    お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
    (土日祝日も受け付けております)

    職場いじめに勝つ方法2選

    職場いじめに勝つ方法2選

    退職希望のAさんAさん

    もうやってられない。。。

    職場いじめに耐えられない人は我慢したほうが良いということではありません。

    最初から立ち向かうのではなく、さっさと退職して、自分にあった会社に転職したほうが身のためです

    ただ職場いじめに上司も加わっていた場合、退職の話を切り出しにくいと思います。

    そういったケースの場合の退職方法についても紹介させていただきます。

    もし退職なんて甘えと考えている人は「仕事がしんどいのは甘えなの?そのままにしておくと大変な事になるかもしれない」をチェックしてみてください。

    退職することは甘えではないことがわかります。

    職場いじめに勝つ方法2選
    • 方法①:退職代行を使って職場を辞める
    • 方法②:転職して職場を変える

    いじめに向き合うくらいなら退職したほうがいい

    逃げるは恥だが役に立つとも言いますしね

    退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

    いじめをするような人、それを黙認するような会社にいる必要は全くありません。

    そういう会社にリソースを注ぐのではなく、新しい会社にリソースを注いだほうが建設的でしょう。

    なんで自分が退職する必要があるんだと思う人もいるでしょう。

    しかし、いじめをされて精神を壊してしまうくらいならきちんと転職したほうが良いでしょう。

    方法①:退職代行を使って職場を辞める

    職場いじめに上司も参加していて退職を切り出せないという人もいるでしょう。

    そういう人におすすめなのが退職代行です。

    退職代行では退職の連絡やその他お願い等をすべてあなたの代わりに上司にお伝えすることができます。

    またいじめを受けていたことによる告白等も希望があれば連絡してくれます。

    おすすめの退職代行業者は「退職代行OITOMA」です。この退職代行は労働組合が運営しているため、安心して退職することが可能です。

    退職に関するご相談はこちらから!

    お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
    (土日祝日も受け付けております)

    そもそもいじめを放置する職場が悪い

    そもそもここまで発展するまで放置しているほうが悪くないですか?

    退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

    そもそもこういう状況になる前に上司は止めるべきだと思いませんか?

    そうならなかったのは上司が見て見ぬふりをしていたか、そもそも見ていないか、または上司もいじめに参加していたとしか考えられません。

    そしてそのどれもが会社側の責任と考えることができます。

    まず上司が見て見ぬふりをしているというのは論外です。見て見ぬふりは時としていじめと同罪と考えることができます。

    上司が参加していたというのは話にならないのでここでは割愛します。

    上司が見ていないというケースですが、上司は部下の監督をする義務があります。ここで見ていないということはあなたの成果も見ていないということになります。

    つまり、ここで長く働いても成果が反映されず、出世が遠のいてしまいます。

    方法②:転職して職場を変える

    転職して心機一転、頑張ってみましょう。

    いじめをする同僚や見て見ぬふりする上司の元を離れて、自分の成果に対してきちんと評価してくれる会社に転職しましょう。

    そうすることで肉体的にも精神的にも消耗することなく、人生を豊かにすごすことができます。

    職場いじめでやってはいけないこと

    職場いじめでやってはいけないこと

    退職希望のBさんBさん

    職場いじめに関してやってはいけないことがあるの?

    職場いじめに関してもやってはいけない対抗手段というものがあります。

    それは「我慢すること」「人事を過信すること」「弁護士を過信すること」です。

    退職に納得できず、立ち向かうという手段を選択した場合は上記の3つはやらないほうが良いでしょう。これらは肉体的にも精神的にも疲弊してしまいます。<

    職場いじめでやってはいけないこと
    • やってはいけない手段①:我慢すること
    • やってはいけない手段②:人事を過信すること
    • やってはいけない手段③:弁護士を過信すること

    やってはいけない手段①:我慢すること

    まず我慢は禁物です。

    我慢してしまうと精神的に大きなダメージを受けてしまいます。

    そのため無理して会社に出社したり、いじめに耐えようとしてはいけません。

    そもそもいじめをするほうが悪いので、そういう人のためにあなたの肉体や精神に負荷をかけるようなことはしなくても良いのです。

    やってはいけない手段②:人事を過信すること

    人事を過信するのも良くないでしょう。

    そもそも人事は会社の味方です。会社にとって都合が悪くならないように労働者の味方のふりをしながら近づきます。

    例えば会社を訴えないように寄り添ったり、休職や配置転換を提案して問題を先延ばしにしようとします。

    そのため、人事を過信して会社に残るようにしないようにしましょう。

    やってはいけない手段③:弁護士を過信すること

    弁護士を過信することもよくないでしょう。

    弁護士は非常に強力ですが、強力ゆえに会社にバレたりしてしまいます。

    そのため、どのみち会社に残りづらくなって退職することが多いです。

    それなら初めてから退職すればよいと思いませんか?

    また、市場が狭いと会社を訴えたという情報が共有されて、転職が不利になるケースがあります。

    職場いじめがなくならない理由

    職場いじめがなくならない理由

    退職希望のBさんBさん

    なんで職場いじめってなくならないのだろう?

    職場いじめに限らず、学校とかでいじめの話ってよく聞きませんか?

    実際、なぜ職場いじめはなくならないのでしょうか。

    おそらく「ストレス発散でいじめるから」「嫉妬や妬みでいじめるから」「不安になっていじめるから」かと思われます。

    これらについて詳しく解説します。

    職場いじめがなくならない理由
    • 理由①:ストレス発散でいじめるから
    • 理由②:嫉妬や妬みでいじめるから
    • 理由③:不安になっていじめるから

    理由①:ストレス発散でいじめるから

    厚生労働省-職場いじめ出典:厚生労働省

    おそらく多くの人が考える理由だと思います。

    厚生労働省が発表した資料にも特定の労働者に仕事を押し付けたり、イベント等に強制的に参加させるといったいじめをする人がいるという報告があります。

    これらの原因として、自分自身のストレスを発散するために行っていると考えられます。

    そして、いじめられている様子を見て自分のストレスはスッキリするので、またいじめをしようと考えるようになります。

    これが延々とループし、ターゲットが精神的に消耗し、使い物にならなくなるまで行われます。

    理由②:嫉妬や妬みでいじめるから

    出世競争に敗れそうになったり、昇進できなかった人がうらやましさや危機感を抱いていじめをするパターンがあります。

    これは自分ができないのだからあいつも道連れにしてやろうという考えに近いです。

    また優秀な部下を持った人が昇進させないように職場いじめをすることもあります。

    これは職場いじめというよりはパワハラに近いですが、言ってしまえばパワハラも職場いじめの一つです。

    理由③:不安になっていじめるから

    先の不安に耐えられず職場いじめをする人もいます。

    どうせいいことはないからと半ば自暴自棄になっている場合が多いです。

    こういう人に何を言っても無駄なのでさっさと離れたほうが良いでしょう。

    そして、そういう人が多い場合は退職も真剣に考えたほうが良いでしょう。

    退職に関するご相談はこちらから!

    お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
    (土日祝日も受け付けております)

    職場のいじめから逃げるまでの流れ

    職場のいじめから逃げるまでの流れ

    この記事では職場いじめには立ち向かう必要はなく、職場いじめからは逃げたほうが良いということについて説明しました。

    では実際に逃げるにはどうすればよいのでしょうか?

    今回は「退職代行業者に無料相談をする」「次の転職先を見つけておく」「いじめの証拠を集めておく」の3つの流れを紹介します。

    職場のいじめから逃げるまでの流れ
    • 逃げるまでの流れ①:退職代行業者に無料相談をする
    • 逃げるまでの流れ②:次の転職先を見つけておく
    • 逃げるまでの流れ③:いじめの証拠を集めておく

    逃げるまでの流れ①:退職代行業者に無料相談をする

    まずは客観的な視点から見て、今の状況が異常か否かを確認してみましょう。

    LINEだけではなく、無料電話相談ができるのであれば電話相談をしてみるのも良いでしょう。

    どちらもないような退職代行業者にお願いするのはやめておきましょう。

    逃げるまでの流れ②:次の転職先を見つけておく

    転職先を決めずに退職することはおすすめできません。

    転職先から内定をいただくことが難しい場合、まずは面接の予約を確定させるとかはしておいたほうが良いでしょう。

    そうすることで無収入期間を作らずに済みます。

    逃げるまでの流れ③:いじめの証拠を集めておく

    もし法廷で争うのであれば職場いじめの証拠を残しておいたほうが良いでしょう。

    職場いじめの証拠が複数あると相手を訴えたときに、勝訴する確率が上がります。

    反対に証拠がない場合は敗訴するおそれがあり、す下手をすると業務妨害や誹謗中傷でさらに訴えられかねません。

    必ず証拠を残すようにしましょう。

    【職場のいじめは逃げるが勝ち】退職したほうが良い理由まとめ

    【職場のいじめは逃げるが勝ち】退職したほうが良い理由まとめ

    今回は「職場のいじめは逃げるが勝ちで退職したほうが良い理由」について解説してきました。

    職場いじめに対して正しい立ち振る舞いを知っておくことで自分の人生を有意義に活用することができます。

    無理して我慢する必要はないですし、漫画みたいに立ち向かったところで、あまりいい結果になるとは限りません。

    それならさっさと退職して、自分にあった会社を見つけることで肉体的にも精神的にもより良い結果になると思います。

    それではまとめます。

    【職場のいじめは逃げるが勝ち】退職したほうが良い理由まとめ
    • 基本的に職場いじめに対しては逃げたほうが良い
    • もし戦うなら弁護士や人事を過信せず、自分で証拠を集めておく
    • 職場いじめを我慢することに対して、何一ついいことはない

    退職に関するご相談はこちらから!

    お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
    (土日祝日も受け付けております)
    Let's share this post!

    当記事の執筆者

    退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

    \これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
    目次
    閉じる