退職を切り出せないあなたへ。切り出せない理由から切り出すテクニックまで徹底解説

退職希望のAさんAさん

仕事や職場に不満がある

退職希望のBさんBさん

「仕事を辞めたい」の一言がどうしても言えない

こんな風に退職はしたいけれども、なかなか切り出せずに困っている人は多くいるのではないでしょうか。退職のことで頭が一杯になると毎日が憂鬱ですよね。

そこで、今回の記事では「退職を切り出せない理由」と「退職を切り出すテクニック」をご紹介します。

この記事を書いているのはブラック企業の花屋で勤務経験ありのアラサー会社員です

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

なぜ退職が切り出せないのか、5つの理由を解説

退職代行OITOMA_どうしても退職を切り出せないあなたへ

退職希望のAさんAさん

なぜ退職を言い出しづらいんだろう?
漠然と「会社を辞めたいな」と思う人はたくさんいますが、実際の行動に移す人は少ないですよね。退職を躊躇する理由は1つではなく、いくつもあるから複雑なのだろうと思います。。
そこで、退職を切り出しにくい理由の代表的な例を5つピックアップしました
普段はなんとなく「嫌だな」と考えていることでも、文章として読むことで自己分析に繋がります。自分が当てはまってるものや、強く感じているのはどれなのかを探しながら読んで頂ければと思います。
退職を切り出せない理由
  • 会社や上司に対する申し訳なさ
  • 将来に対する不安
  • 退職理由を説明するのが面倒くさい
  • 上司から引き留められる不安
  • 退職して後悔しないかという不安

理由①:会社や上司に対する申し訳なさ

退職希望のAさんAさん

辞めるって上司に申し訳ない気がする。。

退職を考えるとき、まず一番に最初に思い浮かぶのは誰の顔ですか?
お世話になった上司の顔が思い浮かんだ人も中にはいらっしゃと思います。

関係性が良ければ良いほど、今までの恩もあり退職を言い出しづらいですよね。
関係性が良くない上司の場合はまた違った言いづらさがありそうです。

今までお世話になった会社を退社する際、申し訳ないという気持ちを必要以上に持ちすぎていると、これからの自分の人生の選択の邪魔になります。

過去に受けた恩はあなたの働き様ですでにお返しは完了しています。
自分が新たなステップを踏もうとするときに、背中を押してくれる上司が本当に良い上司と言えます。

必要以上に引き留めてくる人がいたら本当に自分のためを思ってくれているのか注意深く観察しましょう。
本当に辞めようと思ったら周りの意見には耳を貸さずに思い切る勇気も時には必要です。

理由②:将来に対する不安

退職希望のBさんBさん

辞めても、将来が不安

会社を辞めるというのは一大決心ですよね。
転職先が予め決まっているのなら良いですが、まだ決まってない状態での退職は非常に不安だと思います。

もし次の仕事がいつ見つかるか分からず不安な方は失業保険の申請も視野に入れましょう。
失業手当は、失業した人が安定した生活を送りつつ、1日でも早く再就職するための支援として給付され、新しい職に就くまでの経済的支えになる制度です。

金銭面に安心があれば、精神的にも余裕を持ちながら転職活動に集中出来ますね。

理由③:退職理由を説明するのが面倒くさい

退職希望のAさんAさん

辞める理由を説明するのが面倒!

退職理由を改まって上司に話すのは面倒ですよね。正直に伝えたらいいのか、テンプレートのような例文はないのか、退職理由を考えるだけで一日が終わってしまいそうです。

今までの感謝を述べつつも、自分は辞めたいんだという意思ををはっきりと伝えなくてはなりません。

ちゃんと表立った理由があればいいですか、少しふわっとした気持ちで辞めようと思ってる方は退職理由に迷いそうです。その迷いが上司に伝わってしまうと強い引き留めに遭うかもしれません。

もし意志が弱くて引き留めに負けそうな人は、あらかじめ退職理由を紙に書いてまとめておくといいでしょう。上司がどんな風に言ってきても返せるように想定しておくことが重要です。

理由④:上司から引き止められる不安

退職希望のBさんBさん

上司から引き留めに遭ったらどうしよう

退職を申し出た時、上司から引き留められる確率はとても高いです。筆者は実際、慢性的に人手不足だった花屋を退職するのに1年半かかりました。引き留める理由は様々な事を言われました。

「次やろうとしてる仕事は君には合わないよ」「無計画に留学なんて行って大丈夫なの?」「新人がまだ育ってないから待ってほしい。」「特別に臨時ボーナスを上げるからもう少しいてくれないか」

今思うと、すごい引き留めに遭ってたんだなと分かるのですが、当時は社長が本気のトーンで話してくるので、いつも丸め込まれていました。

当時の私に一言言えるなら「相手が絶対に断れない理由を引っ提げて首尾一貫の姿勢で退職を申し出るべき」と伝えたいです。

次に何をするか決めないで辞めてはいけないと思い込んでいましたが、辞めてからリフレッシュ休養を取り、それから次何をするか考えることで新鮮なアイデアが浮かびました。

働きづめの方は脳みそが疲れ気味で認知機能が落ちている可能性があります。退職し、休養を取ってから次何をするか決めてもいいかもしれませんね。

理由⑤:退職して後悔しないかという不安

退職希望のAさんAさん

辞めて後悔しないかしら。。

退職は大きい決断ですよね。それに伴って大きい不安を感じるのは当然です。もしかしたら辞めたことを後悔するかもしれない。そんな事態を防ぐためにも、一度しっかり、自分と向き合う時間を取りませんか?

辞める前にまとまった時間を取り、なぜ辞めたいのか、今後自分は何をしたいのか明確に紙に書きだしましょう。

どこがどう嫌なのかや、自分の適正や性格などを今一度自己分析をしましょう。普段は何気なく「嫌だな~」と思っているだけでも、深堀すると「職場にイライラしてる人がいることが一番嫌なんだな」とか「この単調な作業がとても飽き飽きして嫌」などどこに自分がストレスを感じているのかが分かります。

自分はどんな人間なのかというものが分かっていれば次の転職でなるべく自分に合った職場を探しやすくなります

なるべく退職を後悔したくないのであれば、自分に合う会社、働き方は何なのか明確に的を絞って転職活動することをお勧めします。

どうしても退職を切り出せないあなたへ

退職代行OITOMA_どうしても退職を切り出せないあなたへ

退職希望のAさんAさん

どうしても退職を言い出せない
どれだけ準備を周到にしてもやはり、退職を言い出せない。という方はいますよね。中には精神的な理由で直接面と向かって言い出せない状態の方もいるかもしれません。
もし、どうしても自ら退職を申し出ることが出来ない場合は、退職代行サービスの力を借りるのも手です。
自分で直接退職を申し出る必要がなく、代行を頼んだその日から会社に行かなくて良くなります。自分だけで退職を切り出したら引き留めに遭ったり有休消化が難航した場合でも、退職代行を挟んだらスムーズに退職が終わったというケースは珍しくありません。
第三者を通すことで円滑に進む場合もあるので相手(会社)によっては利用した方がいいパターンもあるので頭の中に入れておきましょう。

1年後、職場で笑っているのかを考えましょう

1年後も今の職場にいる自分を想像してみてください

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

今の職場で働き続けた場合、1年後に自分が笑顔でいるシーンを想像できますか?

もし想像ができたのなら今の現実との笑顔でいる理想とのギャップを埋めるために何か改善の余地があるかもしれません。行動に移しましょう。

また、辛いのは今だけとあらかじめ分かっているパターンも中にはありますね。この山場を乗り切ったら1年後からは楽なポジションになるなど。今だけが辛い期間なのであれば乗り越えられるかもしれませんね。

では、1年後に自分が笑顔でいる想像が全くできず、よくなる兆しが1ミリもない方はどうでしょう。少しも希望がないと感じましたか?もし自分が笑顔でいる想像が少しも出来ない職場なら早急に辞める準備をしたほうが賢明かもしれません。

人は想像するものは叶えられると言います。それなのに想像の中ですら自分の笑顔を思い描けないなんて、とても暗い毎日を送っていると思いませんか?今はそれが当たり前に感じているかもしれませんが転職活動はなるべく早い方がいいです。

自分の笑顔を想像できる環境に自分を置いてあげてください。これからの人生で一番若いのは今日の自分という事を胸に刻み込みましょう。

退職は労働者の権利です。何も怖くありません。

そもそものお話ですが、退職は労働者に認められた権利です。

国の法律でしっかりと明記されています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

契約社員であらかじめ期間が決まっている場合を除き、労働者はいつでも退職を申し出ることが出来ます。

職場によっては退職は許可制で出来るかどうかは上司や職場が決めるもの、という空気が流れているかもしれませんが実際は全然違います。

あなたが辞めたいと思ったら、「一身上の都合」でいつでも辞められます。

もし上司を納得させるのが難しそうであれば退職代行というサービスを使って面倒なことは丸投げしましょう。

あなたがやればいいのは退職届などの書類を作成して会社に送るだけです。職場への連絡は退職代行の職員が代わりに実行してくれます。もし本当に辞めたくても言い出せずに辛いのであれば気軽に無料相談に問合せしてみるのがいいかもしれません。

退職を切り出すテクニック、「相談」ではなく「報告」

退職代行OITOMA_退職を切り出すテクニック、「相談」ではなく「報告」

退職希望のBさんBさん

退職の切り出し方がわからない~
みなさんは退職を申し出るとき、上司になんと声をかけるでしょうか。
よくあるフレーズは「今後のことについて相談があります」「相談したいことがあります」でしょうか?
入りとして「相談があります」は常套句なので使ってもいいのですが、退職の話自体も相談形式になってしまうのはよろしくありません。退職を切り出すうえで意識した方がいいポイントを2つピックアップしました。
退職を切り出すテクニック
  • 退職するならきちんと「報告」するべき
  • 辞めた後のこと、人員不足を気にする必要はない

退職するならきちんと「報告」するべき

退職希望のAさんAさん

退職します?させてください?

まず一番大切なのは「相談」ではなく「報告」するという点です。どうしても優しい人は相手に寄り添う形になりやすいので、会話の流れが相談になってしまいがちです。

ただ、退職を切り出す際に「○月一杯で辞めてもいいですか?」と相手に判断を委ねたり、「そろそろ退職しようかなと思ってます」というあやふやな申し出だと、退職日を出来るだけ後ろにずらせないかと交渉される可能性が大です。

全てに譲歩するな、という話ではなく、あくまで報告スタイルで話しに行くことを意識した方が成功しやすいです。自分で決めたことを伝えさせていただく。というスタンスが近いかもしれませんね。

辞めた後のこと、人員不足を気にする必要はない

退職希望のBさんBさん

人手不足の中辞めづらいよ~

ここにも一つ落とし穴があります。それまで会社のため一生懸命に働いていた人ほどこの考えに陥りやすいです。

自分が辞めた後のことを心配して辞めづらいと考えて退職を躊躇してしまうことです。

実際、私がまさにそうでした。慢性的に人手不足でインフルエンザでも休めない職場でした。私が辞めたら今いる従業員さんたち全員が大変になるから辞めにくい。といつも思っていました。

今考えれば全くの驕りだったなと思います。自分の代わりはいくらでもいます。自分にしかできない業務なんてほぼほぼ存在しません。自分が辞めた後に会社が回らなくなったらそれは経営者の責任であってあなたのせいではありません。

どうしてその考えに至れたかというと、自分が辞められずにいた時、家族に相談したらはっきりと言われました。

会社を辞めたいとあなたに思わせてるのも会社の責任だし、あなたが辞めたら周りの人が大変になるのも会社が作り出してる環境のせいだからあなたのせいではないんだよ。

そう言われたことにより、自分の視野が開けた感覚がありました。もしあなたも自分が辞めた後のことを気にしているのならどうか、気にしないでください。あなたが辞めても会社は回ります。万が一回らないのならそれは経営者サイドの問題です。

退職を切り出すときに必要な2つの重要事項

退職代行OITOMA_退職を切り出すときに必要な2つの重要事項

退職希望のAさんAさん

退職を切り出すときに大切な事って何?
退職を切り出す際、どの要点を抑え、どんな長さで話せばいいのかわかりませんよね。
退職届と違って決まったフォーマットもないので話すのに迷う方もたくさんいそうです。
まず、この二点だけ抑えておけば大丈夫というポイントをまとめました。
退職を切り出すときの重要事項
  • 退職日はいつにするのか
  • なぜ退職するのか

退職日はいつにするのか

退職希望のBさんBさん

退職日っていつでもいいのかな?

退職を切り出すときの注意事項の一つ目、退職日はいつにするのか。

もし次の転職先がすでに決まっているのであれば、次の会社の入社日の前日を今働いている会社の退職日にするのが一番おすすめです。

日にち次第では3万円ほど支払う金額が変わってきます。

理由は社会保険にあります。社会保険は喪失日(退職日)の翌日に加入していた組織に対して社会保険料を支払う義務があります。

(例)転職先の入社日が4/1なのに前の会社を3月15日で辞めてしまった場合。

4/1までの間はなんと国民年金(16,410円)と国民健康保険(1万5,000円ほど)がかかる可能性があります。

今回の例では2週間の空白期間でしたが、たった1日の空白期間でも同額が請求されます。

社会保険(健康保険・年金)の観点から考えると、退職日はできれば転職先の会社の入社日の前日にするのがベストです。

なぜ退職するのか

退職希望のAさんAさん

辞める理由は何て言おうかな

退職する理由は同時にいくつか頭に浮かぶかもしれませんが、円満退社が希望であれば職場に対してマイナスなこと、ネガティブな発言はなるべくしない方がいいでしょう。

よくある退職理由はざっとこんな感じです。

よくある退職理由
  • 新しくやりたいことが見つかった
  • 独立、起業する
  • 家族の都合で引っ越し
  • 体調不良

会社や上司のせいではなく、あくまでこちら側の事情である。という理由であれば上司の顔を立てることが出来ます。

もし万が一、パワハラやセクハラを受けていたり、残業代の未払金請求など本当に会社に物申す必要がある方は弁護士にきちんと相談して下さいね。

退職を切り出すときのマナー

退職代行OITOMA_退職を切り出すときのマナー

退職希望のBさんBさん

退職を切り出すときのマナーってあるのかな

退職を切り出す際、誰が決めたかは不明ですが暗黙の了解とされているルールがあります

なるべく穏便に円満退社をするためにもマナーやポイントを押さえておきましょう

退職を切り出すときのマナー
  • 退職する1カ月前に直属の上司にお話しする
  • 事前にアポを取ると冷静に話し合いができる
  • 金曜日にお話しするのがおすすめ

退職する1か月前に直属の上司にお話しする

では実際に退職を切り出す、適切なタイミングとはいつなのでしょうか。

適切なタイミングは遅くとも「最終出勤日の一か月前」というのが一般的な目安となります

法律的には2週間前でいいとされていますが、実際の所、引継ぎ等も鑑みて一カ月以上前には退職を申し出る人が多いようです。もし余裕を持ちたい場合は3カ月前~半年前でも失礼には当たりません。

事前にアポを取ると冷静にお話できる

退職希望のAさんAさん

アポ取りは必要?

普段仕事で忙しい上司を廊下で急に捕まえて、「今よろしいですか?」と切り出すと上司にとっては迷惑です。

まずは事前に口頭やメールで「ご相談したいことがあるので、ご都合が宜しい日はありますか?」と上司にアポ取りをすることが大切です。事前にアポを取っておけばお互いに心の準備をすることが出来るので冷静に話が進みやすいです

もし上司から仕事後に飲みに行って話そうと言われたりしても、お酒の席はやめましょう。普通であれば正しく進む話でも、アルコールが入ると感情的になったりし、退職の話がこじれる可能性も出てきます。

仕事の話は会議室など、仕事のスペースでゆっくり話せる場で行うと念頭に置いておきましょう。

金曜日にお話しするのがおすすめ

上司に退職の意思を伝える曜日は金曜日がベストです。万が一、感情的になるなど気まずい雰囲気になった場合も、土日を挟むことで気持ちを落ち着けることができます。

土日休みではない場合は休みの日の前日が向いています。シフト制などで上司と休日が異なる場合は、上司の休日の前の日が良いでしょう。万が一、引き止めにあった場合などに対策を考える時間がとれるためです。

退職を切り出せない人の理由まとめ

退職代行OITOMA_退職を切り出せない人の理由まとめ

今回は「退職を切り出せない理由とテクニック」について解説してきました。

大切なのは事前の準備と心構えです。

  • 退職を切り出すのは悪いことではない、権利であること
  • 相談ではなく報告スタイル
  • 自己分析をしたうえで未来の自分の笑顔を思い描く

自分が抜けることによる穴をどうやって埋めるのかという具体的なプランを示せば、上司の不安も軽減されます。自分の意思を通すことと、職場への迷惑をなるべくかけないことの双方を本気で考えることが円満退社を達成する一番のポイントかもしれません。

退職を実行して晴れやかな顔で仕事に行ける日になれるよう心から願っております。

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

目次
閉じる