老健看護師を辞めたい・疲れた時の対処法と退職すべきかどうかの判断基準を紹介

老健看護師を辞めたい・疲れた時の対処法と退職すべきかどうかの判断基準を紹介

退職希望のKさんKさん

老健看護師の仕事を辞めたい!

退職希望のTさんTさん

老健看護師が自分に合わない気がするし、疲れる……

老健看護師は医療判断の責任が重かったりクレームがあったりと、日々疲れが溜まっていきますよね。

現在老健看護師として働いている方の中には疲れを過剰に溜め込んでしまい、退職を視野にいれている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、老健看護師を疲れて辞めたいと考えている方のために「辞めたいと思う理由ランキング5選」や「辞めたい場合の対処法3選」をご紹介します。

実際に老健看護師を辞めた”リアルな体験談”もご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事のまとめ
  • 老健看護師を辞めたいと思うのは「医療的な判断をする責任の重さ」「人手が足りず、任される業務が多いこと」が理由かも!
  • 老健看護師を辞めたい場合は「看護師長に仕事が辛いことを相談する」「公的な機関に相談してアドバイスをもらう」などの対処法がおすすめ!
  • 老健看護師を辞めたほうが良い判断基準は、「仕事のストレスが心身に影響を及ぼしているか」に重視しよう!
  • 老健看護師を辞めたくなることは、大変なことが多い仕事なのですごく自然なこと!
  • 上司に退職を言い出しづらい場合は、業者に全任せにして”即日退職”できる退職代行がおすすめ!

全額返金保証付き!

目次

老健看護師を辞めたいと思う理由ランキングTOP5

老健看護師を辞めたいと思う理由ランキングTOP5

老健看護師を辞めたいと思っている方のなかには、「他の方はどんな理由でやめたいと思ったのだろう?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

老健看護師を辞めたいと思う理由をランキング形式で5つ見てみましょう。
老健看護師を辞めたいと思う理由ランキングTOP5
  • 第1位:医療的な判断をする責任の重さに耐えられない
  • 第2位:介護士やケアマネジャーとの連携がストレス
  • 第3位:家族からのクレームを受けることがあり辛い
  • 第4位:人手が足りず、任される業務が多い
  • 第5位:残業代や休日出勤手当が出ない

全額返金保証付き!

それぞれ、ご紹介します。

第1位:医療的な判断をする責任の重さに耐えられない

老健看護師を辞めたいと思う理由ランキング1位は、医療的な判断をする責任の重さです。

老健には常勤の医師がいますが、病棟と比べて人手が少なく、一時的に医師が不在になるシーンが存在します。

そのようなシーンでは、老健看護師が医療的な判断を余儀なくされてしまいます。
プレッシャーの伴う判断が必要になるため、老健看護師を辞めたいと感じる方は多いです。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

医療的な判断は患者に重大な影響を与える可能性があるので、とてもプレッシャーを感じますよね。

第2位:介護士やケアマネジャーとの連携がストレス

老健看護師を辞めたいと思う理由ランキング2位は、介護士やケアマネジャーとの連携によるストレスです。

老健では同じ看護師だけではなく、介護士やケアマネージャーを始めとする様々なスタッフが働いています。
そのため、他の仕事と比べて全く別の業務を担当するスタッフとの連携が求められます。

看護師という仕事は多職種間の調整役を担うケースが多く精神的に気を遣うため、それを理由に別の職種に転職していく方は多いです。

退職希望のKさんKさん

業種が違うとコミュニケーションが取りづらくてストレス

第3位:家族からのクレームを受けることがあり辛い

老健看護師を辞めたいと思う理由ランキング3位は、家族からのクレームを受けることです。
老健に限らず介護の現場では、家族からのクレームを受けることが多々あります。

なかには、必死に仕事をした努力を踏みにじるような”理不尽なクレーム”もあるので、仕事を辞めたいと思うのも無理はありません。

退職希望のTさんTさん

クレームを言われると、精神的な疲労を急に感じる……

第4位:人手が足りず、任される業務が多い

老健看護師を辞めたいと思う理由ランキング4位は、人手が足りず、任される業務が多いことです。
看護師は高齢者数の増加による看護需要の拡大により人手不足が続いています。

各施設によって人手不足の深刻度合いは異なりますが、全体的に1人あたりの担う業務量は増加傾向にあります。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

高齢化社会において人手不足は、看護師業界の慢性的な問題になっています。

第5位:残業代や休日出勤手当が出ない

老健看護師を辞めたいと思う理由ランキング5位は、残業代や休日出勤手当が出ないことです。
老健の一部の施設では、残業代や休日出勤手当が適切に受け取れないこともあります。

このようなブラック老健は、老健看護師の仕事に対するモチベーションを下げると同時に、人手不足を加速させる要因になります。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

ブラックな職場で働いていると、仕事のモチベーションは下がる一方ですよね。

老健看護師を辞めたい場合の対処法3選

老健看護師を辞めたい場合の対処法3選

老健看護師がキツくて辞めたいと感じている方のなかには、「老健看護師を続けるべきか否か」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

老健看護師を辞めたいと感じた場合の対処法を見てみましょう。
老健看護師を辞めたい場合の対処法3選
  • 看護師長に仕事が辛いことを相談してみる
  • 公的な機関に相談してアドバイスをもらう
  • 老健以外の看護師として働く

全額返金保証付き!

看護師長に仕事が辛いことを相談してみる

老健看護師を辞めたいと感じたときには、看護師長に仕事が辛いことを相談してみましょう。
看護師長は部下の業務を管理し、職場環境を整える責任者です。

看護師長に自分の気持ちを打ち明けることで、親身になって解決策を教えて貰えることもあります。
看護師長は看護師として非常に長い経験を積んでいるので、有意義な経験談を聞けるでしょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

看護師長になるには、約15年以上の臨床経験が必要なので経験豊富な人ばかりです。

公的な機関に相談してアドバイスをもらう

老健看護師を辞めたいと感じたときには、公的な機関に相談してアドバイスをもらいましょう。

職場の老健以外の施設である公的な機関に相談することで、客観的な意見を聞くことができます。
客観的な意見をヒントに自身の状況を整理すれば、これから向かうべき方向性に気が付けるかもしれません。

相談ができる公的な機関
  • こころの耳(厚生労働省提供)
  • 労働条件相談「ほっとライン」(厚生労働省委託事業)
  • 総合労働相談コーナー(労働基準監督署)

各機関によって「労働条件の悩みに特化」「メンタルや健康の問題に特化」などの特色があるので、ご自身に合った機関を利用してみましょう。

老健以外の看護師として働く

老健看護師を辞めたいと感じたときには、老健以外の看護師として働くことを視野に入れてみましょう。

老健は介護保険施設であることから、治療が目的である病院と比べて介助業務が非常に多いです。
「食事介助」「排泄介助」からなる介助業務が苦手な方は、老健以外で働くことは有効な対処法です。

一般的な病院看護師以外にも、クリニックや学校保健師などの職場でも活躍できます。

老健看護師を辞めるメリット・デメリット【ひと目で確認】

老健看護師を辞めるメリット・デメリット【ひと目で確認】

老健看護師を辞めようかと悩んでいる方のなかには、「老健看護師を辞めるメリットとデメリットはなんだろう?」と考えている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

老健看護師を辞めるメリット・デメリットを確認してみましょう。

老健看護師を辞めるメリット

  • 医療的な判断をする責任から開放される
  • 残業代や休日出勤手当が出ない環境から転職できる
  • 別業務のスタッフとの連携のストレスが少なくなる

老健看護師を辞めるデメリット

  • 築いた老健看護師の経験を一部活かせなくなる
  • 転職作業を進めなければならない
  • 新しい職場に適応する努力が求められる

転職先の仕事によってメリット・デメリットは大きく変化しますが、老健看護師特有の悩みからは開放されます。

また、老健以外の看護師に転職することで、老健看護師としての経験を十分に活かして仕事ができます。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

老健看護師としての経験は、他の看護業への転職に大きく有利になりますよ!

最短即日で会社を辞められます!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

老健看護師を辞めたほうが良い!判断基準をご紹介

老健看護師を辞めたほうが良い!判断基準をご紹介

老健看護師を辞める際に重視すべき判断基準として、「心身の不調」「人間関係」があります。

どちらか一つでも不満があると思うのであれば、辞めるという選択肢を検討するべきです。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

老健看護師を辞めようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
老健看護師を辞めたほうが良い判断基準
  • 老健での仕事によるストレスが心身に影響を及ぼしている
  • 老健のスタッフの人間関係が改善しそうにない

それぞれ、ご紹介します。

老健での仕事によるストレスが心身に影響を及ぼしている

老健看護師を辞めたほうが良い判断基準の1つに、老健での仕事によるストレスが心身に影響を及ぼしているかがあります。

心身は人生に置いて一番の資本であり、最も大事にするべきものです。

心身に影響を及ぼすストレスが老健の仕事によるものであると気づいた時、辞めることを前向きに検討してみましょう。

仕事は人生の一部であり、その一部のために心身を壊してしまっては元も子もありません。

退職希望のTさんTさん

老健の仕事が辛すぎて、メンタルが安定しない……

老健のスタッフの人間関係が改善しそうにない

老健看護師を辞めたほうが良い判断基準の1つに、老健のスタッフの人間関係が改善しそうにないかがあります。

老健看護師は、別の業務を担当するスタッフと連携しながら仕事をすることが多いです。
周囲との連携が求められる環境において、人間関係が悪いのはかなりのストレスになります。

看護師長や医師などに相談して改善すれば問題ありませんが、そうでないのであれば環境を変えましょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

人間関係は自分だけの力で改善するのは、難しいので職場で頼れる人に頼りましょう。

最短即日で会社を辞められます!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

老健看護師を辞める際の流れを4ステップで解説

老健看護師を辞める際の流れを4ステップで解説

これから老健看護師を辞めようと思っている方のために、「老健看護師を辞める際の流れ」を解説します。

STEP.1
退職の意思を伝える
まずは最も関係性の深い直属の上司に退職したい意向を伝えます。唐突に伝えるのではなく、タイミングに気を配りつつ、個室に近い環境で伝えましょう。また、退職したい意向はできるだけメールではなく、対面で伝えるようにしましょう。
STEP.2
退職届を提出する
次に、退職届を提出します。職場によっては独自のフォーマットを用意していることもあるので、就業規則をよく確認して提出しましょう。退職理由については、基本的には「一身上の都合」と書いておけば問題ありません。
STEP.3
業務の引き継ぎ
退職日までに業務の引き継ぎを行います。共に仕事をしたスタッフや利用者さんを不安にさせないために、念入りに素早い引き継ぎを心がけましょう。
STEP.4
荷物の整理・挨拶回り
最後に、荷物の整理をしてお世話になった人に挨拶回りをします。荷物を持って帰るのを忘れたり備品の返却を忘れたりと、退職後に迷惑がかからないように注意しましょう。

全額返金保証付き!

実際に老健看護師を辞めた人の体験談2選

実際に老健看護師を辞めた人の体験談2選

老健看護師を辞めたいと思っている方のなかには、「実際に辞めた人の体験談を見てみたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

実際に老健看護師を辞めた人の体験談を見てみましょう。
老健看護師を辞めた人の体験談
  • 体験談①老健看護師を新卒で辞めた20代女性
  • 体験談②老健看護師が大変すぎて辞めた30代男性

それぞれ、ご紹介します。

体験談①老健看護師を新卒で辞めた20代女性

老健看護師を新卒で辞めた20代女性
さえさん
さえさん

年齢:20代
勤続年数:1年
医療的な判断の責任の重さに耐えられなくて退職しました。

老健看護師は医師が不在の際には医療的な判断を求められることがあり、かなりのプレッシャーがありました。また、そのプレッシャーの中で、士やケアマネジャーなどとの連携を求められるので精神的に疲弊してしまいました。今は老健看護師の経験が活かせる少し緩めの仕事に転職することができ、心身ともに良好に仕事をすることができています。

体験談②老健看護師が大変すぎて辞めた30代男性

老健看護師が大変すぎて辞めた
まさしさん
まさしさん

年齢:30代
勤続年数:6年
1人で大勢の利用者さんを見ないといけないため、大変過ぎて先日退職しました。

介護の現場では慢性的に人手不足が続いており、改善の余地が全く見られませんでした。そのため、1人で20人以上の利用者さんを見る必要があり、余裕のない体力的にキツイ日々が続いていました。転職後の職場は働きやすい環境なので、転職して良かったと感じています。

最短即日で会社を辞められます!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

上司に退職を言い出しづらい場合、業者に丸投げできる退職代行がおすすめ!

上司に退職を言い出しづらい場合、業者に丸投げできる退職代行がおすすめ!

退職希望のTさんTさん

人間関係がうまくいかなくて、退職を言い出せる親しい上司がいない

老健看護師を辞めたいと感じている方のなかには、「上司に退職が言い出しづらい」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そのような方にはズバリ退職代行を利用するのがおすすめです。

退職代行を使えば、退職代行業者が介入して上司と掛け合ってくれるので、上司と関わらずにストレスなく退職できます。

退職代行を利用するメリットは、以下の通りです。

退職代行を利用するメリット
  1. 即日退職できる
  2. 上司と連絡を取らず退職ができる
  3. 強引な引き止めにあう心配もない
  4. 有給休暇の申請がラクにできる
  5. 未払残業代や有給取得の交渉ができる

退職代行の最大のメリットは、業者に全任せしてスパッと退職できることです

上司に退職を言い出しづらいといった方にはピッタリのサービスなので、ぜひ前向きに退職代行の利用を検討してみてください。

なお、更に詳しい退職代行のメリット・デメリットについては、下記記事で紹介しています。
退職代行に興味が湧いた方はぜひご覧ください。

あわせて読みたい
退職代行を使うメリット・デメリットとは?失敗するリスクについても解説 退職代行のメリットは、退職手続きを代行してくれるため、 面倒な上司との連絡を回避できる点です。 一方で、辞めるだけなのに費用がかかることや、社内の人間関係に影...

全額返金保証付き!

老健看護師を辞めたい人によくある質問

老健看護師を辞めたい人によくある質問

看護師が夜勤なしで働ける老健はありますか?

夜勤専従看護師を入れ、日勤のみの募集をしている施設では、夜勤なしで働くことができます。

老健は夜間の看護師配置義務というものはありませんが、基本的に老健看護師は夜勤を求められる施設が多いです。

夜勤なしを希望する場合は、日勤のみの勤務なのか、常勤、非常勤なのかなどを先にしっかりと確認しておきましょう。

老健の仕事がきついという理由で辞めても大丈夫ですか?

老健の仕事がきつくて辞めることは、自然なことなので全く問題ありません。

老健に限らず、看護師は人手不足によって一人あたりの仕事量が多くなってしまう傾向にあります。

一人で20人の利用者さんを見なければならないことも多々あり、大変な仕事として知られています。

特養と老健では、どちらが働きやすい看護師ですか?

どちらにも一定の働きやすさがあり、一概に答えることは難しいですが、身体的負担が大きいのが特養で、コミュニケーションを多く求められるのが老健です。

特養は寝たきりの利用者さんの体重を支えたり、施設内を移動したりと力を必要とされる傾向にあります。

それに対して、老健は別業務を担当するスタッフや利用者さんと多くのコミュニケーションを求められます。

最短即日で会社を辞められます!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

老健看護師を辞めたい!よくある退職理由や働き続けるメリットデメリット

老健看護師を辞めたい!よくある退職理由や働き続けるメリットデメリット

老健看護師を辞めたいと考えている人のなかには、「退職理由ってなにがいいんだろう?」「本当に辞めてもいいのかな?」など思っている人も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

働き続けるメリット・デメリットに併せて、おすすめの退職理由をご紹介します。
まずは、働き続けるメリット・デメリットが一目でわかるようにご紹介します。

働き続けるメリット

  • 病院や特養よりは体力的な負担が少ない
  • 利用者さんとの関りが短期間で済む
  • 病院に比べ残業がかなり少ない

働き続けるデメリット

  • 医療的な判断の責任が重い
  • スタッフや利用者さんとのコミュニケーションが多い
  • 1人で多くの利用者さんを見なければならない
退職理由については、退職届上では「一身上の都合」で問題ありません。
上司に説明する際には、「仕事量が多く疲れた」「人間関係がよくないから」と素直に打ち明けましょう。
この記事のまとめ
  • 老健看護師を辞めたいと思うのは「医療的な判断をする責任の重さ」「人手が足りず、任される業務が多いこと」が理由かも!
  • 老健看護師を辞めたい場合は「看護師長に仕事が辛いことを相談する」「公的な機関に相談してアドバイスをもらう」などの対処法がおすすめ!
  • 老健看護師を辞めたほうが良い判断基準は、「仕事のストレスが心身に影響を及ぼしているか」に重視しよう!
  • 老健看護師を辞めたくなることは、大変なことが多い仕事なのですごく自然なこと!
  • 上司に退職を言い出しづらい場合は、業者に全任せにして”即日退職”できる退職代行がおすすめ!

全額返金保証付き!

「上司に直接退職したいって言い出しづらい…」と悩んでいる方には、退職代行がおすすめです。
退職代行を利用することで、業者が上司と掛け合って、代わりに退職の意思を伝えてくれます。

「退職届の提出」や「貸与品の返却」まで業者が郵送で済ませてくれるので、ストレスなく退職できます。
上司に退職を言い出しづらい人は、ぜひ前向きに利用を検討してみてください。

著者情報

労働環境が悪い営業会社を退職代行で辞めた後、Webマーケティング会社に3年勤務。その後、2021年に株式会社5coreを創業する。中小企業向けに格安のSEOのコンサルティングを行いながら、自身の経験を活かして、退職代行OITOMAを立ち上げる。現在、累計で3000名以上の退職支援を行う。

目次
閉じる