特養看護師辞めたい・きつい!理由と対処方法を徹底解説!

特養看護師辞めたい・きつい!理由と対処方法を徹底解説!

退職希望のAさんAさん

特養の看護師だけど、仕事が辛い

退職希望のAさんAさん

特養内の人間関係に疲れた。オンコールで拘束時間も長いし、精神的にきつくて限界が近いかも・・。でも特養の看護師を今辞めて本当に大丈夫なのかな・・

特養看護師のあなたは上記のような悩みを抱えたことはありませんか?
この記事では、特養看護師さんが仕事をやめたくなる理由別で、どう行動すればよいのかを解説します。

特養看護師を辞めるか迷っている方はキャリア選択の参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事でわかること
  • いい人ほど仕事を辞めにくいのは、周りの心配をしすぎるから
  • 我慢は禁物!仕事を辞めたいなら辞めるべき理由は身と心を壊しかねないから
  • 人手不足は会社の責任だから気にする必要はない

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

特養看護師を辞めたい・きつい人の体験談

特養看護師を辞めたい・きつい人の体験談

特養看護師には特養看護師ならではの辛さや悩みがあります。

オンコールによる実質的な拘束時間の長さや生活介助を強いられる点、医師が常駐しないために責任が大きいところもきつい点ですね。

この章では、特養看護師をやめたくなる理由を、体験談に沿ってご紹介します。

特養看護師を辞めたい・きつい人の体験談
  • いい人ほど仕事を辞めにくいのは、周りの心配をしすぎるから
  • 我慢は禁物!仕事を辞めたいなら辞めるべき理由は身と心を壊しかねないから
  • 人手不足は会社の責任だから気にする必要はない

体験談①老人ホーム内で人間関係トラブルがある

「お気に入りとしか話をしないリーダーって、どうなんだろう。わたしとは目も合わせない。挨拶しても無視…」

引用元:Twitter

特別養護老人ホームでは、特養看護師以外にも介護職員をはじめ、いくつかの専門職員が連携を取りながら働きます。

しかし、業務内容や勤務形態が異なる人間同士では、考え方も違うため、人間関係のトラブルが生じやすくなるものです。

人間関係はどちらかの人間が職場を変えないかぎり、なかなか解決しないのも悩みの種ですね。

体験談②薬や体調の管理など責任の重い仕事が多い

特養看護師3年目です。今では特養では何も出来ず、只々受診。やはり病院勤務がやり甲斐あるし、急変の判断の責任は施設での看護師には重いデスネ

引用元:Twitter

特養には医師が常駐する必要がありません。
そのため、医療的な判断については、どうしても看護師の責任が重くなってしまいます。

高齢者はいつ体調が急変してもおかしくないため、些細な変化を見逃すと、命にかかわることもあります。
さらに、高齢化に伴い医療的なニーズが多様化していることも、負担に拍車をかけている要素でしょう。

病院では悩むことがあれば、医師に相談できましたが、特養では介護職員から相談される立場にある点も、責任を重くしています。

体験談③夜間のオンコール対応や残業がきつい

私は特養看護師です 夜間施設から利用者さんが体調崩したり急変したりすると電話があり 夜間救急搬送に付き添います 明け方まで受診かかりそのまま日勤します そんなオンコール8回して手当て700円 1回100円です 准看の仕事しない知識もない人は時給2000円酷い扱いです 最悪の施設長です

引用元:Twitter

特養では、夜間に看護師を置いていない施設も多いです。
看護師はオンコール体制で、緊急の連絡に備えていなければなりません。

慣れないうちは精神的なプレッシャーも大きく、完全な自由はないため、行動を制限されることも少なからずストレスになります。
また、夜間の電話は睡眠の妨げになり、些細なことで何度も電話がかかってくると、眠ることができず、体調管理も難しくなるでしょう。

日本人の高齢化にともない、医療のニーズは高まるばかりで、看護師一人あたりの医療的ケアに関する雑務が増えている点も問題です。

また、さまざまな業務の後に記録を残す必要があり、残業が慢性化している施設が多い現状です。

体験談④生活介助に関わることが多い

経営上の都合から、特養施設の多くは看護師が足りていない、人手不足の状態といえるでしょう。
人手不足により、看護師が生活介助を行っている施設は多く、看護師がおむつの交換をはじめ、入浴介助や食事介助を行っているところもあります。

「看護師本来の専門職としての力を発揮する機会が少ない」と、感じる人も少なくありません。
人手不足が常態化している職場では、介護職員も看護師が生活介助に入ることを当たり前と考えている可能性が高いです。

生活介助に積極的ではない看護師は、白い目で見られることもあるでしょう。
「これも仕事」と割り切れる人はよいものの、看護業務にやりがいを感じている人には、不満のたまる環境といえます。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

特養看護師をを辞めるかどうかの判断基準

特養看護師を辞めるかどうかの判断基準

特別養護老人ホームで働き続けるか、辞めるかの判断基準として、体調、待遇、人間関係、環境などがあります。

どれか一つでも該当する場合は、辞めるという選択肢を検討してもよいでしょう。

今回は「精神・体調の調子がずっと悪い」「業務内容に対して給与が低すぎる」「介護施設でいじめを受けている」「労働環境が悪く改善の見込みがない」の4つについて説明します。

特に「精神・体調の調子がずっと悪い」に関しては厚生労働省のチェックリストを添付しています。是非チェックしていただけますと幸いです。

特養看護師をを辞めるかどうかの判断基準
  • 基準①:精神・体調の調子がずっと悪い
  • 基準②:業務内容に対して給与が低すぎる
  • 基準③:介護施設でいじめを受けている
  • 基準④:労働環境が悪く改善の見込みがない

基準①:精神・体調の調子がずっと悪い

肉体的・精神的に不調をきたしているのなら、休職や転職を考えましょう。

自分自身で身体の不調に気づかない人もいます。

以下は、厚生労働省のメンタルヘルスのリストです。当てはまるものがないか、確認してみましょう。

下記のチェックリストに該当する項目が、複数ある場合は要注意です。真剣に身の振り方を考えましょう。

厚生労働省のメンタルヘルスのリスト
  • 気分が沈む、憂うつ
  • 何をするのにも元気が出ない
  • イライラする、怒りっぽい
  • 理由もないのに、不安な気持ちになる
  • 気持ちが落ち着かない
  • 胸がどきどきする、息苦しい
  • 何度も確かめないと気がすまない
  • 周りに誰もいないのに、人の声が聞こえてくる
  • 誰かが自分の悪口を言っている
  • 何も食べたくない、食事がおいしくない
  • なかなか寝つけない、熟睡できない
  • 夜中に何度も目が覚める

出典:厚生労働省「知ることから始めよう みんなのメンタルヘルス」

基準②:業務内容に対して給与が低すぎる

病院勤務と比べると、特養看護師の給与は低いことが多いです。
低いわりに業務の量は多く、責任の重さも低くはありません。

今の仕事にやりがいを感じているのなら、続けるのは全く問題ありません。
しかし、やりがいを得られず給与にも満足していないなら、他の道を考えてもよいでしょう。

注意点

やりがいが無いのに、低い給与で働き続けるのは心身ともに疲弊します。もっと働きやすい職場を探しましょう。

基準③:介護施設でいじめを受けている

いじめを受けている場合は、辞める判断のひとつです。
いじめを受けていることを、上司やしかるべき立場の人に相談しましょう。

その後状況が改善するようなら、続けるのもいいですが、状況が変わらない、むしろ悪化するのであればすぐにでも環境を変えましょう。

注意点

上司自身からパワハラなどを受けている場合は、すぐにでも転職したほうが身のためです

基準④:労働環境が悪く改善の見込みがない

「やりがいを感じられない」「単調な仕事を割り当てられる」「サービス残業が常態化している」「有給がほとんど消化できない」など。

上記のような状況では、自分ひとりで改善するのは困難です。

ひとりで何とかしようとせずに、上司や仲間に協力を求めましょう。

注意点

上司や同僚にも、改善の意識がないようなら転職をすすめます。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

特養看護師を辞めたい・きつい時の対処方法

特養看護師を辞めたい・きつい時の対処方法

特養看護師を辞めたい・きついと感じたら、なにをすればよいでしょう。

基本的に自分のスキルを上げたり、老人ホームを退職する、精神修行の一環として我慢するなどの方法が考えられます。

今回はその中でも4つの方法を解説させていただきます。

特養看護師を辞めたい・きつい時の対処方法
  • 方法①:日本看護協会の研修に参加してスキルを上げる
  • 方法②:精神を鍛える訓練と思い耐える
  • 方法③:退職代行を使って老人ホームを辞める
  • 方法④:自分の時間を充実させる

方法①:日本看護協会の研修に参加してスキルを上げる

モチベーションアップのために研修に参加して、自分自身のスキルアップを考えてみましょう。

身につけたスキルをアウトプットする場として職場を位置付けるのもアリです。

少しずつ成長していくのが実感できれば、やる気につながります。

方法②:精神を鍛える訓練と思い耐える

「今の状況で何ができるか」自分の精神力を鍛える機会と捉えてみましょう。

例えばどうあったら理想かを考え、理想の状態にもっていくことを考えます。

上司の言葉や同僚の態度など、自分にコントロールできない部分に焦点を当てるのではなく、あくまでも自分がコントロールできる「自分の感情や行動」に注目して、今できる最善の行動をとる訓練の場と捉えるのもいいですね。

方法③:退職代行を使って老人ホームを辞める

辞めたい・きついと思った時の対処法として、きっぱりと辞めるというのも一つの方法です。

もし「自分の成長につながらない」「心身を擦り減らしている」と感じているのなら、新たな道を探るのがベストです。

とはいえ今の仕事を辞めるとなると、どのように退職の伝えていいのか悩みます。

慢性的な人手不足の中、「辞める」の一言が言い出せない人も多いでしょう。

しかし躊躇してくよくよ悩んでいる時間はもったいないです。

退職代行を利用すれば、嫌な思いをせずすっきりとやり直しができますよ。

退職代行を使うなら退職代行オイトマがおすすめ!

退職代行OITOMA

数ある退職代行のなかでも退職代行オイトマはかなり評判の退職代行業者です。

労働組合が運営している退職代行なので確実に退職の連絡を実行してくれます。

料金も24,000円と業界最安値なのもおすすめできるポイントです。

無料相談も実施しているので是非チェックしてみてください。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

方法④:自分の時間を充実させる

趣味を持っている人なら、自分の時間を大切にするのもいいでしょう。

仕事とプライベートをきっちり分ける生き方も素敵です。

仕事での雑音を気にしなければ、自分のやりたい道にいきるのもいいものですよ。

看護師は特養と老健だとどっちが働きやすいの?

看護師は特養と老健だとどっちが働きやすいの?

特養と老健、どちらが働きやすいのでしょうか。

「特養」と「老健」どちらも、24時ケアを適用する施設です。

しかしその目的や役割に違いがあり、現場での働き方にも大きな違いが出てきます。

特別養護老人ホームは要介護3以上の人が入居する老人ホームなので介護のスキルが重要になります。

対して老人ホームはそこまで介護が必要ない人が入居するため、コミュニケーションやリハビリのスキルが重要になります。

どちらも重要なスキルですが、自分の得意なスキルを分析して働きましょう!

退職代行を使って特養看護師を辞めるまでの流れ

退職代行を使って特養看護師を辞めるまでの流れ

退職代行業者をはじめて利用するばあいは、どうしていいかわからずに躊躇してしまいます。退職代行業者を使って仕事を辞めるまでの流れを解説します。

STEP.1
退職代行業者に相談
退職代行業者へ連絡・相談。LINEやメールなどで気軽に相談できます
STEP.2
料金のお支払い
料金を支払って、ヒアリングシートを記入
STEP.3
退職の予約
退職の連絡を実行してほしい日時を指定します
STEP.4
退職の連絡実施
退職の連絡を実施します。退職届や貸与物の返却を忘れずに行いましょう。

実際にあなたがやる事は「退職代行業者への依頼」「料金のお支払い」「退職届・貸与物の郵送」のたった3つです。

いずれも会社の人と顔を合わすことはありません。「辞めたい」と言い出せない人、上司と顔を合わせたくないという人にはうってつけのサービスです。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

特養看護師辞めたい・きついまとめ

特養看護師辞めたい・きついまとめ

特養看護師が仕事を辞めたい・きついと思うのにはさまざまな理由があります。

人間関係や責任の重さ、オンコールや看護業務に専念できないということに不満があるようです。

特養以外にも老健で働くという選択肢がありますが、どちらが働きやすいかはその人のライフスタイルに大きく左右されます。

それぞれの特徴をよく調べ、自分に合った職場を選びましょう。

転職することを決めたのはいいけど、退職を伝えるのに気後れしまう人も多いでしょう。

退職の意向を伝えづらいときは、退職代行業者に頼むとスムーズに退職できます。

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

目次
閉じる