銀行を辞めたい時の対処方法を解説|後悔しない選択肢を取ろう

銀行を辞めたい時の対処方法を解説|後悔しない選択肢を取ろう

退職希望のBさんBさん

そろそろ銀行辞めたい…

退職希望のAさんAさん

銀行以外の会社で役に立てるんだろうか…

銀行に勤務していると、ノルマがきつくて辞めたい気持ちが湧いてきますよね。

体育会系の人間関係に耐えられず、「いますぐにでも転職したい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、銀行を辞めたい方のために「辞めたいと思う代表的な理由」や「辞めたい時の対処法5選」をご紹介します。

事前に知っておくべき“辞めると後悔する人の特徴”もご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • 銀行を辞めたいと感じる代表的な理由
  • 銀行を辞めたい時の対処法4選
  • 銀行員を辞めると後悔する人の特徴

相談料無料!

目次

銀行を辞めたいと感じる代表的な理由

銀行を辞めたいと感じる代表的な理由

銀行を辞めたいと感じている方のなかには、「なぜ辞めたい気持ちに襲われているんだろう?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

辞めたいと感じる代表的な理由を見てみましょう。
銀行を辞めたいと感じる代表的な理由
  • 銀行以外で使えるスキルがあまり身に付かない
  • 定年が50代と早い
  • 自習の時間が多過ぎる
  • 異動・転勤が多い
  • クレーム対応やノルマがきつい

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

銀行以外で使えるスキルがあまり身に付かない

銀行を辞めたいと感じる理由の1つに、スキルが応用しづらいがあります。
銀行ではプログラミングやデザインなどの専門スキルは身につきません。

「幅広い業界知識」や「広く浅い金融知識」は身につきますが、銀行独特のルールが多いため、ダイレクトに応用するのは困難です。

そのため、具体的なスキルを身に付けたくて転職する人も多いでしょう。

また、銀行は独特のステップを踏みながら業務をこなしているので、銀行以外の即戦力として転職するのはなかなか難しいです。

同じ銀行への転職であれば即戦力になるかもしれませんが、銀行以外に転職するとなると一定の難しさがあります。

退職希望のBさんBさん

銀行以外で働いて専門スキルを身に付けたい!

定年が50代と早い

銀行を辞めたいと感じる理由の1つに、定年の早さがあります。

銀行は定年が50代と早いので、長く働くために、早いうちに転職しようと考える人も多いでしょう。
一般的な企業の定年は65歳ですが、銀行の定年は50代と言われています。

その理由は、50代にさしかかると同属グループへの出向を命じられ、そのまま転籍するケースがあるためです。

退職希望のAさんAさん

自分の意思で定年まで在籍したい!

自習の時間が多過ぎる

銀行を辞めたいと感じる理由の1つに、自習の時間の多さがあります。

銀行員には「資格取得」や「研修の事前課題」など勉強すべきことが山ほどあるので、休日を返上して自習しなければならないケースが多いです。

プライベートを充実させるための時間が取れないので、「もっと余裕のある会社に転職したい」と思う方もいるでしょう。

退職希望のBさんBさん

学生の頃以上に勉強している気がする…

異動・転勤が多い

銀行を辞めたいと感じる理由の1つに、異動・転勤の多さがあります。

異動や転勤の多さは、各地で働きたい人からすればメリットかもしれませんが、同じ場所に定住していたい人からするとデメリットです。

「人間関係を構築するのがめんどう」「業務を覚え直すのがイヤ」という方であれば、転職したくなるでしょう。

退職希望のAさんAさん

異動があるかもと思うと怖いんだよね。

クレーム対応やノルマがきつい

銀行を辞めたいと感じる理由の1つに、ノルマのきつさがあります。

銀行員はノルマが多く、達成できないと上司から怒号が飛ぶので「今すぐ辞めたい」と思っている方も多いでしょう。

ノルマの内容も「ローンの販売」や「クレジットカードの契約」などメンタルが疲弊するものばかりなので大変です。

退職希望のBさんBさん

毛嫌いされる仕事はもうイヤだ!

銀行を辞めたい時の対処法4選

銀行を辞めたい時の対処法4選

銀行を辞めたいと感じている方のなかには、「こういう時は具体的にどうしたらいいのだろう?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

銀行を辞めたい時の対処法を見てみましょう。
銀行を辞めたい時の対処法4選
  • 業務がきつい場合は仕事量を減らしてほしいと相談する
  • 部署の異動願いを出して環境を変えてみる
  • 副業を始めて新しいスキルを身に付ける
  • 銀行員を辞めて別業界に転職する

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

業務がきつい場合は仕事量を減らしてほしいと相談する

銀行を辞めたい時の対処法の1つに、仕事量を減らしてもらうがあります。
仕事がキツイと感じた場合、上司に相談してみましょう。

担当業務が多すぎると判断されれば、仕事量を減らしてもらえるかもしれません。
相談する際のポイントは、”明確な根拠をそえる”ことです。

たとえば、「業務ごとにどれくらいの時間を割いているのか?」をまとめて提示すれば、上司も納得しやすいでしょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

きちんと根拠をそえて相談しましょう。

部署の異動願いを出して環境を変えてみる

銀行を辞めたい時の対処法の1つに、部署異動があります。
辞めたい理由が人間関係にある場合、部署異動の申請をしてみるのも手です。

部署異動すれば周りの人間関係がガラッと変わるので、今抱えている悩みが解決するかもしれません。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

部署異動は気分転換にもなります。

副業を始めて新しいスキルを身に付ける

銀行を辞めたい時の対処法の1つに、副業へのチャレンジがあります。

新しいスキルがほしければ、転職をせずとも副業をしながら身につけることも可能です。
「オンラインスクール」や「YouTube動画」など勉強する方法はいくらでもあります。

スキルの種類も「プログラミング」や「Webデザイン」などさまざまなので、興味のあるものに挑戦してみるといいでしょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

副業でスキルを身につければ、他でも稼げるという安心感があります。

銀行員を辞めて別業界に転職する

銀行を辞めたい時の対処法の1つに、別業界への転職があります。
別業界に転職すれば、今とはまったく違った仕事に挑戦可能です。

人間関係もリセットされるので、「上司や同僚との波長が合わない…」と感じている方には大きなメリットがあります。

今よりも気の合う仲間と興味のある仕事をしたい方は、ぜひ転職を検討してみてください。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

別の業界ではもっと輝けるかもしれません。

銀行を辞められない場合は退職代行の利用も検討しよう

銀行を辞められない場合は退職代行の利用も検討しよう

退職希望のBさんBさん

上司に言いづらいなぁー。

銀行を辞めようとしている方のなかには、「上司になんて言ったらいいんだろう?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

なかなか言い出せない方は、退職代行の利用がおすすめです。

退職代行を使えば、業者があなたの代わりに上司へと連絡してくれます。
引き止めに合う心配もないので、興味のある方はぜひ検討してみてください。

気になる退職代行のメリットは以下です。

退職代行のメリット
  1. 追加料金が一切かからない
  2. 即日退職にも対応している
  3. 有給消化の意向も伝えてもらえる
  4. 全て手続きは丸投げでOK
  5. 業界最安値で低価格で依頼できる

退職希望のAさんAさん

退職の手続きを丸投げできるのはありがたい!

銀行員を辞めると後悔する人の特徴

銀行員を辞めると後悔する人の特徴

銀行を辞めようとしている方のなかには、「辞めて後悔しないだろうか?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

辞めると後悔する人の特徴を見てみましょう。
銀行員を辞めると後悔する人の特徴
  • 特徴①一時的な感情に任せて辞めようとしている
  • 特徴②転職先が決まっていないのに辞めようとしている

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

特徴①一時的な感情に任せて辞めようとしている

銀行員を辞めると後悔する人の特徴の1つに、感情で判断してしまうがあります。
一時的な感情に任せて辞めると、転職時に問題が発生するかもしれません。

たとえば、「上司からひどく怒られた」「とんでもないミスをしてしまった」ことをきっかけにバックれた場合、自身の経歴にキズがついて転職しづらくなる可能性があります。

後悔しないためにも、退職の決断は冷静な時にしましょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職すると後戻りができません。

特徴②転職先が決まっていないのに辞めようとしている

銀行員を辞めると後悔する人の特徴の1つに、計画性がないがあります。

転職先がまったく決まっていない状態で退職した場合、何かと不安です。
仕事がない分時間はたっぷりありますが、収入がゼロになるので経済的な不安がよぎります。

不安のなかで転職活動をすると焦って転職先を探すことになり、自分にぴったりの会社を探しづらくなるので注意が必要です。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

先を見据えて退職しましょう。

銀行員を辞めてよかった事5選

銀行員を辞めてよかった事5選

銀行を辞めようとしている方のなかには、「辞めた人は実際どう感じているのだろうか?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

銀行員を辞めてよかった事を見てみましょう。
銀行員を辞めてよかった事5選
  • 些細なミスで時間を消耗しなくて良くなった
  • 融資などのノルマから解放された
  • 接待がなくなったので支出が減った
  • 自分の時間が増えてプライベートが充実した
  • 兼業主婦から専業主婦になれて体力的に楽になった

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

些細なミスで時間を消耗しなくて良くなった

銀行員から自動車業界に転職しました。
銀行員のときほど数字を扱う仕事が少なくなったため、精神的にラクになりました。

当時は勘定ミスや帳票ミスが多くて毎日がストレスでしたが、今では自分にあった仕事ができていると思います。

営業職ということもあり人と関わる仕事が多く、仕事中の気分が前向きになりました。

融資などのノルマから解放された

銀行員を退職し、今はアパレル業界で働いています。

銀行員の頃は融資やクレカ契約などのノルマが辛くてとにかくしんどかったですが、転職してからはそこまでのストレスは感じていません。

もともとファッションには興味があり、仕事を通しての勉強もそこまで苦に感じないので、楽しい仕事生活ができていると思います。

当時の殺伐とした職場の雰囲気は、ストレス耐性がついたという意味ではメリットだったかもしれません。

接待がなくなったので支出が減った

銀行員の仕事に疲れて小売業界に転職した30代です。
昔から人間関係が苦手だったため、銀行員によくあるゴルフ接待や高級料亭での接待がストレスでした。

食事代やタクシー代などが支出としてかさんでいたため気になっていました。
転職してからは一度も接待をしていないので、その分支出が減ってよかったと思います。

接待が苦痛な人は、人間関係に苦しまなくてよさそうな会社に転職してみるといいかもしれません。

自分の時間が増えてプライベートが充実した

転職先はまだ決まっていませんが、銀行員のストレスに耐え切れず退職しました。
今まで仕事に忙殺されていましたが、その時間がなくなったのですごく開放感があります。

暇な時間が増えたことで将来のことをじっくり考えられるようになりました。
当時は理想の会社が何なのかすら考える余裕がなかったので、今の状況がありがたいです。

これから自分にぴったりな会社を探し、良い仕事生活を送ることができればと思います。

兼業主婦から専業主婦になれて体力的に楽になった

銀行員を辞め、兼業主婦から専業主婦になりました。
銀行員として仕事をしながら主婦として家事を切りもりしていたので、なかなか大変でした。

常に体力が枯渇している状態で体を動かしていたので、このままではまずいと思い専業主婦にシフトすることにしました。

今では体力的にラクになったので体が喜んでいる感じがします。
もう少し経ったら副業にもチャレンジして、その稼ぎを家計の足しにしようかと考えています。

【まとめ】銀行を辞めたい理由と取るべき行動を解説!辞めたら後悔する?

【まとめ】銀行を辞めたい理由と取るべき行動を解説!辞めたら後悔する?

いかがでしたか?
銀行を辞めたい方のために「辞めたいと思う代表的な理由」や「辞めたい時の対処法5選」をご紹介しました。

それでは今回のまとめです。

【まとめ】銀行を辞めたい理由と取るべき行動を解説!辞めたら後悔する?
  • 銀行を辞める理由には「ノルマがきつい」「新しいスキルを身に付けたい」などさまざま!
  • 銀行員がしんどい時は「部署異動」や「別業界への転職」を検討してみよう!
  • 銀行員を辞めた人は「接待から解放された」「プライベートが充実した」などポジティブな声をあげている!

相談料無料!

「上司になんて言ったらいいんだろう」と悩んでいる方には退職代行がおすすめです。
退職代行を使えば、業者が手続きをすませてくれるのであなたがアレコレ考える必要はありません。

即日退職にも対応しているので、今すぐスパッと辞めてしまいたい方はぜひ検討してみてください。

Let's share this post!
\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる