仕事でミスが多いから辞めたい!仕事ができない人の特徴や原因、対処法を徹底解説

仕事でミスが多いから辞めたい!仕事ができない人の特徴や原因、対処法を徹底解説

退職希望のBさんBさん

仕事でミスばかりしてしまう!どうしよう、、、

仕事でミスばかりして悩んでいる人は多いのではないでしょうか。「この仕事が合っていないのかも、、」と転職を考えている人も多そうです。

いくらミスをしないように気を付けていても、なぜかミスを繰り返してしまう。小さなミスでも、何回も繰り返してしまうと自信を失い、やがては会社へ行くのが億劫になってしまいますよね。

そこで、この記事ではなぜミスをしてしまうのかの原因究明、そして対処法など有用な情報が盛りだくさんな内容になっています。ミスばかりで落ち込んでいるあなたも、もしかしたら環境のせいかもしれませんよ。落ち込んでいる方にこそぜひ読んで頂きたい内容なので、どうぞ最後までお付き合いください

この記事を書いているのはブラック企業の花屋で勤務経験ありのアラサー会社員です

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

前職では店舗責任者をしており、採用した社員さんの中にはミスを連発する方もいました。かくいう自分自身もケアレスミスが多く周りの従業員にフォローして貰いながらなんとか店長を務められたという経験を元にこの記事を書きました。

仕事でミスを連発し、憂鬱な日々を過ごしている方へ、この記事でなぜ自分がミスばかりしてしまうのか、疑問点や不安が解決するように精一杯執筆させて頂きます。

この記事を読んでわかること
  • 有給を使って体を休めることも大事
  • 仕事に慣れていない可能性もある
  • 仕事に慣れないのであれば上司に相談してみる
目次

仕事でミスばかり連発する7つの原因

仕事でミスばかり連発する5つの原因

退職希望のBさんBさん

ミスを連発しすぎて先輩にため息つかれた、、

退職希望のAさんAさん

なんで何度も同じミスを繰り返しちゃうんだろう、、?

仕事でミスを繰り返してしまう。そんな時、「自分の何かがおかしいのでは?」と自信を失ってはいませんか。もしかしたら自分が仕事のできない人間なのかも、、と落ち込んでいる方もいそうです。

果たしてミスの責任はどこにあるのでしょうか。今回は、様々な角度からミスをする原因を探ってみました。実は自分以外にもミスを引き起こす原因はたくさんあるものです

自分自身を責める前に以下の5つに当てはまるものがないかチェックしてみて下さい

仕事でミスばかり連発する7つの原因
  • 原因①仕事に慣れていない
  • 原因②職場の環境が悪い
  • 原因③会社の教育体制や上司に問題がある
  • 原因④ブラック企業で労働環境が悪い
  • 原因⑤ADHDなどの発達障害の疑いがある
  • 原因⑥確認不足
  • 原因⑦仕事や作業内容が自分に合っていない

原因①:仕事に慣れていない

まだ仕事に慣れていないだけかもしれませんよ!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

お仕事を始めてからどれくらいの月日が経っているでしょうか?新しい仕事に慣れるには早くても3カ月~半年、難しい業務であれば1年かかることもザラにあります。新しく始めた仕事でミスをしない新人はいません。

仕事を覚えるためにはまず先輩から教わり、自分で実践し、ミスをして改善、修正していくという流れが一般的です。ミスをしなければ本当の意味で仕事の業務の重要性を理解するのは難しいかもしれません。ミスをしたからこそ「次は気を付けよう」と気持ちが引き締まり、同じミスを繰り返さないようになるでしょう。

仕事を始めて日が浅いと、経験の絶対数が少ないです。慣れない仕事ではノウハウがないのでミスをするのは当然と言えるでしょう。ある程度日が経てば一通りのミスをして、自分なりに仕事をどうこなせばいいのか分かってくると思います。

原因②職場の環境が悪い

退職希望のBさんBさん

職場が仕事に集中できる環境とは程遠い、、

あなたの職場環境はどのような空気が流れていますか?集中できる職場では仕事がはかどるのは言うまでもありませんが、良くない職場では全く仕事に集中できないこともあり得ます。重要なのは主に二つのポイント。

一つ目は人間関係。上司が見張るように圧をかけてきたり、同僚が陰口を言い合っていて自分の業務に集中出来ないことも考えられます。人は合う合わないがありますが自分と相性の悪い人と組むことになったら自分の出せるパフォーマンスは著しく低くなりミスが増えてしまうことでしょう。

二つ目は就業場所ですね。音楽や騒音がうるさい、お客さんがひっきりなしにやってくるなど、自分がストレスを感じる環境に身を置くと想像以上に消耗し、ミスをしてしまいやすくなります。厄介なのは事前には自分が何にストレスを受けるのかわからないという点でしょう。

もし今の職場でどうしても集中して業務に取り組めず、ミスをしてしまうのであれば、そのストレスの原因になる点を改善するか、改善が難しい場合は次に転職先を選ぶ際の条件に入れましょう。

原因③会社の教育体制や上司に問題がある

退職希望のAさんAさん

教育が全然、不十分で一向に業務を覚えられない。

教育体制は会社によって様々です。研修期間に3カ月も充てられていて、現場に出るまでにしっかりと業務を教えてくれる職場もあれば、即現場に出され、見よう見まねで仕事を覚えなければいけない職場もあります。

その人にどのような教育体制が合ってるかによりますが、教育が充実している方が良いに決まっています。一昔前の仕事の覚え方は上がやっている姿を見て学べ、というのが主流だったそうですが今では時代遅れです。

また、大事になってくるのが質問のしやすさです。職場に質問をしやすい相手がいなかったり、そもそも質問できる雰囲気でない職場は要注意です。疑問点を聞けずに自己判断で業務を行うとミスに発展しかねないです。入社前に確認できるのであれば教育体制はどうなってるのか、リサーチするのが賢明でしょう。

原因④ブラック企業で労働環境が悪い

そもそも環境が悪いかもしてません。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

そもそもあなた自身の問題ではなく、会社や上司が終わっているような職場のせいかもしれません。

些細なことで怒鳴られたり、ネチネチと言われ続けた結果、自分は無能で無力って思うようになっていませんか?

もし環境が悪いのであれば自分で変えることは不可能に近いのでさっさと退職したほうが良いでしょう。

退職することができないのであれば、退職代行を使って退職することをおすすめします。

退職代行はあなたの代わりに職場に対して退職の連絡をしてくれるサービスです。

退職代行オイトマであれば離職票の発行のお願いや有給、給与の相談などもしてくれます。是非利用してみてください。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

原因⑤ADHDなどの発達障害の疑いがある

努力しても出来ないのなら発達障害のせいかも?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

気を付けていてもなぜかミスをしてしまう。メモをしろと言われてもそのメモをすること自体忘れてしまう。と言う方がいたら発達障害の疑いがあるかもしれません。

発達障害とはADHD(注意欠陥多動性障害)ASD(自閉症スペクトラム)LD(学習障害)の総称です。昨今では大人になってから発見される発達障害の人が年々増加傾向にあります。

ADHDの人の中には注意をコントロールするのが不得意な場合が多く、一つのことに集中しすぎてしまったり、逆に気がそれてしまってケアレスミスをしたりしてしまいます。衝動的に動いてしまう面もあるので思い付きの言動で顰蹙を買う事もあるそうです。

ASDの人は人の表情を察したり、言葉の行間を読むのが苦手な人が多いとされています。文字通りに意味を受け取ってしまうのでコミュニケーションの齟齬が生まれてしまう事も多いそうです。

もしご自身になにか極端に不得手な部分があるなと感じているのでしたら「発達障害」で調べるかメンタルクリニックで診断を受けてみることをお勧めします

原因⑥確認不足

作業内容にもよりますが、細かい確認をすることで様々なミスを防ぐことができます。

一つの作業を始める場合にしても、今のタイミングで良いのか、注意点や手順を聞かずにそのまま始めるのと事前に確認するのとでは全く変わってきます。

特に多動性があったり物事を忘れやすいという方は、必ず事前に確認するという行為が必須だと言えます。
これは自分が取り組む作業だけではなく、人に指示を出したりする場合など全てに当てはまります。

原因⑦仕事や作業内容が自分に合っていない

今取り組んでいる仕事の内容が、自分にあっていなくてもミスが起きやすくなります。

はじめのうちは誰でも慣れていないので多少ミスが連続しても仕方ないのですが、ずっと続いてしまう場合には自分に合っているのかを考えてみましょう。

例えば人と話すのが苦手なのに営業職をやっていたり、身体を動かす仕事が好きなのにデスクワークをしていたりといった感じです。

極端に自分が理想としているものとのかけ離れている場合には、異動届を出したり転職の検討をした方がいいかもしれません。

仕事でミスばかりしても自己嫌悪する必要はない!

仕事でミスばかりしても自己嫌悪する必要はない!
仕事でミスを連発すると「なんて自分はダメなんだ」と自信がなくなりますよね。しかし、どれだけミスが多くても自分を否定することはやめましょう。

確かに、仕事でミスばかりすると「あの人はダメだな」と思われてしまいます。しかし、それは仕事でのあなたの状態であって、他の面でのあなたは魅力が沢山あるかもしれません。

たとえば、仕事では同じミスを毎日繰り返すけれどもプライベートではお子さんの面倒をよく見る良きパパかもしれません。また、趣味のスポーツチームでは、チームワークを大切にする大事なメンバーかもしれません。

そのため、仕事でミスが多いからと言って自分を全否定することはやめましょう。

同じミスを繰り返すのはADHDが原因かも?

同じミスを繰り返すのはADHDが原因かも?
同じミスを何度も繰り返してしまうのは、最近話題になっている発達障害が原因かもしれません。発達障害の中の「ADHD」というものは、以下のように定義されています。

 注意欠如・多動症(ADHD)とは、発達水準からみて不相応に注意を持続させることが困難であったり、順序立てて行動することが苦手であったり、落ち着きがない、待てない、行動の抑制が困難であるなどといった特徴が持続的に認められ、そのために日常生活に困難が起こっている状態です。

(引用:NCNP病院

ADHDは知的な遅れが見られないものの場合、健常者と変わらないように見えます。そのため、大人になってから気づいたり、人から指摘されて「発達障害だったんだ」と気づくことが多い障害です。

もしも、あなたのミスを繰り返す行為が ADHD に由来するものだとしたら、心療内科など適切な場所にかかりまずは診断を受けましょう。診断を受けることでサポートが受けられたり、同じ悩みを持つ集まりで少しでもミスをなくす方法を学ぶことができます。

自分でひょっとしたら ADHD かもしれないと不安を感じた方は、まずは一度医療機関に相談してみましょう。

仕事でミスばかりする人の特徴

仕事でミスばかりする人の特徴

仕事でミスをする原因として、仕事に慣れていなかったり会社や先輩の教育に問題があることについて解説してきました。

この一方で、仕事でミスを多くする原因が自分にある場合もあります。

仕事でよくミスをしてしまう人の特徴としては6つあります。

  • ミスするごとに落ち込み切り替えが遅い
  • その時だけ反省して次に活かそうとしない
  • 自己判断で行動する人
  • 他人のせいにしたりして素直に失敗を受け入れない人
  • 仕事量が多くキャパオーバーになっている
  • 作業の内容が自分に合っていない
  • メモをとらない

これらの特徴について詳しく解説していきます。

特徴①ミスするごとに落ち込み切り替えが遅い

仕事でミスをしてしまうと誰もが落ち込んでしまいます。

ですが、ミスを全くしない人間などはいませんし、起きてしまった以上は切り替えて次に繋げるしかありません。

ミスを繰り返してしまう人の場合、いつまでも根に持ってしまい切り替えが遅くなってしまうため、その後の仕事も集中できません。

結果、また別のミスをしてしまい更に落ち込むという悪循環に陥ってしまいがちです。

ミスをしてしまった場合は、しっかりと原因を考えるなどして反省し、それが済んだらすぐに切り替えることが重要です。

特徴②その時だけ反省して次に活かそうとしない

ミスをした場合、なぜ起きてしまったのか、何が悪かったのかを考え次に活かそうとするのが本来の流れです。

一方でミスを繰り返す人の場合、周りの視線もあることから反省をしているふりはするものの、次にどう活かすかを考えていません。

結果、根本的な原因などをわからないまま仕事に取り掛かるので、似たようなミスを何度も繰り返してしまいがちです。

反省は落ち込んだり謝ればいいというわけではありません。

なぜミスをしてしまったのか、しっかりと考えて同じミスは繰り返さないように意識することが大切です。

特徴③自己判断で行動する人

ミスをしてしまう原因の一つに、経験不足による判断ミスがあります。

自分で考えて判断することはとても大切であり、ミスをすることで正しい方向性を見極めるようになっていくのですが、何でも自分で決めればいいというわけではありません。

特に働き始めであったり経験が少ない場合は、考えた上でそのまま判断するのではなく、上司や先輩に自分の考えを伝えた上でどうすべきなのかを確認するようにしましょう。

そうすると、自分の考えが正解なのかどうかをミスをする前に知ることができるので、周りに迷惑をかけることがなくなります。

特徴④他人のせいにしたりして素直に失敗を受け入れない人

ミスをすると素直に受け入れられず、すぐに言い訳をする人がいます。

「〇〇さんが指示通りに動いてくれないから」「この考え方もあると思います」など様々な言い訳をしてミスを素直に受け入れようとしません。

言い訳ばかりする人は、ミスの原因が自分にないと考えているので十分な反省ができず、同じミスを繰り返してしまいます。

中には先輩や上司の指示や考えが間違っている場合もありますが、役職などが上である以上は従うべきです。

逆にミスをしない人の特徴の一つに「自分のミスではなくても自分がしてしまったものとして考える」があります。

ミスをすること自体は一切恥ずかしいことではありません。

素直に受け入れて同じミスを繰り返さないようにしましょう。

特徴⑤仕事量が多くキャパオーバーになっている

仕事量が多すぎて処理しきれていないのも、ミスをしてしまう原因の一つです。

上司や先輩の指示内容が多すぎる場合は、指示側の責任ですが自分で仕事を抱えすぎてしまう人がいます。

既に指示を受けているのに、他の先輩に頼まれごとをすると言い出せずに受けてしまったり、自分以外でもできることなのに全て自分でやろうとしてしまいがちです。

自分の立場などをまずは考えた上で、後輩がいる場合は指示を出して自分の仕事を少なくしたり、状況によっては一つの作業に集中するようにしましょう。

特徴⑥作業の内容が自分に合っていない

仕事ができる人は、いろんな作業をこなしながら仕事を覚えつつ、自分の得意不得意を把握していきます。

自分の長所を作業に活かしやすくなるため、結果を出しやすくミスをすることがほとんどありません。

一方でミスを繰り返す人は、なにも考えず作業に取り組むため特に集中すべきところがわかっていません。

自分の長所や不得意な作業などを把握した上で、苦手な仕事の時はいつも以上に集中したり、得意としている人に任せるのも一つの方法です。

特徴⑦ メモをとらない

働きはじめの場合、覚えることが多く一つ一つ教えてもらったことへの理解はできていても一度で全てを覚えることはとてもむずかしいと言えます。

また、毎日繰り返し行うような作業はまだしも、たまにしかやらないような仕事は忘れてしまいがちです。
そのような時に大切なのがメモです。

メモを取ることで忘れた時に確認できるだけではなく、紙に書き出す作業をするだけでも頭の中が整理できたり、覚えやすくなります。

また、毎回上司や先輩に確認する必要もありません。
仕事中にミスが多かったり、何度も先輩に聞いたりして怒られている人にはメモを取っていない人が多いです。

仕事のミスが多いから辞めたい時の対処法

仕事のミスが多いから辞めたい時の対処法

退職希望のBさんBさん

仕事のミスが続いてしまい、名誉挽回したい。

退職希望のAさんAさん

みんなミスしないようにどんな工夫をしているのかな?

仕事のミスが続いて落ち込み、「もう辞めたい、、」と思ったとき少し立ち止まってみませんか。ミスの種類によっては対策が練れるかもしれませんし、ミスを防ぐために工夫できることがまだあるかもしれません。

ミスは恥ずかしいこと、と思わずに積極的に向き合って対処方法を探していく方が自分を追い詰めずにいられそうです。以下に辞めたいときの対処法をまとめました。ご自身に合いそうなものを見つけて実践して頂ければ嬉しいです。

仕事のミスが多いから辞めたい時の対処法
  • 対処法①:メモを取るクセをつける
  • 対処法②:自分で判断せず素直に聞く
  • 対処法③:なぜミスをしてしまうのか先輩に相談をする
  • 対処法④:有給休暇を取って、身体を休める
  • 対処法⑤:優先順位を決める
  • 対処法⑥:睡眠の質をあげる
  • 対処法⑦:ミスを防ぐ仕組みを考える
  • 対処法⑧ 確認を必ずとる
  • 対処法⑨ 休憩を適度にとる
  • 対処法⑩ 使用している道具などを変える

対処法①:メモを取るクセをつける

仕事中はメモを取りましょう

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

初歩的な方法かもしれませんが意外とできてない人が多いのはメモを取ることです。教えて貰ったことはメモにとりましょう。そして大切なのが、このメモを家に帰ってからまとめ直すことです

教えて貰いながら書くメモは汚い字になりますし、後から見返しても分かりづらいと思います。少し面倒ですが、帰宅後に時間をとって取ったメモをノートに書き出してまとめましょう。この作業をすることによって自分の記憶が整理されて、教わったことが頭の中に入りやすくなります。

仕事を覚えられなくて困っている方には特におすすめなので、ぜひやってみて下さい。

対処法②:自分で判断せず素直に聞く

分からないことは素直に聞きましょう

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

たまに、「質問をしたら仕事が出来ない人だと思われるかも」と言う方がいますがそれは大きな間違いです。「分からなかったら質問する。」これが意外と出来ていない人が多いように思います。

質問と言うのはその人の力量が試されます。まず何も考えずに質問するのはよろしくありません。自分ならどうするか、いくつか選択肢を考えた上で、質問をしましょう。

自分の頭で考えた上で分からなかった点を聞けば教える側も手間が省けます。質問するのであれば関連で分からないことも一度に質問した方が相手の手間を取らずに済むかもしれませんね。

対処法③:なぜミスをしてしまうのか先輩に相談をする

同僚や先輩に相談してみましょう

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

もし度重なるミスに頭を抱えているのなら、一度同僚や先輩に相談してみましょう。もしかしたら、ミスをしすぎているというのはあなたの思い過ごしかもしれません。先輩が新人だったころの仕事の様子も聞けたらいいですね。

また、ミスをしてしまう内容を話し、どのような対策が考えられるか一緒に考えて貰いましょう。自分では思いつかなかったやり方やコツがあるかもしれません。体制自体に問題があるのなら、確認の段階を増やしたり、フォローする人数を増やすなど何か変化が起きるかもしれません。

対処法④:有給休暇を取って、身体を休める

有休を使って身体を休めましょう

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

働きづめだと感覚がマヒしてしまいますが、もしかしたらあなたに必要なのは休養かもしれません。疲れていると、頭が働かなくてミスをしやすくなってしまいます。しばらく有給を使っていないのなら、このタイミングで休みを取りましょう。

休みが取れたらぜひ、溜まった疲れを癒しましょう。自然に触れたり、温泉に入るのもいいですね。整体やマッサージを受けに行くのもいいかもしれません。

心身共にリフレッシュしたら頭もクリアになり、今まで悩んでいた仕事のことも一歩引いた角度から見ることが出来るかもしれません

対処法⑤:優先順位を決める

仕事に慣れてくると複数の作業を掛け持ちしたり、自分の作業をこなしながら後輩に指示しなければなりません。

複数の仕事を一気にやってしまおうとする人がいますが、急いだり焦るほど作業が手抜きになってしまったり、指示が中途半端になりミスに繋がります。

複数の仕事を抱えている場合、どれを優先すべきなのかを考え、決まったら一つずつしっかりとこなしていくようにしましょう。

また、2つ以上急ぎの仕事がある場合は他の人にお願いするのも一つの方法です。

対処法⑥:睡眠の質をあげる

仕事でミスをしないようにするためには、体調を万全な状態に整えることも大切です。

次の日も仕事であれば夜更かしをせず、十分な睡眠を取ることで日中のパフォーマンスを上げやすくなります

職場の人間関係などによるストレスで眠れなかったりする場合は、無理をせずに病院を受診するなどして対策をすることが大切です。

どうしても疲れが取れないという場合は上司に相談して、連休や長期休暇をとってみるのも一つの方法です。

対処法⑦:ミスを防ぐ仕組みを考える

「ミス=気の緩み」などと考えてしまう人がいますが、全くミスをしない人など絶対にいません。

根本的な原因が同じミスが続いている場合、ミスした人が悪いのではなくその作業の仕組みが悪い場合があります。

自分自身が同じ失敗を繰り返している場合も含め、ミスをミスで終わらせない仕組みを考えるようにしましょう。

人に言われたことをすぐに忘れてしまうのであれば、すぐにメモを取ったりスマホに登録しておくクセをつけたり、チェックミスが多いのであればチェック回数を増やしたり、誰か違う人に見てもらうなどの仕組みを作ってみましょう。

対処法⑧ 確認を必ずとる

仕事をする上で事前に確認する行為はとても大切であり、ミスを防ぐためには習慣づけた方がいいと言えます。
特に様々な人と接することが多い職場では、言った言わないのミスが起きやすいので注意が必要です。

また、お客様からの注文を受けたりする場合に関しては、その時の気分で答えていたりするお客様も多く、後になってやっぱり気が変わったなどと言われてしまう可能性もあります。

このようなミスを防ぐためにも確認行為は徹底しましょう。
他にも確認しやすいようにするのも一つの方法です。

口で伝達するだけではなく、大切な注文などに関しては専用の書面に記載してFAXしてもらうなどの対策を取ることで、証拠として残りやすくミスを防げます。

対処法⑨休憩を適度にとる

限られた時間内に終わらせないといけないので、なんとなく仕事を長々と続けている方がいますが、これは逆効果です。

どんなに優れた能力のある人間でも、長時間にわたり全く集中力を切らさずに作業を続けるのは難しいと言えます。
また、ダラダラとつづけるよりは、休憩を取ってメリハリを付けたほうが効率も良くなります。

常に仕事をするのではなく、適度に休憩を入れて集中力を持続できるようにしましょう。
身体を動かす仕事の場合などは、ただ休憩するだけでなく軽い食事を取るなどの対策も大切です。

対処法⑩使用している道具などを変える

現場などで作業を行う技術職に多いのが、使用している機械や道具に問題がある場合です。

中には「道具を最後まで丁寧に使え」と教えられ、完全に新しい物に変えるタイミングを過ぎているのに、無理して使い続けている場合があります。

こだわりがあって使用しているのなら良いのですが、ただ何も考えずに使い続けているのであれば、道具などが原因でミスが増えている可能性があります。

何でも新しいものにすぐ変えたら良いわけではありませんが、使用している道具に対する意識を変えてみることでミスが減るかもしれません。

また、いつも使用しているものとは違うタイプのものに変えてみることで、新しい発見があったりして今まで以上に仕事の効率を上げられる可能性もあります。

仕事でミスが多くて落ち込んだときの対処法

仕事でミスが多くて落ち込んだときの対処法
ここでは、仕事でミスを頻発して落ち込んでしまった時の対処法を解説します。どれもすぐにできる対処法のため、ぜひ一度チャレンジしてみましょう。

不安な時の対処法

深く深呼吸
ミスの原因を探る周囲の人に適切な対応を取る

 

 

対処法①深く呼吸をしてみる

ミスをしたり仕事で焦っているときは自然と呼吸が浅くなっています。呼吸が浅くなると 脳に十分な酸素が行き渡らず、よりミスをしてしまう可能性が高まります。

そのため、ミスをしてパニックになりそうになった時はその場で深く呼吸をしましょう。お腹の底から大きく吸って、口から細く長く吐き出します。そうすることで体中に十分な酸素が回り落ち着いてきます。

対処法②ミスの原因を探る

ミスをした場合は、そのままにするのではなく必ず原因を究明しましょう。ミスをしてしまうということは、何らかの原因が隠れています。その原因をはっきりとさせることで対策ができ、次は失敗しないようになります。

例えば、入荷した荷物の検品をひとつ飛ばしてしまったという場合は、検品をする順番を自分で決めておきます。リストの上から順番に行うのでもいいですし、目の前にあるものを左から順番に検品するのでも構いません。

自分の中で確実なルールを決めておくとミスを減らすことができます。このように、ミスの原因を究明し、対処法を必ず見つけておきましょう。自分でミスの原因がわからなかったりどうすればいいかわからない場合は、上司や同僚にアドバイスをもらうことも良いでしょう。

対処法③周囲の人に適切な対応をとる

仕事でミスをすると、周りの人にも迷惑をかけることになります。そのため、ミスをしてしまったらまずは周囲に謝罪しましょう。また、ミスをしてフォローしてくれた人がいれば「助かりました」と声をかけることも大切です。

職場での人間関係は業務を円滑に進める上で非常に大切なポイントです。普段から良好な人間関係を築いておくことで、ミスをした時にフォローしてくれたり、アドバイスをくれる人が現れます。

そのため、ミスをしてしまった時は素直に謝ったり、助けてもらった時は「ありがとう」と感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

仕事で絶対にしてはいけないミス

仕事で絶対にしてはいけないミス

ミスと言っても様々で、軽いものからお客様に迷惑をかける大きなことなどがあります。

そんなミスの中で絶対にやっては行けないのが「失敗を隠したりごまかそうとするミス」です。

同じ失敗を繰り返したり、何度も1日にミスをしてしまうと怒られると考えて隠そうとしたりごまかそうとする人がいます。

ミスを隠したりすると更にややこしくなり場合によっては、会社全体を巻き込むようなことにもなりかねません。

ミスをしてしまった場合などは隠さずに伝えるようにしましょう。

事故につながるミス

ミスの中でも労災などにつながるミスは絶対に起こしてはいけません。例えば、フォークリフトに乗って後方確認をしないままバックした時に人をひいてしまっては、ミスとは言えない事故につながります。
このように、人の生命を脅かすようなミスは絶対にやめましょう。

嘘や偽装をして信用を失うようなミス

ミスをした後に嘘をついたり偽装してごまかすことも厳禁です。ミスをした上で嘘をつくと、同僚や上司からの信用を失います。

仕事において信頼関係は大切なポイントですので、信用を失ってしまうとその後の業務に支障をきたします。ミスをしてしまった時は、素直にお詫びをしたりフォローを求めましょう。偽装することですぐに改善できるはずだったのに、かえって深刻な状況になるということもあります。

仕事でミスが多くて辞めたい?なら転職しよう!

仕事でミスが多くて辞めたい?なら転職しよう!

退職希望のBさんBさん

ミスが多すぎて嫌になる。いっそのこと転職しようかな!

仕事でのミスが続くと日に日に自信を無くしていき、仕事に行くのが嫌になってしまいますよね。全ての業務が苦手なわけではないのに自分の短所にばかり目が行って、自分の良いところは何もないと感じてしまうかもしれません。

心がズタボロになってしまう前に、転職を考えてみるのはいかがですか自分の持ち味が活かせない職場なのなら、職場を変えるのはとても有効な手です

仕事でミスが多いなら転職した方が良い理由
  • 短所より長所を活かせる仕事の方がミスは減る
  • 天職に就くためにはより多くの経験が必要
  • 転職で適職に就くことが人生そのものを幸福にする

短所より長所を活かせる仕事の方がミスは減る

あなたの長所はなんでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

誰にでも長所と短所があります。それなのに、大体の人は短所は答えられるのに長所や得意なことは答えられないのはなぜでしょうか。もしかしたら会社で注意はされるものの、良いところをほめてもらう文化がないのかもしれません。

自分の長所がわからない人は、今まで誰かに褒められたことを思い出しましょう自分の得意なことや長所は、自分にとっては自然と出来ることなので無自覚であったりします。周りに比べて、自分は少しの努力でそれが出来る。ということがあるのならそれはあなたの長所であり得意なことかもしれません

言うまでもないですが、職場を選ぶのなら自分の長所を活かせる職場に就く方がいいです。もし職場を変えられないなら部署を移動してもらう手もあります。自分らしく、良さを活かせると仕事は楽しいものになると思うのでぜひ自分の長所を再確認しましょう。

天職に就くためにはより多くの経験が必要

初めて就いた仕事が自分の天職であればとてもラッキーですが、大抵の人はそうではありません。

アメリカの鉄鋼王で知られるカーネギーは生涯の中で幾度も転職をしたことで有名です。転職を繰り返しながらも出世していった背景には、与えられた仕事に全力で取り組み、自分ならではの工夫や考えを凝らして働く努力があったようです。

今の仕事で出来る限りの努力をすれば貴重な経験が得られます。仕事を移るごとにその経験は増えていくので、自分に合った天職を見つけやすくなるでしょう

その仕事ごとに人に話せるような経験や知見を得たのであれば、必ずしも転職にネガティブな印象を持たなくてもよいでしょう。

転職で適職に就くことが人生そのものを幸福にする

少なくとも一日の1/3は仕事に費やします。その仕事が自分に合っている仕事であるのとないのとではQOL(Quolity of life)が随分と違ってきます

嫌な仕事をしていると、仕事で受けたストレスを発散することにお金を使い、貯金が全くできなかったり、ストレスを家族に当ててしまったりとプライベートも充実しないことに繋がりやすいです。

その反対に、本当に自分に合った適職に就いてる人に話を聞くと「仕事がないときでも仕事のことを考えるくらい仕事自体が好き」という方もいます。休みの日でも自然と考えてしまう位仕事のことが好きというのは信じられないかもしれませんが実際に仕事で成果を出しながら楽しく働いてる人には良くあることのようです。諦めずに自分に合った仕事を探し続けましょう。

ミスが多くて仕事を辞めるべきか見極める時の判断基準

ミスが多くて仕事を辞めるべきか見極める時の判断基準

退職希望のBさんBさん

仕事を辞めたいけど判断基準がわからない。。
辞めるべきか迷ったら5つの判断基準をチェックしよう!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

「頑張れる限りは頑張ろう!」とギリギリまで頑張ってしまうと、ある日突然もうダメ、と限界に来てしまうかもしれません。突然会社に行けなくなる前に、事前に以下の判断基準に当てはまったら退職の準備をするなどして下さいね。

ミスが多くて仕事を辞めるべきか見極める時の判断基準
  • 判断基準①体調を崩すなら辞めるべき
  • 判断基準②会社の教育体制が悪くないか
  • 判断基準③自分に悪いところはないか
  • 判断基準④仕事があってないと感じるなら辞めるべき
  • 判断基準⑤職場に自分の居場所があるか

判断基準①体調を崩すなら辞めるべき

体調不良を感じたら赤信号です!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

一番分かりやすいのが体に出ているサインです。夜寝付けない。食欲がない。出社前にお腹が痛くなる。休みの日にはそこまでじゃないのに、仕事の日に特にひどくなるのであればかなりの危険サインです。

病院に行っても原因がわからず、ストレスと言われたのであれば自分の中でストレスの原因を探しましょう。仕事がストレスだなと目星がついているのなら長期で休みをとるか、転職するのがいいかもしれません。

ストレスが体調に表れると、そのうちメンタルにも弊害が出てきます。うつ病になってからだと直すのに最低でも3カ月は要します。酷くなる前に自分で身体からのサインに気付いてあげましょう。早めに気づき、ストレスの大元から自分を離してあげれば大事には至らない事と思います。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

判断基準②会社の教育体制が悪くないか

自分の仕事にミスが多くて悩んでいる原因は、もしかしたら会社の教育体制の悪さによるものではありませんか?

会社によって教育体制は様々ですが、酷いところだと教える人によって言うことが違うなど、覚えたくても覚えられない教育体制もあります。マニュアルがあれば何度も見返して覚えやすいかもしれませんが、マニュアルは形骸化してしまっている会社も多いと聞きます。

やる気のある人ほど「しっかり覚えたい。」でもマニュアルも形上で、上司に聞いても人によって違う事を言われてしまうと、何が正しいのか分からなくていちちいち仕事中に頭を悩ませなければいけません。労力の無駄ですよね。

せっかくやる気を注ぐのなら教育体制がしっかり整っている会社で行いましょう

判断基準③:自分に悪いところはないか 

ミスを繰り返してしまう原因として職場の環境や上司の指示が悪いといったものがあります。

原因に気づいており、ミーティングなどで提案するなどしても改善しない場合は会社を辞めて、転職を考えるべきです。

一方で辞めたくないし自分にミスの責任がないという場合は別の上司に相談してみたり、異動に関する相談をしてみるのも一つの方法です。

判断基準④仕事があってないと感じるなら辞めるべき

人はYESの感覚よりもNOの感覚の方が分かりやすいのだそうです。「これがいいかな?あっちがいいかな?」と、迷いやすいのに対して「これは嫌だな」と、NOの意見ははっきりと聞こえるのだそうです。

「この仕事は合ってないな」はNOという声です。せっかく心の声がNOと言っていても、頭で思考を巡らせて「でも、、」とあーだこーだ考えてしまうとNOをYESに無理やり捻じ曲げてしまいかねません。

「仕事が自分に合ってない」というNOを感じたらそれをそのまま掬い取ってあげましょう。心の声はどれだけ上から抑えつけてもいつかはあふれ出します。心身に不調が出るまで蓋をしておくよりも、早めに気づいて行動に移してあげましょう。

判断基準⑤職場に自分の居場所があるか

仕事上のミスには、やっていいミスとやってはいけないミスがあります。

一生懸命やった結果、今までにないことが起こりミスしたりした場合には仕方がなく、次に活かすしかありません。

一方で、何度も今まで起きているミスを繰り返すような内容のミスはやってはいけません。

最初のうちは上司や先輩が助けてくれたりしていても、後者のようなミスを繰り返していると、次第に周りからも白い目で見られるようになります。

今の職場で全く相手にされず、自分の居場所が完全になくなっているといった場合には転職した方がいいでしょう。

ミスが続いて辞めたい気持ちが限界になった時の2つの対処法

ミスが続いて辞めたい気持ちが限界になった時の2つの対処法

退職希望のAさんAさん

辞めたい気持ちが限界!どうすればいいの!?

退職希望のBさんBさん

もう、この仕事辞めたい、、

辞めたい気持ちがピークまで来たら、どんなアクションを起こせばいいでしょうか?取れる手は二つあります。

ミスが続いて辞めたい気持ちが限界になった時の2つの対処法
  • 対処法①上司に部署異動をお願いする
  • 対処法②自分に合う仕事に転職する

辞めたい気持ちを紛らわすために出来ることはたくさんありますが、根本的なところを解決しないとストレスはなくなりません。上の二つは少し腰が重いと思いますが、遂行すればとてもあなたの人生の風向きを変えることができるアクションです。

対処法①上司に部署異動をお願いする

違う部署に異動してもらえないか打診しましょう!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

もし、いくつも部署があるような会社なのであれば、部署の移動を申し出てみましょう。

「営業の部署に配属されてから自分が営業が苦手と気付いた、、」「経理では細かいミスを連発してしまう、、」など、自分の得手不得手が経験を通して分かることもあると思います。上司に他の部署に異動したいと話せば、対応してもらえるかもしれません。

その際は自分の苦手なことを伝えるよりかは、力を発揮できる得意なことも併せて上司に話をするのがいいでしょう。移動してもらえば、もっと力になれるはずです!とアピール出来れば希望の部署に移動しやすくなります。

あなたが今の業務に嫌気がさして離職してしまうよりは、部署異動してでも働いてくれたほうが会社としても利があるでしょう。

対処法②自分に合う仕事に転職する

あなたに合う仕事に転職しましょう!

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

今の会社では思うように仕事が出来ないのなら、思い切って転職をしましょう。その際重要なのは、自分はどんな人間なのか、得意不得意は何なのかを徹底的に分析することです。

仕事を辞めてからまた、ふわふわしたまま次の仕事を探しても同じような結果になってしまったら目も当てられませんし、転職を繰り返すあなたの時間ももったいないです。

転職の成功率をあげるために、自己分析をしっかりと行いましょう。ストレングスファインダーという本で自己分析をするのでもいいですし、転職アドバイザーの力を借りて自分の適職を一緒に探してもらうのもいいかもしれません。

ミスばかりで辞めにくい場合は「退職代行」がおすすめ

ミスばかりで辞めにくい場合は「退職代行」がおすすめ

ミスを繰り返している場合、上司から怒られ続け退職を言いにくかったり「ただ逃げてるだけだ」と聞き入れてくれなかったりする場合があります。

このような場合は「退職代行」がおすすめです。

専門のスタッフがあなたに代わり退職の手続きや交渉を全て行ってくれるので、上司と話したり出勤する必要は一切ありません。

今回は、退職代行サービス「OITOMA」を例に利用の流れを説明していきます。

退職代行を利用して仕事を辞めるまでの流れ

退職代行を利用する場合の流れは以下の通りです。

STEP.1
メールや電話、LINEで相談してみる
退職したいと感じた場合、まずはOITOMAに相談してみます。
その上で希望通り辞められるとなった場合は個人情報や会社の情報を伝えていきます。
STEP.2
料金を振り込む
依頼が決定したら料金をクレジット払いか振込で支払います。
料金は雇用形態など関係なく一律24,000円となっており、追加で料金が発生することはありません。
STEP.3
専門のスタッフによる退職の手続き
料金を支払ったあとは特になりもする必要はなく、途中経過などはメールや電話で知ることができます。
STEP.4
貸与物と退職届を郵送で送り、退職完了!
交渉が済んだら制服などと一緒に退職届を郵送で送ります。退職に関する書類は会社から郵送で届きます。

このように退職代行を利用すれば、精神的な負担などを負わずに最短で辞めることが可能です。

退職代行を利用する3つの注意点

退職代行を利用する3つの注意点
ここでは退職代行を利用する際の注意点を3つ紹介します。注意点を守ることで自分に適した退職代行サービスを見つけることができます。

  • 民間の運営会社は注意が必要
  • 同業他社への転職を希望する場合は注意
  • 費用見積りを出してもらう

注意点①民間の運営会社は注意が必要

退職代行の運営元は「民間企業」「労働組合」「弁護士」の3つに分かれます。民間企業の場合は弁護士がついていないため、格安でサービスを受けられるものが多くあります。

しかし、弁護士がついていないとトラブルになった時や交渉事に対応できないため、退職代行の本来の力を発揮できない可能性があります。また、悪質な業者も多くあるため注意が必要です。

3万円ぐらいの高額な料金を支払ったにもかかわらず、実際に退職の意思を伝えてくれなかったり、音信不通になったりするケースもみられます。そのため、民間企業よりも労働組合や弁護士の退職代行に依頼するほうが安心です。

しかし、費用の関係で民間の運営会社に依頼するときは、口コミやサービス利用の流れをよく確認して利用しましょう。

注意点②同業他社への転職の場合は不利になる可能性も

退職した後に同じ業界で再び仕事をしたい方は注意が必要です。転職代行は徐々に広がりを見せるサービスですが、地方や一部の職種では未だに「退職代行を使う奴はとんでもない」という認識があります。

そのため、業界が狭い場合や地方で働く場合は、次の職場で「あの人は退職代行を使って退職したんだって」と噂される可能性があると認識しておきましょう。

注意点③費用は事前に見積りを出してもらおう

退職代行は運営元によって費用が異なります。特に弁護士に依頼する場合は、書類作成や訴訟の対応などで追加料金がかかります。

中には気がついたら莫大な金額になっていたというケースもあります。そのため、事前に自分の求めるサービスを伝えて費用を見積もってもらいましょう。

退職代行はとても便利なサービスですが費用のかかる点がデメリットです。自分の支払い可能な範囲でサービスを利用するようにしましょう。

退職代行を利用する場合のよくある質問

退職代行を利用する場合のよくある質問のイメージ

退職代行サービスを利用したくても、初めてで不安を感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

ここでは退職代行サービスに関するよくある質問について解説していきます。

  • 退職代行の利用が周りにバレてしまうことはある?
  • 会社と揉めた場合は追加料金が必要?
  • 会社の就業規定があっても大丈夫?
  • 即日で辞められる?

これらの各質問についてわかりやすく解説していきます。

退職代行の利用が周りにバレてしまうことはある?

退職代行サービスを利用すると、あなたの代わりに全ての退職業務や交渉を専門のスタッフが行ってくれるため親などに確認の電話などが入ることは基本的にありません。

事前にお願いすることで、親族などにも連絡を入れないでほしいとスタッフから会社へ伝えてくれます。

ただし、中には約束を守らず電話する会社もあるので100%ないとは言えません。

また、同じ職場のスタッフなどには上司などから話が流れてしまい知られてしまう可能性はあります。

転職先などに利用がバレることはほぼ間違いなくないのですが、前にいた会社と取引があるような会社であれば、情報が伝わってしまうといったリスクはあります。

会社と揉めた場合は追加料金が必要?

退職代行サービスを利用する方のほとんどは、退職の意思を伝えても相手にされなかったり引き止められて困っている人がほとんどです。

中にはブラック企業であったりブラックな職場の場合もあり、退職代行のスタッフでも条件交渉などで揉めたりすることはあります。

もしもスムーズに辞められなかった場合に追加料金が発生するのでは、と考えられがちですが基本的に追加料金はありません。

もちろん業者によって変わるので事前に確認が必要ですが、ほとんどの業者は追加料金を設定していません。

どうしても未払いの残業代やそれ以外で揉めていて不安だという方は、事前に無料相談で話してみるといいでしょう。

会社の就業規定があっても大丈夫?

会社によっては、就業規則の中に退職までの期間が定められている場合があります。

「退社する3ヶ月前までには申し出ること」といった内容の場合、即日退職などは無理だと考えられがちですが、そうではありません。

就業規則には基本的に法的拘束力はなく、あくまでも法律が優先となります。

民法627条では、退職日の2周間前までにその意思を伝えれば契約を解除できると定められているため、問題ありません。

ただし、雇用期間に定めがある場合は注意が必要です。

また、就業規則がある場合、引き止められたり怒られたりする可能性が高く、そのような場合は退職代行サービスに任せることで負担なく退職できます。

即日で辞められる?

退職代行サービスのホームページなどを見ると即日退職可能といった記載があります。

即日退職は一定の条件を満たすことで可能です。

それが民法628条で定められている「やむを得ない事情」で、従業員本人やその家族が病気などにより通常勤務が難しい場合や職場でパワハラなどの問題があったことが原因で退職するとなった場合に限り即日契約解除ができます。

これに該当しない場合、上記で説明した通り最短で2週間での退職となりますが、この場合に関しても有給を消化したり欠勤扱いにすることで実質依頼日から出勤ゼロで辞めることができます。

まずは、退職代行業者の無料相談にて状況を説明してみると更に明確に知ることが可能です。

仕事でミスが多いから辞めたい!仕事ができない人の特徴や原因、対処法を徹底解説まとめ

仕事でミスが多いから辞めたい!仕事ができない人の特徴や原因、対処法を徹底解説まとめ

いかがでしたでしょうか。今もしあなたが「自分は仕事が出来なくてダメな人間だ」と思ってしまっているのならどうか落ち込まないでください。人は咲く場所を間違えなければ絶対に花開けるときが来ます。

今の場所はあなたに合っていないだけかもしれません。今までの環境が、あなたの自信を失わせたのだとしても、諦めないでください。繰り返す転職は見た目にいいことではないかもしれませんが、いつかあなたの力を発揮できる仕事に出会えた時、やっと自信を取り戻すことが出来るかもしれません

時に誰かのフォローや手助けが必要な方もいるかもしれませんが、得手不得手は誰しもが持っていることなので、お互いさまで助け合える風潮が世の中にもっと増えたら、働きやすいと感じる方も増えるかもしれませんね。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)
Let's share this post!
\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる