いい会社だけど辞めたいのはなぜ?辞めたい理由と検討すべき内容について解説

いい会社だけど辞めたいのはなぜ?辞めたい理由と検討すべき内容について解説

退職希望のBさんBさん

いい会社だけど辞めたい!

退職希望のAさんAさん

そろそろ別の会社で働きたいなー。

どんなにいい会社でも隣の芝が青く見えて辞めたくなることってありますよね。

単調な仕事ばかりで成長を感じられず、「このままでいいのだろうか…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、退職を考えている方のために「いい会社だけど辞めたくなる理由」や「辞めたいと感じた時の対処方法」をご紹介します。

上司に言い出せない方でも“スパッと退職”できる方法もご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • いい会社だけど辞めたくなる理由3選
  • いい会社だけど辞めたいと感じた時の対処方法
  • いい会社を辞める際に検討すべき内容

相談料無料!

目次

いい会社とはどんな企業なのか?

いい会社とはどんな企業なのか?

退職希望のBさんBさん

そもそもいい会社って?

退職を考えている方のなかには、「自分のいる会社って本当にいい会社なんだろうか?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

いい会社の特徴として、以下が挙げられます。

  • 給料が高い
  • 残業が少ない
  • 福利厚生が充実している

上記すべてに該当するのであれば、「あなたはいい会社で働いている」といってよいでしょう。

会社の在り方と時代背景について

退職希望のAさんAさん

私が勤務してるようなホワイト企業って多いのかな?

残業の観点から見ると「ホワイト企業は増えている」と言えます。
2019年に働き方改革関連法が施行され、”全体の労働時間が減少”しているからです。

以下は、厚生労働省の「年間早実労働時間の推移データ」です。

 

年間総実労働時間の推移

出典:厚生労働省「総実労働時間の推移」

見てのとおり、労働時間は時間の経過とともに減少しています。
残業の観点から見ると、ホワイト企業は多くなったと言ってよいでしょう。

しかしながら、「新卒3年以内の離職率は増加傾向にある」という事実もあります。
以下は旺文社教育情報センターの推移データです。

新規大卒就職者の3年以内離職率の推移

出典:旺文社教育情報センター「新規大卒就職者の離職率」

見てのとおり、新卒3年以内の離職率は増加傾向にあります。
つまり、「残業は減っているのに離職率は増えている」ということ。

ホワイト企業で辞めたいという人は増えているのかもしれません。

いい会社だけど辞めたくなる理由3選

いい会社だけど辞めたくなる理由3選

いい会社だけど辞めたいと思っている方のなかには、「どうして辞めたいのんだろう?」と疑問を感じている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

辞めたくなる理由を見てみましょう。
いい会社だけど辞めたくなる理由3選
  • いい会社だけど辞めたい理由①生ぬるい雰囲気
  • いい会社だけど辞めたい理由②成長が実感出来ない
  • いい会社だけど辞めたい理由③スキルが身につかない

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

いい会社だけど辞めたい理由①生ぬるい雰囲気

いい会社だけど辞めたい理由の1つに、生ぬるい雰囲気があります。

たとえば、生ぬるい職場の例は以下です。

  • 社員のやる気がない
  • 業務内容がずっと同じ
  • 全体的に緊張感がない

バリバリ働きたい人にとって、生ぬるい職場はむしろマイナスです。

やる気のない社員ばかりで緊張感のない職場の場合、仕事のやりがいを感じられず辞めたくなる人もいるでしょう。

退職希望のBさんBさん

やる気のない社員ばかりで話が合わない!

いい会社だけど辞めたい理由②成長が実感出来ない

いい会社だけど辞めたい理由の1つに、成長が実感できないがあります。

成長を感じられない職場にいると、「無能な人材のままで本当に大丈夫なのだろうか?」と不安になるものです。

優秀な人材になりたいと懇願している人にとって、成長できない環境はつらいでしょう。
ちなみに、成長しづらい会社には、以下のような特徴があります。

  • 尊敬できる優秀な上司がいない
  • 似たような仕事しか任せてもらえない
  • 部署異動がしづらい

退職希望のAさんAさん

これじゃあやりがいを感じられない!

いい会社だけど辞めたい理由③スキルが身につかない

いい会社だけど辞めたい理由の1つに、スキルが身につかないがあります。
スキルが身につかないと「人材としての価値が上がらない」ので、早めに転職してしまおうと考える人もいるでしょう。

ちなみに、スキルにならない仕事の中には、以下のような特徴があります。

  • バイトでもできるような単純作業
  • IT技術を導入していないアナログな仕事
  • マネジメントスキル・対人スキルが身につかない仕事

誰でもできるような業務内容しかさせてもらえない場合、人材としての価値が上がりません。

いざという転職時に「君のような人材がほしかった」といってもらえるためには、スキル向上できる職場で働きたいものです。

退職希望のBさんBさん

無能な社員になりたくない!

いい会社だけど辞めたいと感じた時の対処方法

いい会社だけど辞めたいと感じた時の対処方法

いい会社だけど辞めたいと思っている方のなかには、「これからどうすべきなんだろう?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

辞めたいと感じた時の対処方法を見てみましょう。
いい会社だけど辞めたいと感じた時の対処方法
  • 対処方法①部署の異動をして業務内容を変えてみる
  • 対処方法②休職や有給休暇を取得して冷静になってみる
  • 対処方法③会社を辞めて違う環境へ行く

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

対処方法①部署の異動をして業務内容を変えてみる

いい会社だけど辞めたいと感じた時の対処方法の1つに、部署異動があります。
部署を異動すれば業務内容が変わるので、辞めたい気持ちがうすまるかもしれません。

心機一転したい方は部署異動してみましょう。
ちなみに、部署異動のメリットは以下です。

  • マンネリから脱却できる
  • 新しい人間関係から刺激をもらえる
  • スキルアップにつながる

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

行き詰まりを感じたら部署異動してみましょう。

対処方法②休職や有給休暇を取得して冷静になってみる

いい会社だけど辞めたいと感じた時の対処方法の1つに、休みの取得があります。
疲れや忙しさで冷静さを失っている場合、思い切って休みをとってみましょう。

休職や有給休暇を活用すればまとまった休みを取得でき、気分もリフレッシュします。
リフレッシュすれば冷静さを取り戻せるので、正しい判断ができるはずです。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

頭を冷やすための休みも必要です。

対処方法③会社を辞めて違う環境へ行く

いい会社だけど辞めたいと感じた時の対処方法の1つに、会社を辞めるがあります。
自分の違和感を信じてズバッと辞めてしまうのもありでしょう。

退職には以下のようなメリットがあります。

  • 転職活動の時間を確保できる
  • 資格取得など自分磨きに時間を費やせる
  • 心から休みを満喫できる

退職すれば転職活動やプライベートにたっぷり時間をさくことができます。
時間を確保したい方は前向きに転職を検討してみてください。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職すれば、自由な時間が一気に増えます。

辞めたいと言いにくい場合は退職代行を使うのも一つの手

辞めたいと言いにくい場合は退職代行を使うのも一つの手

退職希望のAさんAさん

退職したいけど、上司に言いにくいなー。

退職しようとしている方のなかには、退職を言い出せず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

上司に言い出せずモジモジしている方には、退職代行の利用がおすすめです。
退職代行を使えば、あなたが上司に伝える必要はありません。

業者が代わりに連絡してくれるので、ストレスフリーに退職できます。
気になる退職代行のメリットは以下です。

退職代行のメリット
  1. 追加料金が一切かからない
  2. 即日退職にも対応している
  3. 有給消化の意向も伝えてもらえる
  4. 全て手続きは丸投げでOK
  5. 業界最安値で低価格で依頼できる

退職代行のイチバンのメリットは丸投げできることです。

退職の申し出を肩代わりしてくれるのはもちろん、退職日や有給休暇の交渉も行ってくれます。
即日退職にも対応しているので、イチ早く辞めたい方にもおすすめです。

いい会社を辞める際に検討すべき内容

いい会社を辞める際に検討すべき内容

いい会社だけど辞めたいと思っている方のなかには、「辞める場合のデメリットには何があるのだろう?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

辞める際に検討すべき内容を見てみましょう。
いい会社を辞める際に検討すべき内容
  • 検討内容①仕事の量が増える可能性
  • 検討内容②残業時間の増加
  • 検討内容③福利厚生やボーナス額の減少
  • 検討内容④社会的信用の低下
  • 検討内容⑤職場環境の悪化

相談料無料!

それぞれ、紹介します。

検討内容①仕事の量が増える可能性

いい会社を辞める際に検討すべき内容の1つに、業務量の増加があります。
業務量が増加すると今よりも忙しくなるので、注意が必要です。

多忙になると、以下のようなデメリットがあります。

  • 家族との時間がとれない
  • パートナーや友人との時間がとれない
  • 趣味の時間がとれない

業務量が増えれば成長できますが、その反面、プライベートの時間は減ります。

仕事とプライベートのバランスが崩れる可能性はあるので、覚悟しておきましょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

プライベートの時間が減るかもしれません。

検討内容②残業時間の増加

いい会社を辞める際に検討すべき内容の1つに、残業時間の増加があります。
会社によっては残業時間が増加し”帰りが遅くなる”可能性があるので、注意が必要です。

早めに帰りたい場合、転職時の会社選びは慎重に行いましょう。

ちなみに、残業が少ない会社には以下の特徴があります。

  • みなし残業制度がない
  • きちんと「平均残業時間」の記載がある
  • BtoB事業でシェアが高い

残業が少ない会社に就きたい場合、上記をチェックしましょう。

みなし残業制度とは「賃金に一定の残業代が含まれる制度」のことですが、これがあるということは”残業せざるを得ない”業務内容の可能性が高いです。

そもそも残業がまったくないのであれば、みなし残業制度を設ける必要はありません。
残業をしたくない方は、みなし残業制度がない会社を選びましょう。

また、BtoB事業は残業時間が少ない傾向にあるのでおすすめ
企業向けということで、営業時間外にやり取りをするケースが少ないからです。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

残業したくない方は企業選びを入念にしましょう。

検討内容③福利厚生やボーナス額の減少

いい会社を辞める際に検討すべき内容の1つに、福利厚生の悪化があります。
転職先で新鮮な仕事ができたとしても、福利厚生の条件が悪くなる可能性があるので注意が必要です。

福利厚生が悪化して残念に感じるパターンとして、以下のような例があります。

  • フレックスタイム制度がない
  • セミナーや研修費の負担がない
  • カフェスペースがない

転職しても「前の会社のほうがよかったなー」と思う点はでてくるでしょう。

何が割り切れて何が割り切れないかは、転職前に整理しておくのがおすすめです。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

重視すべき福利厚生は何か?を考えましょう。

検討内容④社会的信用の低下

いい会社を辞める際に検討すべき内容の1つに、社会的信用の低下があります。
大企業から中小企業に転職する場合、一定の信用が落ちてしおまうことは覚悟しておきましょう。

肩書を伝える際、だれもが知っているような大企業であれば信用を得られますが、聞いたことがない企業は信用を得られません。

また、大きな肩書は”モテ要素”でもあるので、異性から注目されずらくなる可能性もあります。
転職は肩書を左右するため、今後の信用やモテ具体に大きくかかわってくるので注意が必要です。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

転職すると社会的信用度も変わります。

検討内容⑤職場環境の悪化

いい会社を辞める際に検討すべき内容の1つに、職場環境の悪化があります。
転職先の会社によっては、「前の会社のほうがよかったかも」と後悔してしまうかもしれません。

職場環境の悪化の例として、以下のようなものがあります。

  • パワハラやセクハラが横行している
  • 社員との波長が合わない
  • 長時間労働がふつう

上記のような不安を避けるためにも、会社選びは慎重に行いましょう。

ちなみに、事前に職場環境を知るためには、会社の口コミを見て「社員のホンネをリサーチ」するのがおすすめです。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

口コミを見て社内の雰囲気をリサーチしてみよう。

【まとめ】いい会社だけど辞めたいのはなぜ?辞めたい理由と検討すべき内容について解説

【まとめ】いい会社だけど辞めたいのはなぜ?辞めたい理由と検討すべき内容について解説

いかがでしたか?
退職を考えている方のために「いい会社だけど辞めたくなる理由」や「辞めたいと感じた時の対処方法」をご紹介しました。

それでは今回のまとめです。

【まとめ】いい会社だけど辞めたいのはなぜ?辞めたい理由と検討すべき内容について解説
  • いい会社だけど辞めたくなるのは「生ぬるい雰囲気」「成長を実感できない」が理由かも!
  • いい会社だけど辞めたくなった時は「部署異動」「休職や有給休暇」で対処しよう!
  • 転職する場合、妥協できる点をしっかりと整理しておこう!

相談料無料!

「辞めたいけど上司に言い出せない…」という方には退職代行がおすすめです。
業者があなたの代わりに連絡してくれるので、退職理由に悩む必要はありません。

退職日や有給休暇の交渉もしてもらえるので、本当にストレスフリーに退職可能です。
今の会社とオサラバし、新しい仕事生活を謳歌したい方はぜひ退職代行を検討してみてください。

Let's share this post!
\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる