看護師は退職代行で即日退職できる!退職代行を利用するメリット・デメリットを解説

看護師は退職代行で即日退職できる!退職代行を利用するメリット・デメリットを解説

看護師は命の現場で働く責任の重い仕事です。だからこそ簡単に「辞めるわけにはいかない」「辞められない」と、追い詰められながら働いている人も多いでしょう。

しかし看護師も一般企業で働いているサラリーマン達と同じ人間です。働き過ぎると限界がきますし、職場の人間関係が悪くて悩むこともあります。

看護師でもそんなツライ状況から抜け出すために、退職代行を利用して退職しても問題ありません。退職代行を利用するメリットやデメリットを理解して、退職を確実に成功させましょう。

翌日から会社に行かなくてOK!一律24,000円で
早く・簡単に・確実に退職

目次

【結論】看護師は退職代行サービスを利用できます

【結論】看護師は退職代行サービスを利用できます

退職希望のAさんAさん

病院って一般企業じゃないから退職代行を使えない?

退職代行というと一般企業に勤めている人が利用するイメージが強いと思いますが、看護師など医療機関に勤めている人も利用できます。民法627条には「退職の申し出をしてから2週間経過後に退職できる」と明示されており、これは一般企業だけでなく医療機関にも認められています。

なかには「退職代行を使って退職すること自体は違法ではないの?」と疑問に思う人もいるかと思います。しかし法律では退職を申し出る方法について「本人が直接」申し出ないといけないとは定めていません。つまり退職代行を利用して退職を申し出ても全く問題ないということになります。

「辞めたいけど上司に伝えづらい」など退職で悩んでいる看護師の人は、安心して退職代行サービスを利用しましょう。

看護師で病院奨学金制度を利用している場合の退職代行

看護師で病院奨学金制度を利用している場合の退職代行
看護師と一般企業のサラリーマンの違うところは「お礼奉公」でしょう。「お礼奉公」とは病院が奨学金を負担するかわりに、看護師資格を取得したらその病院で勤務することを看護学生と約束することです。

またお礼奉公では病院と看護学生との間にさまざまな約束があります。

病院と看護学生の約束例
  • 看護師資格を取得したあと、その病院で〇年間働くこと
  • お礼奉公の期間内に退職する場合は奨学金をすぐに返還すること
  • お礼奉公の期間内に退職する場合は違約金を支払うこと
  • 約束の期間働いたら、奨学金の返済は不要になること

お礼奉公の期間は3年間が一般的ですが、契約内容などはその病院ごとに異なります。

病院奨学金制度の返済期間内の場合

退職希望のAさんAさん

奨学金をすぐに全額返還するように言われた

退職希望のBさんBさん

違約金を支払わなくてはいけない

病院奨学金制度の返済期間内の場合に本人が退職を申し出ると、病院側から上記のようなことを言われる可能性があります。しかも最近では奨学金を返せずに「奨学金破産」してしまうようなことも耳にすることでしょう。そのため辞めたくてもなかなか言い出せないという人も少なくないはずです。

しかし労働基準法第14条では「労働契約は3年を超える期間について契約してはいけない」と定められており、3年以上の労働契約は無効になります。

また労働基準法第16条では「労働契約の不履行について、違約金の定めや損害賠償額を予定する契約をしてはいけない」と明示されているので、もし退職時に違約金を求められても支払う必要はありません。

つまり民法第627条と合わせると、病院奨学金制度の返済期間内であっても問題なく退職できるのです。退職代行を利用すれば違約金や損害賠償請求をしないように病院側と交渉できますので、退職後のトラブルもなく安心して退職できます。

もちろん退職したからといって奨学金の返済義務がなくなるわけではありません。全額返済なのか減額されるのかは病院ごとに違いますので、確認しておくようにしましょう。

病院奨学金制度の返済期間外の場合

病院奨学金制度の返済期間外の場合の場合であれば、退職代行を利用して問題なく退職できます。万が一病院からしつこい引き止めにあっていたとしても、依頼したその日から出勤せずに退職することも可能です。

病院奨学金制度を利用していても病院から損害賠償は起こされません

さきほどご説明しましたが、労働基準法第16条では「労働契約の不履行について、違約金の定めや損害賠償額を予定する契約をしてはいけない」と明示されています。

つまり「違約金を定めたり損害賠償を予定していたりする契約」が違法なのです。そのため病院奨学金制度を利用していて退職したことで、損害賠償を求められても支払う義務はありません。

ただし、「情報漏洩」「横領」など労働者の責任で病院に重大な損害が発生した場合は、損害賠償のリスクがあるので注意しましょう。

看護師が退職代行サービスを利用するメリット

看護師が退職代行サービスを利用するメリット
看護師の職場は人の命を預かる現場のため、一般企業よりも厳しいルールに縛られがちです。そのような環境から抜け出すために、退職代行を利用するのには大きなリットがあります。

看護師が退職代行を利用するメリット
  1. 病院独自の退職のルールがあっても退職できる
  2. 「もう今日から辞めたい」という看護師にも対応可能
  3. 有給消化の意向も伝えてもらえる
  4. 看護部長など上司に直接会わずに退職できる

病院独自の退職のルールがあっても退職できる

看護師の仕事は命を預かるという重大な責任があります。そのため退職に関して独自のルールが定められている場合がほとんどです。

退職の独自ルールの例
  • 退職の場合は6ヶ月以上前から申し出ること
  • 退職のタイミングは看護部長との面談で決定する

このようなルールのために、辞めたくても辞められず無理して働き続けている人も多いでしょう。しかし民法第627条では「雇用期間の定めがない場合、退職を申し出れば2週間後には退職できる」と示されています。そして法律は病院の独自ルールよりも優先になるので、2週間すれば退職可能です。

自分で退職を申し出ると上司達に言われるまま、独自ルール通りに退職することになるかもしれません。しかし退職代行を利用すれば、合法的かつ最短で退職可能です。

「もう今日から辞めたい」という看護師にも対応可能

さきほど「退職の申し出から2週間後に退職できる」とご説明しましたが、「2週間なんて待てない!もう今日から行きたくない!」という人もいるはずです。

民法第628条には「やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる」とあります。つまり体調不良などやむを得ない理由があって、病院が了承すれば即日で退職可能です。退職代行を利用すれば法にのっとって病院と交渉するので、即日退職することができます。

また有給が残っていれば有給休暇の取得も可能です。「うちの病院に有給なんてあるの?」と驚く人もいるかもしれません。有給休暇は法律で定められている休暇なので、「有給のない病院」は存在しません。例えば6ヶ月勤めて、そのうち8割を出勤していれば、10日の年次有給休暇が付与されます。

勤続年数 有給付与日数
6ヶ月 10日
1年6ヶ月 11日
2年6ヶ月 12日
3年6ヶ月 14日
4年6ヶ月 16日
5年6ヶ月 18日
6年6ヶ月 20日

退職代行業者が交渉して有給休暇を取得できれば、賃金が支払われる休日を過ごしながら「実質即日退職」することができます。

看護部長など上司に直接会わずに退職できる

退職代行は「依頼人に代わって退職の意志を伝える」サービスです。そのため退職を伝えることから貸与物の返却に至るまで、病院と直接連絡を取る必要はありません。

看護師が仕事を辞めたい理由として、多くの人が「上司や同僚との人間関係」を挙げています。上司が苦手だと退職の意志を伝えることも大きな精神的不安になるでしょう。しかし退職代行に依頼すれば苦手な上司と顔を合わすこともなく、スムーズな退職が可能です。

看護師が退職代行サービスを利用するデメリット

看護師が退職代行サービスを利用するデメリット
「上司と直接顔を合わせる必要がない」「最短で退職できる」などメリットの多くある退職代行ですが、残念ながらデメリットもあります。

看護師が退職代行を利用するデメリット
  1. 医療業界内に悪い印象が広まる可能性がある
  2. 退職代行業者選びに失敗することがある

デメリットを知ったうえで、退職代行の利用をしましょう。

医療業界内に悪い印象が広まる可能性がある

世間一般に退職代行というサービスは浸透しつつありますが、万人から理解を得られているわけではありません。「自分で退職を伝えないなんて非常識」とマイナスイメージを持たれていることも多いです。

そして医療業界は病院同士で繋がっていることも多く、狭い業界です。そのため他の病院に就職しようとしても、噂が広まっており採用されない可能性も考えられます。

退職後に看護師として他の病院に勤務するつもりなら、退職代行の利用は慎重に検討したほうがいいでしょう。

退職代行業者選びに失敗することがある

退職代行も現在では50以上の業者が存在します。そのうえ業者によってできるサービスや対応できる範囲にはばらつきがあります。どんなに「一日も早く退職したい!」と悩んでいたとしても、目についた業者に飛びつくのは危険です。

退職代行業者はおもに運営元によって「弁護士」「労働組合」「民間企業」の3つに分類されます。

運営元 料金相場 退職の交渉 訴訟対応
民間企業 20,00050,000 できない できない
労働組合 25,00050,000 できる できない
弁護士 50,000100,000 できる できる

どの業者に依頼しても「依頼人に代わって退職の意志を伝える」ことはできます。

しかし気を付けたいのは「非弁業者」に依頼することです。非弁業者とは退職に関する交渉のできない業者のことでおもに民間企業の退職代行業者になります。

非弁業者に依頼すると会社側が「本人から直接の申し出でないと受け入れません」と退職の意志を拒否してきた場合、交渉ができないため退職自体が失敗する可能性があります。

そのほかにも非弁業者では有給休暇の取得や未払い残業代などの交渉も行えません。退職の意志をすんなりと受け入れてくれる体制の病院であれば、料金相場も安いことから民間企業をおすすめします。

しかしすでに「ひきとめにあっている」「有給休暇を取得したい」など交渉が必要な場合は、弁護士か労働組合の運営する退職代行に依頼すべきです。

また退職代行業者には「即日対応」と「即日退職」の業者があります。

  • 「即日対応」…依頼した即日に職場に連絡してくれる。その日に退職できるとは限らない。
  • 「即日退職」…依頼した即日に職場に連絡してくれる。その日に退職できる。

即日対応の業者でも「その日から職場に行かなくてもいい」ように交渉してくれますが、もし「依頼したその日に職場と縁を切りたい!」ということであれば、即日退職の業者を選びましょう。

退職代行を使って看護師を辞める際の流れ

退職代行を使って看護師を辞める際の流れ

退職希望のAさんAさん

退職代行ってどうやって利用するの?

退職希望のBさんBさん

退職代行って特別な手続きがあるの?

退職代行を利用するのは初めての人のほうが圧倒的に多く、どうやって利用するのか疑問に思う人も多いでしょう。退職代行は退職完了まで、おもに3ステップで完結します。

退職代行を使って看護師を辞める3ステップ
  • STEP①退職代行業者に相談する
  • STEP②退職代行業者に料金を振込
  • STEP③退職代行業者が病院に連絡

順を追って説明していきます。

STEP①退職代行業者に相談する

まずは電話やメール、LINEで相談をしましょう。退職代行業者への相談は基本的に何回でも無料です。さらに「24時間365日対応」の業者も多いので、看護師のような不規則な仕事の場合でも、自分のタイミングに合わせて相談することができます。

また相談するときはLINEがおすすめです。LINEは素早く連絡がとれます。そのうえ相談の内容や業者からの回答が履歴として残るので安心です。

相談するときにはサービス内容はもちろんですが、料金体系もしっかりと確認しておきましょう。業者によっては基本料金とオプションが別料金になっていたり、雇用形態によって料金が異なったりすることもあります。

「オプションをいろいろ付けたら高額になってしまった」ということがないよう、サービスと料金の両方に納得したうえで依頼するようにしましょう。

STEP②退職代行業者に料金を振込

依頼する業者を決めたら料金を支払います。退職代行業者は前払い制が一般的です。最近は電子マネー決済に対応している業者もありますが、一番多いのは銀行振込とクレジットカード決済でしょう。

退職代行は業者が「入金確認」してからサービスの開始となるので、「一日も早く!」と考えている場合は、クレジットカード決済を利用しましょう。銀行振込は銀行が開いていない土日などの休日には入金が翌営業日になります。クレジットカード決済なら365日昼夜問わず入金可能です。

入金確認連絡がきたら、業者と情報を共有します。情報共有というと難しそうですが業者があらかじめテンプレートを作成していますので、ほとんど一問一答形式で簡単に回答できます。

共有するおもな情報

依頼者の個人情報(氏名、生年月日、電話番号、雇用形態、勤続年数など)
職場の情報(病院名、電話番号など)
職場に連絡してほしい日時、連絡の宛先
希望の退職時期
必要があれば未払残業代、退職金、有休消化など交渉してほしいこと

STEP③退職代行業者が病院に連絡

情報の共有が終われば、退職代行の担当者が病院に連絡を入れます。その後結果報告がくるまで、全て業者任せで何もすることはありません。

業者から退職の報告がきたら、退職完了です。報告がきた後に退職届などを提出する場合もありますが、ほとんど郵送でやりとり済みますので病院に出向く必要はないでしょう。

また退職後に職場から離職票や源泉徴収票が届かない場合も、退職代行は対応してくれます。直接元職場に連絡する勇気がないなら、迷わず依頼した退職代行業者に連絡しましょう。

看護師も退職代行で即日退職可能!退職代行を利用するメリット・デメリットを解説まとめ

看護師も退職代行で即日退職可能!退職代行を利用するメリット・デメリットを解説まとめ
看護師の働く医療業界は命を預かる責任重大な職場です。そのため独自のルールがあったり上司から引き止めにあったりして、一般企業よりも退職しにくい環境かもしれません。

しかし退職代行を利用すれば、病院の独自ルールに縛られることなくスムーズに退職することができます。「辞めたくても上司に伝えづらい」「退職の意志を伝えたけど、いつまでたっても辞められない」というときは退職代行の利用を検討しましょう。

退職代行は「24時間365日」相談に対応している業者も多く、看護師のような時間に不規則な仕事でも自分のタイミングに合わせて相談可能です。「退職できない」ことに悩まずにまずは気軽に相談してみましょう。

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

目次
閉じる