仕事辞めたい疲れた20代の具体的な対処法と解決方法を解説

仕事辞めたい疲れた20代の具体的な対処法と解決方法を解説

退職希望のAさんAさん

20代だけど仕事に疲れた、もう辞めたい

退職希望のBさんBさん

20代で退職するのはまずいかな、、、

このように考えている20代は少なくないはずです。そのたびに「ここで辞めるのは甘えではないか」などと思いなおしてまた働くというのを繰り返していませんか?

しかし実際は「仕事を辞めたい!」という気持ちに従ったほうが正解の場合も多いようです。ここでは仕事を辞めたい疲れた20代向けに、仕事を辞めたい原因を明らかにすると共に、その対処法を解説していきます。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

下記の記事では、仕事を辞めたい時の対処方法から、仕事を辞めたいと思う理由ランキングまで詳しく解説しています。仕事を辞めたいと考えている方は、併せてご覧ください。
目次

【結論】20代で仕事を辞めても問題ない!

結論から申しますと、20代で仕事を辞めても大きな問題はありません
20代はまだ若いため次の仕事も見つかりやすく、自分が本当にやりたい仕事に就ける可能性も他の年代に比べ圧倒的に高いためです。

現在の日本では20代で辞めて転職をしたことがある人の割合は3割を超えており、決して珍しい事ではありません。
今後はジョブ型の雇用が増えていくことも予想されるため、転職者も増加していくことが見込まれます。

今の仕事を辞めても、20代は今後の努力次第でキャリアアップを図ることも十分可能です。
辞めたい程つまらない、苦痛であるのなら、もしかすると今の仕事はあなたに向いていない可能性があります。

人生は1度きりなので悔いの残らない選択をしましょう!

仕事を辞めたいほど疲れた20代は退職したほうがいい理由

仕事を辞めたいほど疲れた20代は退職したほうがいい理由

仕事を辞めたいほど疲弊しているならば無理して働き続けず、その気持ちに従ったほうがよい結果を得られる可能性が高いです。

20代は退職したほうがいい理由
  • メンタルを壊すと回復に時間がかかる
  • 20代は辞めても転職しやすい

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

理由①メンタルを壊すと回復に時間がかかる

20代では勤続年数は浅く、「まだ辞めるには早い」と考えるかもしれません。しかし、まだ20代だと定年まで40年ほど同じ会社で働き続けることになります。すでに辞めたいほど悩んでいるのに、そんなに長い間勤め続けることができるでしょうか。

仕事は自分の人生を豊かにするためにするものです。我慢して無理して働き続け、心身を損なっては意味がありません。さらに体調不良だけでなくうつ病などの精神疾患を患ってしまうと回復に時間がかかるため、再就職も難しくなります。

メンタルを壊してまで働くことは人生にとってマイナスでしかないです。無理して働き続けるくらいなら退職して、他の会社に転職するべきでしょう。

理由②20代は仕事を辞めてもなんとかなる場合が多い

退職希望のAさんAさん

転職できるか不安で辞められない

今の仕事はツライけれど、うまく転職できるか不安で退職できないという人もいるでしょう。しかし実際には若手を求めている会社は少なくありません。20代の採用の場合新卒と同じように未経験でも「意欲」や「熱意」を重要視される傾向があり、転職できる職の幅は広いはずです。

また新卒と違って社会人経験がある20代は基本的なマナーなどの教育コストが省けるため、会社にとっても大きなメリットがあります。そのため退職しても転職は成功しやすいといえます。

逆に年齢を重ねていくほど転職には、スキルや実績を重要視されるため実務経験のない分野に転職するのは困難です。「今の業界は合っていないかも」「違うことに挑戦してみたい」と思うのであれば、なおのこと早い段階で転職するべきでしょう。

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

下記の記事では、20代の方が仕事を辞めろメリット・デメリットについて詳しく解説しています。仕事を辞めるか悩んでいる方は、併せてご覧ください。

理由③結局同じ状態で数十年続けることは不可能に近い

年齢性別問わず、相性の悪い職場で働くことは非常に困難です。

とくにまだ若いエネルギッシュな時期にすでに疲れ切っている場合は、そのまま40代や50代まで仕事を続けることはほぼ不可能と言えます。

ただでさえ近年の働き方の変化により、同じ職場で長く働きつづける人が減少する中で、自分に合わない仕事を続けることは非効率的です。先述した通り、20代であれば辞めても次が見つかりやすい強みがあります。

そのため、無駄な苦痛を感じながら貴重な20代を過ごしてしまわないよう、退職することをおすすめします。可能性を秘めたあなたの若い時間無駄にしてはもったいないですよ。

理由④ポジティブに働く同世代との差が広まる

仕事を辞めたいと感じている20代に退職をすすめるもう一つの理由に「モチベーションの違いからキャリアに差がつく」問題が挙げられます。

20代は社会に出て様々な経験を積む時期です。社会人として必要なルールはもちろん、仕事を効率的かつ周囲と協力して進めていく力など、これから何十年と働く上で欠かせない基盤を作る経験を積んでいきます。

そのような重要な時期に、ネガティブな気持ちを持って働いている場合は吸収すべきことを見逃したり、成長のチャンスを逃してしまいます。

反対に「今の仕事で成長したい」とポジティブな気持ちを持っている場合、経験すべてを学びにする勢いで仕事に取り組むため、必然的にキャリアアップに結びつきます。そのため、仕事に対するモチベーションは将来的に差がつく原因となります。

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

実際にどのくらいの人が退職しているのか?

「20代は合わない職場にいるよりも転職するべき」と理由を紹介しました。しかし「実際にはどれぐらいの人が退職しているの?」と周りの退職率が気になる方もいますよね。とくに周囲に退職した人がいない場合は不安になります。

ここからは20代の退職率について具体的数値を元に解説します。厚生労働省が発表するデータによると、就職後3年以内の離職率は新規高卒就職者36.9%、新規大卒就職者31.2%と約3割が3年以内に退職しています。

またここでは20代前半と20代後半にわけてデータを紹介するため、より自分に近い数値を確認できます。「自分だけかも」と悩む必要はありません。

20代前半の退職率

新卒の3年以内の退職率が3割を超えていると紹介しましたが、今度は少し視点を変えて「20代前半の退職率」を見ていきましょう。

厚生労働省のデータによると、平成28年度の20代前半の転職率は男性が14.9%、女性の合計が15%という結果が出ています。

女性は正社員とパートの2項目に分類して統計をとっていますが、パートの場合は20.5%とより高い数字になっています。女性はライフスタイルの変化が著しいためより転職率が高くなる特徴を表しています。

20代後半の退職率

続いて20代後半の退職率を見ていきましょう。

同じく厚生労働省が発表する平成28年度のデータでは、男性の退職率は13.6%と20代前半よりも退職率が低下しています。20代後半の男性は、職場でもある程度仕事内容を覚え、少しづつ責任のある仕事を任せられる立場になります。

一方で女性の平均的な退職率は18.1%と上昇しています。20代後半の女性は結婚や出産を経験する方が増えるため、より転職率が高くなる傾向にあると判断できます。

20代で仕事を疲れた・辞めたいと思う原因5選

20代で仕事を疲れた・辞めたいと思う原因4選

仕事を辞めたいと思う原因は人それぞれですが、おもに以下の4つが挙げられます。

仕事を辞めたいと思う原因
  • 今の仕事にやりがいがない
  • ハードワークで疲れた
  • 人間関係が合わない
  • 給料が仕事内容に見合わない

具体的に見ていきましょう。

原因①今の仕事にやりがいがない

仕事の成果を正当に評価してもらえなかったり、上司や先輩の姿を見て自分の将来に希望が持てなかったりすると、仕事のやりがいがなくなってきます。さらに仕事にやりがいを感じられないと、だんだんやる気がなくなっていき働いている意味がわからなくなってくるでしょう。

また会社の将来性も仕事のやりがいを左右する要因です。会社の業績が悪くなると、給与のカットや人員削減といったことで不安を感じるようになります。

将来性のない会社では仕事を頑張る意欲は湧いてこないでしょう。会社がダメになってしまう前に、自分で新しい道を見つけるほうが賢いといえます。

やりがいがないと感じる理由
  • 仕事の成果を正当に評価してくれない
  • 職場環境が悪い
  • 自分の将来に不安を感じる

原因②ハードワークで疲れた

たとえやりがいのある仕事に就いていたとしても、長時間労働や休日出勤が当たり前では体力の限界がきてしまうはずです。もちろん会社に入って間もないころは仕事に慣れていないため、残業になることも仕方ないでしょう。

しかし明らかにキャパオーバーな仕事量やノルマを与えられているとした話は別です。36協定が結ばれている場合でも「1ヵ月あたり100時間以上の時間外労働が常態化」しているようであれば、明らかに労働基準法違反です。

違反が認められると、会社側に6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科されることがあります。ちなみに「月100時間」もしくは「2~6ヶ月平均で月80時間」という時間外労働水準は「過労死ライン」と呼ばれています。

このような環境では仕事を辞めたくなるのも当然でしょう。一度退職してゆっくり休養することをおすすめします。

原因③人間関係が合わない

職場には細かい人や高圧的な人、上から目線の人などいろんなタイプのひとがおり、プライベートと違って付き合う人を選ぶことができません。業務を円滑に進めていくためには嫌でも関わっていく必要があります。

もし合わない人が1人や2人であれば、「業務上でのコミュニケーション以外では関わらない」や「話をするときは聞き役に回る」といった方法を取って対策することもできます。

しかし職場全体の雰囲気がおかしく、部下へのパワハラが当たり前といった風潮などがあると、精神的に悪影響を受けます。

このような場合は自分の力で対策するのは難しく、我慢し続けるしかないため仕事を辞めたくなるのも当然でしょう。またうつ病などの精神疾患になってしまう可能性もあるので、退職することを検討しましょう。

原因④給料が仕事内容に見合わない

新卒で入社当初はどこの会社でも初任給に大きく差はないはずです。しかし何年か経って大学の同級生と比較したとき、業務量や与えられている責任に対して給料が見合っていないと感じることもあるでしょう。

昇格しても給料が上がらず責任だけ重くなっていっては割に合わないですよね。新しい環境に行くべきか考える要因になると思います。

ただし給料が見合っていないと考えている人は、「今給料が上がっていないだけ」ではないか疑ってみる必要があります。

  • 今の業界の伸びる可能性はないのか
  • 経験やスキルが身についているのか

業界が伸びるようであれば将来急激に給料が上がる可能性があります。また自分のスキルや経験が不十分なのであれば、もう少しこの会社で実績を積むことによって昇給もあり得るでしょう。

原因⑤将来が不安になった

仕事を辞めたい20代が感じる理由の中に「将来を不安視する」というものもあります。

入社試験を勝ち抜いて「さあやるぞ」と仕事を始めたものの、実際に働いていくなかで予想とまったく異なる仕事内容や、複雑な人間関係にぶちあたることも。

入社前は「バリバリ働きたい」と思っていたにもかかわらず、現実は誰にでもできる事務仕事や不必要な残業。上司が帰るまでやることがなくても帰れない環境。そんな日常の中で「このまま続けてもいいんだろうか」と悩むケースが非常に多くあります。また仕事内容に不満がなくとも「先輩の話を聞いていると、給料が上がらない」と経済面での不安を感じるケースもあります。

このように、業務内容や経済面で将来を不安視してしまうと「辞めたい」と考え出す一因になります。

仕事を辞めたい、疲れた20代の対処法

仕事を辞めたい、疲れた20代の対処法

仕事を辞めたいと考えている20代がするべき対処法をご紹介します。

「退職をしたい!」と思ってもいきなり退職届を提出するのは危険です。対処法を試すことで、本当に退職するべきなのか今一度考えてみましょう。

「仕事を辞めたい」ときの対処法
  • なぜ仕事を辞めたいかを突き詰める
  • 仕事を辞めたいと上司に相談する
  • 思い切って仕事を休む
  • 退職代行を使って退職する

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

なぜ仕事を辞めたいかを突き詰める

退職希望のAさんAさん

残業が多くてイヤだ

退職希望のBさんBさん

上司が恐い

仕事を辞めたいと考えているときは、仕事を辞めたい理由の「ナゼ」を突き詰めてみましょう。例えば、「残業がイヤだ」の場合、嫌なのは「仕事に時間を取られて自分の時間が確保できないから」なのか、「職場の人が苦手で長時間一緒にいることが苦痛だから」なのかで解決方法が変わってきます。

仕事に時間を取られるのが嫌なのであれば、プライベートの時間が確保できる職場に行けば悩みが解決できます。また人間関係がツラいのであれば、職場の人間の雰囲気の合う職場に行けば問題ないでしょう。

「残業がイヤ」という理由だけでもその原因は様々です。しっかり突き詰めて考えておかないと、たとえ転職したとしてもまた同じ悩みを繰り返す可能性があります。

また「上司が恐い」という場合も、「上司がパワハラ気質だから」なのか「評価が厳しい人だから」なのかで対応が変わってきます。パワハラ気質なのであれば、その上司から離れる方法を取れば問題は解決できます。

もし評価が厳しい人なのであれば、もう少し我慢してその人の下で頑張ってみるべきです。厳しい上司が評価してくれると、とても達成感があります。さらにそのような上司に認められるということは、他の人から一目置かれることにも繋がっていくでしょう。

仕事を辞めたいと上司に相談する

「退職したい」と直接上司に相談してみましょう。具体的に自分の悩みを打ち明けることで、「退職したい」気持ちが薄れることもあります。またあなたの頑張っている姿を見ているからこそ、あなたに合ったアドバイスをしてくれるはずです。

ただし信頼関係が築けていない上司に相談することはおススメしません。信頼関係の成り立っていない人に相談すると、あらぬ誤解を生んだり職場内に噂が広まったりということが考えられます。

 社外の知人や専門家に相談する

辞めたい理由を明確にしたり、上司に相談しても解決しない場合、外部の意見を取り入れる方法がおすすめです。

会社に所属すると、社内のルールや雰囲気にしばられて凝り固まった思考になる可能性が高いです。本当は辞める以外の解決方法があるにもかかわらず、自分の中で「もう辞めるしかない。だめだ」と追い詰めて解決のチャンスを逃すことも。

そのため、外部の友人退職について思い悩んだときは友人や先輩、またキャリアカウンセラーに客観的なアドバイスをもらう方法を取りましょう。仕事だけでなく、すべての物事において自分の中では「これしかない」と思っていても、他の人からすると解決策が多く見えていることはよくあるケースです。

また仕事内容やキャリアについての悩みから退職を検討している場合、キャリアカウンセラーに相談すると、専門的なアプローチ法が学べるためおすすめです。

思い切って仕事を休む

何日か有給休暇を取って職場から離れてみましょう。仕事のことを忘れて趣味に没頭すれば、気持ちがリフレッシュでき、「もう一度頑張ろう」という気持ちになるかもしれません。

またすでに退職を決意しているのであれば、退職後どのように行動するのか具体的に計画を立てる時間に充ててもいいでしょう。

退職代行を使って退職する

退職希望のAさんAさん

もう限界!今日から仕事に行きたくない!

すでに疲れが限界に達しているようであれば、退職代行を利用して退職するのもいいでしょう。退職代行は「依頼人の代わりに退職の意志を伝えてくれるサービス」です。

さらに退職の意志を伝えるだけでなく、有給休暇取得や未払い残業代、退職金など、自分で退職するとき人には言い出しにくい「退職に関する交渉」も行ってくれます。

退職代行のメリット
  1. 即日退職可能
  2. 即日退職にも対応している
  3. 上司に直接会わずに退職できる
  4. 有給や未払い残業代などの交渉をしてくれる

また依頼したその日から出社しないことも可能なので、苦手な上司や同僚に会うことなくスムーズに退職することができます。

ただし退職代行にもさまざまな業者があるので注意が必要です。

退職に関する交渉ができない「非弁業者」に依頼すると、会社が「退職代行からの退職は受け付けない」という態度に出た場合に、退職自体が失敗する可能性があります。

運営元 退職に関する交渉
弁護士
労働組合
民間企業 ×

仕事を辞めるべきか続けるべきか判断基準

仕事を辞めるべきか続けるべきか判断基準

退職希望のBさんBさん

仕事を辞めたいけど本当に辞めてもいいのだろうか

仕事を辞めたいと強く考えていても、本当に辞めるという決断はなかなか難しいはずです。判断を誤ってしまい「退職しないほうがよかった」と後悔しても、元の会社に戻ることはできません。

仕事を辞めるべきか判断する基準
  • 状況を書き出して整理する
  • メリットとデメリットを比較する

状況を書き出して整理する

まずは以下を具体的に書き出して自分の状況を整理してみましょう。

仕事を辞めたい理由

対処する方法がない問題なのか明確になるため、辞めるべきかどうか判断する判断材料になります。
【辞めたい理由の例】

  • 部署内の人間関係が辛い
  • 仕事が合わない、難しくてついていけない
  • 給料が低い
  • 残業や休日出勤が多い
  • 怒られてばかりでしんどい
  • 満員電車での通勤が苦痛
辞める場合のメリット

今の仕事の悩みはなんでしょうか?退職することの一番のメリットはその悩みから解放されることのはずです。そのほかキャリアアップのため勉強できるなど、思いつくままに書いてみましょう。

辞める時のデメリット

「転職先を探さなくてはいけない」「収入がなくなる」「社会保険料が高くなる」など、会社にいるからこそ守られていることがなくなってしまいます。

辞めない場合のメリット

辞める場合のデメリットがそのままメリットになってくるはずです。現状維持ができ、無職の状態や経済面を心配する必要がありません。

辞めない場合のデメリット

現在不満に思っていることが継続することでしょう。さらに今後会社に居続けることによって体や心の健康状態を損なう可能性なども考えられます。

仕事を辞めるメリットとデメリットを比較する

「辞める場合」「辞めない場合」それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

具体的に比較することによって、「辞めなくても解決できる問題なのか」「解決できないが、我慢して働き続けるほうがリスクが小さいのか」「退職以外に解決方法がないのか」という自分の方向性がはっきりしてくるはずです。

メリット デメリット
辞める場合 しんどい人間関係から解放される

休日出勤しなくていい

転職活動しなくてはいけない

貯蓄がなくなるかもしれない

辞めない場合 好きな仕事を続けられる

 

経済的に安定した生活が続けられる

人間関係はしんどいがを我慢する

休日出勤しなくてはいけない

診療内科に通わなくてはいけない

仕事を辞めた20代の体験談をご紹介

仕事を辞めた20代の体験談をご紹介

ここからは実際に疲れて仕事を辞めた20代の体験談をご紹介します。

体験談①仕事を辞めてゆっくりしたいと思い退職した20代

今日でお仕事辞めたので2月、3月と実家でゆっくりして4月から新天地でゆるりと頑張ります。取り敢えず明日からは録り溜めた番組見ながら荷造り……
引用元:Twitter

今までの会社は残業が多くプライベートの時間があまり取れなかったのでしょう。自分のライフスタイルに合った会社に転職できれば、プライベートが充実するだけでなく仕事のモチベーションも上がるはずです。

体験談②次を決めずに退職した20代

やはり仕事しながら転職活動なんて無理ゲーでは??両立してる人なんなん??
引用元:Twitter

仕事が忙しいと有給もなかなか取れず、転職活動と両立するのは難しいです。一般企業の採用試験は平日の昼間に行われている場合も多く、サラリーマンでは受けること自体叶いません。

この方のように退職してから転職活動を行えば企業研究や面接対策などもしっかり行えるので、希望の会社に入社できる可能性も高まるでしょう。

体験談③仕事を辞めたら人生楽しすぎの20代

人によって幸福度の上がり方は変わってくると思う。ただ、くすぶってる気持ちを抑えてるなら、きちんと自分を見つめ直して、送りたい人生に向けて真剣に考えて生きよう
引用元:Twitter

会社を辞めれば、自分の人生を見つめなおすことができるはずです。「社会人=会社で働く人」ではありません。転職を焦らずに自分のやりたいことを優先してみましょう。

仕事辞めたい!疲れた20代の具体的な原因と対処法を解説 まとめ

仕事辞めたい!疲れた20代の具体的な原因と対処法を解説 まとめ

疲れて「仕事辞めたい!」と思った20代は「ナゼ」辞めたいのか、辞めたらどうなるのかを突き詰めて考えてみましょう。勢いで退職してしまうのはおススメできません。

しかし20代は転職やキャリアチェンジのチャンスに溢れています。「せっかく入った会社だから」と頑張ることも大切ですが、ツラいなら退職してもなんとかなります。

もし上司に相談したり休暇でリフレッシュしたりしても悩みが解消されないなら、退職して新しい活躍の場を探しましょう。

Let's share this post!

当記事の執筆者

退職代行OITOMAの編集長。自身も2018年に、退職代行業者を利用して会社を辞めた経験がある。自身の体験を活かしながら、仕事を辞めたいと思っているのに辞められないという人を救うべく、退職代行OITOMAの編集長に就任。

\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる