仕事を辞めるのは逃げじゃない!絶対に退職したほうが良いケースを解説します

仕事を辞めるのは逃げじゃない!絶対に退職した方がいいケースを解説します。

退職希望のAさんAさん

もう辛いから今の仕事を辞めたい….

退職希望のBさんBさん

いやいや辛いからやめるとか逃げでしょ。
「三年は続けないとどこも続かないよ」「辛いから辞めるとか逃げてるだけだから」
こんな言葉を上司から言われたことはありませんか?
こうした心無い言葉で精神を病んでしまった方達を何人も見てきました。
退職代行をして退職の最前線で現場をみている私が「仕事をやめるのは逃げなんじゃないか。」「退職をしたいと思っている自分がよくないんじゃないか」と自分を責め続けている人たちに向けて書きました。
これを読めば仕事をやめることは必ずしも逃げではなく、必要なことだとわかってもらえると思います。
では一緒に中身を見ていきましょう!
この記事を読むメリット
  • 仕事をやめるのは逃げではないと分かり、退職に対して前向きに考えるようになる。
  • 逃げ癖がつく退職はどういうものかが分かり、退職に失敗しなくなる。

オイトマなら相談回数が無制限!

目次

仕事を辞めることは逃げではない!その理由を徹底解説

逃げじゃないから安心して!仕事を辞めることは逃げではない!その理由を徹底解説

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

はっきり言います!
退職は逃げではなく、労働者に与えられた権利です。

結論から言います。

「退職は逃げではなく、労働者全員に与えられた立派な権利です。」

退職は逃げではありません。
労働者全員に与えられた権利です。

「人手不足だから」「迷惑がかかるから」色んな理由で退職を躊躇すると思いますし、現場を見て退職をきめることは重要です。

しかしながら、状況によっては現場の意見や状況を見る必要はありません。
無理をして身体を壊すことがの方がいけないことです。

まずは、退職は状況によっては悪いことではなく、自分を守る最善策だと思いましょう!

職場いじめを受けている人は「【職場のいじめは逃げるが勝ち】退職したほうが良い理由をご紹介」をチェックしてみてください。

仕事を辞めることが逃げではないケース5選

仕事を辞めることが逃げではないケース5選のイメージ

退職希望のAさんAさん

仕事を辞めてもいい時は具体的にどんな時?
この章では、仕事を辞めることが逃げることにならない場合を具体的に示していきます。
具体的に書いていきますので、ぜひご自身の状況と照らし合わせながら自分の退職が逃げであるのか、ないのか判断していただきたいです。
では一緒に見ていきましょう!
この章を読むメリット
  • 退職が逃げではない、具体的なケースが分かる。
  • 章の内容とご自身の状況を比べることで、より客観的に退職が逃げか判断できる。

ケース①:精神的に追い詰められており、今すぐ仕事を辞めたいとき

退職希望のTさんTさん

精神的に限界だったから前の仕事はやめたよ。

精神的に追い詰められて眠れなかったり、蕁麻疹や嘔吐など身体に深刻な影響が出ている場合は今すぐ退職や休業をして仕事から離れましょう。

現場の人手不足や後任の有無などよりもご自身の身体が何よりも大切です。周りを気にしすぎるあまり自分を責めながら仕事を続けて身体が動かなくなるほど精神を病んでしまった方を何人も見てきました。

自分自身を健康な状態にするのが何よりも優先すべきことです。

ケース②:今の仕事が自分に合わないと感じている

今の仕事が自分には向いていないと感じている場合は、退職を検討してみてもいいでしょう。

長く勤めすぎるとその道の職業でしかキャリアを積むことが難しくなります。方向転換をする場合は早めにするのがおすすめです。

適性がない仕事で勤続年数だけ積み上がってしまうと、後々の後輩との関係で苦労したり昇給が見込めないなどいろんな弊害が出ます。

適性がないと感じる仕事は早めに切り上げておくのをおすすめいたします。

ケース③:職場環境が劣悪

「常に人がいない」「上司がパワハラをしている」「長時間労働が当たり前になっている」こうした職場環境が悪い企業は将来生き残れるか怪しい企業です。

また、「残業代が支払われない」「未払いの手当がある」「有給が取得できない」などの職場環境というより労働基準法などの法律を守らない企業は今すぐやめるべきです。

違法企業はすぐに改まることはないです。一度文句を言わずに働く人と認識されてしまった場合はパワハラや残業未払いなどを平気でするような企業も多いので今すぐ退職を考えましょう。

ケース④:ほかの業種に興味があるとき

退職希望のUさんUさん

他の業種でチャレンジをしたい!

他の業界や職種でチャレンジをしたいと思っている場合は退職を検討してもいいでしょう。業界を移るのは早ければ早いほどしやすいものです。

チャレンジしたい業種もあるけどなんとなく続けておこうと何年も続けた挙句、今の業界に嫌気がさして転職した頃には年齢制限によって転職出来ないなんてことはよくあります。

業界選択は早めにして、他が気になる場合は早めに移っておくがいいです。

ケース⑤:辞めたい原因を自分では解決できない場合

仕事で悩む理由の内容は人それぞれであり、人間関係や職場環境が原因で仕事を辞めたいと思う人は多くいます。

人間関係に関しては、自分自身の悪いところを改善することで解決することもあれば、相手が全く変わらずこちらがどれだけ努力しても変わらないケースもあります。

職場環境に関しても、従業員全体が目指す環境にするために意見をしたところで認められなかったり、協力してもらえない場合は解決ができません。

このように、解決のために努力をしたものの改善しない場合はどうしようもなく、切り替えて退職しようとすることは逃げにはなりません。

いつまでも解決できない問題にこだわっているよりも、自分の考えに合った会社などを探す方が良いでしょう。

今すぐ退職したいなら退職代行オイトマがおすすめ!

もし、今までのケースのどれかに当てはまっていて少しでも退職を考えた人は退職代行オイトマがおすすめです。

弁護士監修の書類と退職代行によって安心安全に退職することが可能です。

退職の最前線で個々の退職に真摯に向き合う退職代行スタッフに電話で相談することもできます。即日対応、即日退社も可能ですので一度相談してみるのをおすすめします。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

【要注意】逃げ癖がついてしまう退職理由3選

要注意!逃げ癖がついてしまう退職理由3選

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

逃げ癖がつくとなかなか治らないから気をつけて!

退職は後々の人生に大きな影響を与えるイベントになるので何も考えずに退職をしてしまうと逃げ癖がついてしまいます。
この逃げ癖はすぐには治りません。
気づいた時にはやり直すこともできず、人生が破綻してしまう方もいらっしゃいます。

この章では、逃げ癖がついてしまう退職理由を具体的に述べていきます。

ここの退職理由に当てはまっている方は一度落ち着いて本当に退職が必要か考え直すようにしましょう。

この章を読むメリット
  • 逃げ癖がついてしまう退職理由を知り、退職が必要か今一度考える材料にできる。
  • 逃げ癖がつく退職かどうかご自身の退職理由と比べることが出来る。

理由①:短期間で退職している

退職希望のAさんAさん

試用期間中だけど仕事覚えるの辛いし、辞めようかな

心身の不調や適応障害やうつ病などの病気があるなどでない限りは短期間で退職するのはやめておきましょう。

短期離職にはそれ相応のリスクがあります。

短期離職におけるリスク
  1. 転職活動において不利になることが多い。
  2. 短期離職は社会保険料などで給料がマイナスになる可能性がある。
  3. 短期離職を一度でも経験すると次の職場でも短期離職をしてしまう人が多い。
  4. 失業保険を受け取れない可能性が高くなる。

短期離職のリスクはざっとあげるだけでもこんなにあります。

短期離職はできる限りしない形で動きましょう。
具体的には休業制度を使ってみたり、有給を使ってリフレッシュを試みたり、異動などで環境を変えてみたりなどです。

最低でも3ヶ月は様子を見るのをおすすめします。

3ヶ月様子を見ましょうと言っても現実はそううまくはいかないものです。もし、心身の不調になってしまって耐えられない時は退職を検討するのもいいでしょう。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

理由②:単純に仕事がめんどくさい

退職希望のBさんBさん

仕事自体本当はしたくないし、やめようかな。

仕事がめんどくさいからからやめるというのは絶対にやめましょう。
仕事というのは誰かがお金を払ってでもやってほしいことです。つまり世の中にあるほとんどの仕事が誰かがめんどくさい、もしくはやりたくないと考えている内容なのです。

つまりは、仕事はめんどくさいのが当たり前ということです。

仕事はめんどくさいだけで辞めると次の職場でも同じ理由でやめることになります。

理由③:辞めてもいいやと思える環境がある

「実家に住んでいて経済的に退職しても問題はない」「辛かったら実家に戻ってきてもいいよ」こういう優しい言葉をかけてくれる家族は本当にいい家族だと思います。

しかしながら、家族のやさしさが逃げ癖を助長してしまうことも多いです。

実家に住んでいる人はやはり精神的に幼い人が多いです。経済的にも精神的にも自立が出来ていない人たちが多く、「子供部屋おじさん」「子供部屋おばさん」なんて世間からは揶揄されることも多いです。

早めに一人暮らしをして、自立した大人を目指しましょう。

逃げ癖で退職を重ねることにより生じるリスク

仕事を辞めること自体は悪いことではなく、自分の考えに合った会社を見つけたりするのは逃げていることにもなりません。

ただし、ミスをして怒られたから面倒、やる気がなくなったなど一時的な感情などですぐに退職するのは逃げていることになります。

このような逃げ癖がついてしまうと下記のようなリスクがあります。

逃げ癖で退職を重ねることで生じるリスク
  • 退職を繰り返すほど転職が難しくなる
  • 職種や業種について学ばないまま辞めるので次に活かせない
  • 感情に任せて仕事を辞めてしまいやすくなる
  • 失業保険が受け取れない可能性がある

これらのリスクについて詳しく説明していきます。

退職を繰り返すほど転職が難しくなる

逃げ癖から退職を何度も繰り返していると、次の転職時に「どの会社もすぐに辞めているから雇ってもまたすぐに辞めるのでは?」と思われやすくなります。

一度や二度ほどで一つの会社にそれなりの期間務めていたり、退職理由が納得いくものであれば問題ないのですが、回数が増えるほど採用されにくくなり、応募できる会社の幅も狭くなりやすいので注意が必要です。

また、転職を繰り返してばかりいると、多くの職種の経験ができる一方で知識や経験が浅いため、年齢が高くなるほど転職が不利になりやすくもなると言えます。

職種や業種について学ばないまま辞めるので次に活かせない

一つの職種で一人前になるまでには、様々な問題と向き合ったり経験が必要となります。

会社を転々として、長年一つの職場で働かずにいると技術や知識を身に着けられず、次の会社で活かす自分の武器が全くない状態になってしまいます。

若いうちはそれでも問題ないかもしれませんが、それなりの年齢にありながら知識や資格もなく、どの会社でもすぐに辞めているとなってはいつまで経っても一つの会社で落ち着くことが難しくなります。

感情に任せて仕事を辞めてしまいやすくなる

どんな職種や業界であっても嫌なことや辛いことはたくさんあります。

通常であれば、そのような問題に直面して逃げ出したいと感じても、乗り越えて成長しなければと考え退社を思いとどまります。

そのような経験を積み重ねることで、どんな問題からも逃げ出さず、ちょっとしたことでは動じなくなっていきます。

一方で、感情に任せて仕事を辞めてばかりいると、どの業界にいっても辛いことに耐えることができず、すぐに辞めてしまう癖がついてしまい成長ができません。

上記で説明した通り、このような状態が続けば続くほど悪循環となり普通に働くのが難しくなります。

失業保険が受け取れない可能性がある

会社を辞めた際に受け取ることができる「失業保険」ですが、給付の条件として自己都合退職の場合は1年以上の在籍なければいけません。

そのため、ちょっとしたことで短期間で辞めてばかりいては失業保険を受け取ることができず、余裕を持って転職活動を行うことが難しくなります。

結果、次の職場選びもその場しのぎになってしまいやすく、退職を繰り返し悪循環となってしまいやすくなります。

転職を繰り返してしまっている人はミスをしたりして怒られたり、慣れない作業で辛かったりしても、まずは耐えて頑張ってみるようにしましょう。

新人でも仕事を辞めることは逃げなのか?

新人でも辞めていい!新人でも仕事を辞めることは逃げなのか?

退職希望のUさんUさん

新人のうちは我慢しなさい!

Uさんのように「新人のうちは我慢しなさい!」と上司から指導される人も多いと思います。確かに新人の時は仕事を覚えるための労力や環境が変わったことでそれに適応するためのエネルギーが必要なため新人時代は耐えるべき場面が多いです。

しかしながら、「新人時代はどんな場面でも我慢しないといけないのか?」というとそれは違います。

この章では、新人でも仕事をやめることは逃げになるのかを一緒に考えていきたいと思います。

この章を読むメリット
  • 新人でやめることが逃げではないことが分かり、退職を前向きに考えることが出来る。
  • 新人のうちにやめたいと思ったときに具体的に何をするべきかが分かる。

大前提として仕事を辞めることは逃げではない

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

退職することは悪いことではないです!

大前提として言えることは
「退職すること」と「逃げること」は同じではありません。

確かに逃げているだけの退職もあるのは否定できません。しかしながら多くの退職者と向き合ってきた退職代行の経験から言わせると、退職者のほとんどは逃げているのではなく、どうしても仕事が合わなかった。もしくは職場環境が耐えられないものだったという場合がほとんどです。

退職は逃げではないと考えて前向きに検討するのもいいでしょう。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)

辞めたい理由を徹底的に分析する

「なぜやめたいと思っているのか」「なぜ退職してしまったのか」

こうした退職理由は自分の中で明確化しておくことが大切です。これは転職活動でも必ずと言っていいほど聞かれる内容になります。

退職理由を考えずに退職を決意してしまうのは絶対にやめましょう。

やめたいと思っている理由を紙に書き出すのがおすすめです。しっかりと文字で認識することでより客観的に把握することが出来ます。

失業手当のためにも最低でも1年は頑張ったほうがいい

退職希望のAさんAさん

退職しても失業手当もらえなかった….

「貯金がなくてやめた後の生活どうしよう」「失業手当もらえないかな」

上記のようなことを思っている人は一年以上勤めておくのをおすすめします。

勤続年数があまりにも短いと失業手当を受けられなくなります。失業手当とは失業してしまった時にハローワークが雇用保険に入っていた人にたいして無職の間も給料のようなものを一定期間支給していただけるという制度です。

ただし、これは誰でも受けられる訳ではないです。
自己都合退職の場合は、原則として一年以上勤めていないと受け取ることが出来ません。

失業手当があると余裕を持って転職活動にも挑めるため心身不調などでない限りは一年以上続けてみるのをおすすめします。

仕事から逃げたくても無断欠勤やバックレは絶対にNG

仕事から逃げたくても無断欠勤やバックレは絶対にNGのイメージ

仕事が辛くて辞めたいけど、上司や責任者に伝えて気まずくなったりするのも嫌だからバックレてみよう…と考える人には中にはいるかもしれませんが、絶対に辞めましょう。

無断欠勤をしたりバックレることで会社に迷惑をかけてしまうと、怒られるのはもちろん場合によっては「懲戒解雇」になってしまう恐れもあります。

「どうせ辞めるんだから懲戒解雇になっても大丈夫」と考える人もいますが、懲戒解雇になってしまうと離職票などに記載されるだけでなく、次の転職活動では企業に伝えなければいけません。

そうなると採用の確率はかなり下がってしまい、自分が行きたい会社へも就職できなくなります。

また、バックレなどにより大きな損害を与えた場合、損害賠償請求される可能性があります。

どうしても今の会社をすぐに退職したい場合は退職代行がおすすめ

どうしても今の会社をすぐに退職したい場合は退職代行がおすすめのイメージ

人間関係や仕事内容、他にやりたいことができて、どうしても今の会社を辞めたいと考えている場合は退職代行がおすすめです。

あなたの代わりに退職作業を進めてくれるので、負担が少なく最短で辞めることができます。

他にも下記のようなメリットや特徴があります。

退職代行のメリットや特徴について
  • 条件が合えば即日退職も可能!
  • 上司や先輩と話す必要は一切なし!

これらの特徴について詳しく説明していきます。

条件が合えば即日退職も可能!

仕事を辞める場合、通常であれば最短でも退職する日の2周間前までにはその意思を伝えなければ退社できません。

ただし、民法第628条により”やむを得ない事由”があれば即日契約を解除することができると定められており、即日退職が可能です。

即日退職が認められる「やむを得ない事由」とは、本人や家族の体調不良により仕事ができない場合や、職場でのセクハラやパワハラなどにより働くことが難しいと判断されるケースです。

仮にこのような条件に合わないといった場合も、余っている有給を消化したり欠勤扱いにすると、退職日まで出勤せずに辞めることが可能です。

労働組合が運営する退職代行サービスであれば、この他にも未払いの残業代の交渉などもできます。

上司や先輩と話す必要は一切なし!

人間関係に悩んでおり、仕事を辞めたくても言いにくい場合や伝えたものの、怒られたり引き止められるケースは珍しくありません。

退職代行サービスの場合、退職に関する作業を全て代わりにスタッフが進めてくれるので、依頼の途中で出社したり電話などで上司と話したりする必要は全くありません。

途中で会社や上司から電話やLINEがきたとしても、応答する必要はなく、そのまま退職ができます。

退職後に関しても離職票などは郵送にて送られてくるので安心です。

退職代行を利用して仕事を辞める流れ

退職代行業者は多くありますが、依頼後の流れは基本的に同じです。

今回は退職代行「OITOMA」を例にサービス利用の流れについて紹介していきます。

STEP.1
無料相談後に必要な情報を伝える
まずは、24時間受け付けている無料相談で退職の相談を行います。依頼が決定すると希望の退職日の他に退職理由や会社の情報、個人情報を伝えていきます。
STEP.2
料金を支払う
料金は基本的に前払いとなっており、OITOMAの場合は一律24,000円となっています。支払い方法は銀行振り込みやクレジットカード払いがあります。
STEP.3
退職代行作業がスタート
入金が確認できた後は退職代行作業が始まるので、自宅で待機しておくだけで問題ありません。途中経過などはLINEで教えてもらうことができます。
STEP.4
交渉が終わり、貸与品や退職届を郵送にて送り完了!
退職に関する交渉が終わると、制服や携帯などの貸与品と一緒に退職届を郵送し退職が完了します。退職後に必要となる離職票などに関しても郵送にて送られてくるので安心です。

このような流れで退職代行作業が進んでいきます。

この流れの中で疑問に思うことなどがあれば、無料相談にて聞いてみるといいでしょう。

仕事を辞めた人・逃げた人の体験談3選

リアルな声も聞きましょう!仕事を辞めた人・逃げた人の体験談3選

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

体験談も見ていきましょう

独自に体験談も集めてきました。
リアルな声を聞いて退職について考えていきましょう。

この章を読むメリット
  • リアルな体験談を見ることで実際退職した場合、どうなるのか分かる。
  • 体験談をもとに退職にあたって気をつけるべき点などが分かる。

体験談①:慣れない仕事を辞めたら人生が楽しくなった

退職希望のTさん元営業職
男性 Dさん

慣れない仕事やめて本当によかった

営業職をやめてよかったと語るDさん。

特に電話対応が苦手すぎて毎日怒られてはやめたいと思っていたと言います。半年が経過した頃には電話がなるだけで身体が反応して震えが止まらなくなったり、声が上手く出せなくなったりなど心身に影響が出たため退職を決意したと言います。

慣れない仕事を続けた結果、体調不良になって退職をされました。
この経験から得意なことを仕事にするべきだといいます。

体験談②:パワハラが酷かった職場から逃げるように退職

退職希望のUさん元運送業
男性 Sさん

パワハラから解放されて本当によかった。

運送業でバリバリ働かれていたというSさん。
部長に顎で指示を出されたり、少しでも運送が遅れると「仕事できないならいる意味ないから」などと人格否定をされたと言います。

時には殴られたり、ビンタをされたりと昭和のような職場環境だったと言います。

パワハラは明確な違法行為ですので、一刻も早く退職を考えましょう!

体験談③:逃げるように仕事を辞めて後悔していることも

退職希望のBさん元大手企業
総合職 Eさん

仕事をやめて後悔しています。

大学一年生の頃からボランティア活動や就職活動を意識した勉強をして、見事大手企業の総合職として入社を果たしたと言います。

輝かしいキャリアが自分を待っていると思っていましたが、実際は上司に言われた雑務をこなしているだけの自分い嫌気がさしてやめてしまったと言います。

転職先は月収で3万ほど下がってしまったため非常に生活が厳しくなってしまったと言います。

短期離職は経済的なリスクがあることをよく考えて行いましょう!

仕事を辞めるのは逃げじゃない!絶対に退職したほうが良いケースまとめ

仕事を辞めるのは逃げじゃない!絶対に退職した方がいいケースまとめ

退職代行オイトマスタッフオイトマスタッフ

最後にまとめます。
いかがでしたでしょうか?
体験談や具体的な理由を紹介してきました。
最後に絶対に退職をした方がいいケースについてまとめます。
退職をした方がいいケースまとめ
  • 心身の不調が仕事の影響で出ている場合
  • 仕事が合わないと感じている場合
  • 職場環境が劣悪な場合

上記のような場合は退職を真剣に検討しましょう。
退職について考え始めた場合は周りに相談してみるといいでしょう。

もし、誰に相談したらいいのか分からないなどがある場合は退職代行スタッフに相談するのいいでしょう。

オイトマなら相談回数が無制限!

退職に関するご相談はこちらから!

お電話でのお問い合わせ 受付時間:8:00〜21:00
(土日祝日も受け付けております)
Let's share this post!
\これまで2000名以上からの退職相談実績があります!/
目次
閉じる